« 春なのに | トップページ | ひと月ぶりの »

2017年3月31日 (金)

パトリック・チャン

クラス終わり高田馬場を出てから7時間半かけて実家に着いた。
相変わらず本気のジャンプで出迎えてくれるチャッピーに癒される。
で、宇野くんファンの母とともにスケート観戦。

すごい試合でしたね。
パコとプラシド・ドミンゴでザ愛国心のJフェルナンデスも流石、羽生くんのプリンスも最高、ママイチオシしょうまくんも魅せる魅せる。相撲で言うと幕下ぐらいの人から、横綱までそれぞれにドラマを感じ、全員素晴らしくて感動した。その中でも一際別次元だったパトリック・チャン。最早スケート見てる気がしない。動きの全てが音楽、呼吸、アルテ、ひとつのものがたり。コンテのマスターピースを見ているような満たされた時間。パトリックの透明感、あれはなんなんだ。果てしなく滑らかで清らかなムーブメント。競技である事を忘れました。

あぁ、やっと呼吸できた。
良いもの見る、聞くって大切だ。

« 春なのに | トップページ | ひと月ぶりの »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2049326/70102991

この記事へのトラックバック一覧です: パトリック・チャン:

« 春なのに | トップページ | ひと月ぶりの »