« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月26日 (木)

トンボ帰り




月曜に大分に戻り、バイレクラス、ギタークラスと終えて本日再び大分空港。
今月は3回目の東京。いよいよ、明日からつくばに入り土はつくば発表会。日月と岡本倫子スペイン舞踊団公演、水曜に東京の部屋を明け渡して、3日に友人の教室発表会と盛り沢山のGW入り口です。

空港から国東に行くのが気に入り先日は道の駅の花咲茶屋へ。地元の食材を使った地元のおばちゃん達の手料理はホッとする味。これで小盛り。650円。笑う。

舞踊団公演のリハ。最初軽やかだったソロが会を重ねる毎に重く感じていました。モミが来て言う。そんなに頑張らなくていい。これはそのまんまで良いのだから。トンボ帰りだけど帰って良かった。ギターに四苦八苦しているうち肩の力が抜けました。

5日いない間に野焼きした山が緑のじゅうたんになり、トマトの花が咲いた。昨日の夕焼けの高速。坂の下に光る海。自分の街が美し過ぎて毎日ビックリする。そんなキラキラを沢山もらって舞台へ行って来ます。

まずは初めてのバタで大トリになったつくばカンティーニャスチーム。ステージにキラキラそれぞれの彩りが咲きますよう!むっちゃみえるだ!!!

2018年4月21日 (土)

リハーサル

来週の公演に向け、カディスからモミ、マドリーからアントニオが来てソロのリハーサルが始まった。アントニオとは9年ぶりに会ったよ。変わらない笑顔とお互いにおっきくなった体笑笑。

ふたりとのリハーサルは最高に楽しい。シンプルなパロ(曲)がふたりの開けてくれる引き出しから出てくるレトラとメロディでキラキラする。大好きなあの歌も歌ってくれるのです。この人達とだから出来る1曲。アイデアもつられて沸いてくる。本番まで楽しみます!

ホセ・ルビッチが言った。ブレリアはconvivenciaだ。
わたしにとってフラメンコはconvivenciaだ。
それは共にその瞬間を生きるということ。
ともにいる時間を美しい言葉と音、優しいリズムで彩る。とても幸せな事ですね。感謝。

2018年4月18日 (水)

たけのこご飯




きこさんにタケノコもらったので人生で初めてタケノコを茹で、タケノコご飯を作った。タケノコを茹でるに際して米ぬかなかったので、お米のとぎ汁と生米で代用。
半端ない料理してる感にテンション上がる。
ご飯もテキトーに調味料入れてツナと炊いたら極ウマ。

あー、また食べたい。
ところですが東京向かいます。下道が好きなわたしですが前回ギリギリだったので今日は無料の有料道路にてスムーズに到着。空港駐車場はまさかの1日200円です。

今日から東京宅の荷物を少しずつ運び出します。
がんばるぞ!

2018年4月13日 (金)

出会う

水曜はギタークラスで頭と指をフル回転して、翌日、ギターおさらい会の打ち合わせからの、小倉まで先生を送った足で博多に行って来ました。
高砂に出来た新しいフラメンコスタジオアルバさんにて、ヘレスから来日したてのホセ・ルビッチ、フェルナンド・ヒメネスのクルシージョに行って来ました。

小倉までの行き道で都市高速に乗りそびれ下道で西小倉のスタジオグラシアに着いたら占部ともちゃんとS美さんにタイミングバッチリで会えて嬉しかったー。
夜のクルシージョまで時間があったので小倉城を見物して下道で博多まで。下道といってもオラオラみんな80km出してます、の高速と見紛う道のり。北九州と福岡は遠いね。大分〜北九州間より時間かかった。





今、2食にしてるので夕方2食目、博多ラーメン食べてからコーヒー飲みに入ったら今度は山根さんがいた笑。
スタジオにもたくさんの福岡フラメンカス。アニーの時来てくれたギターの東さんもいたり、東京からさっちゃんがいたり、アニーの時お世話になりながら会う機会がなくて、やっと会えた大阪の秦さんやら、いつもありがとうのたかよさんや、沢山再会もあった。嬉しい会える人とはどこにいても会えるなぁと再確認。

そしてホセとフェルナンド。フェルナンドは共演するはずが、東日本大震災が起こってしまいあの時は会えずじまいだったから8年越しの出会いでした。大分からドキドキ運転頑張ってよかった。ホセの手のひらと手のひらの間にあるもの。フェルナンドのヘレスのブレリアへの敬意。短い時間だったけれど幸せでした。ヘレスに行きたい気持ちが高まりました。でも行けなくても良いのだと思う。

今会いたい人に会えるところに会いに行って一緒に過ごすその瞬間が宝物。明日はもう会えないかもしれない。今自分の心が欲する事に素直に、大切にしよう。

そんな事を草むしりしながら考えていました。
昨日のステキな時間を作り出してくださった、昨日いてくれた皆さんありがとうございました。

来月はスタジオアルバさんにてこけら落としライブに出演します。素敵なスタジオでまたキラキラの時間を皆さんと過ごせたら嬉しい。がんばりまっす!



2018年4月10日 (火)

製作スタート

大分に戻って来ました。
土曜は6月の生徒ライブのリハが始まり、つくばは発表会に向けての合わせ、岡本舞踊団の公演のリハ、の合間に久々酔っ払ったり、友達とゆったりご飯食べたり、充実の東京でした。東京の荷物もまとめ始めて思えばこの3年間毎年引越ししてるなと思う。

大分空港に着き、今日は国東、くにさきと読みます、でランチしました。いつも別府に直行ですが空港近い国東市も見所たくさんの土地。黒津崎海岸を散歩して名物の太刀魚を使ったたち重なるものを頂きました。うな重よりサッパリでフワフワで美味しかったー。県内も知らない所ばかり。少しずつ探索しています。







実家から別府に戻り、いよいよ!小学校ワークショップで使う子供用エプロンの製作に入りました。衣装などなど沢山のご協力を頂いた皆様本当にありがとうございます。膨大な生地と衣装、少しずつ再活用させて頂きます。6月のワークショップまでにうん百枚笑笑。とりあえずがんばるぞー



2018年4月 4日 (水)

大きな空



は、別府ではなく新宿区のおとめ山公園です。
都内で一番好きな場所。

色々ありまして目白宅は今月いっぱいで引き払う事にしました。不動産屋に行くと名前と住所書いて終わり。後は引っ越し日が決まったら連絡して最終チェックで終わり。なんだか呆気なくてポカンとしちゃう。

来月からは知り合いの方の所を間借りする事になりました。ありがたや。大好きな目白界隈もあまり来れなくなるのかな。おとめ山の深い緑とさえぎるものがない空が好きでした。ありがとう!

少しずつ荷物も整理してまた新たなフェーズの始まりです。

2018年4月 3日 (火)

大分の桜納め

今日は両親が留守のため、実家のワンコ、チャッピーのお守りで実家泊、からの明日から東京です。

ここ数日で暮らしに変化が。お向かいさん曰くパンダのようなパンちゃんにオカカをあげてから、お向かいさんに入り浸っていた黒白猫親子が毎夕やって来るように。細いみいこちゃんはいつもパンちゃんにオカカを取られてしまう。母猫はなかなか警戒して遠巻きにわたしを見ています。
トムとジェリーのトムそっくりのパンちゃんは手から直接オカカを食べスリスリと甘えて来るように。同じ兄弟なのに細くて小さなみいこちゃん。おそるおそる近づいてくる姿になんかキュンときて思わず飼いたくなってしまう。いやいや、いかんいかん。

春が来て毎日家の庭木を手入れしていたら去年元気がなかったつつじ?の新芽が出て来ました。モミジも開き始めた。このところ色んな事がありましたが、新芽を見ていると希望という言葉が素直に受け止められる。生命の力を信じようと思う。





この週末が終わればここの桜も終わってる頃と思い、クラス後初めて別府公園の中へ。春、春、春。ひたすら美しい。花がまさに咲き乱れている。昨日行った鶴見山はまだ麓しか咲いてなかったけど公園はもう散り始め。高崎山はところどころピンクになりパッチワークみたいで可愛いです。山は標高でこんなに気候が違うんだなと実感。山の桜はまだまだ楽しめそうです。写真はパルケデマリアルイサみたいな別府公園。






と寄り道の後、大分に戻りチャッピーと城址公園まで散歩。ここは色んな思い出がある場所。花見をする人たちがたくさん。お酒を飲むお花見はした事がない。お城のお濠、石垣と桜。酔っ払いがいなければ本当に美しいのになぁ、と密かに思った。

春は美しくてあっという間。

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ