« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月27日 (木)

ギターの神様

人に対して神様という言葉を使っているの、あまりピンと来ないし好きではないけれど、この人だけはナンバーワン、とか神様、みたいな言葉がなーんの嫌味もなくすんなり入ってくるような人でした。
みんな人は特別、と思うけれども、特別の中の特別、ってみんなが思うような人でした。

ギターの事全然わからなくても、この人が特別だというのはあからさまだった。マエストロ、パコ・で・ルシア。あまりにも突然の訃報でした。

演奏を直接聞けたのはたった一度だけ。セクステットはスペイン無敵艦隊みたいで船に乗って色んな所へ旅してるみたいだったなぁ。また来てくれると信じてたのに!

自分が一番!のお国柄なのに、スペイン人のギタリストはみんな口を揃えて言う。パコはヌメロウノ(ナンバーワン)だ。それも自分の事みたいに自慢げに。

去年一緒にパコのライブCDを聞いていたスペイン人ギタリストの言葉がよみがえる。

「ちくしょー、パコは調弦までアルテ(芸術)にしてしまう。調弦なのにオレって言ってしまうんだよ。全くなんなんだ、この人は」

フラメンコの、ギターの大きな大きなお星さまがいなくなって、みんな途方に暮れている。

やっと今日はパコを聞く気になってきました。フラメンコを選んだ自分を誇らしいと思わせてくれる人です。

本当にありがとうございました。
心からご冥福をお祈りします。

合掌

--
ibisMailで送信!

2014年2月25日 (火)

春近し

春近し

今日は陽射しが柔らかい。

先週流山クラスが終わったら、いつも真っ暗な空が、グレーくらいだった。
知らないうちに春はそこまで来てるんだな。

物事がもやもやとなかなか進みの遅いこの頃でしたが、少しずつ車輪がまわりだしたような感じです。

近所の梅も可愛く咲いてます。

iPhoneから送信

春近し

春近し


今日は陽射しが柔らかい。

先週流山クラスが終わったら、いつも真っ暗な空が、グレーくらいだった。
知らないうちに春はそこまで来てるんだな。

物事がもやもやとなかなか進みの遅いこの頃でしたが、少しずつ車輪がまわりだしたような感じです。

近所の梅も可愛く咲いてます。

iPhoneから送信

2014年2月22日 (土)

3月のスケジュール

大変遅くなりましたが来月のスケジュールです。

オープンクラス、補習はまた後日upします。
2014mar

2014年2月11日 (火)

コンチャとイネス

コンチャとイネス
コンチャ・バルガス、イネス・バカンとファミリー追加公演に行って来ました。

歌うこと、踊ること、家族とフラメンコの愛に満ちた公演。日本じゃなかったなー。コンチャも息子もいい顔してたなー。

レブリハがそのままあるような自然な時間。

イネスの唄。普段は頭の中で翻訳しないと入って来ないレトラがそのまま聞こえてきました。

白い小さな家
オリーブの中にある
売るわけでも貸すわけでもなく
白い小さな家
これが父が遺してくれた唯一のもの

変な表現なんですが、完全防備で色んなものをまとっていったのに、温かい手で心臓そのまま触れられたようなカンテでした。

ありがとう。

--
ibisMailで送信!

2014年2月 9日 (日)

人生初吹雪

1891116_738019476208354_1274448912_

昨日のあざみ野クラス、夜のアルハムブラ、悪天候の中いらしてくれた皆様、本当にありがとうございました。そして、お会いできなかった皆様も、お気持ちが嬉しかったです。またお目にかかれるのを楽しみにしております。

ライブはもう本当に人がいなくて、みんなどんより不機嫌になったりして、お客様がいないからギャラもなくて、帰りは電車がなくて帰れない、という最悪のシナリオが一瞬頭をよぎりましたが。。。そんな訳がない!大大大好きな人達とのフラメンコ、最高に楽しかった。猛吹雪の中、お客さまも来てくれて温かく見守って頂いた。本当に本当にありがたかったです。

パブロ、パコ、フェルミン、福ちゃん。相手が何をしたくて、それぞれがどういるべき、どうすべきなのかを自然に察知して伝え合って、その瞬間を共有できる人達だから、ステージの中はぽっかぽかに暖かかったです。

ひとりで勉強するにはフラメンコの海は広く深すぎる。だからこそフラメンコを愛してやまない人達との時間で得られるものは無限に思えます。

日本人である私達を懐に入れて惜しみなくアルテを差し出してくれる大好きなスペイン人トリオ、そしていつも励まし合いながら前進する福ちゃん、自分のふがいなさもまた噛みしめつつ、またがんばろうと思いました。
本当に本当に帰りがたかったけど、山手線が片側だけ動いているとのことでサクっと解散。
帰宅時はもはや台風みたいな風&雪の人生初吹雪。あれだけの雪と風。キレイどころやない、自然は恐いですね。風で傘は壊れそうだし、スーツケースが雪に埋もれて進めないしで心が折れそうになっているところに「回送」のタクシーが。私を見て「空車」に変えてくれた!ありがとう、神様!

とどのつまり、結局、何だかとてもいい1日になりました。一瞬ネガティブになった自分を反省。前を向いて歩こう、だね。
来月まで本番はお休みでちょっと久しぶりのパロをまた踊ろうかなと考えています。
またたくさんのいい時間が過ごせますよう。

写真は1部終了後。雪にはしゃぐ大人達。

2014年2月 7日 (金)

明日のクラスとライブについて

「明日は16年ぶりの大雪、外出はなるべく控えて下さい」とニュースで流れておりましたが、明日のあざみ野クラス及びアルハムブラのライブについて

あざみ野クラスは今のところ基本的にやるつもりですが、生徒さんはそれぞれ朝の状況をみて各自ご判断をお願いいたします。万が一、朝の時点で電車の運行が滞り、あざみ野まで到着できない場合はこちらのブログ、メールなどで早めにご連絡をさせて頂きます。

アルハムブラのライブにつきましても開催の予定ですが、お客様それぞれで安全の判断をして頂いた上でご来場頂けましたら幸甚です。

いずれにしましても、雪になる事は確実のようですので、皆様充分お気をつけてお過ごしください。私も再び転倒しないよう気をつけます。

さて、雪に備えて愛チャリを屋内に避難させておかなくては。
雪が降ると思ったらなぜかポテトチップス食べたくなってきた。なぜに?

2014年2月 4日 (火)

3月5日(水)エル・フラメンコライブふたたtび!

201435

先週終わったばかりではありますが、3月5日(水)再びエル・フラメンコライブに出演します。

今回はおなじみのみえちん以外は普段の共演の少ない方が多いので、またいい刺激をもらえるのではと楽しみです。群舞もいつもとは違った渋い雰囲気になりそな予感。昨日から予約受付開始いたしました。座席予約順にお席が決まりますので、早めのご予約をおすすめいたします。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。
エル・フラメンコライブ vol.6
2014年3月5日(水) 19:30開演 新宿エル・フラメンコ(伊勢丹会館6階)
チケット 5,000円(ワンドリンク・タパス付)
ギター 長谷川暖
カンテ ディエゴ・ゴメス
バイレ 権弓美 神谷真弓 篠田三枝 太田マキ

チケットは太田マキ makiotaelazahar@gmail.com  まで
座席予約は elfla35@excite.co.jp まで

私の方からチケットお求めいただいた方はこちらで座席予約いたします。
宜しくお願いいたします。
 

2014年2月 1日 (土)

夢の海

夢の海
夢の海
夢の海
夢の海
夢の海
夢の海
夢の海
大分から親友のりちゃんが遊びに来てたのでエルフラライブ翌日は多少の酔いを残しつつも念願の初ディズニーシーへ!いつも思うけど駅も電車もいちいち可愛いね。

途中雨が降り出したので雨宿りに入ったストームライダーでまさかのずぶ濡れ。お目当てのインディジョーンズは点検中(笑)などなど、下調べなしの行き当たりバッタリだったけどそれもまた楽し。

なかでもタワーオブテラー最強でした。捻挫が治った気がするくらい引っ張りまわされた挙げくの夕焼けとシーの全景は美しくて最高。

夕景から夜にかけての美しさはランドに勝ってるかもですねー。ベニスに来ちゃったみたい。最後は水上ショーで感動。感涙。楽しませる事に対する徹底ぶりはあらためてディズニーすごいなー。お金のかけかたも半端ないなー、なんて思う私はちょっと悲しきおとなだなー。

ひととき夢を見たら、その後クラスでも元気いっぱいでした!

また行きたい!
今度はだーいすきなインディジョーンズに会いたいー!


--
ibisMailで送信!

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ