« 終わった。。。その2 | トップページ | Tシャツ届きました! »

2011年7月 1日 (金)

「ダンシングチャップリン」

201106302010391 ほぼ日糸井新聞での草刈民代さんの話が興味深かったので、映画を観に久々に銀座に行って来ました。

最近涙腺のすっかり弱い私。他の映画の予告編だけで泣くsweat02。まったく、安い涙である。でも予告編って本当にうまいですよね。見たいなぁ、って思わせるようにできてる。

さて、本編上映時間2時間16分。2部構成で間に「幕間」の5分休憩がある結構な大作。1部は「アプローチ(仏語ではプロセスと書いてあった。道程という感じかなぁ)、2部は文字通り「バレエ」。
1部ではリハーサルやらインタビューやら。インタビューでの振付の大家プティと周防監督のやりとり、主演のルイージの言葉が面白く深く。そして最後にまた私は泣くsweat02。目にゴミが入ったのだ。。。だって。くぅ~。

2部。映画化したことでの舞台と差はまず表情がアップで見てとれる事。この映画は何と言っても主演のルイージの顔。還暦ダンサーの顔。すごい。表情で全てを語る演技。「街の灯」で盲目の花売り娘に恋をする瞬間の顔。チャップリンの映画が与えてくれるのと全く同質の感情を揺さぶる感動を与えてくれる。顔自体はハビエル・バロンに激似てるんだけどね(笑)。

黄金狂時代の酒場の大男役のダンサーも、もちろん草刈民代さんもなのだけど、バレエダンサーは本当に優れた役者。ちりばめられたチャップリン映画の美しい音楽だけでやられてしまうのだけど、(なぜスマイルという曲はこんなに泣けるのsign02)、そこにルイージの顔。まいりました。笑いながらずっと泣いてたsweat01

そんな中ロケの警官ダンスが一服の清涼剤で楽しかったし。

帰り道何だか胸がスッと軽くなってましたdog
愛に溢れた優しくて本当に美しい映画。
今日が最終日だそうです。しかも今日は映画の日sign01。お時間ある方はぜひsign01

« 終わった。。。その2 | トップページ | Tシャツ届きました! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2049326/56681688

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダンシングチャップリン」:

« 終わった。。。その2 | トップページ | Tシャツ届きました! »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ