« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月25日 (水)

タブラオの芽

Paseo

昨年12月の生徒さんライブについて、月刊誌 パセオ・フラメンコ3月号にてふれて頂きました。高円寺エスペランサのマスター、田代淳さんの連載コラム「タブラオの芽」にありがたいお言葉書いて頂いてます。

発表会ともおさらい会とも違う、タブラオでの本格的なライブに向け毎月集まってほぼ叱咤されながら頑張って作り上げたみんなの踊りに何らかの可能性を感じて頂けた事が本当に嬉しく励みになります。
通り一辺倒ではなくひとりひとりの良い所を探し、それが中から出てくるまでじっくりつき合うこと。フラメンコへの理解と敬意、アフィシオン(愛情)を育てること。フラメンコを通して気持ちや体を解放して元気に楽しい時間を過ごしてもらうこと。。。そして楽しみながらもそれぞれがバイラオーラとして成長していくこと。マニュアルではできない人対人の関わりの中でこんなクラスを目指して試行錯誤する日々。踊り手としても先生としてもフラメンコはおそろしく長い道のりでまだまだそんな道の途中。喜んだり反省してみたり、私も迷い揺らぎながら歩いています。

フラメンコは難しい。異国の、異民族の生活に根差した文化であるからには難しい。当然、時にはスイスイと進んでいけない時もある。でもその道程のビタースイートな味わいを楽しむ事を大切にしたいし、生徒さんにもそうであってほしいなと思います。教える事で教わり、形では無い贈り物を頂いている日々。こうやって生徒さんみなさんのがんばりを見ていてくれる人がいるのは本当にありがたい事です。
そんなきっかけでクラスからふたり、

3/19(木)に秋元香甫璃さん、4/10(金)に寺嶋いずみさんのエスペランサ通常ライブへの出演が決まりました。それぞれ目下試行錯誤中のはず。皆さんの応援ぜひ宜しくお願いいたします♪

私自身も夏の第2回生徒さんライブに向けて背中を押してもらいました。ありがとうございました。出演する方もしない方も、それぞれ日々の悪戦苦闘を楽しんで味わっていきましょ~。

エル・アサール第2回生徒さんライブは7/4(土)高円寺エスペランサにて。がんばります!

2015年2月24日 (火)

夜遊びなど

夜遊びなど
先週は一気に外向きなイベントが続き久しぶりに連日外飲み。

木曜アルハムブラ、金曜は朝クラス、コンチャクラス、バレエストレッチクラスからの夜遊び。土曜は朝クラス後、浅見純子さん発表会のヘルプ。日曜ライブ…よく働きよく遊びました。

で、金曜の夜遊びの話。
友達のフォトグラファーに誘ってもらってNewsweek日本版 世界が尊敬する日本人100にも選ばれた(!) 写真家 Atsuko Tanka さんの写真展 NEW YORK BEFORE ZERO x TOKYO ROUNDOABOUT のオープニングイベントに行って来ました。

イベントの前に恵比寿で腹ごしらえ。お友達のお友達方式で素敵な出会いいっぱいの夜でした。みんなイキイキ生きてる。元気でる。

Atsukoさんは写真もご本人も本当に格好良い方でした。ニューヨークの風景を切り取った写真。ヒップホップのアーティスト達の写真。フラワーアーティストとコラボした額装も含め刺激的で魅力的。

恵比寿NOSにて3/1まで展示してます。

久しぶりにフラメンコから離れて、東京らしい夜遊びらしい夜遊び。ミラーボール久しぶりに見たがな笑。オシャレ空間で素敵な写真に囲まれbarとdinning両方楽しめますよん。

お近くの方はぜひ!

--
ibisMailで送信!

2015年2月23日 (月)

222 にーにょすでらてぃえら

Img0222234250_2

昨日のアルハムブラライブお越しいただきました皆様、本当にありがとうございました!

今回は自分が大好きなアルティスタの皆さんにご協力頂いて、ライブ無事終える事が出来ました。

シンプルに
、素朴に、でも熱く。自分はこんな感じです、と等身大で語る人達。福山奈穂美さん、えんどうえこさん、NOBUくん。こちらも自然に朴訥にフラメンコな音を奏でる西井つよしさん、全身から振り絞る唄で個性的なチームを支えてくれたバコ、エルプラテアオ。みなさん大好きだな~、と思いながらそこにいる事ができた。意外にも私以外はみんな初対面だったりめったになかった顔ぶれだったのです。でも予想通り、初めましてなんて事なかったかのような親密で暖かい空気のライブ。真剣で楽しくて思いやりがあってしびれるフラメンクーラがあってその瞬間、空間をいとおしみながら味わいみんなで作り上げる。お客さまも温かくいいハレオかけてくれる。ライブ後もじんと温かい気持ちでいます。

会の終わりにのぶくんがお話をしてくれた。広島のお好み焼き、
大好きだけど、どうして広島のお好み焼きが今の形になったのか、初めて知りました。わたしはとても切なくなった。画家、アーティストとして自分の道を歩んでいるのぶくんのプロジェクト。ライブ後も踊り手4人でたっくさん話しました。

原爆から70年。
後世に伝える事、助け合う事。そんな事に思いを巡らせ、みんなで語り合う。誰かが一歩踏み出せば、何かが動き出し始める。人としてまたひとまわりデッカクなったのぶくんの活動が沢山の方の共感をよび、私達の心の何かを揺らした。今日のライブを企画して本当に良かったー、という思いがまた、自分を元気にしてくれる。そんな幸せな日でした。

というわけでライブ終わりにお知らせしたのぶくんのユーノヘイO
プロジェクトについてはまた詳細アップします。love&peace

ありがとうございました!

2015年2月21日 (土)

日々

日々
木曜はアルハムブラ貸切パーティーの仕事。ギターの盛植さんにお声かけ頂いて久しぶりにスペインから帰国中の三枝雄輔くん、屋良有子ちゃん、静岡から続いて瀧本正信さんの濃いメンバーでした。

骨太のフラメンコ雄輔、ハヤブサみたいで独自の世界観の有子ちゃん。それぞれ個が確立した踊り手なので同じ曲を踊っても全く色が違い非常に興味深い会だったと思います。フラメンコ初めてのお客様も真剣に見入ってる、という感じ。こういう機会でフラメンコに興味を持ってくれる方が少しでも増えてくれたらいいな。

で、昨日楽しかったコンチャのクラスが終わってしまいました。初めて近くで接したコンチャは愛に溢れてる人でした。フラメンコも優しさも茶目っ気も。ちょっとヤンチャでもある笑。

野生動物のようなバイレ・ヒターノはとても繊細で気品に満ちていることを体現してる人。大きな体を持ち上げて抜き差しする一歩。ファルダを持つ指先。体から放たれるコンパス。全てが幸せでみんな笑顔になっちゃうな。本当にフラメンコないい時間でした。

また会いたいな。
あの笑顔思い出したらしばらく暖かくなれそうだ。ありがとう、コンチャ先生!


--
ibisMailで送信!

2015年2月18日 (水)

コンチャ・バルガス

たくさんの動画を見て、そのアルテに触れて、信棒者達の言葉を聞きながら、ず~っと「いつかは出会わなければ」と思ってたフラメンコの大きな大きな山、コンチャ・バルガスのクルシージョついに始まりました。

野獣のようなフエルサ、台風みたいなフラメンカ、コンチャ。
フラメンコを始めた頃は、コンチャや他にもたくさん、ジプシーのプーロなフラメンコ達は私を圧倒してなぎ倒された。もうめちゃめちゃ日本人の自分とは全然違う人種の、理解をとんでもなく超えた人達、っていう感じ。大好きだけど大好きだけど近付けない。触れたら自分が吹っ飛ばされてなくなっちゃうような気さえしたし、正直怖かった。

あれから20年以上が過ぎ、フラメンコスへの畏怖は変わらないどころか大きくなっています。もちろん怖さもいまだ感じるけど昔とは違う。変わったのは自分かな。彼らの文化について少しずつ少しずつ。フラメンコってジプシーって何なんだろうと手探りの長い年月を経て。揺れながらもやっと自分の足で立ち始めてるのかなと思う。
コンチャの空気に触れて風に吹かれている時間がとてもとても楽しく愛おしいです。
「やりたいという気持ちを持ってする事。これはグスト(好きという感情)よ。これはセンシージャ・ディフィシル(簡単で難しい)踊りよ。とてもフラメンコだからね」

以前テレビで志村けんさんが「自分のやっている事に自分が飽きたらおしまいだ。僕はバカ殿と変なおじさんで充分です」と言っていた。

コンチャを見ているとその意味が本当によくわかる。自分のバイレをいとおしむように踊り、教える。愛がある。溢れてます。私も、自分でも不思議に思えるくらい飽きないです、フラメンコ。こんな風に習ったり、練習したり、教えたり、また勉強したりしながら毎日グストを育てていこうと思います。

2015年2月16日 (月)

ダンスの魔術師たち

のんびりのつもりがなぜかにわかに忙しくなってきました。なぜだ!?
とそんな合間をぬって先週は練習後久しぶりに横浜まで足を延ばしました。

目的地は
Photo_3

あぶない刑事出てきそう。古いか笑。
お目当てはコレ
Photo

横浜ダンスコレクションの一環として行われていた写真展。いつも発表会の写真をお願いしている友人のフォトグラファー宮川舞子ちゃんも参加していました。舞子ちゃんの師匠でもある瀬戸さんのこのルジマトフの写真!衝撃的!!
人間の肉体と言うものはここまでになっていくものか。しばし呆然と立ち尽くす。壮絶、壮絶な体。世界最高のバレリーノの跳躍の瞬間をあますところなく捉えて鳥肌。プリセツカヤやジョルジュ・ドン、シルビィ・ギエムとバレリーナの肢体の美しさは言わずもがな。うっとりと圧倒されているとアントニオ・ガデスが。嬉しくなる。気品に溢れたその姿は劇場が似合う。マエストロには格好良いという言葉が似合いすぎます。
3年前人魚の姫でご一緒したユニット・キミホのキミホ・ハルバートさんの写真も。リハで毎回惚れ惚れしてましたがキミホさん本当に美し過ぎる。一度見たら忘れられないダンサーです。そして我らが宮川舞子による日本を代表するタップダンサー熊谷さん。暗い舞台に佇むKAZUさんの姿に劇場の空気と感動が蘇ってきた。

バリ舞踊だったかの子供の顔、日舞の群舞のおめでたい躍動、スペインのコンテンポラリーカンパニーの絵のような体、舞踏の闇の世界。それぞれイキイキとした人間の姿がそこにあり、静かに胸が踊りました。踊るという事の本質が決してネガティブではないという事を強く感じた。闇の中にあっても暗いテーマであってもそこからは生きる者の静かな熱が伝わってくる。

たくさんの写真の中でも今回一番強く惹きつけられたのは日本を代表する舞踊家、大野一雄さんのお写真。人生の悲喜こもごも光も闇も全てを包括したような姿は写真からもわたしの心を捉えて離れず。103歳の天寿を全うされた大野さんの、踊り続け挑み続けた人生、追いかけてみたくなりました。小島先生にも感じるところですが、真のアルティスタはその存在自体が人の何かを揺さぶる。道を究める中でその生の輝きが増していくのだなと。大野さんの姿を見ながら色んな思いが駆け巡りました。

ダンスファンとしてはどれも興味深く飽きる事無く堪能しつつ、フラメンコというひとつの文化の中で舞踊に携わっている者としては自分の甘さが痛く身が引き締まる思い。とてもいい時間になりました。

Photo_2

一歩出るとこんな風景。
横浜は空が広い。天気が良かったから最高に気持ち良かった。
でも都会の海ですね。おのぼりさんは初めてシーバスにも乗って満喫しました。

2015年2月15日 (日)

3月6日サラ・アンダルーサ

201536

ヘレスから大好きなファニジョロとミゲル・アンヘルがやって来ました

スペイン公演でもう本当に恐ろしいくらいの唄を歌ってくれたファニジョロ。いつも自然で飾りがないカンテ。そのファニちゃんとはいとこのミゲル・アンヘル。

彼らと出会った恵比寿サラでの共演は本当に久しぶりです。特にミゲちゃんとの共演は何年ぶりだろう。。。繊細ですごくフラメンコを大切にしている彼。人柄はもちろんエレガンテかつサルバヘな踊りが大好きで何度も教えを請うているミゲル師匠との共演が楽しみ過ぎます。何踊ってくれるんでしょかね。

ギターにはアルティスタ、エミリオ・マヤ、踊りはムイフラメンカ、大輪のお花みたいなふたり、鍛地陽子ちゃんと荻野リサちゃんという素敵メンバー。

フラメンコへのゆるぎないレスペト(敬意)を根っこに持った上で、表出の仕方はそれぞれ、個性豊かな面々でのライブは凄い事になりそうな予感です。

セレクトス・アンダルーサ
日時 2015年3月6日(金) 19:00&20:30 入替なし
場所 サラ・アンダルーサ(恵比寿)
チケット 4000円(通しのみ)
チケットは出演者までお問い合わせください。
皆様のご来場をお待ちしております♪

2015年2月12日 (木)

メメ

先週はメメ・メンヒバルのクルシージョに行って来ました。

メメさんは伝統的なエレガンテな踊り手。私がフラメンコを始めた頃に既に活躍していた方。バタやマントン、アバニコなど女性ならではの小物使いが得意な人だからバタやマントンをどんな風に解説して教えていくのか、教えをやっている立場としても興味深々楽しみに臨んだ。

しかし!クラスが始まるや、踊る踊る、何度も反芻するように。ほとんど言葉を発することもなく、ひたすら踊る。戸惑いながらもみんなで後に続く。やる度に振りが変わりながらくるくると流れていく。そんなメメを追いかけてクラスが終わってみると、初めての人も何となく流れで踊れるようになっていた。

すごく素敵だったな。今、若いフラメンコの中で絶滅しかかっているシンプルだけれど最高に女性らしいマルカール、ブラセオに触れられて本当に良い時間になった。ほんのちょっとした事の中に決定的な大きな違いがある。そんなエッセンスを食い入るように見つめて味わいました。

頭で踊っていないから説明のしようもない。だってこうなるんだもの、なんでかなんてわからないしそんなの重要?って感じ笑。これ以上でもこれ以下でもない、これしかない、自然にただそこにある自分のバイレ。論理立てられ、考え尽くされたものが溢れている中、メメのマルカールや小物達、そして何と言っても余分なものが全くない立ち姿。本当に美しかった。

そう思いながらまた鏡を見てマントンを確かめる自分。まずよく見せようって言う欲から削ぎ落としていかないとメメに笑われそうだな。ふふふ。


--
ibisMailで送信!

2015年2月10日 (火)

静岡ライブ

静岡ライブ
静岡ライブ
静岡ライブ
静岡ライブ
静岡スタジオサルシージョでのライブが無事終了しました!1部2部とも満員のお客様、共演頂いたダイスキな皆様、お手伝いしてくれたことみさん、のりこさん、本当にありがとうございました。

体以上に大きな心の久保さん、いつも一生懸命の市川さっちゃん。アロラ公演に続き今回も、出演者でありながら企画から打ち上げまで全てに奔走してくれているふたりにはただただ感謝。いつも謙虚な心を忘れずフラメンコを追いかけている姿がステキなのです。

年少ながら一番落ち着いてる萩原淳子ちゃん。スペインに居を構え想像を遥かに超えた色んな山を乗り越えて来たであろう淳子ちゃんの揺るぎない存りように、いつも色んな事教えられます。

そして今回11月のアルハムブラ以来でご一緒した最高にフラメンコなおじさん(失礼)、瀧本さん。フリーになってか、この方と共演させて頂きながら学んだ事の大きさ!歯に絹着せず、でも一寸の出し惜しみなくフラメンコを教えてくださる稀有な大先輩。オレ!うたすんごかったです。

こんな方々とエンサジョから打ち上げまでフラメンコ一色の濃い1日でした。自分としてはじっくりやってるつもり、がつもりで終わっている部分をしっかり自分のものにしていかなくては。やりたい事に実力が追いついてない。なのでもっともっとやるしかないです。課題は明らか、迷いなくやるだけ。再確認しました。

打ち上げで初静岡おでんと生桜エビも美味しかったー。急ぎ夜の新幹線で帰って来ましたが静岡サイコー!いい日でした。

感じた事を胸にまだまだ探して行きます。ありがとうございました!


--
ibisMailで送信!

2015年2月 7日 (土)

リラックマ

いつものスタジオに行ったらマキせんせ、何だか滞った顔色よ!と受付の方に指摘され。言われてみれば確かに何だかつまってる感が半端ない。練習したら多少流れたもののこわばってる感じがまだありありと。

ライブ前日ゆえマッサージに行けない。緩み過ぎるとマズイしこの張りは変に押されたくない感じ…

で初めて近所の岩盤浴に行ってみました!初心者ゆえ一番短い90分コース、あら、最短で90分?受付のセニョーラによるとお腹側5分背中10分休憩5分の20分ワンセットでリピートするとの事。

色々な石の名前を言われて困惑するがとりあえず空いているトルマリンへ。セニョーラはこれしかなくてゴメンね的な感じだがいいも悪いもよくわからない。筋肉疲労と冷えにはどれも効くらしいので素直にトルマリン4番へ。ちょっととろみのある汗が知らぬ間にポタポタ。ホンワカあったかくて快適。で休憩に。

と、セニョーラ、今キャンセル出たから祖母聖光石お試しなさいな、あなたラッキ〜よ!と強力プッシュしてくれたので早速石チェンジ5番へ。ホント同じ部屋の中なのにジンジン熱く強力。トルマリンの方がリラックス出来た気がしなくもないが、とりあえず多めにデトックスしたい欲に勝てず、いやこれのが合ってるはずと自分に言い聞かせ3セット。

結果岩盤浴すごい!帰って来た今も体ポカポカお肌つるりん。背中の張りもいつになくゆるい。明日の様子を見ないとまだわかんないけど、マッサージより格段に安い(近所のローカル岩盤浴だからか?)し、もみ返しはないしちょっとハマりそうです。

最初に体重と体脂肪率測ったのに終わって測るの忘れてた。がびーん。最初の体脂肪率の衝撃を打ち消したかったのに…
そうそう祖母聖光石は故郷大分の祖母山産でした。それだけで効いた気がする。単純。とりあえず心も、多分体も軽く明日に臨めそうです。ビバ岩盤浴!

そして明日は初めての静岡スタジオサルシージョライブ!アロラスペシャルです。

アロラ公演の仲間久保守さん、市川幸子ちゃんが企画してくれました。アロラトリオのもうひとりはセビージャから萩原淳子ちゃん、今回帰国中の最終ライブ。3人の群舞もあり!そしてカンテに尊敬するカルテーロこと瀧本さんを迎えての濃いメンバーです。

手直ししたてのソロ2曲は予測不可、ムイフラメンコなミュージシャンからの反応がどう返って来るのか、果たして伝わるのか、ちゃんと踊り込めたんだろか、心配しつつも早く合わせてもらいたいー、とウズウズ楽しみです。

静岡のみなさまにお会いできるのも超楽しみ!そして熱海で食べれなかった静岡おでんを美味しく食べるー!ためにも頑張りまっす


--
ibisMailで送信!

2015年2月 5日 (木)

3月のクラススケジュール

遅くなりましたが3月のスケジュールです。
バタ・クアドロのオープンクラスは時間は変更ありませんが開講週がイレギュラーになっていますのでお間違えないようご確認くださいませ。

月・火は5週ありますが全て開講します。ふるってご参加くださいませ♪

20153

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ