« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月27日 (火)

サラアンダルサ

サラアンダルサ
ガジ、タニェ、ヘスス、パコの最終ライブ。すごかった!
今回は本当にどのライブもどフラメンコ。楽し過ぎました。マリーナのバタマントンを見ながら先日のへたれな自分を反省したり。でもガジと一緒にライブできた幸せをまた感じたり。

こういう本当に良いフラメンコをたくさんの方に見てもらえたらいいなと思います。

また秋に会えるかな。
それまでにもっとたくましいフラメンカになっていたいなー。
--
ibisMailで送信!

2014年5月22日 (木)

みんなのエルフラ

みんなのエルフラ

終わりました!
満員御礼、温かいお客様本当にありがとうございました。

ふくちゃん、りさちゃん、くみちゃん。感じたこと、もらったものが大き過ぎてまだうまく言葉にできないけど、みんなの存在に心から感動してました。みんな大好きだー。

最高のふたり、エミリオとガジ。ただただすごかった。一緒に楽しんでたくさんのフラメンコをくれた事に感謝。

そして、とても素敵な思い出と衣装を提供してくださったソニアジョーンズの皆様。当日もお世話になったメイクの恵子さん。本当にありがとうございました。

温かくて素敵な人達に囲まれて、ひとりの人が持つ力の凄さと、人が集まって出来る事の凄さ。両方を深く感じて心がまだじんわりしています。


ソニアさんの素敵なお衣装でみんなでモデルさんさせて頂きました。こうやって応援してくださる方々、フラメンコの周りにいる方々、なかなかお返しができませんがしっかり自分のフラメンコを見つめていこうと思います。

本当にありがとうございました!


--
ibisMailで送信!

2014年5月13日 (火)

目白のAzahar

目白のAzahar
目白のAzahar
見つけました!いい匂い!

発表会に向けて頑張ってるみんなみたいで、ちょっとしっかりしなくちゃーと思いました。

セビージャは2014年のフェリアが幕を閉じました。来月はうちのフェリア。今できる最善を尽くして楽しい時間を過ごせますよう!

--
ibisMailで送信!

エルムンド

土曜日は羽村のエルムンドで踊ります。

同い年のフラメンカ、鍜地陽子ちゃんに誘って頂き久しぶりの共演です。踊り手もうおひとかたは麗し田倉京ちゃん。ギターはこちらも久々小原さんとおなじみありちゃんとフラメンコ楽しくできそうなメンバー!

色々バタバタな今日この頃ですが、半日は置いといて大好きな方々と過ごすのが楽しみです。

お料理もとっても美味しいエルムンド。皆様お出かけくださいませ^_^

--
ibisMailで送信!

2014年5月12日 (月)

6月のクラススケジュール

6/15(日)はいよいよ第2回発表会です!

只今追い込みまっ最中。みんなガンバレ~!

2014jun

カルモナイト!

カルモナイト!
発表会練習の後、サラアンダルーサへ。大ファンのヘススカルモナ、カンテはルビオデプルーナ、ギター、パコイグレシアスの3人ライブ。

タブラオでは劇場よりもっと生々しくアルティスタその人が見える。指の先やふとした視線の揺れでさえ音とフラメンコと一緒にいるヘススが見えました。

シギリージャの最後は高速なのでルビオはひとりでパルマをしながら歌わなくてはいけない。パルマだけでも大変だから必死に歌おうとしてたらヘスーはルビオの前に立ってパルマし始めた。ルビオはパルマをやめ、美しい遠吠えみたいなすごい声で歌い始めた。

ヘススは本当に素晴らしい。超絶技巧もすごいけど、本当のすごさはこうやってカンテやギターを愛おしみながらその中にいることだなぁ。カンテをじっくり聞いた後、水を得た魚のように踊っているヘススを見るとみんな幸せなるよ!

他の踊り手さんもみんな、劇場とは違った姿が見えるはず。最高峰の歌い手が来ている間にぜひ恵比寿サラアンダルーサへ。たくさんの人に見てほしいです。ぜひタブラオへ。You tubeじゃわからないですよー!

http://www.iberia-j.com/espectaculo/

久しぶりにファンとしてミーハー心100%で写真撮ってもらっちゃいました。ふくちゃんがハート散らしてくれた笑

--
ibisMailで送信!

2014年5月10日 (土)

フラメンコフェスティバルとその余韻

連休からの復活
連休からの復活
連休はエルフラ、アルハムブラ、フラメンコフェスティバル、でエルフラと毎日フラメンコ見てました。

色んな人の色んなフラメンコがある。それぞれが素敵でそれぞれに色々感じました。

フェスティバルはやっぱりフラメンコ祭りだ。パストーラはお人形にして持って帰りたかった。やりきります、フラメンコ界の姫、トリアーナプーラ最高!

母となったメルセデス。ソレポルが、また進化しながらもフラメンコに還っていて色んな感情が湧いてきた。衣装はいつもエプロンで細くて小さくて、でもフラメンカだった時代のメルちゃん、クラスではいつもはにかんで目が合うとウィンクしてくれたメルちゃん。どんどん人気者になって初めてへレスフェスでやった公演でのこと。憧れた年月を思い感慨深かったです。

ハイロ、カルモナ、ルイス、パトリ、モネタ、クラウディみんな素晴らしかった。公演全体の空気も前回より質が良かったと感じ、これだけのアルティスタを招いてのフェスを実現されたイベリアの蒲谷社長とスタッフ皆さんには頭の下がる思いでいっぱいです。この20年、初来日で無名、からスターになった人達をたくさん見せてもらいました。ありがとうございます。

劇場通いはその後も楽し。仲良しフラメンカさんと言いたい放題ご飯。話は尽きず。また笑う。

フェス鑑賞初日、公演後飲みにて結成された演歌ユニット花盛り。誰が誰かわかるかなー。花盛りライブあるかもですよ。わたしは1番左。

で、2日めタイ料理からのタカノでパフェ。みんなはいちご。わたしはさくらんぼパフェ。おいしやかわいや。ずきゅーん。

で、今日も踊り変態カルモナさん見に恵比寿行ってきまーす!

--
ibisMailで送信!

2014年5月 2日 (金)

フェスティバルがはじまる!

馬に癒された休日の締めにサラ・アンダルサ行って来ました。

いよいよ今日から始まる東京フラメンコフェスに出演するアルティスタが来日して、ルビオとタニェの黄金コンビのカンテにギターはパコ・イグレシアス、踊りはルイスデルイスとクラウディアがそれぞれ2曲ずつの超豪華ライブでしたが。。。ルイルイに圧倒されました。まさに筆舌に尽くしがたい強烈なシギリージャとソレア・ポル・ブレリア。

最初はへらへらと肩慣らしぐらいの気持ちだったであろうルビオとタニェの顔がルイスのシギリージャで変わりパルマも唄も本気モードに。パコはひたすらタパオで止まる事のないルイスをみんなで見つめる事に。こちらもうかつにハレオかけられないようなルイスの集中ぶり。
グラナダの山の中で誰に習う事もなくただただ本能のままに積み上げられた踊りは、本物のサルバヘ(野生)。誰も真似できないし誰にも似ていない唯一無二のルイスのバイレは絶滅寸前の野生動物みたいで、今本当に見る事ができないプレサ(純粋さ)を感じました。
生き物が本能で踊る、見せるためでも、目的がある訳でもなくただただ踊る。

本当に美しいものを見せてもらった。お客さんは少なかった(なんで!?)けれど久しぶりに何の迷いもなくのスタンディングオベーション。ロマンにモネタ、客席で見ていた他のアルティスタ達も立ちあがり、全員がルイスのプレサに賞賛を贈った忘れがたい夜になりました。

私は興奮と余韻が翌日まで抜けず熱に浮かされたようで。サラ・アンダルーサでは本当にこういう忘れられない瞬間に会える事がある。完璧な休日の締めくくりになりました。

さてさて、そんな凄い方達がたっくさん東京にやってきました。昨日はエルフラにて御一行に遭遇。はじまるんだなぁ、ってあらためてワクワクしてきました。ロマン・ビセンティにルビオって。私のフラメンコ青春時代のアイドル、メルセデスとパストーラも本当に久しぶりの来日。大好きなハイロとカルモナも楽しみです。
たくさんの方に劇場に足を運んで頂きたいです。フェスティバルはじまります♪

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ