« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月18日 (月)

ライブ情報訂正

4/7(日)のサラ・アンダルサライブにつきまして、以前のブログにてギタリストをマヌエル・カサス氏とお伝えしましたが、正しくはエミリオ・マヤ氏でした。

申し訳ありません
大好きなエミリオさんとは12月エルフラ以来の共演。フフフ、楽しみです。
お久しぶりのマヌエルは4/28(日)のリンコン・フラメンコで共演します。

2公演とも素晴らしいメンバーですのでぜひぜひ宜しくお願いいたします

2013年3月16日 (土)

春なので

Photo

という訳ではないのですが、携帯をあいぽんに変えました!

乗換特典でもうすぐいぱっど(スペイン式名称)まで。と一気に現代人化してます。

可愛い姪っ子ちびも来月は大分で小学生。チョット寂しいけど成長が感慨深いなぁ。

ほぼ毎週通ってたおにぎり屋さん、目白ファームは来週で閉店。しゅん。

寂しい事もあるけれど、みんな前に進んでいるのだから良しとする。
あざみ野スタジオの前には早咲きの桜が。
花粉は絶好調ですがやっぱり春はいいな♪

連絡先が変わりました

諸事情によりお教室の連絡先電話番号が変わりました。
ホームページの更新が間に合っておりませんので、お問い合わせなどの際は下記に頂けますようご注意くださいませ。

新ナンバー 050(5850)6590
メールはそのまま maki-p@live.jp
メールにつきましても、送れない、文字化けするといった不具合が生じる事があるようですので、もしそのような際には
makiotaelazahar@gmail.com
にて再度お試しくださいませ。
お手数をおかけしまして申し訳ございませんが宜しくお願いいたします

2013年3月13日 (水)

帰りつきました

あっという間のスペイン滞在を終え、無事帰りつきました。

短期間であっても違う土地に行くというのは色々見つめ直す時間になります。今回もまた自分にとって意味あるパソ(ステップ)になりました。
快く送り出してくれた生徒さん達、代教してくれた3人、いつも見守ってくれる家族、そしてこのきっかけを与えて頂いた日本フラメンコ協会のみなさまに感謝です
ヘレスで見たたくさんの公演の感想やブランカ先生の宝石のような言葉たち。機会があれば少しずつ振り返って紹介できたらいいなと思います。
ヘレスフェスで知り合ったたくさんのみなさんに感謝。
ヘレスで暮らす今枝友加ちゃん、小里彩ちゃん、セビージャとマドリーで会った2人の後輩フラメンカちゃん達。4人が異国の地で逞しく頑張っている姿は、押しつけがましくなく、でも確かに私の気持ちを前向きに押してくれました。ありがとう。
という訳でスペインでたくさん栄養を頂いて来ました。

反省は着いて2日目に買ったばかりのwifiルータを紛失してしまったこと。ガビ~ン。でもホテルがwifi完備だったので助かった。
あとは事故も怪我もなく元気に過ごせてよかったよかった。
今回もこれからのフラメンコに色んな目標ができたけど、ちっちゃな野望だけご披露。

次回フェスに行ったらフラッシュモブに参加したい。フラッシュモブは事前にネット配信された振付を練習し、指定された公の場所(広場など)に集まった人たちと一緒にマスゲームのように踊る催し。クラス前のアレナル広場でマリア・デル・マル・モレノ振付のをちょうどやっていて、踊る阿呆ではなく見る阿呆になってしまった。楽しそうだったな
色々考える旅のとどめだったのか、最終夜はテレビでジプシーの特別番組をやってて、有名人も呼ばれた大結婚式の様子をやっていた。10代同志の結婚。式で散財しまくる家族。新婦の純潔を確認する儀式。引きちぎる為に何百枚も用意されたシャツ。笑い怒って泣いて歌って踊る。全て強烈な人たちだ。私とは全く違う人種なのだ。でもなんでこんなに心を掴まれちゃうのだろ。

朝のニュースでちょうど日本の式典を流していてスペインのテレビからフクシマという言葉が流れるのは何とも言えない違和感だった。時計を見たら6:46。時差が8時間だからちょうど2年が経った瞬間でびっくりしながら良い旅をできた事を心から感謝する。
しめくくりに帰りの飛行機で見た「ライフ・オブ・パイ」(あの虎と漂流する映画)。すごくすごく良い映画でしたが壮絶過ぎてまだ何ともいえない余韻が残ってます。とてもとても複雑な余韻。

生かされて感動できる事に感謝しなくてはいけないですね。そんな事を考えたりしてます。だからがんばらないとね。
さて、明日からはクラスびっしり、来週からはライブびっしりですが補給した分また走りますぅ

2013年3月11日 (月)

あの日から

2年が経ったのですね。
あらためて震災の犠牲になられた方々に心からお悔やみ申し上げます。
被災した方々の生活も、原発事故もまだまだ何か終息したとは言えない中、今こうしている日々を大切に感謝をもって過ごさなくてはと思います。

サヨナラへれす

Image

あっという間の6日間。スーツケースとともにまだ眠ってるヘレスの街を全力疾走。何とか特急に乗れました。

フェス最終日はブランカのクラスで先生もろとも泣き、全て消耗したベレンのクラスが終わりビールで開放感に酔い、エバでは不覚にもトコロドコロ記憶喪失ですがエンリケ先生の健在ぶりが嬉しく。トマシートで笑って弾けた!
そして既にはじまってたティア・ファナ、ファナ・デル・ピパのペーニャへ。すごい人だかりで手の先や遠目の横顔しか見えなかったけどフラメンコはしっかり届いた。
フィンデフィエスタでは一族郎党でもちろんブレリア。これ以上ないヘレスの締めくくり。
ヒターノって本当に強くて美し過ぎる。退場するファナの顔から目が離せなかった。

帰り道、東京でまたすぐ会えるのに、何だかしんみり仲間と名残りを惜しんだ。ここで大切なものを沢山見て、感じて、頂いた。

特にブランカ先生のクラスは心の宝物を頂いたような気がします。

みんなのマントンでコラソン(ハート♥)を作りました。ありがとう、ヘレス!来年も会いたいな。がんばろ!

Image_2


2013年3月 9日 (土)

フェスも最終日

急に電源が落ちるので手短かに。
日々クラスと公演でヘレスを駆け回ってます。
あっという間に今日がフェス最終日。
今日はエバとトマシート、元気があれば1時からの(もちろん深夜)ティア・ファナまで観たいけど荷造りせねば。

公演は沢山素晴らしいのを観たけど一昨日のファルキートとカリメの公演はずっと忘れないと思う。
ヘレスに来させてくれた色んな偶然と皆様の協力に心から感謝します。
ブランカ先生、ベレンのクラスも今日で終わり。
体バキバキたけどがんばろ!
イッテキマス!

2013年3月 6日 (水)

ふたりの先生

Image

ヘレス、だけでなく今年はスペイン寒いです。昨日はまさかのダウン2枚重ね(笑)。

ボデガ(酒蔵)でクラスというのもヘレスならでは。1コマ目はマントンをブランカ・デル・レイに、2コマ目はバタをベレン・マジャに習ってますがふたりがまさに真逆のタイプで面白い!

感性の人ブランカはマントン、フラメンコ、人生にいたるまで彼女の美学、哲学をおしみなく。

ベレンは理論的に明確にバタの基本から応用、実践まで網羅する見事な指導者。

全く違うアプローチで、でも目的地は同じ。2人の先生すごすぎ!

マントンはあなた自身。だから愛してあげなくては。マントンとともに夢を見るのです。

ブランカ先生の言葉をつないだら美しい詩集ができるにちがいない。

クラスの伴奏にはフェリペ・マジャにアントニオ・マレーナ。贅沢すぎる~。

2013年3月 3日 (日)

ヘレスはフェスティバってます

昨日無事今回の目的地ヘレス・デ・ラ・フロンテーラに着きました。

久しぶりで土地勘がすっかりないですがバスターミナルからセントロに出る途中もうボデガ(シェリーの酒蔵)に遭遇。あぁ香しい。
フロールと呼ばれるシェリーの酵母の匂いがヘレスならではの香り。飲みたくなる気持ちを抑えチェックイーン。

フェスティバル、私の初日はサンティアゴ・ララとマリア・デル・マル・モレノ。ギターも踊りももちろんだけどヘレスは何といってもカンテ、カンテ、カンテ!

ダビ・ラゴスにダビ・カルピオ。大好きなアントニオ・マレーナ。そして圧巻はヘスス・メンデス!
パルメロス達もトタはじめ素晴らしすぎる!
フラメンコで栄養補給しました。

日本からもたくさんお馴染みのフラメンコスが来ててお祭り気分にだいぶ追いついてきたぞ。

お友達フラメンカのピソで久しぶりに手料理いただきました♪

今日からクラス。早く体動かしたい。楽しみです。

2013年3月 2日 (土)

セビージャの色

曇り空のマドリッドから2時間半で眩しい晴天のセビージャ、サンタフスタ駅に着く。

さすがセビージャあったかい、と思ったら昨日まで何十年ぶりに雪降ったり大寒波だったらしい。

タクシーの運転手さんとの他愛ない会話。日本でフラメンコやってるなら稼いでるんだろ〜?
グループでも作ってるのかい?
アレナル(老舗タブラオ)のクーロはそうやってひと財産築いたんだよ。
マヌエラ(カラスコ)は月曜にロペデベガ劇場で踊るよ。
闘牛好きの普通のおじさんと普通にフラメンコの話をする。

セビージャは春がいいね!
と言ったら「セビージャには色がある。オレオレオーレ♪」と歌い出した。
セビージャってこんな街だね。

まずは大好きセラニート。
Image_3

超厚出来たてトルティージャ!

Image_4


2013年3月 1日 (金)

無事到着!

機内で数独にはまること数時間、アムスからスペイン、マドリッドに無事着きました。
別フライトで到着したYちゃんとも無事合流。
今朝はwifiも何とか設定できほっ。

アムスでイミグレのお兄さんにマドリッドいいなあ、太陽いっぱい。と言われましたが雨で寒いです。迷ったけどダウンで正解でした。

ホテルも快適で爆睡し、今からいよいよアンダルシアへ。
何度も足を運んでいるけれどいつでもワクワク、マドリーからだと行くというより「帰るぞー」という感じで心が喜んでるのを感じるなぁ。

!Para Sevilla!Image


« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ