« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月30日 (月)

おおいた

おおいた
おおいた
おおいた
おおいた

土曜のクラス後からまる2日だけの大分。大きくなったチビっこふたりととチビ犬1匹は元気元気。家族でご飯も食べれて楽しい休日でした。

父とお墓参りの後少しだけ足をのばし佐賀関の道の駅へ。美しい海。関サバ丼にじゃこ天うどん。関サバ丼1050円なり。やす!あごだしのタップリきいたうどんをすすればあぁ幸せ。まだ桜は咲いてませんでしたが菜の花はそこかしこに。
犬ともあそびまくり春休み満喫。

。。。も、あっという間に東京です。
で荷物ゴロゴロだらだらと家に向かっていたら立て続けに友人に会う。
お休みでゆるんだ顔で油断してたらあきません。
さて、気合いを入れ直しクラス行って来ます。

東京はすっかりサクラサク。
こちらもきれ~い!

--

ibisMailで送信!

5月のクラススケジュール

20155

2015年3月28日 (土)

からだのあれこれ

Img_1836

背中の傷はやっと抜糸してほぼほぼ完治しました!やったー!動きたい気持ちをセーブしながらの2週間はしんどかった。切開して2日くらいおとなしくしただけで肩こり、首こり、疲労感。しかもお風呂もダメでシャワーのみ、マッサージや大好きな岩盤浴ももちろんダメ。2月まではコンスタントに行けていたボディメイクのクラスにも行けずコリは増す一方。
あらためて踊る事で健康を保ってるんだなと実感しました。逆に言えば健康であるから踊れるのだし、自分の中で欠かすことのできないこの二つを大切にしなければ、そのためにもっともっと学びたいなと強く感じてます。

場所が場所だけに傷ケアのお手伝いしてくれた方々、お気遣い頂いた生徒さん達ありがとうございました。

上半身が思い切り動かせなかったので結局練習も足ばかりになりましたが、それもやっぱり上半身ありきで気持ちよくできるもので変な疲れ方するのでした。体はつながってるね。練習しないと暇だし出かけてばかりもいられないのでカンテの秘密練習してみたり、たまにはスキンケアにいそしんでみたり。それはそれで楽しみました、が、運動OKになった今週はやっぱりたがが外れたように踊りまくってます

まずは4/4の麻理ちゃんライブに向けて急ピッチで追い込み。色々試して練って、またそぎ落としたり毎日どっぷり。今回はフラメンコフラメンコの曲では無いのできちんとダンスの部分をやりたいというのが自分のテーマ。今日も課題山積ですが、麻理ちゃんとフェルミンとのリハを重ねるごとにライブの輪郭が出来てきてとってもとっても楽しいです。自分で練り上げてミュージシャンと合わせてまた元に戻ったり変わっていったり。この過程は本当に勉強になる。5月のフェスもですが、少し長いスパンで作る時期なのかなと感じる。

滞った体を隅々まで動かしたくて、昨日はボディメイクでお世話になっているTNバレエの典子先生に少し集中して体の状態をみてもらいました。
実は今年、幼少期から今に至るまで、ずっとできないとあきらめていたある事を目標に体作りをしているのです。でもあまり進展が見えずにいたのですが、昨日先生がずっとロックがかかってたボタンを手助けして押してくださって、何というかそれがあながち不可能ではないという兆しみたいなのが生まれて初めて感じられた。今の年齢でもまだ新しい感覚までいける。ぼんやりしていた目標がにわかに姿を現し始めてちょっと感動でした。

ここからまた一進一退するのだろうけど、それもまた楽しみ。
できるかな。
あ、写真は抜糸帰りに山手線線路上の歩道橋から見た夕陽の目白駅。
美しさが伝わらない写真ですみません笑。

2015年3月26日 (木)

なかなか

更新できませんが久々PC開いたのでちゃちゃっと。
花粉にもめげず日々元気。

先週は生徒さんのエスペランサデビューと師匠岡本倫子先生と舞踊団のエルフラ公演を見に行って来ました。
生徒さんのエスペランサは見ながらこちらも緊張しましたが、いつもは見れない客席から見る事で本番の顔が見れて楽しかった。真剣になるとこういう表情が出るんだな、とかここがとてもステキだな、と新たな面をたくさん発見し。本人としても山盛の発見と課題があった事と思います。これからどういう風に生かすか、経験にどんな意味を見出すのかは自分次第。今後に期待。

そして日曜の岡本先生の公演。舞踊団のエルフラにはライブではなくて公演という言葉が似合います。みんな素敵。舞踊団ならではのソロだけじゃない部分も沢山見れて楽しませてもらった。華やか。そして岡本先生のソレア。今回は先生の姿から色んな心情や歴史というか、道のりみたいなものを感じ過ぎて涙が止まらなくなってしまった。フラメンコで泣いたのはずいぶん久しぶりの気がする。言葉に表せない何か、があってそのかけらを私も長い間共有させてもらったのだなと、感慨深い会でした。

文字通り先生の背中を見ながら育った事が本当に嬉しく感じる日でした。
みなさん素敵な公演をありがとうございました♪




2015年3月19日 (木)

春の庭

春の庭
春の庭
春の庭
春の庭
昨日はお天気だったからリハとクラスの谷間に目白庭園を覗いてみました。桜もちらほら、ヒュウガミズキにボケの花。癒されるぅ。

4/4の麻理ちゃんライブに向けて久しぶりにミュージシャンズと共に踊りを作っています。ひとりで手探りが日常だけど、相手がいてのモノづくりはすごく楽しい!いつもは凝れない細部まで素敵になりそうです。ふふふ。ソロでは初めての曲だし、自分の中で初めてのテーマ。衣装も含め新鮮な空気を作れたらと思います。

しかしまだ自分の宿題出来てない所が多すぎ!あと2週間、がんばれー
ibisMailで送信!

2015年3月17日 (火)

春だ!

春だ!
久しぶりにコートなしで出かけて来ました。マスク&メガネの完全防備だけど嬉しいな。

日曜は個人レッスンの後、マルワのコンクール観戦。それぞれの過程や思いが感じられて感動でした。

フラメンコの感動は一瞬。照明がついた瞬間、レマーテが抜ける瞬間、ブラソで空気をレコヘール(拾いあげる)瞬間。踏み出す一歩、その足先。大地を踏みしめる立ち姿。

一瞬が切り取られたような美しさやエネルギーを感じるバイレに思わず小さくオレー!と言ってしまう。小細工なし、アレグリアスらしいアイレのクララちゃん、コラへが溢れて登場から釘付け、すごい進化が見えたさやかちゃん、入賞しなかったけど私的プレミオでした。他にもたくさん素敵だったー。

そして優勝したさとゆみ!!!大劇場にカンタオールと自分だけ。言い訳無しの真っ向勝負。痺れた。踊り手としてその心意気に感動以上のものをもらいました。その心が何よりフラメンコだ。すごいよ。頑張ったね。仲間としても本当に嬉しい。おめでとう!

まだ今週まではバリバリ踊れないのですが、いい刺激たっくさんもらいました。

そして期日ギリギリ確定申告も終わったー!やたー!パソコンの調子が悪くて間に合わないかとヒヤヒヤでした。これでスッキリ来月の本番に向け新しい事も色々がんばるぞー!

春だから!


--
ibisMailで送信!

2015年3月14日 (土)

恒例の

恒例の
あざみ野スタジオ前の早咲きの桜。

--
ibisMailで送信!

2015年3月13日 (金)

け・あるて!

け・あるて!
水曜に背中を切開するプチオペを受けたので、今週は練習も控えめ。昨日までは何だか傷がジンジンしたりしましたが今日はすっかり痛みも取れのんびり。今月から取り掛かる曲についてアイデアを溜めてます。

で今日は仕事はもうおしまい。やたー!で、久々のランチビアは泡が芸術的!
スタジオ至近にこんな穴場があったとは。危険すぎ笑。


--
ibisMailで送信!

2015年3月12日 (木)

3.11

昨日でまる4年が過ぎてしまいました。

4年前クラスからアルバイト先まで自転車で向かっている時にそれは来た。自転車ゆえ最初はさほど揺れに気付かないでいたら通りのオフィスビルから人が悲鳴をあげながら沢山出て来た。電柱がグラングランと揺れている。

帰ってテレビをつけたら信じられない光景があった。
津波に家や車が流されていく。
そして原発事故。未曾有の天災の後に来た人災。
ただただ原発が崩壊して行くのをテレビで見つめる恐怖の日々。

その後、原発をたくさん作ってその上に成り立つ経済システムを作り上げた政党が政権に返り咲き、平和憲法をねじ曲げる。原発を再稼働する、挙句の果てに外国に売ろうとする。それでもまだ選挙に勝つ。とても信じられない。そして復興はまだまだ長い道のり。

4年前のブログを読み返す。そこには書けなかった色んな気持ちを思い出す。4年が経ち、私はアルバイトを辞め、フラメンコ踊ったり教えたりして生きている。お金持ちではないけれど好きな事をして、好きな人に囲まれ、毎日ご飯を食べ、温かい部屋で寝る。本当にありがたいことだなと思います。

もう元には戻らないもの、を抱えて生きている沢山の方達。今も避難生活をしている人もいる。復興のためにできること、非力過ぎて情けなくなるけれどできる事をやろうと思うし。生きている自分は精一杯生きないと。様々な思いを巡らせた昨日でした。

私は政治的な人間ではないし、そういう事をあえて書いて来なかったけれど、4年が過ぎ四十路を越えて、自分の意思はきちんとしめしておこうと思うようになりました。正誤の判断だけは違えたくない。

NO原発 NO戦争

NO MAS FUKUSHIMA

NO MAS HIROSHIMA NI NAGASAKI

自分にできる事を探していきます   

2015年3月10日 (火)

うたうこと

水落麻理ちゃんカンテライブのリハが始まったー。仲良しのまりとフェルミンが頑張ってるのが一番元気もらいます。宿題も色々。でも楽しいし素敵な会になりそう!

で恵比寿でファニジョロのクラス。もつろんブレリアデヘレスです。私達が歌いやすいレトラを選んでくれました。歌詞にまつわる色々も教えてもらう。

歌うのは子供の頃から好きだった。でもフラメンコばかりは本当に難しい!噛みまくり笑。マスクの中で声を出さず滑舌練習の怪しい人なってます。でもうたうこと楽しい!少しずつ、少しずつ。


--
ibisMailで送信!

2015年3月 8日 (日)

ファナアマジャ

ファナアマジャ
憧れの人ファナ。
10うん年ぶりに習いに行けました。
うふふ。
とにかくいいのです。
そしてやっとあの曲にとりかかる心が決まった!まだひみつ!


--
ibisMailで送信!

2015年3月 7日 (土)

昨日のサラアンダルサ

昨日のサラアンダルサ
昨日のサラアンダルサ
昨日のサラアンダルサ
昨日は喜怒哀楽の怒以外が溢れた日でした。

朝クラス行ってから憧れのファナのクルシージョからのサラライブ。そこで聞いたファラオナの訃報。
ライブの始まり、お客様と共に黙祷。ご理解を頂きましたお客様皆様本当にありがとうございました。フラメンコの大きな柱、ピラール・モントージャ”ファラオナ”。ファラオナのタンゴが大好きで、まだ信じられない。さびしさが募ります。

黙祷の後エミリオのこれからは楽しむぞー。のひと声でまずはブレリア!ライブは最高でした。大大好きなファニジョロとエミリオ。リサちゃんと陽子ちゃんは胸のすくようなフラメンカ。それぞれのびのびと、でもひとつになれた。そしてゲストで踊ってくれたミゲルのタラント!フィンデフィエスタもサプライズゲストありで楽しみ尽くした夜でした。
ご来場頂きました沢山のお客様、本当にありがとうございました。

素敵な人達の中で、今の自分を踊りました。ソレアは迷いながら調整してきたけど本番で集中できたかな。やっぱり好きだー。また感じた事、課題を少しずつ自分の中に重ねていきたいです。

打ち上げでも沢山の事を教えてもらう。ブレリアの国から来たカンタオールとタンゴの国から来たギタリスタ。またすぐにでも共演したくなる人達。大好き!ありがとう。

昨日はフラメンコ!でした。
またがんばろー。

--
ibisMailで送信!

2015年3月 5日 (木)

金曜クラスお引越し

4月第1週目より金曜昼の中級ソレア、入門クラスは高田馬場モダミカアートプラザにお引越しします。

これにより昼の入門クラスが月4回開講になりまして、新期生徒さんも大募集中です。
フラメンコ始めたい方、再びスタートしたい方、お気軽に体験からお待ちしております。

2015年3月 2日 (月)

ビルの谷間に

ビルの谷間に
ビルの谷間に
春が来てるよ!


--
ibisMailで送信!

水落麻理カンテライブ!

水落麻理カンテライブ!

4/4(土)はノベンバーイレブンスにてカンタオーラ水落麻理さんのカンテライブ。ギターはフェルミン・ケロル氏。
公私ともにお世話になっている大好きなふたりのライブに、私もパルマと踊りで参加させて頂く事になりました。

子育てに奮闘しながら進化を続ける麻理。いつも明るくてとっても可愛い友達だけど、歌い始めると底知れない芯の力強さやフラメンコへの強い思いが溢れ出てきます。旦那様でもあり絶対的な信頼で支えるフェルミンのギターとともに、彼女のとっても素敵なカンテ・フラメンコを沢山の方に味わって頂きたいなと思います。わたしも全力でがんばるぞ!

ご予約はノベンバーイレブンス、または水落麻理HP http://fermin-mari.net/ からお願いいたします。

--

ibisMailで送信!

4月のクラススケジュール

花粉とともに春がやって来ました!
水曜5週目は休講。4/14(火)はライブの為バタ・オープンクラスはお休みです。
そしてGWに入るといよいよフラメンコ・フェス!只今絶賛ジタバタ中です。がんばるぞ。

20154

瞼の記憶

瞼の記憶

先週は花粉でグズグズの中これ、行って来ました。

原きよさんの朗読の会。

冬を題材とした様々な作品の朗読に優しくピアノが寄り添います。
あったかい舞台空間に佇むきよさんとグランドピアノを見つめたり、劇場の天井を見上げたり、そして目を閉じたりしながら目には見えない情景を感じる。
とても静かで優しい時間が流れ、癒されました。

てぶくろを買いに、という懐かしい絵本。。
すっかり忘れていた記憶が呼び起こされ重なった。赤いてぶくろをした子ギツネ。優しい挿し絵達。子ギツネが手ぶくろを買いに人間の集落まで行くんだけど、お母さんに変えてもらった人間の手ではなくて間違ってキツネの手の方を出しちゃう。子供の頃はこのシーンですごいドキドキした。

あらためて本当にかわいいお話だな。

こういう心静かな時間もいいものです。
楽しみました。

--

ibisMailで送信!

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ