« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

写真

写真の北澤壮太さんから8月のソロの写真とDVDを頂いた。
壮太さんの写真は本当に凄い。
チラシの撮影の時もイメージ以上を引き出してくれたけど、今回も想像以上だった。
その瞬間の空気を切り撮る人だ。
張り詰めたテンションの中でリハーサル、本番、どんな空気の中にいたのか、ふわっと甦ってきて鳥肌立った。

すごいな。
あらためてこんな顔を自分がしてたのかー、ギリギリだったなー、とかミュージシャンはこんなだったんだなんて思ったり。

パソコンが爆発寸前のためupはなし。残念。でも頂いたプロの仕事、大切に活かしていこうと思いますた。

DVD欲しい方はお知らせくださいませ、


--
ibisMailで送信!

一生役立つ足もみ講座

一生役立つ足もみ講座
一生役立つ足もみ講座
今日は足の外側の講座あるとの事で中野ゆとりろんさんに行って来ました。

金曜の講座でかこ先生が足が可哀想、から可愛いになりますよ、と言われ毎日もんでみたら!2日目に鼻と口と耳のアトピー皮向けが治った。これにはビックリ。

足裏やったら表も、という訳で今回はかこ先生のカフェにお邪魔したら前回ご一緒だった5人の3人が来てました。皆さん効果実感。

足裏アーチは背中のアーチ。一部をみれば全てがある。フラメンコで感じてきた事と一緒。これは全息胚というのだって。
飢えた人に魚をあげるのではなく釣り方を教えるのが本当の思いやり。指導。というお話に自分の仕事をあてはめ、色々と考えるヒントをまたもらいました。

で、後半の実技。金曜からたった5日間で私の足は本当に可愛くなってきた笑笑。あくまで私にとってね。足アーチの左右差や痛い場所、本当に身体と呼応していて、人間の身体ってすごい。

目標はプランタのフラメンコたこを治す事。
まだまだ血行悪かったり色々だけど続けてみます。魚の釣り方知りたい方一緒にやりませう!


--
ibisMailで送信!

2016年11月29日 (火)

どこ見てる

どこ見てる
流山クラスが終わりゆっくり遅めのランチをしてつくばに向かういつものペース。

いつまで経っても慣れないのは関東の日の短さ。4時台に暗闇がやって来てあぁ、もう夜かぁという気持ちになる。

と、いつものごとくケータイでメールしたり調べ物したり。と、ふと見ると電車から本当に美しい夕焼けだった。マナー違反だけど誰もいないからパチリ。

本当に美しいもの、大切なものは画面の中じゃないね
--
ibisMailで送信!

2016年11月26日 (土)

足もみ講座

足もみ講座
アクースティカさん主催の足もみ講座に行って来ました。
なんとなくやってるけどちゃんとお勉強したことのない足もみ。興味深々。足ツボと反射区の違いやセルフケアの色々面白いお話聞けました。楽しかったし速効性もすごい!

風邪ひきそうだったので早速昨日今日と試して今ポカポカ。自分で出来るのがいいね。続けてみようかと思います。筋膜リリースほど大変じゃないしね笑。

さて、講座では片足自分でやってみました。
足裏の血行で色が全然変わってるね。
今冬は肌の調子が悪くてアトピーが出てるので足もみでどこまで改善するか楽しみが出来たー


--
ibisMailで送信!

2016年11月20日 (日)

本日のエルムンド

本日のエルムンド
感動もあり笑いもあり。
お客様、エルムンドの皆様、共演してくれた皆様。本当に気持ちの良いライブでした。本当にありがとうございました。

やっぱりエルムンド最高!ビバ羽村!

唯一無二の世界を持った共演のえこさん、ノブくん。あったかく力強く支えてくれるぶちさんとあっくん。ありがとうございました!公演の疲れが抜けず風邪ひきそうだったのに、ポカポカ空気に終わったら元気になってた。これで明日ゆっくり寝れば完全復活だー。

今年は関東圏でのライブはこれでしめ。あとは発表会でみんなを応援、合間に熊本ライブです。ひとつひとつ、人と分かち合う時間を大切に頑張ります。


--
ibisMailで送信!

2016年11月19日 (土)

帝釈天とヘスス・メンデス

帝釈天とヘスス・メンデス
帝釈天とヘスス・メンデス
帝釈天とヘスス・メンデス
帝釈天とヘスス・メンデス
帝釈天とヘスス・メンデス
帝釈天とヘスス・メンデス
帝釈天とヘスス・メンデス
長らくの東京住まいで初めての葛飾、柴又、帝釈天!

寅さんの左足を触ると開運なんだって。沢山の人の願いを乗せて左足だけが光る寅さん。横顔で立っているのが何ともかっこえー。

帝釈天のお堂の中で行われたヘスス・メンデスのライブ。踊り手の島村香さん、ギタリストの小林亮さんの招聘にて。このご夫妻は本当に好きな良いものを大切に大切に紹介していて素晴らしい。

最後にマイクを外してからが本番だった。マイクを通す事で消えてしまう小さな素敵な響き。ブレリアもっと見ていたかったなぁ。

初めての柴又は何もかもツボでした。
住みたいなぁ。


--
ibisMailで送信!

2016年11月14日 (月)

2016年のlocura

怒涛の3公演が終わった。終わったんだな...

明日の帰京の荷造りも終わりちょっと振り返る余裕ができた。
8月のソロ公演、9月のスペイン公演、そしておとといの大分ホルトホール公演。
我ながらなんてクレージーな2016年だ、と思ふ。エルフラを予約した1年前には想像もつかなかった今日の自分。エルフラの閉店が決まり、話の流れでなんだかホルト公演を主催する事になり、そのちょうど谷間の時期にアロラ再演が決まり。プライベートでも色んな転機があったり。

クラス・ライブと並行して3公演をほぼ同時進行で準備していたので、正直だ~いぶ大変でした笑。ソロ公演のさなかスペイン公演のリハをしていたり、スペイン深夜に大分公演のチケット申し込みを受けたり。知らず知らず心に余裕がなくなったり、自分のベースであるクラスの生徒さん達には沢山ご迷惑をかけたと思う。そんな中で、ソロリサイタルを全力で応援して頂いた事、スペインに気持ちよく行かせてくれた事、そして大分の公演も理解し、応援してくれた事、エル・アサールのみんなに本当に本当に感謝しています。みなさんいつもありがとう!!!大好きで大切です。

3つの公演は、どれも一筋縄ではいきませんでした。甘いだけではない色んな味がしました。でも全部もれなく味わう事に心を決めました。公演するという事をわかっていたつもりで全然わかっていなかった。そんな事を思い知らされた日々だったように思います。で、もうホントに嫌だ~!とくじけそうになる度に、不思議と人に助けられる、もっと辛い状況で闘っている人達を思うとまたひと踏ん張りできる。もう会えない人の笑顔や言葉にあらためて励まされる。そんな人生のマジックに助けられた。ソロ、スペイン、大分のどれが欠けても、ダメだった。やっぱりここは通るべき道だったのだな、なんてしみじみしています。もう寝なくちゃなんだけどね。

先日、パセオに記事を寄稿させて頂きました。何でもいいので自由に書いてください、と1年前からオファー頂いたのに、このバタバタの中ですっかり失念し(本当にスミマセン)、締切過ぎましてから、大分に入る直前あわあわと書く。気づくと何時間も。自分が歩いてきた道を思い返していました。書きたい事多過ぎて推敲しながら書いた事(私の言葉ではないです、パセオ2月号見てね)、今日思い返し、全く同じ気持ちを今回大分に来てくれた昨日ベニがメッセージでくれて何だかやっと静かな気持ちが戻って来ました。ここではベニの言葉で。「人が喜んでくれる事、それが自分への報酬。失敗を繰り返しながら成長していく」。

あ、でまたソロ公演のタイトル「アルキミスタ」に戻って来るね。で、この怒涛が終わった今、その事に起こった事、いい事も、悪い事も、自分がどう捉えていくかが自分の気持ちを決める、そんな風に思えるようになってきた気がします。これから何をしたいのか、モヤっとしていた霧も晴れた。で、リスタートします。

東京戻ったらエル・ムンドライブ、つくば発表会、熊本ライブ、あざみ野発表会とまた新しいetapaが始まる。トランプが大統領になっても、バスが無人で自動運転できるようになっても、ヒトでなければできない事があると、分断よりも絆の方が強いと信じてまた頑張ります。ではそろそろ東京戻ります。クラスは来年の発表会に向けてまた頑張ろうね~!そして、、、待ってるよ!

白菊

白菊
公演翌日は別府の老舗ホテル白菊にて星和会様の昼食会に呼んで頂き連日で踊ってきました。

久しぶりにCDとともに踊る、ので前日とはまた違うプログラムにて、なんと!久しぶりにラ・ビダ・プレベを踊りました。初めてひとりで。先日流山クラスにバイオリンを弾いていらっしゃる生徒さんが来てくれてラ・ビダ・ブレべを演奏してくださったのです。で、あぁ踊りたいなー、と再燃して今回密やかに練習しまして。フラメンコとクラシコとセビをまじえて見て頂き、美味しい美味しいランチも頂きまして楽しい時間を過ごさせて頂いた。

星和会の皆様、本当にありがとうございました。

そして、こんな風にフラメンコを身近に見て頂く、それもできれば録音でなくて見て触れて頂くにはどうしたらいいのだろう、と思いが募る。
--
ibisMailで送信!

お花たち

お花たち
お花たち
お花たち
お花たち
お花たち
お花たち
お花たち
お花たち
この他にもたくさん、撮りきれないほどのお花、プレゼント。また途方にくれる。

もめもめのサウンドチェックの中でパコがフラメンコはコンタクトなのです。だから音がとてもとても大切です。と言った。

打ち上げの時エミリオがもうフラメンコは君の一部なんだよ。だから絶対に辞めてはいけないよ、と言った。

ベニは帰ってから、大分のために僕が出来る事があればまた必ず行くよ、と言った。

こんなにプレゼントをいただいて頑張らない訳にはいけない。

--
ibisMailで送信!

2016年11月13日 (日)

大分ダンスコレクション!

大分ダンスコレクション!
大分ダンスコレクション!
大分ダンスコレクション!
大分ダンスコレクション!
大分ダンスコレクション!
大分ダンスコレクション!
大分公演終了いたしました。
ご来場頂きました沢山の皆様、本当に本当にありがとうございました。

準備からの長い道のりをともにしてくれた由香 、典子先生。お疲れ様でした、そしてありがとうございました。出演と企画製作を全て3人でまかない苦労や失敗も沢山。でもこうやって無事終えて、言葉では書き尽くせない感謝の想いでいっぱいです。

第1部のフラメンコ。この公演に本物のフラメンコを大分に連れて来てくれたベニ、エミリオ、そして家族のようなパコ、3人の最高のアルテをあの大きな舞台で共有させてもらい見せてもらった事、本当にありがとうございます。そしてこの3人のスペイン人アルティスタと肩を並べた容昌。私達と同じく地元での公演にご家族も総動員で応援してくれました。本当に最高のアルティスタの皆様に心から感謝します。

フラメンコの舞台作りには後藤マリ先生に多大なるご協力を頂きました。本当にありがとうございます。

第2部バレエに東京から来て頂いた芳賀望さん、鈴木裕さん、酒井大さん、プロの仕事にほれぼれしました。素敵過ぎでした。佐藤香名さんはじめ笠木啓子バレエ研究所のバレリーナの皆様、美しかったー。地元の皆様に参加頂けた事が本当に意義深い公演だったと思います。

こちらは笠木啓子先生のご協力無しには実現出来ませんでした。啓子先生、みつこ先生、本当にありがとうございました。

素晴らしい音、照明、舞台を作って頂きました福田さんはじめユニークの皆様、
電話で打ち合わせを重ね当日もサポートして頂いた千々岩さんはじめホルトホールの皆様、
当日走り回ってくれた同級生スタッフ(毎回すまぬ!)、愛するあんのり、はたちゃん、
受付お手伝いの皆様。
今回はビデオ撮影までしてくれた我らがサポーター、りょうくん、
写真の荒金さん、
東京から応援に来てくれた佐渡 靖子ちゃん、えみさん。
素敵なフライヤー作って頂いた 関根 朋子さん、
広告協賛頂いた皆様、太田旗店の皆様、
励ましや感想のメッセージ、お花、プレゼント、お心遣い頂きました皆様。
心から感謝しています。

そして出演者のご家族の皆様。本当に本当にありがとうございます。色々とご苦労おかけしました。故郷を離れて活動している私達にとっては家族が支えであり、大分との絆でありこの公演そのものであったように感じます。

個々のお礼がなかなか追いつきませんが少しずつ。この公演の全てを糧にまたゆっくり前進します!ありがとうございました。

--
ibisMailで送信!

2016年11月 9日 (水)

本日はこちらで

本日はこちらで
本日はこちらで
打ち合わせ。ホテル白菊さん。
からのごぼう天うどん。うんまい!


--
ibisMailで送信!

2016年11月 8日 (火)

想い出

想い出
新人公演の想い出。受賞出来なかった時に一番悔しがり、受賞した時に一番喜んでくれたファン・ソト。

ファン・ソト、ファン・ビジャール、ファン・ホセ・ビジャールの最高のファントリオ。

あのときは書かなかった事。最初ビジャール親子ともまだほとんど親交がなかったわたしに、息子にカホン(パーカッション)させたい、と父ビジャールが言った。新人公演は時間短いから歌1個にして足やったらどうだ、とも言った。

私はうーん、と思い勇気振り絞って、私はソレアを踊りたいから、カホンじゃなくてパルマ(手拍子)してほしいし、あなたの歌を踊りたい、と言った。マキはこんな子なんだよ、と全部私の味方になってくれたファン・ソト。そして、そこからビジャール親子とも本当に仲良くなれた。

ファニーコのファルセータに入ったときのあのビジャール父のこれだ、これ、っていう顔。フラメンコがやって来た瞬間。ファンホセのガッツポーズ。3人のフラメンコに仲間入りさせてもらったあの瞬間。幸せだった。フラメンコだったー。賞なんてもうどうでもいーやー、って思った。

一生忘れないよー。
受賞がわかった時に、僕はもっともっと前からマキに賞あげてたよ、と言ってくれたファン・ソト。なんてこったー。さびしいじゃないかー。これから私が紫綬褒章とか国民栄誉賞とかもらった時に、前からあげてたよ、って真顔で言ってくれなくちゃー。早過ぎるよ、ファニーコ。また騙されたな、ハハハーっていってよー。

いっつも真顔で冗談言って笑わせてくれたね。だから楽しい想い出ばかり。大好きな人達との写真。誇らしげな自分。そう、彼らと一緒にフラメンコやって来て誇らしいです。


--
ibisMailで送信!

2016年11月 7日 (月)

行って来ます

行って来ます
行って来ます
行って来ます
行って来ます
昨日はつくば発表会のリハーサル。その前につくば山神社まで登って来ました。

一昨日の朝、尊敬するギタリストで大好きな友達だったファン・ソトの訃報を知りました。 故郷スペイン、グラナダにて。この2日間は色んな思いが交錯して、未だに心が混沌としています。言葉にすれば書き終れなくなってしまうのでここまで。

今朝は5時起きで大分へ向かっています。長い時間をかけて、沢山の方にお世話をかけて準備してきた大分公演ももうすぐ。大分にはファンも舞踊団みんなで1回、私と由香の公演で1回、奥様のKちゃんと来てくれた。会う度に大分の家族は元気かい、と気にかけてくれた、あの深い声が今も聞こえてくるよ。先月グラナダで電話した時、また会おうね、と言ったのに。

まだ書けないな。
踊りで伝えて行くしかない。フラメンコをしなくては。彼が私に沢山の事を教えてくれた。いつも優しく励ましてくれたファン。
良い公演にする。今自分が出来る事の精一杯を大分の舞台にのっけて、ホントにホントにありがとうと、あなたのおかげでこんな踊り手になったよ、と伝えたい。

どうか安らかに、とつくば山にお祈りした。私は行って来ます。

--
ibisMailで送信!

2016年11月 1日 (火)

12月のクラススケジュール

12月のクラススケジュール
12月のスケジュール出していよいよ今年も終わりが見えて来ました。
10日後に迫った大分公演、エルムンド、つくば、あざみ野発表会、熊本ライブと走り抜けます!

と仕事山盛りの中パソコンはとうとうネット環境での日本語入力ができなくなった笑。不便にもほどがあるー!ネットつないでなければ大丈夫なので書類的なものはなんとか作れるのが救い。ブラウザを変えて再チャレンジしてみます。携帯に送り直してメールしてますので、皆様色々返信遅くてごめんなさいー!


--
ibisMailで送信!

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ