« 結局そこにもどる | トップページ | ビバ!ハンズ »

2010年11月 7日 (日)

癒しの聖歌

久しぶりにフラメンコ以外の演奏会に行きました。
生徒さんがピアノ伴奏で出演されたコーラスのコンサートnotes
フラメンコを習ってる方はやはり音楽やっている方が多くて、オケの演奏会は生徒さんが出演されているのを何度か聞きに行かせて頂いているのですが、コーラスのコンサートは初めて。レッスンとは全く違うプロピアニストsign01の顔の生徒さんがかっこよくて感動しましたshine

今日の出演者の皆さんは、ミッション系某有名女子小・中・高のお母さん達のグループとそこからお子さんの卒業後も続けてらっしゃる方達のグループ。という事で、聖歌のコンサートcrown。客席にはそこの学校の生徒さんとおぼしき子供がいっぱいでしたが皆お行儀の良い事eye。さすが。学校でも聖歌を歌っているんだねぇ。素敵だ。

で、コンサートにはとっても癒されました。
ひとの声が重なりあう事で響きが生まれる。優しいピアノと声に包まれながらホールの天井を眺めつつ色んな事に思いをめぐらせたり、何も考えずに音が流れ込むままにボーッとしたり。ひとの声ってこんなに気持ちのいいものなんですね。再発見という感じ。

特にアンコールのアヴェ・マリア。あらためて本当に美しい曲だなぁ。。。とウットリdog

聖歌にもちょっとダークな感じの曲調のものもあり、印象的でした。私は音楽や踊りは人の慰めになるものだと思うのですが、まさに慰め、救いを求めて作られた聖歌には宗教を超えて不思議な力があるなぁと感じました。

原語でうたわれてるものだけでなく日本語の聖歌もありましたが、聖歌の日本語は本当に美しい。とげのないことばの力にも癒されたような気がしますshine

で、その後自主練。フラメンコをやるとちょっとまた地上に戻って来た感じ(笑)。

« 結局そこにもどる | トップページ | ビバ!ハンズ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2049326/56681924

この記事へのトラックバック一覧です: 癒しの聖歌:

« 結局そこにもどる | トップページ | ビバ!ハンズ »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ