« 2019年1月 | トップページ

2019年2月

2019年2月20日 (水)

昨日の月

朝は霧で真っ白だったのに、夕方から美しい空。
月の光で海に道ができた。
静かなスタジオでビセンテを聞く。


2019年2月15日 (金)

プレステージありがとう

2/11 水道橋のプレステージが閉店となりました。
まだ舞踊団にいた頃、よくここのライブをお小遣いはたいて見に来ていたなぁ。ステージの人がキラキラと見えていました。そして12月のおさらい会。みんながキラキラしていたね。

フラメンコの大切な空間がまたひとつ、ピリオドを選択しました。おさらい会の後、伺う事ができませんでしたが、様子を聞き、空っぽになったスタジオの写真を見ると寂しさが溢れます。と同時にいつも温かく迎えてくれたスタジオの皆様とここで頂いたご縁に感謝でいっぱいです。本当にありがとうございました。

最近は考えなくてはいけない事、考えずにいられない事が多くて、落ち着こうと般若心経の本を読んでみたりしてます笑。人は過去や未来を気にして悩むけれど、実際に生きられるのは現在、今だけなのだ、というコトバが心に刺さる。難しい事も多いのだけど、色んな事柄がひとつ共通のテーマをもって目の前にある気がする。まだ霧がかかっているようだけど、今、大切と思う人達、場所、時間を守っていけるように自分なりに良い方向を探っていこうと思います。

さて、もう寝ないとまずいなぁ

2019年2月10日 (日)

情熱の薔薇



情熱、というコトバ、若い頃は恥ずかしくてあまり好きじゃなかった。
感情の熱、というコトかな。

今は好きです。さがしているし、みんなの中にあるのも感じる。

情熱の真っ赤な薔薇を胸に咲かせよう
花瓶に水をあげましょう
心のずっと奥の方 by 甲本ヒロト

ブルーハーツは永遠だね。ロケンロール!

フラメンコを始めてから昔ほど寒がりじゃなくなった。
ココロもカラダも燃えているのかな。

冬だから雪も降るね。
わたしは雪好きです。
クラスも全部無事できてよかった。
そしてまた飛びます。
スカイライナーの車窓から。




散文風ブログにしてみた。
3月のライブに向けて頑張る。






2019年2月 4日 (月)

山口たび 2

さて、飛行機が早いまさりんを見送って、ふくちゃんと防府しへ。ほうふと読みますよ。目玉はこちらもパワスポ、防府天満宮。大好きな高杉晋作はじめ維新のゆかりの場所。はじめまして。感動に浸る。ここで晋作はきじままたべーと激論したのです。すごすぎる。







茶室も素敵過ぎる。しかも誰もいない。計算しつくされた日本家屋の素晴らしさ。さりげなくシンプルで最高に美しい。ゆっくりと過ぎる贅沢な時間。










で、道の駅潮騒市場で魚介類を眺め、海ではしゃぎ、最後に夕陽でダメ押し!

ふたりのおかげで笑いっぱなし。まさりん、ふくちゃんありがとう。気が合う友達との旅は最高。リフレッシュしました。

人間が作りだしたもの、自然のあるがままの姿、両方をいっぱい感じた2日間。すごい刺激。人生に感謝。山口好きになったよー!






山口たび 1

イスラエル公演目指し、お江戸からやってきたふくちゃん、まさりんと合流して、公演後は山口を南下。海沿いの秋穂温泉へ。あきほじゃなくてあいおと読む。
日が落ちてからの移動で、雨と霧で海は全く見えず…
しかし美味しいご飯と温泉を堪能。
朝になったらピカピカのお天気!海の向こうには我が大分がうっすら見えた!



で本日は北上して秋芳洞へ。こちらはしゅうほうどう、あきよしどうと両方読み方があるらしい鍾乳洞です。広島出身まさりちゃんのススメで向かったのですが、ココ、本当に凄かった。あまりの暗さと壮大さにビビりまくり。震えました。自然て凄すぎる。日本で行った観光地の中でも強烈な場所でした。言葉では表し難い。皆さん、山口に行ったら必ずや行ってください。山口の皆さん、もっとアピールした方がいいですよ。こんな場所があるなんて…写真では全く伝わらないですよ、神秘の世界。行けて良かった。









小郡あらため新山口駅にて回転寿司。
お魚は美味しいに決まっている。ステキなカフェもあったよ。まさりんありがとう!























ISRAEL&イスラエル

見たというか、体験したというか。
人間の作り出した不思議な世界。
イスラエルとAIのイスラエルの共演を見に初めての山口県へ。





早朝まだ暗いうちに出発して、まずは市内の瑠璃光寺で五重の塔を見に。雨もまた良し。湯田温泉にて足湯してから、会場のYCAM、山口県情報芸術センターへ。建物、コンセプト、会場、公演。全てが初めての体験。イスラエル・ガルバンという唯一無二の存在、個性ありきのとびきり変だけど、おかしみと魅力に溢れて、そしてそこはかとない恐怖もひたひたと感じる公演でした。










未来はどうなっていくんだろう。
AIの登場で全てがドラスティックに変化していくのかもしれないな。
公演からポストトークまで。全て終わってみれば、みんな人間イスラエルのどうしようもないチャーミングな存在に魅せられている。

人を笑顔にする何か、に溢れている。
それがわたしにとっては大事だなと思う




« 2019年1月 | トップページ

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ