« みみのかたち | トップページ | 終わった。。。その2 »

2011年6月28日 (火)

終わった。。。

久しぶりにこんな時間から家でのんびり仕事などしていますdog
ここのところ本当に濃い日々。そして日本のフラメンコスにとっては、本当にこれでもかというくらい贅沢で嬉しい日々。アルティスタが日本に戻ってきてくれたsign03それも超本物ばかりが一気にsign03

スケジュールがどうしても合わず、パコ・フェルナンデスshineとキニ、トタ出演の松彩果ちゃんのリサイタルは泣く泣くsweat01見送ったけれど、呼んだ人、応えて来てくれた人の深いアフィシオンは外にいてもひしひしと伝わってきた。

ファルキートをはじめとするフラメンコ・フェスティバル、東京公演は4日間。22日(火)、24(木)の2日間行ったが特に最終日は本当に凄かった。5年ぶりに見たモネタ。もともとプーロでムイフラメンカで力強いすごい踊り手だったけど、舞踊的な幅が恐ろしく広くなっていて、何もかもが半端なくとにかく凄まじかったthunder(もちろんいい意味で)。
そしてファルキート。あぁ~、火曜日も良かったけれど最終日は心にドスンと来て完全に持って行かれたぁ。舞台に現れた時のあの空気、あのオーラ。エネルギー。そしてとにかくとにかく美しいshine。この人は違う。全然違うのです。
カーテンコールまで全て素晴らしかったです。あの、ブレリアsign03。幸せな時間でした。

で、日曜には勇気を振り絞りファルキートのクルシージョを受けて来ました。しかもタンゴ。正直ファルキ-トがタンゴ踊ってるの映像でも一度も見た事がない。スケジュール的な理由もあったのですが、彼みたいな生え抜きのヒターノ男子がタンゴをどうやってマルカールするのか見てみたかったのですeye

朝から緊張してお腹痛くなってましたが、ジーンズ姿のファルキートが登場するとさらに緊張MAXsweat02。簡単な足からウォームアップ。その間もスタジオを歩き回ってみんなの様子を見てくれるのだけど(そう、素顔は親切な青年)、傍に来るだけで「ムリムリsweat01」なワタクシ。

振付に入ってからは、何度も繰り返したりお手本を見せてくれたりで、もうホント幸せでした。足の一連はファルキートのパソで。重心の使い方の妙sign03。レトラはトリアーナのヒターノ、タンゴの名手El Titiから学んだこと、でシンプルなマルカヘを見せてくれたんだけど。。。オレ~sign03。エレガンテ。Con mucho saborheart。 もう倒れそうでした。学ぶにはとてつもなく大きすぎる相手ですがやっぱり受けて良かった。

クラスの最後には色々話も聞かせてくれたのですが、印象的だったのは「とにかく色んなフラメンコを見て聞いて下さい。」と言った後(ここまではフツーよね)「いいのも、悪いのも、何でも。」と言ったこと。深いね。
アルテは劇場にあるのではなく、すぐ身近( pequen~a rincon)にあるものだよ、とも。

極上を見せてくれたアルティスタ達に感謝の1週間shine
しばらくがんばれそうsign01

« みみのかたち | トップページ | 終わった。。。その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2049326/56681692

この記事へのトラックバック一覧です: 終わった。。。:

« みみのかたち | トップページ | 終わった。。。その2 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ