« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

ニュースターとわたし

昨年Int'l schoolの生徒さん、ご父兄に頂いたチケットで念願の乗馬体験に行きました

早朝集合、そして初めて間近にふれるお馬さんへの期待で前日からドキドキ。

体験レッスンはおじいちゃんセン馬(去勢した雄馬の事をセン馬と呼ぶそうです)、ニュースターさん。目を見て鼻をなでなでする所からスタート。触れたら頭を振ったからちとビビル。でも喜んでいるんだそうだ。

馬場に移動したらいきなりの乗って下さい。おそるおそる手をかけ足をかけ。高さにびびるかと思ったけどラクダほど高くなくて一安心(笑)。ゆっくり歩く所から始めて駆け足。立って座ってのけあがりというのまで体験しました。鐙(あぶみ)にはフラメンコでいうプランタをかけた状態。支えの無いかかとをしっかり踏みながら立ちあがる。あれ、フラメンコそのままです。
なので一緒に行った友達ともども姿勢はバッチリだったよう。

歩けの合図はお腹へ足を1回打ちつけます。元気を出してスピードアップは3回ポンポンポン。あれ、ジャマーダみたいだね。
合図を出す時に下を向いてはいけません、下を向くと馬に伝わって止まってしまうんですよ、と可愛い指導員、桃子さんは言っていました。あれ、一緒だね。良くできたら首を手のひらで音がするように触ってあげます。何かパルマみたいだね。

まっすぐ前を見て足で行こうよって合図してゆっくり風を感じる。最初はおそるおそるがどんどん楽しくなってもっともっと乗っていたかったなぁ。終わってブラッシングしてあげたらもっとやってよう~と身体をスリスリしてくるおじいちゃん。う~、可愛すぎる!たくさんの馬を見せて頂いてその美しさにすっかり魅せられてしまいました。

あぁ、本当に本当に名残惜しかった。また行きたい。休みの日は乗馬、と言えるような優雅な人になりたいものだ。ちとハードル高いけど。。。がんばって働こう!


2014年4月28日 (月)

エルフラメンコライブ!

エルフラメンコライブ!
先週水曜のエルフラメンコにお越し頂きました皆様、本当にありがとうございました!

色々なお教室で長くフラメンコと向き合っている方達との初めての共演でしたが、それぞれがたくさんの事を抱えながら、緊張の中、フラメンコにその瞬間を捧げる姿に、一緒に緊張しながら、たくさんのものを頂きました。踊り手の中に教えている先生の思いもたくさん見えてパルマしながら色んな事を共有させてもらいました。自分は反省しきりの内容でしたが、本当に良い時間でした。

企画から何から何まで、暖くん本当にお疲れ様。共演して頂きました皆様、温かく見守って頂きました皆様、本当にありがとうございました。

さて、発表会に向けて気持ち新たに頑張ります!


--
ibisMailで送信!

2014年4月21日 (月)

マンサンージャxアルマ・フラメンカ東京公演先行予約のお知らせ

201481_3 201481_2

2014年8月1日(金) 開演 19:30 (開場 19:00)
於 セルバンテス文化センター(東京・市ヶ谷)
チケット 前売り 6000円   当日 6500円

出演 : 
カンテ     ファン・ビジャールJr.
ゲストバイレ ファン・ホセ・ビジャール
ギター       フェルミン・ケロル
         徳永兄弟(徳永健次郎・康二郎)
バイレ     パブロ・セルバンテス
         篠田三枝 太田マキ
         Alma Flamenca (三枝雄輔&SIROCO) 

5/1からの一般販売にさきがけ、明日4/22(火)0:00よりブログを見て頂いた方への先行予約開始します。チケットご希望の方は makiotaelazahar@gmail.com までメールにてお申し込み下さいませ。
ファンの魂の雄叫びみたいな声が耳に蘇るようないい写真ですね~。本当に素晴らしいアルティスタの皆さんとまた一緒に過ごせるのが私自身とても楽しみな公演です。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

5月のクラススケジュール

5/3(土・祝)あざみ野クラス休講。

5/21(水)エル・フラメンコライブのため目白クラス休講→5/22(木)高田馬場ラ。ダンサにて振替ます。
5/10&5/31(土)タンゴ・デ・マラガ&ティエントス補講。
以上宜しくお願いいたします。
2014may

2014年4月19日 (土)

小さな映画館

が好き。お気に入りの場所で呼ばれた気がしてずっと観たかった
「ウォルトディズニーの約束」
やっと観れました。

俳優さん、台詞、映像、ストーリー、全てが丁寧で切なく優しくて、いつものごとくお客の少ない映画館は鼻をすする音が止まらなかった。

心ギューと掴まれました。
原題がまた素晴らしい。
Saving Mr.Banks
エンドロールの最後にまた泣かされますよ。
良い映画を観たい方はぜひ!オススメです。

ディズニー映画なのに、ディズニーが聖人じゃないのもね、なんかイイね。2日たった今も切なく美しい余韻が残って色んなシーンや台詞を思い出してうるうるしています。

全てのバンクスさんとその子供たちが救われますよう。
メリーポピンズまた読みたくなりました!

iPhoneから送信

2014年4月15日 (火)

昨日の

昨日の
昨日の
昨日の
可愛いをお裾分け!

大好きなフラメンカさん、奈穂美ちゃん、リサ姫、久美子さんとスッピンにて早朝集合。
海のトンネルを抜けて自然の中の異空間に連れてってもらいました。

色々初体験にドキドキしながらときめいたり躍動もしちゃったりの楽しい時間。いっぱい笑いましたー。

関わって頂いた皆様、本当にありがとうございました。スタッフ皆様のプロの仕事に感動。プロということばが形だけにならないやうにありたいと思いました。

で、今日の4人でのエルフラメンコライブ521、色々と準備ちうです。ふふふ、おたのしみ。

--
ibisMailで送信!

2014年4月11日 (金)

4月のスケジュール

すっかりupした気になってました。すみません!

4月から発表会まで時間変更クラスあります。
☆月曜夜 モダミカ タンゴ・デ・マラガ 19:00~20:15
グアヒーラ 20:15~21:30

☆火曜昼 流山おおたかの森 ソレア・ポル・ブレリア 11:00~12:15
グアヒーラ 12:15~13:30
イレギュラーは

4/23(水)&4/29(火)全クラス休講
水曜は振替なし。ティエントスクラス自習あり。

流山 ソレア・ポル・ブレリアクラスは 4/28(月)11:00より補講

4/19&26(土)タンゴ・デ・マラガ(15:30)、ティエントス(16:30)各60分補講あり
於:大久保プリメーラBスタジオ

2014apr  

2014年4月 9日 (水)

福岡アクロスホール公演先行予約のご案内

2014725

2014725_2

2014年7月25日(金)、福岡アクロスホールにてマンサニージャxアルマ・フラメンカ主催、「Los Villares 2014」公演に出演いたします。
つきましては一般販売にさきがけ、4/15~4/22までブログを見て頂いている皆様に先行予約を受付いたします。

カディスの生粋ヒターノ、ビジャール親子、アルマ・フラメンカに加え九州にゆかりのあるメンバーでお届けするフラメンコ公演。九州近県の皆様、ぜひ宜しくお願いいたします。

先行予約受付は太田まで makiotaelazahar@gmail.com
4/22以降は一般販売 info@comfortkikaku.com
までメールにてお名前、枚数、チケット送付先ご住所を明記の上お申し込み下さいませ。
24時間以内に返信ない場合は再送ください。
アルマフラメンカ×マンサニージャ プレゼンツ
Flamenco Live ~LOS VILLARES 2014~

2014年7月25日 金曜日
@アクロス福岡円形ホール
開場18:30 開演19:00

チケット 6000円 全席自由
出演者
バイレ
ファンホセビジャール、
アルマフラメンカ(三枝雄輔&
SIROCO)、
末松三和、藤本ゆかり、屋良有子、太田マキ


カンテ ファンビジャールJr.

ギター 徳永兄弟(健太郎、康次郎)

後援 協賛
スペイン大使館
スペインビール MAHOU
ANIF 日本フラメンコ協会
関西元気文化圏 他

金と銀

先週は目黒川にお花見、というより友達の料理を頂きながらおしゃべりしたり、桜の東京を満喫中。

で、北千住にPlata y oro を見に行って来ました。
久しぶりに見る巨匠アントニオ・カナーレス。怪物ですね。素敵な妖怪?その濃さが昔はちょっと苦手だった(ごめんなさい!)けど、今回はどハマリでした。そしてカルメンの立ち姿。威風堂々美しいこと。そしてふたりをつなぎ、舞台をつなぐ志保さんのニュートラルな存在感と演技。

このふたりの濃~い巨匠がそのままの持ち味で出たらひとつの作品としてはカオスだったのかもと思いますが、衣装や演出、志保さんの色の中でいると異色だけれど調和があって素敵だったなぁ。

カナーレスの音楽監督としての凄さも半端なかった。パコとディエゴの声があんなに調和して、曲の流れも飽きさせず絶妙。踊りも総じてマリ・ペーニャとのセビジャーナス、最後ファンダンゴで終わるアレグリアス、シギリージャのパワー、全部楽しめました。

偶然巨匠と前日にご飯ご一緒したのですが、人として本当に大きくて楽しくてそしてやっぱり色んな意味で普通じゃない人。昔の作品の興味深い話も出て盛り上がりましたが、尋常じゃないパワーが昔よりも自然に出てるように感じました。無理がない凄みというのかなぁ。フラメンコ、アルテってやっぱり結局は人間力なのだとまた実感した舞台。

マンサニージャの皆さん、本当にお疲れさまでした。
素敵な時間、ありがとうございました!

2014年4月 5日 (土)

ランナーデブー

子供の頃から走るのは嫌いだった。

体を動かすのは大好きでマラソン大会の前に練習してみたりしたものの足はいっこうに早くならずクラスでは最下位とかビリから2番め。
そのうちに走ることとわたしはドンドン遠くなって、走る人ばっかりは理解しがたいと思ってたのですが。

走り始めました。
体力作りや足首のリハビリという名目なんだけど、実は今体が走りたがってるのを感じる。

毎日フラメンコで体を伸ばしたり縮めたり。体いっぱい踊って足を踏むことが年々楽しい。それと同じように、地面からリズムをもらって走るのが楽しいと感じられる。自分でも驚きです。体が揺れてほぐれるので練習後のストレッチがわりに少しずつ走ります。

より早く、人より前に。
そう思わなければこんなに楽しかったんだー。

春によくある三日坊主にならないよう書いてみました(笑)

ランニングシューズを旅先に。ってかっこいーな。大好きな村上春樹師匠気取りしたい!

iPhoneから送信

2014年4月 4日 (金)

カメリア編

カメリア編
カメリア編
カメリア編
カメリア編
カメリア編
カメリア編
カメリア編
カメリア編
カメリア編
カメリア編
カメリア編
カメリア編
カメリア編
カメリア編
カメリア編
椿山荘というからにはツバキ。
と一言ですませる訳にいかないのですね。

薄ピンクの乙女椿(可愛いー)からパンチの効いた黒椿まで個性豊か。

ツバキのお花ってお顔みたい。
パンと前を向いてる人からうつむきさんまで。なんだか人間みたいだねー。


--
ibisMailで送信!

チェリーとカメリア〜チェリー編

チェリーとカメリア〜チェリー編
チェリーとカメリア〜チェリー編
チェリーとカメリア〜チェリー編
チェリーとカメリア〜チェリー編
チェリーとカメリア〜チェリー編
チェリーとカメリア〜チェリー編
目白台運動公園の桜トンネルから椿山荘、江戸川橋まで春を求めてお散歩。

桜も色々。
八重枝垂桜の美しさにしばしボー然。


--
ibisMailで送信!

2014年4月 3日 (木)

そこにいること

Dsc07305

グランデセオ、アルハムブラ、サラ・アンダルーサと本番が立て続けに終了しました。
それぞれの会に来て頂いたお客様本当にありがとうございました。

初めて生徒さんと一緒に出演したデセオ、1年分緊張したという(笑)Nちゃんにとっては、そこにいること自体がかけがえない経験になったのだろうな、と思います。教室やスタジオでは絶対感じられないこと、これからの糧としてたいせつにしてほしいな。りのちゃん、のぶさん、くりちゃん、ダニありがとう!

親しい仲間とのアルハムブラ。いつもリハーサルや本番後の何気ない会話の中で前に進むきっかけをもらう。刺激し合ったり、忌憚なく話し合える仲間は本当にありがたいです。みんなの出す音がズンズン来ました。かすみん、ふくちゃん、だんくん、あべくんありがとう!

そしてハイメ・エレディアとのサラ。自然体のハイメとのフラメンコはとにかく想定外ばかりでしたが、愛情あふれる豊かで自由なカンテ。うまく踊れなくても全身で聞いて感じて吸いとろうってそれだけ思ってました。差し出してくれるものに対してもっと返せるようになりたい、と思います。パルマしながら、歌いながらふとした時のハイメおじさん、笑顔があんまり可愛くて、なんかもう幸せな日でした。ハイメさん、エミリオ、みえちゃん、さっちゃんありがとう!

バイレ、パルマ、カンテ、ギター。みんながみんなのためにそこにいる。
自分らしく、そして相手を思いやってそこにいる。

そういうフラメンコが好きだし、そういうことが本当に大切なことのひとつと思います。
ひとりではできない。だからライブが好きです。

大切と思う事を大切に、そしてもっときちんとそこに在るために、日々を丁寧に自分を育てていけたらと思います。




« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ