« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

12月のクラススケジュール

201512

11月のクラススケジュール

201511

2015年9月28日 (月)

初めて内視鏡

区の検診で胃炎の疑いありになってしまい、人生初の胃カメラしました。
鼻から入れるとのことで前夜からびびって熟睡できず。。。

まずは胃の泡を消すというお薬をゴクゴク。ベッドの上でゴロゴロまわります。
そして鼻の血管を収縮させるという液体を両鼻にシュー。口に垂れてきたら飲んでもいいですよ、と言われ(とゆーか飲まないってできない)いやいやながら飲み込むとしょっぱい~。海水より強いくらいの塩気。5分放置の後、いよいよ鼻麻酔。

注射ではなくゼリーですよ、と言われほっとするも、こちらはちょっと刺激が強いので飲まないで出してくださいね、とティッシュを渡される。鼻からグビグビと液体を入れられあっという間に喉に来た。寝てるから飲んじゃったよ。まず~い。苦くてヒリヒリ。再び5分放置。

この後カメラと同じ太さのゴム管を左鼻に入れてしばし鼻が慣れるのを待つ。違和感あるけど呼吸は普通にできる。ここまで緊張しすぎで疲れ果てた私はウトウト。と先生が来て本番開始。カメラを突っ込まれ麻酔してても痛い~。あぁ、ちょっと細いかなぁ、と呟きが聞こえる。あぁ、鼻が細いとツライと事前調査で聞いていたけどまさかの。ごめんね、ごめんね、と謝られながらの検査。

これね、我慢できない事はもちろんないけれど、またやりたいかって言われたら嫌だな。鼻から口に管が来てゴックンと飲み込む感触に、異物が体の中を通っていく感じ。撮影の角度を変える度に鼻の穴を引っ張られて10歳くらい老けた気がする。

結局、区の検査と同じく炎症がある模様。まぁ、重篤なものはなかったんで血液検査の結果でピロリ菌じゃないか確認することになりました。って、採血され、あら、そしたら採血だけで良かったんじゃ、と思ってはならぬ事が頭に浮かびましたがとりあえず無事終了。検査後もしばらく水も飲めないし、ホント健康は大切だ。

このところ病気のニュースも多いしまぁ気をつけろという事なんでしょう。
胃の中の写真はもらって帰りました。
初めて見る自分の体の中のカラー写真。なかなか新鮮。
元気が一番。怒涛の秋を乗り切るべく体に気をつけてがんばるぞ!





2015年9月27日 (日)

9月のカンテ・ギター合わせ

クラスこみゅーにもupしてますがこちらにも。

9/28(月) クラス時間変更
カラコレス 19:00~20:15
ティエントス 20:15~21:30 
カンテ・ギター 19:30~21:00 入ります
9/29(火) クラス時間変更 (クアドロクラスは休講)
11:00~12:00 スタジオ解放
タンゴ・デ・マラガ 12:00~12:40
ソレア        12:40~13:20
カンティーニャス  13:20~14:00
9/30(水) クラス時間は変更なし
入門 19:10~20:10
アレグリアス 20:15~21:30

カンテ・ギター 19:30~21:00 入ります。

それぞれご確認宜しくお願いいたします。

2015年9月26日 (土)

初めまして

初めまして
初めまして
シルバーウィークって何だ!?と変わらず仕事して過ごしましたが水曜はクラス前にママになった生徒さんJちゃんのお宅へ。

ベビに会いに行って来ました。8月から私の周りはちょっとしたベビーブーム。妊婦さんからママへ。母はみんな一気に逞しくなるねー。ホント尊敬。

いつまでも眺めてたいなぁ。ベビパワーにまた癒されました。ベビ達がすくすくと元気に成長していきますよう。一緒にフラメンコする日も来るかも。楽しみ!


--
ibisMailで送信!

2015年9月24日 (木)

ボセス

ボセス
火曜日はサラの公演を観に渋谷の新劇場シアターオーブへ。

サラ・バラス。ひとつ年上の彼女は私がフラメンコを始めた頃の唯一無二のアイドルでした。94年のビエナル、靴紐がほどけながら更に凄い脚さばきで踊りきり怒りとともに袖に帰って行った姿は今も忘れられない私のフラメンコ原体験のひとつ。

瞬く間にスターになってから、商業的に感じあまり共感出来ない作品が多くて残念に思っていたけれど久しぶりの来日、やはり行きたい。会いたい。

サラはやはり素晴らしかった。90年代から変わらないあの舞踊スタイルも小気味よいサパテアードの音色も全てサラ・バラスというセージョ(印)が刻まれている。

そして素晴らし過ぎる音楽隊。特に今回作詞をしたルビオの唄は圧巻。モライートに捧げたsonio negroというソレアポルブレリア最高すぎた。全身鳥肌の唄、バイレ楽しみました。

踊りも、出ているオーラも真っ直ぐなサラ。その舞踊人生を真っ直ぐ歩んで来た姿に感動し、勝手に自分のフラメンコ青春時代を重ね合わせ、感慨深い夜でした。

劇場の音響も照明も素晴らしく久しぶりに日本できちんとテアトロフラメンコを楽しめました。そこもさすが一流。サラの舞台の後は何だか爽やかな余韻。まだまだアイドルで変わらぬ笑顔で踊り続けてほしいな。


--
ibisMailで送信!

2015年9月21日 (月)

スター来日!

スター来日!
スター来日!
スター来日!
来たよ、サラ・バラス!
姫は輝いてる。思わずミーハーな前夜祭@エルフラ


--
ibisMailで送信!

2015年9月19日 (土)

ケール

ケール
ケールが近所のスーパーに売ってた。
青汁で有名だけど実物初めて。
200円くらいだったらジュース用に買ってみました。

葉っぱは硬めのパセリみたい。ジュースにしたけどクセがなくて飲みやすかった、のはリンゴとぶどうのおかげだろうか笑。

先日は茎が赤いスイスチャードというのも置いてあった。サラダ白菜なるものも。これもジュース用にクセがなくて美味しかったです。

なかなかいい冒険する近所のスーパー。次も新野菜待ってます。Oleeeee


--
ibisMailで送信!

断捨離

断捨離
断腸の思いで本を処分。

どうしても手放したくないのはほとんど10代20代に買ったもの。司馬&塩野先生、春樹さん、詠美さん、壇かずおさん。あとは海外のと日本のちょっとだけ。

他の物も厳選。物のたまってること!捨てずに手放す方法を考えなくてはです。形に残るもの、もうあまり欲していないな。真夜中までかかる。物持ちすぎだ。

名刺管理のアプリ、エイト。なかなか素晴らしいです。

部屋も心もスッキリ。


--
ibisMailで送信!

2015年9月17日 (木)

第3回発表会 チケット発売開始しました!

2015126

さて、12月6日(日)はエル・アサール第3回発表会をエル・フラメンコにて開催いたします。
チラシも出来てチケットの販売も開始いたしました。お席に限りがございますので、出演者、もしくは太田よりお早めにお買い求め頂けますよう宜しくお願いいたします。

自作チラシのデザインは2回連続で大好きな水玉でしたが、今年は雰囲気変えてみました。チラシ作りも毎回あれこれ悩みながら楽しんでます。ホリデーシーズンにふさわしくお客様にとって素敵なプレゼントになるような会にできたらという思いを込めてみましたがいかがでしょか。

今日はセビジャーナスの資料作りで一日パソコン作業。大変ではあるけど色んなレイアウトを決めたりデザインを考えるのは楽しくてついついブレーキがなくなってしまうな~。

さて、クラスの方も発表会に向けエンジン全開でいきましょ~!

2015年9月15日 (火)

本日のバタクラス

19:10〜20:25 モダミカアネックスです。スタジオ変更になっていますのでお間違えなく!

アネックスでお待ちしております

iPhoneから送信

2015年9月14日 (月)

久々水泳日記

マレーシアから帰国して1週間。

豪雨があったり地震があったり、何となく日常に自分をハメていくのに時間がかかってますが、先週はボディメイキングクラス、そして本日は水泳レッスン復活しました。

BMクラスは久しぶりのクランチ3分に昨日まで腹筋筋肉痛。色んな使い方、毎回ホント勉強になる。ストレッチは毎日やってたのでレッスンでは初めてできた!開脚からのかえるちゃん、というのがあるんですが、これ苦手でズルしてたのが、苦しいけどでけた!進歩進歩。嬉しいいな。

水泳の方は本日も代講の先生。多少昨夜のビールも残りつつ、2週間ぶりで1時間半のレッスン不安でしたがやっぱり行くと体がスッキリします。今日は背泳ぎを初めてじっくりやりました。
ひざを曲げずに足全体を底に向かって押すようにキック。腕の使い方も、初めてちゃんと習ってみて背泳ぎも楽しくなってきた。背泳ぎの方が水が来るタイミングが読めず鼻ツーン。これが辛い。でもやはり自己流と習うのでは体のスムーズさに雲泥の差が。新しい事はやっぱり楽しいです。
これからの秋冬にかけて寒がりの自分が果たして続けられるのか一抹の不安はありますが、来月からも更新し泳いでみる事にしました。初めてのプール生活ついに4カ月目にもうすぐ突入。
がんばるぞ~

2015年9月11日 (金)

なんでもサンバル

なんでもサンバル サンバルソース、知ってますか。 わたしはマレーシア行くまで知らんかった。唐辛子をメインとしたマレー、インドネシアの代表的な調味料。スパイシーで旨みたっぷり。材料もレシピも家庭により様々、トマト入れたり、魚介入れたり生だったり炒めたり。 これはまってます。お味噌汁や納豆にもチョリンと入れると美味しいー。厚揚げを炒めたらマレーシアを思い出す。油そうめんに入れて奄美とマレーシアの饗宴も美味しい。なんにでも入れたくなっちゃうな。 あとあちらではどこでもグリーンベジ、青菜炒めが何だか美味しかったので懐かしんで毎日野菜炒めしてます。塩味シンプルですが美味し。 鮭のサンバル焼きと青菜炒めでちょっとマレー気分なご飯。 -- ibisMailで送信!

2015年9月 9日 (水)

アレグリアス休講

豪雨、夜に向け激しくなるとの予報にて本日のアレグリアスクラスは臨時休講とさせて頂きます。
入門に関しましては向かっている方がいらっしゃるようでしたら開講しますがくれぐれも無理をなさいませんようお願いいたします。

直前のお知らせ申し訳ありませんがよろしくお願い申し上げます。

iPhoneから送信

本日のクラス

夜に向け雨が激しくなって来ました。予想外の事態もありそうな様相を呈して来ましたので、皆様無理をせず各自ご判断くださいませ。

iPhoneから送信

9/15(火) バタクラス スタジオ変更のお知らせ 

都合によりまして9/15(火)のバタ・デ・コーラクラスはモダミカアネックス Aスタジオに変更になります。

お間違えのないよう宜しくお願いいたします。
モダミカアネックス 豊島区高田3-6-15 03-3983-5921
駅から遠い方のモダミカです。
ご確認くださいませ。

こちらも再会

こちらも再会

金曜深夜に着きすっかり日常に戻って来ました。

そして日曜はエルフラ。ペドロ・コルドバのグループ初めて行って来ました。震災の日、日本にいたペドロ達。通いつめ、一緒にライブさせてもらったり習ったりしていたのに、さよならも言えず帰国した彼ら。ラウル、ベレン、カスティとはあの日以来の再会でした。

グループスタートしてからだいぶたってたので、マキはどこに行っちゃってたんだ、と怒られながらも大好きな人達と本当に嬉しい再会。この人達の暖かさはいつも幸せな気持ちにしてくれる。2部は最前列で相変わらず素敵な彼らのショーを満喫しました。

リクエストに応えてくれたベレンのソレア、ペドロのファルーカ。久々の美味しいフラメンコに笑いっぱなしでした。

カンテにファンカンタローテも加わりさらにパワーアップのペドログループ。沢山の人に見て頂きたいです。

--

ibisMailで送信!

2015年9月 7日 (月)

マレーシアのたび

マレーシアのたび
マレーシアのたび

マレーシアのたび

最後のディナーは郊外クアラ・セアンゴールの川沿いレストランで再びカニやらナシゴレンやら頂いた後に蛍ツアー。

マングローブの川を電動の音がしない船で進んでいく。川風が気持ちいい。真っ暗なジャングルの色んな音に生を感じる。そんな蛍が見えるのかな、キラリくらいかな、など思っていたら…

クリスマスツリーの電飾かと見紛うほどの蛍の光。思わず息をのむ。船の舳先をマングローブの中に入れてもらうとすぐそこに、蛍が掴めそう。何なんだ、これは~。真っ暗な川のほとりにキラキラ続く蛍の道。夢のように美しい静謐な時間。この旅の締めくくりに最高のプレゼントをもらいました。

マレーシアでは自然の大きさ、壮絶さ、美しさに圧倒され続けた。誰に誇るでもなくただそこにあるものの美しさ。その中にいると日本での色々な事が本当に小さく感じられる。コンクリートの中で息詰まっている何かがゆるんで開いていくのを感じる。

そこに生きる穏やかでゆったりとした人達。目が合うと微笑んでくれる。
違う宗教、違う習慣、違う民族。でも調和しながら共に生きている。これは本当に驚きだった。時差1時間。こんなに近い国なのに何も知らなかった。色んな人がいる。色んな生活がある。それを身近に肌で感じ目を開かされた。

自然とヒト。

そして四半世紀の付き合いになった大学からの友達。まさか今になってこんな旅を一緒にできるとは、本当にありがたい事です。毎日笑ったり驚いたりしながら、美味しく食べ尽し、学生の頃のようにビールを死ぬほど飲んだ笑。朝6時着のフライトだったのに笑顔で迎えてくれて毎日仕事しながら付き合ってくれたYくん。いなかったらココに来てこんな最高の時間を過ごす事もなかった。そして色んな所に連れまわしてごめんねドライバーのKaiさん、寝食ともにしてくれた3人。本当に本当に本当にありがとう!みんな最高です。

マレーシアの自然、人、食べ物、楽しみつくした旅、無事終わりました。
さびしいけどまた会える日を思いがんばります。

全員写真は初日Y宅にて。再会が嬉しかったなぁ。
そして素敵過ぎたコンドミニアムからの眺め。

みんなありがとう!love Malaysia

Img_2570

--

ibisMailで送信!

2015年9月 5日 (土)

ブルーモスクツアー

ブルーモスクツアー
ブルーモスクツアー

観光最終日は国立モスクより遠いけどマレーシア最大のブルーモスクに行く事にした。受付するとモハメドさんというおじいさんがボランティアガイドをしてくれるという。隣にいたムスリムの女の人がストールをまいてくれて私もムスリム気分、ちょっとドキドキした。

さてこのガイドモハメドさんが面白かった。パンフレットを片手に喋る喋る。女人禁止の洗い場もOKOKとドンドン進む。撮影禁止の礼拝堂も自らシャッターを押し、これも撮っておけ、あれもあるぞ、と半強制的に写真を撮らせる。もと船乗りらしく、日本語を時々織り交ぜるが、ムハンマドセーセーが先生と気づくまでにしばらくかかり逆にわかりづらい。でも未知のイスラム教の事沢山知れてすごく良かった。

モスクのある寺院の広大な敷地内に学校や食堂はもちろんマッサージチェア、運動場乗馬場、アーチェリー場、湖No.1〜3などがあり湖No.2には日本レストラン(ガイドオススメ)、湖No.3にはマックまで(これはイマイチ気に入らないが)ある。マンゴーなんていっぱいあって食べ放題だよ。帰りに取っていけばいいよー by モハメドさん。

女性助成センターみたいなのもあり、お金が無い人にはお金をあげます、留学したい人にはお金をあげます、みんな友達、私達はリッチなのです!分かち合うのです!と満面の笑みで語るガイドさん。礼拝堂にあったポケット版コーラン、コーラン要約、お祈りで彼が実際使っているビーズの数珠?を、ハイ持っていけ、ハイこれも、と女子だけにドンドンくれる。彼によると男性は怠け者で女性こそが勤勉で素晴らしいのだそうだ。

実際男性の日、金曜以外、モスクの中は女性が圧倒的に多い。でも男性は普段外で働いてるのだから、怠け者と言うのは不公平な気もするが彼はMen are lazyを連発していた。モスク内のエレベーターが遅くて中で朝食食べれそうだ、のオリジナルギャグもエレベーターに乗るたび連発していた。

男性は怠け者だからモスクに来て祈らなきゃいけない。家で祈っても1点だ。女性は家で祈ってもモスクに来ても27点だ。お祈りの前にちゃんと手を洗わないと0点になっちゃうんだぞ。さぁ、手洗いの方法写真撮っておきなさい。と、彼独自の例えなのか本当かよくわからない採点方式も交え、ムスリムの生活について教えてくれた。いずれにしろ、彼らはイスラムの戒律にのっとって敬虔に生活している。酒を飲まず体を清め毎日5回祈る。どこのトイレにもミニシャワーか洗い用の桶があり女性はプールでも長袖で髪を隠している。

モスクの天井にはコーランの最初の11項がアラビックのカリグラフィーで書かれていたが、文字であり音符でもあるアラビック、本であり楽譜でもあるコーラン。指差しながら実際唱えてくれたり(これ見事だった)でコーランの世界に私はスッカリ魅せられた。

日本ではムスリムというと過激派だけが取り沙汰される事が多く、私も無知から何だか分からない恐れを漠然と抱いていたが、イスタンブールで魅せられこの国でも出会ったたモスクやカリグラフィーの美しさはもちろん、形ではなく心に信仰を求めるその考え方や人と分かち合うシステム、そしてその中に暮らす穏やかなマレー系の人々にスッカリ魅せられている。

自分達の生活全てであるアッラーへの信仰を異国人に嬉々として伝えようとするモハメドさんはキラキラ目が輝いてた。

1時間以上かけガイドしてくれたモハメドさんと最後写真撮ろうかと思ったが、もう改修を迫られそうな勢いだったので少しだけ普請してお礼を言ってブルーモスクを後にした。名刺くれてわからない事があればいつでも電話しなさい、と言い残しバイクで家に帰っていった。

異文化に触れる。まさに旅の醍醐味。しかしなぜに27点…電話した方がいいだろうか笑


--
ibisMailで送信!

バトゥからチャイナタウンまで

バトゥからチャイナタウンまで
バトゥからチャイナタウンまで
バトゥからチャイナタウンまで
バトゥからチャイナタウンまで
イスラムモスクからヒンドゥー寺院、そしてチャイナタウン。
この日はまさに多宗教、多民族国家マレーシアならではの日。

ブルーモスクについては色々あり過ぎたので別途書くとして、バトゥ洞窟到着。あれ、遊園地?と見紛うカラフルな楽しい像達、そして入り口に金の仏像?

そしてうじゃうじゃと登場する野生のサル。サルに感動したのは一瞬。その鋭い眼差しに自分のバッグを守りながら、ファンシーな外見とはうらはらな急勾配の階段をひたすら上がる。キツイ。あ、あつい。やっとこさ頂上に出て涼しーい!となるはずが熱気が溜まってさらに暑い。思わず全員無口に…しかしそびえ立つ洞窟は壮大。偉大な自然。

洞窟上の神殿はサルが走り回りカーテン引っ張ったりキッチュな神像の頭に乗っかったりしている。ここに靴を脱ぎ祈りに入るのはかなり勇気がいる。案の定誰もおらず。

この壮大で見事な洞窟とカラフルなヒンドゥー美の対比。わびさびの国から来た私達には非常に興味深い。観光客の中にムスリムもいたりするからまた興味深い。

しかも遊園地みたいに見えても、ここでは体に矢を刺しまくったりする非常に痛々しいプリミティブな祭りが行われるのです。宗教。信仰って何だろう。

そしてチャイナタウンでは関羽を祀った関帝廟へ。洞窟に疲れ果てチャイナタウンには新鮮さを覚えない私達は誰もシャッターを切らなかったが、こちらは豪華絢爛。おなじみ赤と金の世界。

複合国家マレーシアではそんな世界が溶け合っています。

さてバトゥではランチ。もちろんこちらはインド系。Jの頼んだ南インドカリーランチはバナナの葉っぱの上に色んなカリーや野菜。わたしはマサラトサイというガレットみたいなの。巨大。カリー味のマッシュポテトが入ってる。白いフムスみたいなペーストが別添えてあるが、テーブル備え付けのカレーもかけてみろ、と顔で指示されたのでカレー添えてみた。赤いのが全然辛くなくて白いのが鬼辛かったりする。カレーの世界は深い…でも大体美味しい。

昨夜のカニとの戦いを経て、この頃には手で食べるのが普通に思えてきた。そしてこちらのカレーは常温でも美味しいです。

自然のハーブペイント、ヘナ、初めてやってもらった。この子の技術にビックリ。ランチは300円。ヘナは450円くらいです。やすー。

ヘナは足もしたいくらい気に入ったー。1週間もつみたいだから来週あたりまではついてますよー。


--
ibisMailで送信!

バトゥ洞窟

バトゥ洞窟
バトゥ洞窟
バトゥ洞窟
バトゥ洞窟
バトゥ洞窟
バトゥ洞窟
バトゥ洞窟
バトゥ洞窟
午後はKL北に13kmの鍾乳洞バトゥ・ケイブへ。モスクから一転、ここはインド以外では最大のヒンズー教の聖地。


--
ibisMailで送信!

ブルーモスク

ブルーモスク
ブルーモスク
ブルーモスク
ブルーモスク
ブルーモスク
9/3 A.M.は シャー・アラムという町にあるマレーシア最大、世界でも4番目に大きなモスク、通称ブルーモスクへ。


--
ibisMailで送信!

2015年9月 4日 (金)

帰ります!

帰ります!
帰ります!
マレーシアでのラストランチはニョニャ料理。ラクサです。
運転手のカイさんとともに。
楽し過ぎたマレーシア。在クアラルンプールの同期Y氏のホスピタリティー無しにはありえなかった贅沢旅、最高でした。

最終日まだupしてませんがとりあえず帰りますのご報告にて。

トゥリマカシーマレーシア!


--
ibisMailで送信!

スパ、カニ、ダーツ、スイカジン

スパ、カニ、ダーツ、スイカジン
スパ、カニ、ダーツ、スイカジン
スパ、カニ、ダーツ、スイカジン
スパ、カニ、ダーツ、スイカジン
スパ、カニ、ダーツ、スイカジン
スパ、カニ、ダーツ、スイカジン
スパ、カニ、ダーツ、スイカジン
スパ、カニ、ダーツ、スイカジン
スパ、カニ、ダーツ、スイカジン
2日も盛り沢山。前述の水族館からバクテーの後マレーシアンスパ。
そして地元で大人気のシーフードレストラン、ファッティクラブへ。ココの甘酸っぱくて辛いカニはテーブルに置きハンマーで叩いてベチャベチャになりながら食す。ワイルドで美味し過ぎて食べたら戦いの後の気分。今旅最もインパクト強かった食。

そしてY氏の同僚の皆様、インターンで外大から来ている後輩の女の子達も来てくれてダーツ。タイガービールタワー。

コンドミニアムに戻り初日に仕込んだジンスイカでまた飲む。ジンスイカはなかなかインパクトあるので写真後日上げます。

充実。


--
ibisMailで送信!

バクテー

バクテー
ランチはK氏の要望によりバクテー。
肉骨茶。お肉をお茶で煮込みにしています。
見た目よりサッパリ。大満足。


--
ibisMailで送信!

2015年9月 2日 (水)

Hakka レストラン

Hakka レストラン
Hakka レストラン
Hakka レストラン
Hakka レストラン
Hakka レストラン
PDから帰ってメガモールで買い物。ランチは8.9リンギット→300円弱の焼きそば&ワカメスープ。で食べ過ぎた。

帰りの車中再びスコールに遭う。降り始めからの暴風雨になるまでの早さが半端ないです。そして必ず止む。
熱帯だ。

借りているコンドミニアムのすぐ側のハッカレストランでディナー。フカヒレと卵炒め。鱈の酒蒸し煮。角煮饅頭。グリーンベジ。海老マヨ。食べてたら屋根が収納されてオープンレストランになった。気持ちいい風に美味しい料理。幸せ。
ハッカから見えるのは我が家です。

アジア感と高層ビルとジャングルが混ぜこぜなKL。面白いです。
--
ibisMailで送信!

2015年9月 1日 (火)

そしてPD

そしてPD
そしてPD
そしてPD
そしてPD
マラッカから海辺のリゾート、ポートディクソンへ。ラグジュアリーなホテルシスレ。

プールサイドでコロナを飲み、海でジェットボートと浮かれました。海に沈む夕陽を眺めて一杯、と行きたかったけど、海面付近が微妙に靄がかり奄美同様、Sea sun set は逃す。日射しが意外と強くなくて水温が高いのでずっと水の中にいれてしまう。1日よく遊んだ。

夕飯は5人でレストランのマレー系料理をほぼ全部征服。米粉の焼きそばクィティウ、チキンライス、ナシゴレン、魚煮込みにサテ再び…and more
フルーツサラダのナンプラー風味甘味噌が何とも言えないが後は全部美味。

安全で水が良い。人は穏やか。
これはリタイア後移住する人が多いのも納得。


--
ibisMailで送信!

マラッカ散策2

マラッカ散策2
マラッカ散策2

--
ibisMailで送信!

マラッカ散策

マラッカ散策
マラッカ散策
マラッカ散策
マラッカ散策
マラッカ散策
マラッカ散策
マラッカ散策
ジャングルを切り拓いて出来た国だから自然がワイルド。沢山の木が寄生し合っている木は葉っぱの種類も色んなミックスなのです。

ミックスの国マレーシア。

ランチはチャーシュー2種。グリーン炒め。サテ3種。どれも美味。

果物も豊富。写真はマンゴスチン。

謎のハーブティーは味も謎な感じ笑。漢方薬ぽい。

歴史あるマラッカは骨董の町。
アジアならではビーズシューズのお店では工房まで見せてもらいました。


--
ibisMailで送信!

2日目マラッカ

2日目マラッカ
2日目マラッカ
2日目マラッカ
2日目マラッカ

マラッカはマレー、中国、インド、ぶらすで、ポルトガル、オランダ、イギリス、それぞれの影響を受けた Mixed cultureの街。カラフル。キッチュで可愛い建物ばかり。

今日は独立記念日で色んな車のパレードしてました。でもパレードより自転車タクシーの方が派手。このセンスなかなかいっちゃってます。


--
ibisMailで送信!

BBQ

BBQ
BBQ
BBQ
BBQ
20年越し大学同期との修学旅行。
初日ディナーは在クアラルンプールのY氏宅のプールサイドでBBQ。

スコールも初体験。
止んだところで焼いて飲んで喋って泳いで。ジャカルタから途中参加の友人も無事着き全員集合!

道も家も木もデカイ!
この場所で集合してるのが嘘みたいだけど嬉しいね。

滞在しているコンドミニアムに戻りもうひと飲み。もう何日もいるみたい。ツインタワー美しいです。


--
ibisMailで送信!

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ