« 語り継ぐこと… | トップページ | 水泳日記 7 »

2015年8月10日 (月)

じてんしゃたび

昨日は長崎の原爆の日。
平和祈念式典での長崎市長のことばは真実味に満ちていて素晴らしかったですね。
来週は大分なので、昨日のうちにと靖国神社まで祖父に会いに行って来ました。

地下鉄と思いましたが暑さもそれほどでなかったので目白通りを抜けて飯田橋から九段へ自転車で。目白台から江戸川橋、飯田橋、九段の道のりは、昔の匂いをほんの少しだけ残していて、それぞれの橋や通りにある町名の由来など止まり止まり見ながらのんびり行くのはなかなか楽し。通りも大都会だけど緑が比較的多くて、高速の高架下以外は風もなかなか気持ち良い。

日曜の靖国神社は人いっぱい。お参りの後、遊就館(戦争資料館)へのいつものコース。夏休みだからか若い人の姿が多く、高校生か大学生みたいなカップルなんかもいたりして、資料などを熱心に読みふける姿を見ていると勝手に少しほっとしたりする。そして祖父の遺影の前でしばらく静かに時を過ごす。会えて嬉しいような切ないような気持ちで手を合わせる。このたっくさんの写真のひとりひとりに家族があり、大切な人がいた。

これからの日本の向かう先について、もう政治の中でも小さな戦争が起きているように感じる。思いやりを持って話し合い、お互いの立場や違いを理解し合おうとしているようには到底見えない政治の世界。この小さな国の中でさえ、嫌がる人を無理にひっぱって物事を決めていく人達が本当に平和を作れるのかな。いじめや、ねたみ、傲慢。まずは自分の中の戦争の芽を摘んでいかないと、と思いました。

境内では青空の下、骨董市が開かれていて、絵画や能面やら昔の陶磁器やら古銭などまでバラエティに富み見飽きない。昔から古いものに惹かれる。由来が色々あり過ぎそうで買うのは腰が引けるけど笑。帰り道、東京大神宮の看板が見えたのでこちらもお参りしたり(こちらは8割が女の子で何だか神社と思えないキャピキャピ感)、関口パンに寄り道しながらの自転車旅。都会だからこその町の歴史探索が楽しい。
しばらく奄美ロスだったけど東京も楽しいね。

« 語り継ぐこと… | トップページ | 水泳日記 7 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2049326/61108449

この記事へのトラックバック一覧です: じてんしゃたび:

« 語り継ぐこと… | トップページ | 水泳日記 7 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ