« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月31日 (土)

1130ディナーショー

1130ディナーショー
1130ディナーショー
1130ディナーショー
軽井沢1130でのディナーショー、無事終了いたしました!

座長の浅見純子ちゃんを筆頭に福ちゃん、有ちゃん、暖くんというザ・気のおけないメンバーでの遠征。

群馬や埼玉、東京からも。沢山のお客様にお越し頂いて、本当にありがたく、楽しい時間となりました。終演後の皆さんの笑顔が本当に嬉しかった。素晴らしいホスピタリティーでサポートしてくださった1130のスタッフの皆様にも感謝でいっぱいです。

短い時間ですが無理くり泳いだり、北軽井沢の自然の中を散歩したり。美味しいご飯を頂いて温泉に浸かり仲間とバカ笑いをしつつ久々の部屋飲みも楽しかったー。

本日は6:30出発!ゴルフに向かうムシコペアに送ってもらう。こういう時は時間厳守で元気いっぱいの有暖コンビ笑。わたしは早起きに心が折れそうでしたが窓から見える山の稜線が朝日でうっすらと赤くあまりの美しさに見とれる。

朝の軽井沢、温度計は-3度。山の清冽な空気が気持ちいい。山の紅葉をこんなにも美しいと感じ、仰ぎ見たのは本当に久しぶりの気がする。良い深呼吸させてもらいました。海もいいけど山もいいね。日本最高だね。

さて、北陸新幹線で1時間ちょっと。あっ!という間にもう東京。あざみ野へ向かってます。今日もがんばろ!

--

ibisMailで送信!

2015年10月30日 (金)

本日軽井沢

本日軽井沢
本日軽井沢
本日軽井沢
本日軽井沢
本日軽井沢
本日軽井沢

--
ibisMailで送信!

2015年10月29日 (木)

なりたかったもの

幼稚園の頃に聞かれた将来の夢。
ピアノを弾いたり聞いたり、テキトーに踊ったり歌ったりする事は大好きだったけど、私は夢がない子供だった。こんな程度ではピアニストとかバレリーナには絶対なれないというのを感じていたし、いくら想像を働かせても何になりたいのか、何になれるのかボンヤリとして全然つかめなかった。答えに窮して書いたのが
フラワーショップの店員。。。
でも内心、花屋さんは冬に手が冷たいからいやだ、なれない、と思ってた。
今になってみると、ピアニストでもバレリーナでもないけれど何となく踊ったり歌ったり演奏したりする職業についたんだから、子供のころの嗜好というのはなかなかあなどれない。フラメンコが職業になるとは、幼稚園児にはわかるはずないね(笑)。

さて、この将来ボンヤリ期間は結構長い間続いてました。中学生になってからは外国の音楽や映画が好きだったので、自然と英語を勉強するようになり。親戚の影響もあったりで、漠然と戸田奈津子さんみたいに映画の字幕翻訳したり、色んな外国の人の通訳してみたいな、などと思い始めた。うっすらとした憧れ、でもピアニストやバレリーナよりはかなり現実的な夢を抱いて上京。

結局、勉学に励む事無く、巻き舌も不得意でスペイン語の道がいつの間にかフラメンコの道になりました。が、長い時間をかけてフラメンコって何だろう、って手当たり次第探しもがいているうちに、知らず知らず心はカンテに強く惹かれるようになっています。海の砂をすくうような永遠の作業ではありますが、縁あって出会ったフラメンコのレトラ(歌詞)。少しずつ自分なりに翻訳してみたいなとずっと思っていました。

で、趣味の裏ブログ始めました。今、自分の宿題として取り組んでいるファンダンゴなどなどから少しずつ。ピッタリくる言葉を探しながら唄の世界を自分なりに楽しんでいます。何気なく聞き流していたレトラも、あらためて自分の言葉にするとまた違う意味を発見できたり。素朴な詩の中から色んな世界が広がる。

勝手に翻訳家気分。楽しんでいます。
まだまだ少ないけれどジミーに増やしてカンテともっと仲良くなれたらいいな。






2015年10月26日 (月)

ARACHI FLAMENCO

踊り手仲間、松彩果さんのリサイタル「ARACHI FLAMENCO」を観にイイノホールへ。

スペインからバリンバリンのフラメンコス5人を招聘してのソロ公演。
カンテにはなんと!今一番脂が乗って大活躍しているカンタオールのひとり、ホセ・バレンシア。「フラメンコ」を伝えるアルティスタ、ルイス・ペーニャ。弾丸のようなオルーコ。

そんな訳のわからないぐらい凄いメンバーの中でひとり踊りきったあーしゃ。本当によく頑張ったなぁ。その姿が乗り越えてきた色んな事、背負っている色々を物語ってきて本当に感動でした。彼らのそれぞれのフラメンコの中に、日本人の、あーしゃのフラメンコがしっかりいた。感動をありがとう。お疲れ様でした。

たくさんのフラメンコスの生きる姿を見せてもらえた1週間でした。

さて、気持ちも仕切り直してまた頑張ろうっと。



2015年10月23日 (金)

フェルナンドデラモレーナ

フェルナンドデラモレーナ
昨夜はサラアンダルサへ。ヘレスからやって来た3人の国宝フラメンコスに会いに。

フェルナンドデラモレーナ。
齢70にして初めての来日。
支えるルビッチ、そしてヘレスのソニケテ、アリ。3人が並んでるだけで拝みたくなる神々しさ。

早々に予約した甲斐あって整理番号3番!一番前のど真ん中ー!フェルナンドー!グアポー!ポケットチーフ、素敵過ぎるネクタイのスーツで舞台に上がる姿は惚れ惚れする格好良さ。大きな身体のど真ん中から発してるのは一体声なのか、とてつもない熱い濃いエネルギーを浴びました。言葉では言い尽くせない。

アリとドミンゴがフェルナンドを見つめる姿は愛としか言いようがない。

そしてフェルナンド。

この遥か遠い恵み多きあなた方の土地によんでもらって、こんなに沢山の方々が集まってくれた。わたしの魂を捧げます、

と言って歌い始めた。胸が痛くなるカンテホンドの珠玉。真っ直ぐ前を見据えて時に白目をむくように痛みをさらけ出す。なんだかわからないけど涙が自然と出てくる。

そして彼らのブレリア!やっぱりブレリア!笑いが止まらないよー。1番前の特権、舞台に足をくっつけたら、3人が足で踏むコンパスの振動が伝わって来た。幸せな幸せな時間。

何度となくアンコールがかかり、彼らを招聘した島村香ちゃんが呼ばれる。彼女のアフィシオンが私達に日本中にこんな素敵な時間をくれた。同世代の彼女の思いにまた涙が止まらなくなる。

フラメンコはやっぱり最高だ。
フラメンコはカンテだとか、真剣で神聖なものだとか、声高に言う事が無意味に感じる。彼らを聞けば、見れば、感じれば明白。フラメンコは生きる様。生きる事を愛する様。でとにかく最高。

なりやまぬアンコールの波にフェルナンドの目に涙がいっぱいになっていた。70歳で初めて、スペインの田舎町ヘレスからやって来て、この国でこんなに愛されてるって事が信じられないって顔をしながら、うるうるしながら何度も胸に手を当ててありがとうと言った。

ありがとう、ヘレスの宝物さん達。
そして香ちゃん。心のイガイガがぜーんぶ流れていくような、みんな幸せになった夜でした。

行けなかったけど同じ時間にアルハムブラではホセバレンシアやルイシート、オルーコ達が素敵なコンパスをまわしていたはず。東京は今凄いアルティスタ大集合状態。

その一途な愛だけで想像を絶する重荷とリスクを背負いながら彼らをよんでくれた香ちゃん、あーしゃ。彼女たちのアフィシオンと情熱に心からの敬意と感謝を。ありがとう。誇らしい日本のフラメンカス!Oleeeee!

日曜はあーしゃこと松彩果さんの公演。ホセバレンシア、ファンレケーナ、ルイスペーニャ、オルーコ。こちらもどえらい事になります。チケットまだ買ってない方、急いで急いで!

--
ibisMailで送信!

2015年10月22日 (木)

おどること

過呼吸になっちゃいそうな1日。朝の個人レッスンからミュージシャンと生徒さんの合わせ4本の後ダッシュで恵比寿へ。本日最終日。ミゲル・アンヘルのシギリージャクラスの前に、前回お休みしたさっちゃんと復習からのクルシージョ。復習しながらご飯食べる始末。
で馬場に戻りバタを回収して夜の目白クラスまでノンストップ。

昼間はずーっと数を数えていた気がする。踊る人には一日も早く数を数える段階から脱してほしいものです。フラメンコはテクニカにおいてはつくづく地道な作業の積み重ねだと思います。数と戦っている。そこはまだスタートラインのはるか手前。
疲労困憊のままミゲルのクラスに行ったらルイス・モネオとパコ・イグレシアスが”フラメンコ”を奏でてくれる。そしてミゲルの中から溢れ出てくるソニケテ。惜しみなく与えてくれるフラメンコ。ハードスケジュールをかいくぐって受けて良かった。この90分だけはもろもろ忘れて踊るという事に集中できて、というか集中しないと覚えられないし、ついていけない難しさだった事もあり、ずいぶんと気分を変えてもらいました。
ミゲルとは11/8にサラにて共演します。クラスのひとコマ。
ミ「8日はみんな何踊るの?」とミゲル。
マ「わかんない」
ミ「マキ、このシギリージャ踊りなさいよ。素敵でしょ。」
マ「今これ習ってすぐには踊れない。ミゲルにシギリージャ踊ってほしい。見たいよ。」
ミ「シギリージャは踊れない。私のパロじゃない。振付るのは好きなの。でもなんというか、怖いの。もっと年齢を重ねれば違う重みが出て踊れるのかもしれない。」
大切なんだ、本当に。「畏敬」という言葉が浮かびあがる。
身が引き締まる。私たちは外国人。だからなおのこと、敬意を持って向かい合わないと。どうやって伝えていけるのか。また色んな思いが錯綜しました。
話は飛んで。先日、生徒さんの姪っ子ちゃん(海外在住6さい)がフラメンコやりたいというので体験レッスンしたのです。6歳の子がフラメンコやりたい、っていうのは周りの大人がやらせたい、とかそういう感じなのでは、と正直思ってた。でも。。。

もう出なくなった英語を絞り出しつつ、セビジャーナスを踊る。と、その子は目をキラキラさせながら一生懸命真似をしてくる。一生懸命近づいたり離れたり回ったり。とにかく一瞬も目を離さずにまだ幼い手足を動かして踊っている。
ターンしてポーズ!、とやって見せたらピーンと背筋を伸ばして天井に触っちゃうみたいに手を伸ばして決めてくれる。もう一回やる?と聞くとウンウンとうなづいて何度でも繰り返す。その後のクラスを見学している間も大人たちの動きを必死に真似しながら踊っていた。その目があんまりキラキラしてまっすぐ見つめてくるので、思わず本気でセビジャーナスを踊りました。胸がキュンとするなんて言うけど本当にキュン死した。完敗の気分。昨日の学院長もそうだなぁ。今月は本当に出会いの密度濃い。やっぱり過呼吸なりそうだ笑。

言葉じゃなくて、数字じゃなくて、うまいも下手も関係なくて、ただただ踊りたい6歳の透明な瞳が心から離れない。今日モネオの前で素になった私は、またそのまなざしが蘇って、クラスだっていう事も、覚えたてで怪しいパソの事もほっといて、ただただ踊りました。モネオが歌いパコが弾く。ミゲルの表現を借りれば世界中で一番濃い東京の午後4時。堪能しました。
で、夜のクラス行ったら補習したり、家でこそっと練習したりね、集まって闇練してる生徒さん達の姿が見える。みんな踊ってる。で、結局嬉しくなって帰途につく。そしてもう色んな事、数えるのはやめよう、と思いました。東京とあざみ野の発表会、明日から連打の色んなイベント、ライブ。もうホント色んなモノに追われてますが、飾らない踊るココロ、うたうココロ、弾くココロに沢山出会える予感モリモリ。明日は待ち焦がれたフェルナンドのライブ!恵比寿にフェルナンドとルイス、そして某所にはホセ・バレンシアがいるなんて凄すぎますね。ヘレスの素晴らしいもの東京に集結の神有月。


とにもかくにも発表会に向けてみんながんばろう~!
そしてわたしもふんばる~。

2015年10月20日 (火)

つくばクラススタート!

つくばクラススタート!
今日からつくばの国際美学院さんでのクラスがスタートしました。
クラス前に学院長や松岡先生とお話させて頂いて、つくば、大分、ベトナムと色んなご縁を感じながらの初登板。戦中、戦後を舞踊と共に生きていらっしゃった学院長のお話は、心に沁みて踊り手としてまだまだヒヨッコの自分、これからなのだ、と得難い光を頂く。そうこれからだし終わりはない。学び続け愛し続ける。色んな方が結んでくださったご縁が本当にありがたい。

初回は私も緊張します。生徒さんは尚更と思いますが、皆さん熱心に取り組んで頂いて楽しんで頂いて。皆さんとの出会いに感謝。

さて、火曜日20:00のつくばクラスはタラントに取り組んでいきます。タラントは大好きなパロですが、グループに振付るのが本当に難しい曲。難しいからこそ、その難しさを皆さんと楽しみながら苦労してトライ出来たらいいなと思います。

初めて降りたつくば駅に、筑波山の案内が。山が近い。嬉しくなります。そういえばタラントは山の唄。大地の唄。

さて朝の流山から夜のつくばまで。で、帰りはほぼ旅モードの長い火曜日が今日からスタート。で、ついつい旅のお供買っちゃった。学院長に頂いた羊羹で。初回だけ。初回だけです…

--
ibisMailで送信!

2015年10月19日 (月)

羊さん達から頂いたもの

昨日は明日から(!)お世話になるつくば美学院の皆様によるライブ「羊祭り」を見にエルフラへ。

これからお世話になる先生方、生徒さん方皆様のライブは本当にパワフルで個性豊かで楽しかった。それぞれが表現するという事を心から楽しんでいる。なんと学院長をはじめ80代が4人(?)も。その透明感溢れるバイレに胸がキュンキュンしました。なんと素敵だったこと。セビジャーナスではまだ0歳のひ孫さんまで登場。4世代にわたる皆さんの踊りを愛する心意気に痺れた。そして学院長の日舞も素晴らしかった。エルフラで日舞見れるとは驚きと嬉しさいっぱいでした。

学院長はじめ羊年生まれの方が多いことからの羊祭りだそうですが、羊さんパワーいっぱい頂きました。
お疲れ気味の昨今、元気で踊り続ける、という事についてまた考える良い機会にもなった。そして明日からのつくばクラスも本当に楽しみになりました。
という訳で今月より月3回のつくば美学院でのフラメンコクラスがスタートいたします。
新たなスタート、新鮮な気持ちで頑張るぞ!

2015年10月17日 (土)

メソンデルプエルト

メソンデルプエルト
メソンデルプエルト
木曜は大宮メソンデルプエルトでのライブでした。

カディスから帰って来たチェマとほーんと久しぶりに一緒で楽しかったー。いつも心をくれるカンテと楽しいMC。ショーが終わってみればみんなトモダチ。チェマは本当にすごい。座長のだんくん、いつもありがとう!写真にいないけどソロリサイタルを経てさらに逞しく進化したさやかちゃんの踊りに刺激をもらいました。

ハードな日々でお疲れ気味のワタクシ。ひとときパワーもらえた。温かいお客様とみんなに踊らせてもらった感じ。そして久しぶりのビール!美味しかったなー。

ありがとうございました!

--
ibisMailで送信!

2015年10月13日 (火)

今日の新顔

今日の新顔
赤ミズナ。
普通の緑のよりも野菜らしい味わい。


--
ibisMailで送信!

2015年10月12日 (月)

三連休

ちまたは三連休でしたね。

私はと言えば三連続、朝10時クラス。からのまたクラスに個人レッスン。
の合間をぬって2日連続でエル・フラメンコへ。
昨日は踊り手仲間、正木清香ちゃんの初ソロリサイタル。
さやかちゃんと知り合ったのはもうずいぶん昔だな。どっしりしていながら鋭い技術でとてもバランスのとれたバイラオーラ。踊りとは対照的なのんびりほんわかマイルドな空気感も大好きなひと。

今の自分を出し切って4曲を振り絞るように踊りきったさやかちゃんの姿には、覚悟を決めた、腹をくくった人の強くてまっすぐなエネルギーが満ちていて本当に素晴らしかった。美しかった。くもりで中途半端が自分らしいなんて言ってたけれど、中途半端や言い訳が何もないとても気持ち良いライブだった。そしてひとりすべてを背負って立つさやかを客席からみんなが頑張れって見守っている感じで、人のつながりというものにも感動を頂きました。

そして今日はこちらも大好きな友人で東京、仙台をまたにかけ頑張っている藤井かおるちゃんの発表会。舞踊団時代からのつながりもあり、個人でもうまる4年くらい習いに来てくれているNちゃんがこちらでもソロを踊るので、私も緊張しながら会場へ。

ソレア。彼女のソロは前から見るのは初めてだったのですが、真摯にソレアと格闘している姿が見え、堂々と自分の踊りを踊っていてじんとしました。かおるちゃんのクラスには何度か代講でお邪魔したりで、顔なじみの生徒さん達みなさんが、楽しみながら立派に踊っている姿、そしてそれを温かく支えるかおる先生、ミュージシャン。素敵でした。

発表会って本当にいいなぁと思う。それぞれ仕事や家庭を持ちながらその合間をぬって頑張って、緊張しながらも真剣にフラメンコに立ち向かっている姿は本当に美しいな。間違っても間違いじゃない。そこに心を捧げて頑張る姿に心が動かされます。今うちの教室も絶賛発表会スパルタ期間中だけど、小さな積み重ねがちょっとずつ花開いて形になっていくのは本当に嬉しいし、忙しくても元気がでるな。

とても素敵なものをまた見せて頂いて、心が洗われました。

そしてハードな日々はまだまだ続く。のですが、とりあえず本日ピロリ除菌期間が終わりました!
ヤッター!!!
とりあえず薬&禁酒の日々がひと段落。何がツライって普段はいいけどフラメンコ後のカンパ~イでウーロン茶というフラメンコ人生初の苦行。昨日のさやかちゃんお疲れ~!もさんぴん茶とドライゼロ。。。友達の晴れの日にそこだけ心が折れそうでした笑。

今週木曜のメソン・デル・プエルトライブにて本番後のシュワー解禁するぞ!
それだけでテンション上がってますが、反動でまた色々とやらかしてしまわないよう、これを機に今後は清く正しく健康生活します。

2015年10月 9日 (金)

セビージャのエレガンシア

セビージャの粋、華、美。

ロリ・フローレスが逝ってしまいました。
昨夜fbの投稿で知り本当に残念。
留学時代通ったロス・ガジョスで長年フィグーラ(主役ダンサー)をつとめていたロリは頭のてっぺんからつま先まで美しいまさにセビージャを代表する踊り手、セビージャの顔のひとり。
ロリと言えばパリージョとバタのシギリージャ。シルバーのバタで渋く渋く抑えて抑えてのバイレがまだ子供だった私にとって大人の女性のバイレそのもの。イベリアさんのビデオ、フラメンコ・イ・フラメンカで踊り終わりに柱にもたれかかるようにしたその姿に何度も痺れた。セビージャの古き良き時代の薫りがする数少ないマエストラ。美しい、美しいひと。
つい昨日までもロリのシギリージャのパソをとろうと彼女の動画を何度も何度もリピートで見ていた矢先で、とてもさびしい。自分が彼女と会えた事、セビージャで感じた事、私の宝物。バイレを通して憧れを追いかけ続けたいと思います。
心からご冥福をお祈り申し上げます。
https://youtu.be/fVEnoiKIrks

2015年10月 8日 (木)

羽生 伊万里さんにて

羽生 伊万里さんにて
羽生 伊万里さんにて
羽生 伊万里さんにて
羽生 伊万里さんにて
本日の埼玉県羽生でのお仕事、無事終わりました。
お客様皆さんが真剣に見て聞いて楽しんで頂きありがたかったです。お世話になりました伊万里の社長様はじめ会を支えて頂きました方々に心よりお礼申し上げます。

クラスと事務仕事漬けだった私は久しぶりに踊り手としてのお仕事で、全て忘れて楽しみました。久しぶりで本番の感覚がなかなかつかめず、メークの順番まで間違えるボケっぷりでしたが皆さんに助けてもらったな。

色々ありつつも楽屋から帰りの電車まで笑いっぱなし、丁寧な座長ぶりの智詠さん、久しぶりの相変わらずの隆充くん、ムードメーカーの容昌くん、そして急のリクエストに快く応えてくれた麗し近藤裕香ちゃん、楽しい時間をありがとうございました!

朝から夜まで1日だったのでお昼は埼玉ではメジャーらしい地方ファミレス坂東太郎にてお腹がはち切れるくらい食べる。名物味噌煮込みうどんを前にエプロン姿がキュート笑な智詠さん。

夜は鉄板焼、会席の伊万里さんの豪華過ぎるお弁当。うーん、幸せ。

除菌期間にて本番後のビールが飲めないのが辛すぎでした。帰りも湘南新宿ラインのグリーンにてホロ酔いのみんなを横目にお弁当に集中する私。

早くビール解禁したいー。カモーン。

--
ibisMailで送信!

今日は羽生へ

今日は羽生へ
何とか起きれた。

今日は久しぶりの本番仕事。埼玉の羽生という所で踊ります。
初めて湘南新宿ラインのグリーンに乗ってみました。2階は景色も違って見えて楽し。ゆったり朝ご飯。

行って来ます!

--
ibisMailで送信!

2015年10月 6日 (火)

除菌生活

やはりいたらしいピロリさん。
これから1週間はお酒NGでお薬で除菌するそうだ。除菌セットなるものを処方される。一回に6錠もあるのです。そのものものしさにビビり気味の私ですが、これでピロリさんが出てってくれる事を願おう。

胃炎も自覚症状が無いところでわかったからラッキーでした。やっぱり検診大事だな。結果は来年また検査するみたい。なので気長に構えるしかないですね。

そう、自覚症状もほぼないし、お酒飲めないだけであとはいたって元気。水泳とボディメイキングのおかげで体はバリバリ調子良いですのでご心配なく!

今週の楽しみな本番とか、発表会のもろもろとか、12月のお楽しみとか、来年のお楽しみとか。今週から全てが一気に加速し始めました。
そしてやる事が笑うくらいバラエティーに富んでいる。

除菌週間の後にはフェルナンドモレノやらホセバレンシアやら、国立バレエも待っている。楽しみながら秋を満喫するぞー!

--
ibisMailで送信!

2015年10月 4日 (日)

衝撃

衝撃
リビングの照明が切れてホルダーごと外したらなんと天井が破れてた…

こうなると寝室も心配だけど知らんぷり。


--
ibisMailで送信!

あとふたつき

Photo

東京・流山、そしてあざみ野も発表会まであとふたつきと少し。
東京・流山チームは今週ミュージシャンとの合わせでした。
緊張の中、善戦したグループ、苦戦した人たち、それぞれ色々でしたが、ここからが一番変わる時、正念場だなと思います。

全体で一番感じたのはコンパスの大切さ。カンタオールの声、ギタリストのギターにあたるのが踊り手の体であり、足。これがコンパスの中でひとつにならないとフラメンコのフの字が始まらない。踊り手でありながら音楽家である事が求められる。つくづく、フラメンコはハードルが高いです。プロの音楽家であり、数えきれない踊り手の背中を見つめてきた彼らの存在、アドバイスは宝の山。なるべく色んな事を感じ取ってほしいな。私もあらためて気合い入れ直しました。ビシバシいきます!

さて、といいつつやる事エンドレスで自分の練習やストレッチになかなか時間がとれないこのごろ。で、最近始めたのが雑巾がけ。
今までは掃除機とクイックルでスイスイとやってた掃除をすべて雑巾がけに変えてみた。乾いたので埃をとってから絞ったのと二段階。クラスでもやっているお相撲さんの四股に似た形で家中拭きます。

何せフラメンコに大切な体幹、股関節、骨盤周りのエクササイズとしても最高で体がほぐれるし、細かいところまでキレイにできて気持ちがいい。ストレッチと掃除が同時にできるから時間も節約といいことづくし。家はカーペットがないので実は掃除機いらないんだなと発見しました。この、ながらストレッチ、色々できます。開脚しながら洗濯物たたみ、やら背伸びクッキングやら日々必ずやる事なのですごいオススメです。

写真は昨日のあざみ野クラス。このところ足音と姿勢がビックリするくらいいい方に変化してきて嬉しくて思わずパチリ。いつも真剣に楽しんでくれるみなさん、ありがとう!他のクラスにもいい変化たくさん見えてきてる。これからもっともっと見れる事を期待してます。

鳴る体、奏でる足。ハードルが高いけれど小さな事を楽しみながらコツコツと。
日々の中でできる事を探しつつあとふたつきがんばりましょー。

2015年10月 2日 (金)

ふしぎなヒーロー

発表会の準備真っ盛りで事務作業エンドレス。
やることも全部書いてやっつけないとポロポロ出てくる。
一番厄介なスケジューリングは人に一旦打診してからは待つのみ。昨日は昼までに送るものを送り、返事を待ちながら家中ピカピカにして模様替えまでしてみました。

そんな日々のささやかな楽しみは最近入れたFOX classicで懐かしの海外ドラマを見ること。いつ見ても面白いフレンズ、アリーはもちろんですが、今再び見てハマっているのが冒険野郎マクガイバーとナイトライダー。

昔はテレビで海外ドラマ沢山やっていて、子供の頃かな、高校生ぐらいだったのか、マクガイバーのかっこよさにしびれていた私ですが、すっかりそんなこと忘れてた。が、うん十年たった今見て再びマクガイバー最高。溢れ出る硫酸をチョコレートで防いだり。おうちの化学みたいなやり方で困っている人(主に女性)を助けては去っていく。マクガイバーはあくまで硬派。何もないところから知恵と工夫で切り抜ける庶民ヒーロー。ほれてまうやろ。
一方ナイトライダーは喋るスーパーカー、ナイト2000の凄さを利用しまくってナンパなお兄さんが楽しそうに暴れる。お兄さんは実はそんなに活躍してない気が。ナイト2000は感情なんてない、と言いながら「ホントはさびしかったんですよ」なんてかわいい事を言ったりして。今はスマホだって喋る時代になったけど、そんな事が夢のようだった時代の、こんな車あったらいいな、的なナイトの活躍が今見ると可愛いし夢と愛があるのです。

昔のドラマいいね。悪役はとことん悪く最後には退散し(殺さないの、しかも)、ヒーローは美しい女性と毎回ちょっといい感じになったりするのもお約束で楽しい。でも、このふたりとも警察でもないのです。ナイトライダーのマイケルは元警察だけどナイト2000を作ったナイト財団に雇われているのか?マクガイバーにいたってはまさにタイトルどおりただの冒険野郎にて普段は何者なのか?チャーリーズエンジェルも、普通捕まっちゃうような事件解決の仕方で警察いらずの活躍。その現実離れ感もリアルすぎる今のドラマに比べてお気楽で楽しい。

現実離れのドラマの最高峰Xファイルもやってますが、こっちはやっぱりすごいです。久しぶりに見てるシーズン1は今見ても体中に鳥肌たちます。名作は永遠。

とテレビばかり見てないで仕事もしてますよ~。
さて仕事行って来ます!



10月追加クラス

場所:モダミカ アネックス

10/11(日)10:00~11:00 入門クラス
11:00~12:00 カラコレス

10/18(日)10:00~11:00 入門クラス
11:00~12:00 カラコレス

発表会に出ない方も振替などでご活用ください。
参加できる方はご一報くださいませ。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ