« 新人公演の夏 | トップページ | なつやすみのチビ »

2012年8月29日 (水)

ぼちぼち思いだし

新人公演の翌日は朝から夜まで仕事ですっかり働きマン。しかも冷房のせいか風邪気味だったので、今日は久しぶりに1日オフ。掃除したり洗濯したりの後、舞踊団へ報告とお礼に行き久しぶりにのんびりしました。

フラメンコを始めた時からずっとお世話になってきた岡本先生にやっといい報告ができ、ほっとしましたspa。退団の後も何かとお世話になりっぱなしで、本番でつけたお花も実は舞踊団からお借りした物。結果で少しでも御恩返しというかお礼がしたかったのでひとつ目標がクリアできて本当に良かったです。先生、ありがとうございました。

新人公演は4年ぶり4回目の挑戦でしたが、キャリアが長くなった今年の出場は本当に迷いぬき、これまでにない重圧感を感じましたsweat02。自分に課したのは「フラメンコ」をやって結果を出すことでした。怪物ヒターノとサルバヘ(野生)のフラメンコをやる事、出演者全員が思いの全てをぶつける中で抜きんでること、どちらもとてつもなく遠く恐ろしく思えたし、実際そうでしたsweat02。こんなに大変なものか、という感じでした。8年越しの新人公演の道でしたが、年月がくれる嬉しさや感慨があり、がっかりを繰り返した日々をやっと愛しく思えるようになりました。勇気を出してエイっと挑戦して良かったなと思います。

以下当日の様子、備忘録&個人的ご挨拶。ご興味ある方のみどうぞ。

当日、ゲネプロ。体が固く重く気持ちはあるんだが空回り。さらにまさかの制限時間オーバー。で緊張が加速しつけまがつけれないほど手が震えだすsweat01。リハ室での最終確認も出番に近い時間になりひとりじりじり焦る。う~、逃げたい。

「コノヤロ~、バカヤロ~、お前死ぬ気でいかねぇとビジャールに食われちまうぞannoy

ゲネを見ていた旧知のスタッフKさんに一喝されてやっと正気に戻った。そうだ、あの怪物とフラメンコをするんだ。制限時間や結果の事を怖がってる場合じゃない~、踊る前から負けてるし。バカ~sweat01。でスイッチ入りました。

リハ室での最終確認。父ファンV、息子ファンJ、新米父ファンSのトリオ☆ファンはブレリア入りのジャマーダからファルセータにかけるパルマをここからがかっこええなぁ、とかいやいやこれはどぉ?とのん気に遊んでる。あぁこの人達に楽しんでフラメンコしてもらうのが目標だったじゃないかぁ。完全撃沈した1回目、形が膨らんでワクワクした2回目、これでいいsign01とみんなで納得した3回目。彼らとの濃~いフラメンコの時間が思い出されたときビジャール父が言った「Maki, a disfrutar(楽しむぞsign01)」

本番。時間がキツくても絶対に短くしない、と決めていたサリーダ。ソレアがやって来る。そしてずっとファンの唄を聞いていました。幸せだったdog。正直エスコビは足を外しそうになったり、ちょっとごまかした所もあってうまくいった実感は全くなかった、というか全然ダメだったsweat02。ゴリ押しできり抜けた。そしてみんなのお気に入りファルセータの入り口。抜けて後ろを向いたらビジャール親子がさっきのパルマが上手くいってゴキゲンなドヤ顔をしているcat。私はもう考えるのを完全に止めました。さ、楽しむ時間だ。

スビーダをして帰りの唄をよんで3人を見た。息子ファンが笑顔で両手を上げている。「何でsign02」。あぁ、もうどうだったかは知らんが楽しんでくれたみたいだし出し切ったぁと引っ込んだら舞台袖で出番の終わったフラメンコの仲間達がハレオで迎えてくれました。解放感と疲れがどっと出て視界が曇った。スタッフさんが「時間大丈夫だったよsign01」と声かけにきてくれた。その優しさにグっと来る。

トリオ☆ファンが廊下の反対側から笑顔で歩いて来る。私はグチョグチョでしたがその顔を見た時この顔見れたら幸せ。結果はもういいや、と思いました。その瞬間だけ(笑)

恐ろしく素晴らしいアルテを惜しみなくくれたマエストロ、ファン・ビジャールJr.。一緒の空間にいれただけでも光栄でしたshine。可愛い笑顔で励ましてくれた15歳sign01と思えぬ聡明なファン・ホセ・ビジャール。この夏ビジャール一家のアルテに触れたことは本当に凄い経験でした。そして彼らと彼らのフラメンコに心から感謝。このような貴重な機会を与えてくださったマンサニージャさんにも心からお礼申し上げます。

そして。。。4年前のタラントから(ホントはもっと前から)私のわがままに忍耐強く付き合ってくれた本当の受賞者。弱気なくせに頑固な私をなだめたりすかしたりしながらアドバイスをくれ、時に議論しながら、いつも支えてくれる家族のような友人。尊敬するギタリスト、ファン・ソト。あなたの励ましにどんなに救われた事か。やっといい結果を共有できたねsign01

当日私の精神安定剤になってくれたまっちーと香代ちゃん。ホントいつまでもお世話かけます。

美しいが全く踊れない衣裳を素敵に変身させてくれたアルマの庄司さん。何度も細かいこと言ってお世話かけました。踊れましたsign01

背中を押してくれいつも支えてくれるフラメンコの先輩後輩同輩な仲間達、客席からはたまた色んな場所からエールを送ってくれた友達、生徒さん、お客様みなさま。沢山の力を頂きました。

3日間の公演に携わった全てのスタッフ、関係者の皆様、審査員皆様、協会の皆様。
Kさん、愛溢れる喝効きました。Kちゃん音すごく聞こえやすくて踊りやすかったです。

言葉では書き尽くせませんが本当に本当にありがとうございましたpencil

そして私をいつも支えてくれる家族にしんけんありがとうdog


と、すごい長くなっちゃった。個人的日記、最後まで呼んで頂いた皆さん、ありがとうございますheart。明日からまたリセットして働きマン復活しますsign03がんばるぞ~。

« 新人公演の夏 | トップページ | なつやすみのチビ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2049326/56681424

この記事へのトラックバック一覧です: ぼちぼち思いだし:

« 新人公演の夏 | トップページ | なつやすみのチビ »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ