« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

ライブ情報です!

早いもので8月ももう終わりですが相変わらず暑い、と思っているところエアコン突然の故障。で、風通しのよくない我が家。扇風機にてがんばってマス。汗かきつつ9月のライブのご案内です

9/14(金) アルハムブラ (東京・西日暮里)
1部 19:00  2部 21:00
チャージ 1ステージ 600円

B 土井まさり 中谷泉 太田マキ
C 有田圭輔  G 長谷川暖

実は実は意外にも踊りのおふたりとは初共演。でも何だかそんな気が全くしない顔合わせで楽しみです

ご予約はお店まで アルハムブラ TEL:03-3806-5017

9/15(土) ソレアド (神奈川・矢部) 
2012915
1部 18:45  2部 20:00
チャージ 1ステージ 1500円  Wステージ 2000円

B 田倉京 正木清香 太田マキ
C 廣重有加  G 長谷川暖

久しぶりのソレアドはエレガントでムイフラメンカなみやこちゃん、さやかちゃんとご一緒。アフィシオナード、プクピーさんの企画に参加させて頂きます。

都内からは多少遠いですが開演時間が早いので、絶品のスペイン料理とライブを堪能しに足を延ばしていただけましたら幸いです

ご予約は 太田までご一報頂ければ予約入れさせて頂きます。

9/17(月・祝) アルマフラメンカ en  なんば タブラオ ミ ヴィダ (大阪・心斎橋)

1部 19:00  2部 21:00 (開場は30分前)
各部券 前売り 4000円   当日 4500円 (ともに1ドリンク付)
通し券 前売り 7000円 (2ドリンク付)

SPECIAL GUEST
cantaor Manuel de la Marena マヌエル デ ラ マレーナ
guitarrista Emilio Maya エミリオ マジャ

B ALMA FLAMENCA −NOBU&SIROCO−
   奥野裕貴子  太田マキ  Maria Marquez La Chusa

チケットお申込み先
コンフォート企画 株式会社 TEL:075 231 2072 FAX:075 231 5528
http://www.lostarantos.jp/alma_flamenca/ticket.html

前回の京都に続き今回は大阪にてアルマフラメンカライブに出演します。実は昔々働いていた事のある心斎橋。ライブはもちろん久々に訪れるのが楽しみ。関西方面の方、ぜひぜひ宜しくお願いいたします

ぜ~んぶオススメライブです。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。



2012年8月30日 (木)

なつやすみのチビ

071

昨夜のクラスの後、朝いちから姪っ子チビとたっぷり遊ぶため、夕ご飯も食べず最終の新宿湘南ラインに飛び乗り海方面へ。

姉宅に着くと計画通り姪っ子チビはすっかり熟睡モード。ビールを飲みつつ姉とゆるりとおしゃべりした翌朝。もぞもぞと起き出したチビは私と姉の顔を代わる代わる見つめパチクリ。いるはずのない私を見て

「マキちゃ~ん、ママ、ママ、マキちゃ~ん。キャー。」とぷちパニック状態(笑)

びっくりさせてごめんね。でもおもろかわいかったな20120830230419

さて今日もいい天気。大好きな江ノ電で出発。やっぱり売っていた江ノ電キティをゲット。サーフボードを持っているのです。もえ。海はキラキラ。やっぱり私は海がすき

お目当てのbillsが1時間半待ち(!)だったのでちょっと贅沢して平日の昼間から七里ガ浜のアマルフィにてランチワイン。チビは大好きなトマトのスパゲッティを期待していたのだが、出て来たのは全て大人味の野菜満載のお皿ばかり。すまぬ。。。でも大人は大満足。

新鮮なサラダとメカジキとお野菜のパスタ。ヘルシーで美味。


20120830130205しばらく会わないうちにすっかり背も伸びてレストランでも一緒にお食事できるくらいおりこうさんになったチビ。えらい

今日は、今年の誕生日でみそじのfamilia Phiたんへのメッセージビデオを収録。サプライズパーティーでプレゼントするそう。チビは一生懸命ハッピーバースデーを歌いました。やっぱり女子。撮られてると思うと嬉しいようでカメラを意識しまくり(笑)。テンションも上がる。

なかなか会えないけれどすくすく成長する姿が一番元気をくれる。反面あんまり急いで大きくならないでほしいなとも思ってしまう。チビはよく「だいすき」と言ってくれるのだけど、もうちょっとして「おばちゃん、好かん」とか言われたら立ち直れそうにない(笑)。

帰り際、「かえらないで~」とさびしそうにされるのがとっても切ないですが。。。でもまた会えるからね。いっぱい遊ぼうね。
20120830114741_2

麦わら帽子もかわいいぞ

2012年8月29日 (水)

ぼちぼち思いだし

新人公演の翌日は朝から夜まで仕事ですっかり働きマン。しかも冷房のせいか風邪気味だったので、今日は久しぶりに1日オフ。掃除したり洗濯したりの後、舞踊団へ報告とお礼に行き久しぶりにのんびりしました。

フラメンコを始めた時からずっとお世話になってきた岡本先生にやっといい報告ができ、ほっとしました。退団の後も何かとお世話になりっぱなしで、本番でつけたお花も実は舞踊団からお借りした物。結果で少しでも御恩返しというかお礼がしたかったのでひとつ目標がクリアできて本当に良かったです。先生、ありがとうございました。

新人公演は4年ぶり4回目の挑戦でしたが、キャリアが長くなった今年の出場は本当に迷いぬき、これまでにない重圧感を感じました。自分に課したのは「フラメンコ」をやって結果を出すことでした。怪物ヒターノとサルバヘ(野生)のフラメンコをやる事、出演者全員が思いの全てをぶつける中で抜きんでること、どちらもとてつもなく遠く恐ろしく思えたし、実際そうでした。こんなに大変なものか、という感じでした。8年越しの新人公演の道でしたが、年月がくれる嬉しさや感慨があり、がっかりを繰り返した日々をやっと愛しく思えるようになりました。勇気を出してエイっと挑戦して良かったなと思います。

以下当日の様子、備忘録&個人的ご挨拶。ご興味ある方のみどうぞ。

当日、ゲネプロ。体が固く重く気持ちはあるんだが空回り。さらにまさかの制限時間オーバー。で緊張が加速しつけまがつけれないほど手が震えだす。リハ室での最終確認も出番に近い時間になりひとりじりじり焦る。う~、逃げたい。

「コノヤロ~、バカヤロ~、お前死ぬ気でいかねぇとビジャールに食われちまうぞ

ゲネを見ていた旧知のスタッフKさんに一喝されてやっと正気に戻った。そうだ、あの怪物とフラメンコをするんだ。制限時間や結果の事を怖がってる場合じゃない~、踊る前から負けてるし。バカ~。でスイッチ入りました。

リハ室での最終確認。父ファンV、息子ファンJ、新米父ファンSのトリオ☆ファンはブレリア入りのジャマーダからファルセータにかけるパルマをここからがかっこええなぁ、とかいやいやこれはどぉ?とのん気に遊んでる。あぁこの人達に楽しんでフラメンコしてもらうのが目標だったじゃないかぁ。完全撃沈した1回目、形が膨らんでワクワクした2回目、これでいいとみんなで納得した3回目。彼らとの濃~いフラメンコの時間が思い出されたときビジャール父が言った「Maki, a disfrutar(楽しむぞ)」

本番。時間がキツくても絶対に短くしない、と決めていたサリーダ。ソレアがやって来る。そしてずっとファンの唄を聞いていました。幸せだった。正直エスコビは足を外しそうになったり、ちょっとごまかした所もあってうまくいった実感は全くなかった、というか全然ダメだった。ゴリ押しできり抜けた。そしてみんなのお気に入りファルセータの入り口。抜けて後ろを向いたらビジャール親子がさっきのパルマが上手くいってゴキゲンなドヤ顔をしている。私はもう考えるのを完全に止めました。さ、楽しむ時間だ。

スビーダをして帰りの唄をよんで3人を見た。息子ファンが笑顔で両手を上げている。「何で」。あぁ、もうどうだったかは知らんが楽しんでくれたみたいだし出し切ったぁと引っ込んだら舞台袖で出番の終わったフラメンコの仲間達がハレオで迎えてくれました。解放感と疲れがどっと出て視界が曇った。スタッフさんが「時間大丈夫だったよ」と声かけにきてくれた。その優しさにグっと来る。

トリオ☆ファンが廊下の反対側から笑顔で歩いて来る。私はグチョグチョでしたがその顔を見た時この顔見れたら幸せ。結果はもういいや、と思いました。その瞬間だけ(笑)

恐ろしく素晴らしいアルテを惜しみなくくれたマエストロ、ファン・ビジャールJr.。一緒の空間にいれただけでも光栄でした。可愛い笑顔で励ましてくれた15歳と思えぬ聡明なファン・ホセ・ビジャール。この夏ビジャール一家のアルテに触れたことは本当に凄い経験でした。そして彼らと彼らのフラメンコに心から感謝。このような貴重な機会を与えてくださったマンサニージャさんにも心からお礼申し上げます。

そして。。。4年前のタラントから(ホントはもっと前から)私のわがままに忍耐強く付き合ってくれた本当の受賞者。弱気なくせに頑固な私をなだめたりすかしたりしながらアドバイスをくれ、時に議論しながら、いつも支えてくれる家族のような友人。尊敬するギタリスト、ファン・ソト。あなたの励ましにどんなに救われた事か。やっといい結果を共有できたね

当日私の精神安定剤になってくれたまっちーと香代ちゃん。ホントいつまでもお世話かけます。

美しいが全く踊れない衣裳を素敵に変身させてくれたアルマの庄司さん。何度も細かいこと言ってお世話かけました。踊れました

背中を押してくれいつも支えてくれるフラメンコの先輩後輩同輩な仲間達、客席からはたまた色んな場所からエールを送ってくれた友達、生徒さん、お客様みなさま。沢山の力を頂きました。

3日間の公演に携わった全てのスタッフ、関係者の皆様、審査員皆様、協会の皆様。
Kさん、愛溢れる喝効きました。Kちゃん音すごく聞こえやすくて踊りやすかったです。

言葉では書き尽くせませんが本当に本当にありがとうございました

そして私をいつも支えてくれる家族にしんけんありがとう


と、すごい長くなっちゃった。個人的日記、最後まで呼んで頂いた皆さん、ありがとうございます。明日からまたリセットして働きマン復活しますがんばるぞ~。

2012年8月28日 (火)

新人公演の夏

___2夏の恒例フラメンコ協会の新人公演、今年は最終日8/26に4年ぶりに出演させて頂き、大変ありがたい事に奨励賞を頂きました。

昨夜から本当にびっくりするようなたくさんのお祝いのお電話、お言葉等頂き、お礼がまだ追いついていなくてすみません。取り急ぎこの場を借りまして心からお礼申し上げます。

受賞を喜んでくれる方がこんなにたくさんいるなんて1日感動、感涙。そしてやはり長い時間をかけて向き合って来た事で評価を形にして頂けたというのはとてもとても嬉しい事です。勇気がいりましたが自分をあきらめず挑戦して良かったなと思います。

また気持ちを整理してupしていきます。

とりあえずお礼まで。

スペル最高のcompaneros, Juan Villar Jr., Juan Soto y Juan Jose Villar。トリオ☆ファン揃い踏み。言葉をどんなに尽くしても足りないのですが。。。本当にありがとうございました

2012年8月20日 (月)

本日のサラ・アンダルーサ

お越し頂いた皆様、本当にありがとうございました♪
 
たくさんのお客様、いつも本当に感謝です。懐かしい顔もたくさん!再会嬉しかった。温かく見守って頂きありがとうございました。
 
なほこさんと久美子ちゃん。タイプは違えどもフラメンコと真摯に向き合っている2人。すごかった。ご一緒してたくさん刺激をいただきました。
 
初共演の歌い手、マヌエルさん。言葉にすると陳腐になってしまいますが本当に優しく大きな方。深い唄。温かい人柄が唄から滲み出て初めてっていうの忘れてしまいそうでした。
 
終演後イスマエルとロシオ、くみこちゃんとご飯。ヘレスから来た大好きな2人が私達に語ってくれるフラメンコについてのいろんな思い。いつも傾けてくれる優しさと励まし。
 
本当に本当にありがとう!。色んな言葉がまだ頭を駆け巡っています。フラメンコの前で自分があまりに力不足で情けなくなってしまう事も多々あるけれど、彼らに恥ずかしくないようキチンと「フラメンコ」をやらなくてはとまたひとつ強く思いました。優しい時間ありがとう。
 
さて明後日はひーさしぶりに池袋ルミネはアマポーラでレストランショーやります。で日曜はいよいよ新人公演。ノンストップで頑張ります!
 
あぁ頑張らねばぁ。
ほんと。

2012年8月18日 (土)

千倉の

海と空!快晴!
 

2012年8月17日 (金)

レッツ房総!

クラスの後品川から久里浜へ。明日のライブに向け同級生トリオにて館山へ前乗り!
 
房総の美味しい魚達。
びば!
今日の宿。
ハンモックコテージなのだ。
東京で見た事がないスラッピーではしゃぐ中年達。たかまろんとゆきゆか!
完全に学生に戻った!会話があほすぎてます。

2012年8月16日 (木)

新人公演

8月26日(日)日本フラメンコ協会の新人公演に出演します

まだチケットをたくさん持ってますので見に来て頂ける方いらっしゃいましたら宜しくお願いいたします。会員価格3500円にてお譲りいたします。

のんびりしているつもりはなかったのですが気付けばもう来週。今回はカンテにファン・ビジャールJr.、パルマに息子さんのファン・ホセ・ビジャール、ギターにファン・ソトという素晴らしすぎるアルティスタの方達にサポートをお願いしました。大きなフラメンコを前に悩み凹みまくりの日々ですがリハの中でまた本当に色々感じて勉強になっています。1時間彼らとリハすると1日使い物にならないくらいへとへと。。。でもがんばるしかないなぁ。

私は終演近く19:50頃出ますのでご都合つきましたらぜひぜひ応援にいらして下さい
チケットご希望の方は maki-p@live.jp までメールにてお申し込みくださいませ。

どうぞ宜しくお願いいたします

2012年8月 3日 (金)

ヘレサーノライブ!夏編

2012819最近太田さんから太っ田さんに改名されそうなので(笑)、夜遅くになるべく食べないキャンペーン中です。あくまでもなるべくです、なるべく。

さて、それはさておき8月のライブ出演です。大好きなヘレサーノスが再び恵比寿にやってまいります。このところ来日の度に共演させて頂いているギターのイスマエルと踊りのロシオ夫妻、毎回シンプルなフラメンコの大切さ、味わいの深さ、大きさをそのアルテで教えてくれる人達です。イスマエルの滋味溢れるトケ、ロシオのまさに女性らしいエレガンテで強く美しいバイレ。本当に大好きなアルティスタス。そして今回初共演のマヌエル・デ・ラ・マレーナさん。大きな唄に包まれるのが楽しみ

日本人の共演には学生時代からお世話になっている尊敬する先輩、後藤なほこさんとパワー溢れる日本人離れした魅力の吉田久美子ちゃんと本当に素晴らしいメンバー。ふたりは初共演だそうで、珍しい顔合わせでどんなケミストリーが生まれるのか、こうご期待です

8/19(日) 恵比寿サラ・アンダルサ セレクトス・フラメンコス
1部 19:00   2部 21:00

出演
ギター イスマエル・エレディア   唄 マヌエル・デ・ラ・マレーナ
踊り   ロシオ・ロメーロ(ゲスト舞踊手)
     後藤なほこ  吉田久美子  太田マキ

チケット 各部券 3000円   通し券 5000円

お問い合わせ・お求めは太田マキ
maki-p@live.jp 090(5558)4021
まで。
  

ヘレサーノスライブの時はもちろん本番ならではの緊張感はありますが、彼らが持っているすごく居心地がいいフラメンコの空気が流れているので本当に清々しく温かい気持ちになります。そんな空気を味わいたい方、ぜひぜひ足を運んで頂けたら幸いです。

皆様のご来場をお待ちしております

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ