マキ日記

2024年2月 5日 (月)

沖縄写真館

Line_album_20240127reunion-flamenca-live

家族写真みたいだね。最高のメンバーでしたよ。

Okinawa-fandangos

リモートで覚えたオープニングのファンダンゴス。緊張しまくり。

Img_7411-2

もう終わる直前のブエルタの時。

Img_7351

なんだろう。このポーズ多い。3つの角度から。

Img_7317 Img_7316

フラミンゴ的フラメンコ。

Img_7291

エスコビージャ入った時に、なんかやけに冷静に別府のスタジオでやってるまんまやろう、と腹が括れた。
もらった振りに自分を追いつかせるのに必死でやってきたシギリージャ。
やっと自分らしくアレンジできてきた気がします。
これからは削ぎ落としながらまだまだ踊り込んでいきます。

Okinawa-sigui

2024年1月28日 (日)

沖縄フラメンコの日公演終了🎵

ああ、楽しかった。素晴らしかった。パコの歌とだんくんのギターに包まれながら、みんなの踊る姿を目で追いながらパルマしている間ずっと、感動で鳥肌が立っていました。皮膚から震えるような空気、響き。

沖縄という土地の力。それぞれに個性的で純粋な心の人たち。最高に幸せな時間でした。

自然と心が緩んでにまっとした顔になる。皆さんの仲間に入れて頂いてフラメンコできて本当に感謝です。大好きでは足りない富原先生を見ながら25年後の自分を今の自分が作っているのだな、と思う。1曲をずっと、丁寧に。

ここ数日、お世話になった方々の訃報が続いて、色々な思いが巡っていましたが、生きること、沖縄に来るといつも優しく教えられる。自分のフラメンコ、探していきます。

カルロス、パコ、だんくん、いちえさん、真未香、富原先生、秀太さん、かおりさん、沖縄のフラメンコの皆様、お客様、ありがとうございました!ちむどんどん!

2024年1月27日 (土)

めんそーれ沖縄

昨日より今年初踊りのため、沖縄入り。大好きな地にまた来れてありがたく嬉しく。カルロスさん、しゅーたさん、富原先生、いちえさん、まみかちゃん、本当にありがとうございます!絶品沖縄そば、頂きました。

昨夜のお酒が残りつつ朝ホテル周りをお散歩。コートなしでも歩けるのが嬉し。色が南国だなあ。そして色々渋い。


Img_286724cce33e93044212aee83896e0e3bd97Img_2871Img_2865

本日の会場

Img_2859

励みます!

Img_2863

2024年1月 5日 (金)

謹賀新年2024

新年明けましておめでとうございます。

昨日までSNSから離れておりましたが本日より通常運転再開です。
年始早々、心痛むニュースが続いていますが、被災された方々へ1日も早く日常が戻りますよう心からお見舞い申し上げます。

年末年始はSNSから離れ静かながらも充実した時間を過ごせました。スロースタートだけでなくスローゴーイング。
元日の初詣に出かけた奈多神社でちょうどお神楽をやっていました。綱切りという演目でなが~いタメの後に日本刀でしめ縄をスッパーン!
なんとも清々しい気持ち。帰って友達とLINEしていたら地震のニュース。日々を大切に生きなければ。

今年も感謝を忘れず、人とともに沢山笑って行きたいです。
皆様本年もどうぞ宜しくお願いいたします♪

Img_2592Img_2591Img_2588

2023年12月31日 (日)

愛と感謝2023

Img_2575

2023年、いよいよ暮れようとしています。叶ったこと、叶わなかったこと、離れていったこと、出会ったこと、色んなことを超えて今、その全てに愛と感謝を感じています。心からありがとうございました。

2023年に起こったいくつかのことはしばらくは忘れられないと思うけど、やっぱり忘れていくのだと思います。コロナに始まりコロナに終わり、人の優しさ、友のありがたみが身に沁みた経験でした。全部自分の一部になって来年の希望になってくれる。来年も励もう。

断捨離に明け暮れた2023、幾度となく通った清掃センターに本日も。本当にお世話になりました。今年は伊達巻に初挑戦。焼き加減難しかったけど、味はどうかなぁ。煮物も作ったし、実家から栗きんとんと数の子ももらって来てお正月準備も万端です。のんびり楽しみます。

皆様本当にありがとうございました!!

どうかどうか良いお年をお迎えくださいませ。


Cbfe8b5852614860ba182fce38d2cf5eImg_2567Img_2579

2023年12月25日 (月)

スケジュールカレンダー更新いたしました♪

メリークリスマス♪

さて、来年のスケジュール、東京クラスは6月まで、ライブ&九州各クラスは3月までカレンダーを更新しております。
ホームページのクラスとライブスケジュールをご確認くださいませ。

https://calendar.google.com/calendar/u/0/embed?src=uuqo9822s23kvhsigv15ejn34k@group.calendar.google.com&ctz=Asia/Tokyo&pli=1

ライブ本番はすでに終了、クラスの方もあと2日となり、例年よりは少し落ち着いた年末になりそうです。
年末に向けて人と会ったり、遊んだり、色々戴いたり贈ったり。美味しいものも沢山いただいて幸せ♡
色んな人と話して今年を振り返っていると、2023年私の周りの方々は本当に頑張り過ぎでは、というくらい頑張った人ばかり。コロナの制限が大きく緩和されて、だれにとっても一気に時が再び流れ出したような年だったのかもしれないなぁと思います。
そんな2023の年の瀬に思うことは、平和。偉い人達、本当に偉いなら平和な世界を作るためにもっと話し合ってほしい。真摯に真剣に相手の立場を尊重しながら話し合う。許す。与える。そんなに難しいことなのかなぁと考えてしまいます。

皆様いつもありがとうございます。心安らかなクリスマスをお過ごしください。

 

2023年12月14日 (木)

歌って弾きました♪年忘れ花民ライブ終了

こちらもようやっと振り返り。
9日土曜はフラメンコギタークラスと湯けむりカンテ愛好会のコラボによるライブ@花民でした。クラス&愛好会のメンバー、野崎先生に加えて今年からご一緒させて頂いた別府の矢野佳子さん、いつもありがとうヤマサキミカミカちゃん、そしてやっとお呼び出来た中津のヒガンテこと植山俊之さんをカンテゲストにお迎えして、またフラメンコを愛するステキ夫婦Mさんも参加してくださって練習から打ち上げまでフラメンコを楽しみました。大分はもちろん九州各地からもご来場頂きました皆様、ご参加頂きました皆様、花民の皆様、お手伝いしてくださった生徒さん達、コーゾーさん、本当にありがとうございました。

ほぼ全員で歌って弾くセビジャーナスから素敵夫婦デュオ、努力が沢山伝わってきたIさんのギターソロ、いつもプリミティブな何かが心揺さぶるミカちゃんのカンテソロ、緊張しながらみんな頑張ったタンゴス。痺れました、フラメンコへの深いリスペクトと歴史を感じるヒガンテさんのソレア。野崎先生のお洒落なブレリア。そして貫禄の佳子さんのカンパニジェロ。引き続き、学びながら楽しんでいきたいフィン・デ・フィエスタのブレリア。勝手にアンコール(笑)はお客様にも沢山踊って頂きセビジャーナス♪ 
今年の年納めライブでもあり、これが第一歩で、みんなで楽しみ味わうフラメンコのスタートでもありました。
何より素晴らしい歌い手さんや、フラメンコ愛に溢れたギタリストがここにもいる。
今回参加できなかったけど見に来てくれたギタリスト諸氏にも感謝。次回はぜひ一緒に。

わたしもセビジャーナス2度めの挑戦でしたが、踊りと違ってあわあわしてる間に終わった。ク~。
でも弾いて歌ってホント、フラメンコとその仲間たち最高だなと思いました。感謝。

来年、ギタークラスはおおいたフラメンコギターサークルに生まれ変わります。
不定期でプロの先生を呼びながら、集まっての練習会を定期的に開催。カンテ愛好会と連携して、フラメンコが好きな大分人のつながる場を作っていきますので、ぜひご参加ください。来年もぜひともよろしくお願いいたします。

写真はまた後日。

 

2023年12月12日 (火)

東京クラス納めからのアルカ、そしてロシオ・モリーナ

先週は東京2泊でレッスン納め、その翌日はガルロチ来日中のロシオ・モリーナを観に行って来ました。充実しすぎてご報告遅くなり。

自分のわがままを通して東京と別府を行ったり来たりを始めたのが2017年。独立して東京でクラスを始めたのは2010年だからもう早いもので13年という長い月日。震災あり、コロナあり、とクラスの形を変える度に大きな変化がありましたが、自分の中と外の変化と向き合う中で、また変化のタイミングを強く感じて、来年7月プリメラ発表会をもちまして東京のクラスをクローズすることに決めました。
クラスをずっと続けてきた皆さんにはすでにお知らせ済みで、夜レッスンの後に忘年会のようなプチ飲み会できて、みんなの色んな思いを聞けて、私の思いも沢山聞いてもらえて、泣いたり笑ったり。本当に人に恵まれてありがたいなぁと感じながらかけがえない夜でした。後ろ髪惹かれる想いはありますが、自分の人生、自分の選択。今、描いている「こうしたい」「こうなりたい」を叶えるためまた歩を進めて行きます。
でも、わたしとフラメンコと四半世紀暮らした東京とのつながりは消えないし、フラメンコを観たり、習ったり、人に会ったり、とまたちょこちょこ上京は続けると思いますので、皆様またお付き合いくださいましたら嬉しいです。

ずっと愛用してもう同じ型で2足目のショートブーツ、今年履くと小指が当たって痛い、痺れる。で、沢山歩く東京では辛いのでこの際きちんとした靴を買おう!と翌日は憧れのALCA本店へ。ここでは足型だけでなく、体重のかかり方、アーチの崩れ方などとても丁寧に診てもらった後に足型に合う靴を気の済むまで試着し、自分の足をサポートするインソールも作ってくれます。わたしは51年間自分は22.8センチくらいの足だ、と思っていましたが、長さはなんと!!!23.5センチだった!!!足幅が極端に細く幅で言うと21.5センチくらいのヒトの幅らしく、なので妥協点として23センチくらいと思いこんでいたそうで。言われてみれば、足に合わせてもらっているフラメンコシューズでは足痛くない。
50年以上酷使されてきた足指さんごめんなさい。目が飛び出そうでしたが、これからは無理してでも良い靴を履こうと奮発しました。ドイツ人のいかにも、な感じの靴職人さんの作ってくれるインソール気持ちいい。色んなところへ連れてってくれる靴達、これからもっと大事にしよう。あの三笘選手もご愛用らしく、同じ場所にお座りになられましたよ~と言われてはしゃぐ中年(笑)。

そして新しい靴で行って来ました。天才ロシオ・モリーナの前代未聞のタブラオ公演。スペインでもタブラオに絶対出ないスウーパーなロシオが日本のタブラオに。満員のガルロチ。前評判も凄くて開演前からみんなワクワク。たっくさんの人に会えましてそれも楽しかった。ほぼあまじゃの3人にのぶくんと井山なおちゃんという異色のテーブルで楽しかった。内容は。。。すごすぎて書けない。観れた人は本当に良かったね。楽しみまくりました。若いロシオの舞台を2度ほど観ましたが、39歳になった彼女は全然違う印象でした。全てがすごすぎるメンバーのすごすぎる舞台で全員笑って遊んでる。浄化された。ギターのジェライは初めて見ましたが、弱冠28歳だそうで、末恐ろしい。これからどうなっていくのか。ギタリストの間では「じぇらる」という言葉まで生まれているそうで、ついにパコに続く新たなカリスマの登場の気がした。新しいけど懐かしい。素晴らしかった。フラメンコに出会えて良かった。フラメンコを越えて素晴らしかった、と感じた最高の締めくくりでした。

ありがトーキョー。来年もまたよろしくお願いいたします♪

 

 

 

2023年11月24日 (金)

熊本だいすき♡

Img_2496

熊本パパス&ママスさんでのライブ、大盛りあがりにて無事終了いたしました。
お越し頂きました皆様、スタッフの皆様、共演者皆様、そして主催の宍戸由紀枝さん、本当にありがとうございました。

東京からギターのつよぽん、名古屋から枝ちゃん、福岡から奈穂ちゃん、大分からオオタが熊本入り。
前日のリハーサルから終始楽しく、笑って泣いて、また笑って全国からいらしたお客様と本当に温かな時間を過ごすことができました。
言葉を介していても介していなくても会話することができる。お互いを支え合い、心動かされる。
フラメンコは本当に幸せ。

そしてこういう場は勝手に生まれるものではなく、必ずそこには人がいて、だからライブの熱い時間が持てる。
セカイのユカ・イマエダ先生を前に踊る緊張に、当日朝の音響トラブルから、わたしたちの宿泊やらご飯やらもうもう書ききれないほどの激務を小さな体に背負って踊った由紀枝さん。熊本地震の後、初めて熊本で出会ってからその芯の強さ、まっすぐさにいつも心動かされます。これは命がけでパルマしないかん、と後ろみんなでひとつになって、悲しい訳でもなくよくわからないがまた目から水が。本当にお疲れ様でした。

今年の踊りライブ本番はこれで終了♪ 

今年は色んなめぐり合わせでソロライブを2回もすることとなり、他にも色んな場所で色んな方たちと多くの舞台を踏ませて頂き、その全てが自分にとって意味ある時間でした。50歳を過ぎても心から笑ったり泣いたり緊張したり、こんなに心を動かすことを生業とできている幸せを噛み締めてます。残すは別府ギター&カンテ祭り。フラメンコへの恩返しの第1歩のつもりで頑張ります! 

Img_2497

2023年11月22日 (水)

再び熊本入り

明日は大好きなメンバーで本年の踊り納め!

お天気最高。ゆるりと秋山楽しみつつ向かってます。紅葉が下まで降りて来てます。

Img_2485

より以前の記事一覧

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ