« ぐあぱわー炸裂! | トップページ | きめてあーる »

2013年7月13日 (土)

ドローレス

を聞きにエスペランサへ行ってきました。
お店からはみ出しちゃうくらいの超満員。

10年くらい前にヘレスで見て以来。その時も伴奏は俵さん。

ドローレスは自分の人生に起こった事しか歌わない。だから本当に嘘がないプーロ、自然そのもの歌姿に感動しながらも、唄の意味が全部わかりきれない自分がいて、あぁ、本当に遠いなぁって取り残された気持ちも湧いてくる。でもやっぱり言葉を超えてオレ!と口をついて出る。そんなライブでした。

彼女が語りかけるように唄う。愛情たっぷりに応える俵さんのギターに心がふるえる。この人のカンテが世界一好きだと言った俵さん。なんて幸せな人生だろか、と思った。ドローレスもマエストロ、エイゾウ!と返す。国境を超えた絆がそこにあって心から感動しました。そしてまだまだアフィシオナーダになれてない自分。

フラメンコ、難しい。でも、やさしい。もっと近づきたい!まだこういうフラメンコに日本で出会える事に感謝。

« ぐあぱわー炸裂! | トップページ | きめてあーる »

ライブレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドローレス:

« ぐあぱわー炸裂! | トップページ | きめてあーる »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ