« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

5月オープン 初めてのバタクラス開講!

5月から土曜日の月2オープンクラスはバタ・デ・コーラ入門になります。

基本的な体作りからゆっくり始めていきますのでバタ・で・コーラがなくてもご参加頂けます。
これまでのオープンでやったファンダンゴ・デ・ウエルバのシンプルな振付を使いながらバタのテクニックと基礎を少しずつ学んでいくバタ初めての方におすすめのクラスです。
バタ・デ・コーラ入門
 5/11(土)&25(土) 15:30~16:30
 場所 : スタジオ ラ・ダンサ (高田馬場ブックオフ斜め前)
 参加費 : 3000円
 お問い合わせ・お申し込み : 太田マキバイレ・フラメンコ makiotaelazahar@gmail.com
 
ご参加ご希望の方は事前にメールにてお申し込み下さい。
皆様のご参加お待ちしております。

【重要】フラメンコ・フェスティバル出演者変更のお知らせ‏

㈱イベリアさんより以下重要かつ残念なお知らせが届きました。

私の方でもかなりの枚数のチケットを委託販売いたしましたので取り急ぎこちらに転載させて頂きます。
お客様ならびに関係者各位
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
5月1日~6日開催
「第2回 フラメンコ・フェスティバル 2013」
ファルキート出演キャンセルおよび出演者変更のお知らせ
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 
平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
 
さて、この度「第2回 フラメンコ・フェスティバル 2013」に出演を予定しておりましたファルキートが、在スペイン日本国大使館・総領事館に於いて欠格事由のため査証(ビザ)が発給されず現在日本に入国できない状況にあるため、出演をキャンセルせざるを得なくなりましたことをお知らせいたします。
 
ファルキートの来日を楽しみにしていた皆様へ開催間際にこのようなお知らせをすることとなり、誠に申し訳ございません。弊社といたしましても直前の通達を受け大変残念でなりませんが、現在も関係各所に協力を呼びかけ最善を尽くしております。
 
つきましては、ファルキートが出演を予定していたプログラムは出演者を変更して予定通り開催いたします。なお、ファルキート出演キャンセルに伴う払い戻しをご希望の場合は、5月13日(月)より受け付けます。詳しくは添付資料をご確認ください。
 
略儀ではございますが、取り急ぎEメールにてお知らせいたします。皆様には多大なるご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解・ご協力を得て本公演を無事開催できるよう努めると共に、一人でも多くの方にご来場いただけることを願っております。
 
平成25年4月29日
株式会社イベリア
代表取締役 蒲谷照雄
 
【払い戻しに関するお問い合わせ】
株式会社イベリア
アンダルシア事業部
担当:徳武・永瀬
ff2013@iberia-j.com
Tel. 0334498454
〈受付時間 11:00-19:00〉

5/1(水)東京公演 Aプロ 19:00開演 変更前)ファルキート → 変更後)ファルーコ
5/3(金・祝)大阪公演 Aプロ 14:00開演 前)ファルキート→ラ・モネタ
5/5(日・祝)東京公演 Aプロ 15:30 前)ファルキート → 後)ファルーコ、ファン・デ・ファン
5/6(月・振)東京公演 Aプロ 18:30開演 前)ファルキート → 後)ラ・モネタ、ファン・デ・ファン

全て予定とのことです。


以上です。
私自身を含め、ファルキートの来日を心待ちにしていた日本のフラメンコファンにとっては本当に本当に残念でなりません。彼はフラメンコの紛れもないスターで、姿が見えただけでみんながワクワクするような特別な存在。あの人が見せてくれるフラメンコという感動をまた味わいたかったしたくさんの人と共有したかった。


ですが、私たち以上に悔しい思いをされているであろう、長い時間をかけて公演準備に取り組んで来られたイベリアスタッフの皆さん、彼との共演を楽しみにしていたであろう他の出演者達、そして何より一番来たかったであろうファルキート本人の心情を思うと本当に胸が痛いです。様々な思いを持って既に来日をしている素晴らしい出演者が、全力を注ぎ必ず良い公演をしてくれると信じております。


観客も含め、全ての人がフラメンコという素晴らしいアルテを広く伝えようとするフェスティバルの成功のためにひとつになる事を願ってやみません。ぜひ劇場に足を運んで頂ければと思います。


私の方からチケット購入された方で払い戻しを希望される方は直接太田までご連絡下さいませ。ご協力宜しくお願いいたします。

2013年4月29日 (月)

昨日のサラ

昨日のサラ

にお越し頂きました皆様本当にありがとうございました。

昨日は舞台上で笑って泣いてさけんだ〜!

ファンホセ、マヌエル。
ふくちゃん、れいこさん、じゅんちゃん。
満員のあたたかいお客様。

みんなが私の心をブルブルブルブル揺らした〜。
お互いの思いを心と体で感じて動く。これが私のしたいこと。大好きなこと。

みんなにハグしてチューしてまわりたいようなライブでした。

幸せな気持ちに浸ってビールを飲んでいたら、同級生の訃報が携帯に届く。
とても素敵な男の子だった。

毎日毎日、今という瞬間を大事に大事に、生かされている事に感謝しながら生きていかなくてはいけないですね。

2013年4月22日 (月)

ひしのみの記憶

週末クラス後、駆け足で大分にミニ里帰り。両親の古希のお祝いでした。

実家は改装中。さんざん悪い事をした(笑)おじいちゃんの銅像部屋がなくなってしまいさびし。

めいっこ1号は4月から大分で小学生。
私が通っていた小学校。当たり前だけど変わらない学校の校章、通称ひしのみ。

目にした途端しまいこんでいた子供の頃の記憶が戻ってきてきゅんとする。

もうすぐ6ヶ月のめいっこ2号は知らない人が来たと私が近づくと大泣き。グスン。でもそうやって人がわかるくらいに成長してるんだなと思うと愛しくて感動してしまう。

家族が増えて、全員集合して。ずっとバラバラの場所にいて長らくなかった事がこのところ増えた。そう、私がチョコチョコ帰ればいいんだな。実質24時間で食事しに帰ったみたいだったけれどまた元気をもらう。

今年はこれから楽しみな仕事が山積みじゅんびちう!大分もあります。がんばるぞぉ。

5月の休講日

5月の休講日は 5/1(水) 5/3(金) 5/6(月) です。

4/29(月)は5週目ですがあります。東京クラスの方は5月分としてカウント。
受講生の皆様、詳細はgoogleカレンダー参照くださいませ。
google+にて生徒の皆さんとの連絡用に教室のコミュニティを作りました。google+でアカウントを取得されますとご参加頂けます。
コミュニティではスケジュールはもちろんですが、クラス内容の補足や参考になるような動画などupしていく予定です。第1弾すでにupしていますので受講生の皆さんぜひご参加下さいませ。
参加にはgoogleホーム画面(スマホの場合PC表示にて)左上の +からgoogle+に参加が必要です。登録された方は教室コミュにご招待いたしますので登録されたメールアドレスお知らせくださいませ

2013年4月11日 (木)

うちの

うちの
1番ちっちゃい生徒ちゃん。
今日はファルダはいて来たよ!

4/28(日)サラ・アンダルサライブのチラシ

ウフフなメンバーです。宜しくお願いいたします

428

2013年4月10日 (水)

春のライブ盛り沢山!

4月、5月のライブ情報です。

大好きなフラメンコ仲間たちとひとつひとつ大事に踊っていきますのでお時間ある方はぜひお運びくださいませ

 4月28日(日) 恵比寿サラ・アンダルーサ 「リンコン・フラメンコcon ファン・ホセ・アマドール」

開演 15:00 チケット 4000円
出演 カンテ ☆ ファン・ホセ・アマドール  ギター ☆ マヌエル・カサス
バイレ ☆ 浅見純子 岩田玲子 福山奈穂美 太田マキ

お問い合わせは太田マキまで makiotaelazahar@gmail.com

 5月2日(木) 西日暮里アルハムブラ 

開演 19:00&21:00  チャージ 各ステージ600円 (飲食代別途)
出演 カンテ ☆ 川島桂子  ギター ☆ 長谷川暖
バイレ ☆ 福山奈穂美 SIROCO 太田マキ

 5月14日(火) 西日暮里アルハムブラ 

開演 19:00&21:00 チャージ 各ステージ600円 (飲食代別途)
出演  バイレ ☆ パブロ・セルバンテス 太田マキ他 詳細また追ってupします

お問い合わせはアルハムブラ 03-3806-5017 まで


 5月24日(金) 高円寺エスペランサ 

開演 20:00&21:15 
チャージ 4,000円(1ドリンク、タパス、ショーチャージ込み)→3,500円

5,500円(フリードリンク、タパス、ショーチャージ込み)→5,000円に割引になります
割引券はお店に予約後出演者にお申し付け頂くか http://tablaoesperanza.com/index.htm にて入手できます。

出演 カンテ ☆ 斎藤綾子  ギター ☆ 小原正裕
バイレ ☆ SIROCO 大野環 太田マキ

お問い合わせはエスペランサ  03-3316-9493 (19:30-24:00 月火休み)

03-3383-0246 (11:00-18:00 土日休み)
selva@tablaoesperanza.com


まで。

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております

2013年4月 8日 (月)

フラメンコの週末

土曜日はクラスの後、萩原淳子ちゃんの公演のお手伝い。本番は袖から見せてもらいましたが、自分が舞台に立つ100倍緊張した〜。無事に終わった安心感たるや半端なかったなぁ。

公演はもう本当に素晴らしかったです。ミゲルのギター、モイのカンテ、淳子ちゃんのバイレ、それぞれに力を出し合い支え合う姿に心から感動し、沢山の人の思いがひとつのステージを支えている事を実感しました。

そして昨日は自分のライブ。リハ11:30開始なのにもうソラジャがいた!リハからパルマで盛り上げてくれる。みんなで自然にコンパスがまわって、リハも本番もそこにいるだけで幸せでした。

タニェのタンゴ、難しかった。なかなか落ちなかったけどそんな唄が来る事自体贅沢でみんなが支えてくれるから撃沈しても幸せ(笑)。

その瞬間に起こっている事をみんなで共有して感じて楽しんで生きる。当たり前だけど最近感じにくくなっていたフラメンコの中にいる実感が溢れました。マヌエル、エミリオ、ソラジャ、イネス、さっちゃん、そして見に来て頂いた皆様本当にありがとうございました。

終演後さっちゃん達とご飯を食べながらまたひとしきりフラメンコ話で盛り上がり、結局は夜もサラに戻りライブ鑑賞(笑)。

2日間フラメンコが大好きな仲間とたっくさんいい時間を共有してたくさんパワーをもらいました。フラメンコへの愛とレスペトをたくさん感じた週末。本当にありがとう、って思います。

次はファンホセ!しびれる!

2013年4月 5日 (金)

「ハモンは皿にのせるだけでよい」

Photo
友人であり尊敬するフラメンカ、セビージャ在住の萩原淳子さんの在西10周年記念リサイタルのタイトルはとってもユニーク。

今回は初日の裏方お手伝いに入らせて頂く事になり、昨日のリハにお邪魔させて頂きました

今回、スペインで彼女が全幅の信頼をおいて様々な機会で共演してきた、ギターのミゲル・ペレス、カンテのモイ・デ・モロンという素晴らしいメンバーを日本に連れて来てくれました。
ありがとう淳子ちゃん
モイのカンテは本当に強烈。フラメンコ。
モロンの野外公演ファナ・アマジャのソレアが好きで暗記するくらい何度も見ていますが、モイのソレアが凄過ぎて、ルビオ、キニといった怪獣たちがハレオをかけながら思わず笑っちゃう、というシーンは特にお気に入り。すごすぎて、何度見てもひとり部屋で叫んでしまいます。まさにサルバヘ(野生)のフラメンコ。

昨日もリハでありながら思わず笑うしかない、という瞬間がたくさんありました。包み込むようなミゲル・ペレスの深い音とともにぜひぜひ皆さんに聞いて感じてほしいなと思います。

そして淳子ちゃん。
彼女の踊りを初めてみたのはもう10数年前の事と思います。お互いまだ練習生だった頃ですが、ソロのタラントが際立っていて衣裳の感じまでまだ何となく覚えてます。あの時から長い時間をかけて日本で、そしてスペインでフラメンコという大きなアルテを一途に追いかけてきた積み重ねが彼女の顔から、体中から、滲み出しています。そして何よりフラメンコを尊敬して愛する心が伝わってきて、こういう公演をたくさんの人に見てほしいなと思いアップしまいました。

当日券も多少はあるそうですので、詳細は萩原淳子ホームページにてご確認下さいませ。

みなさん、4/6は萩原淳子公演、4/7はサラ・アンダルサでタニェと私のライブでフラメンコ三昧の週末いかがでしょうか?モイにタニェに、キニ、って今東京にすごい野獣カンタオール集まりまくりですね。うれし

写真はリハの後のなごやかショット。落ち着いたミゲルとお茶目で子供そのまんまのモイ。みんなをまとめる淳子ちゃんの本当にいいトリオです。

2013年4月 2日 (火)

デジタル化難航中ですが

生徒さんみなさんにはメールでお伝えしましたが、来月分から紙のスケジュールをやめようと企てています。

googleカレンダー公開しましたので4月のスケジュール、問題なく見れるかご確認下さいませ。
今後はメールにて特記及び連絡事項のみお送りし、google+の生徒さん用コミュニティ及び下記のカレンダーにて各自ご確認頂くようお願いいたします。
コミュニティの方ではクラス内容と関わりのあるオススメCDや動画もご紹介していきたい所存ですので(有効活用ガムバル)、ご興味ある方はご参加下さいませ。
カレンダー https://www.google.com/calendar/render?tab=cc
ホントに見れるのかな?試した方ぜひご一報下さいませ
マキデジタル化遅々として進まず。。。が、めげずにやってます

2013年4月 1日 (月)

4月です!

ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました。
気付けば今日から4月。

3月後半はオーレオーレ、ノベンバーとライブによんで頂きました。ご来場頂きました皆様本当にありがとうございました。色々とまた感じる事ができたライブだったと思います。

最近へレスでクラス伴奏してくれたへレスのカンタオール、アントニオ・デ・ラ・マレーナのアルバムをよく聞いています。para ti mi cante, que es mi libertad
あなたにぼくの唄を、僕の自由。アントニオは毎日片足ずつ違う色の靴下。ど派手なメガネ。これがかっこいい。初めてへレスのスタジオで見かけた10年前から変わらないスタイル。
一見近寄り難い風貌ですが、優しく、人を大切にする姿勢がアルバム全体から滲み出ています。

先日はエスペランサでディエゴ・カラスコを見ました。操られるがままに一緒に歌い最後はセビジャーナスまで踊らせてもらい。演奏者も観客もみんな笑顔。昨年亡くなったモライートへ捧げた曲ではみんな涙。アルティスタのためのアルティスタは黒くないヒターノ。

へレスの最終日にみたトマシートといい、自由であったかいアルティスタはなぜかへレスの人多いですよね。もちろん遠い遠いフラメンコなのだけど、楽しむ事は難しくないんだよ、と言われてるみたいです。
いろんな大切な事に耳を塞がないで感じていたいなと思います。

ブランカ先生の言葉がずっと頭から離れないでいます。

Cante, cante, cante
No hay baile sin cante
Si no hay cante, hay movimiento solo
Eso no es baile

カンテがなければバイレはない
カンテがなければそれはただの動きなのだ

カンテを踊る踊り手になりたいなぁと思います。
はぁ、道は遠い〜。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ