« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

本性

アルハンブラで踊ってどうもしっくりこなかったティエントスを最近作り直しています
自分のティエントスのイメージのこうなりたい感じはあるのだけれど、見直す時間がなく。。。と言っているとなかなかできないので、11月のファミリアに照準を合わせて取り組んでいます。

スタジオにこもっているとあんなこと、こんなこともどうかしらん、と際限がなく、かえって振りに凝り過ぎて振り回されてしまう事もしばし。しかも、ミゲル姉さんのクルシージョも受けて間もないので、まだ消化でいてないのについ手を出したくなっちゃう事もちらほら。。。カオスになりかけて、で、実質全然前進していないので、一旦練習切り上げ。カット

で、せっかくの久々お休みなので、家事を片付けたり、必要ない書類をスキャンしてファイルをスリム化したり。で、おウチがスッキリしたら、何だかもやもやしていた頭の中もスッキリしたような。不思議ですよね。でも、もやもやすると掃除する人は多いですよね。

で、一時滞っていたVHS→DVDコピー作業も再開しました。で、偶然出て来たのが2006年のノベンバーイレブンス・ライブのビデオ。ノベンバーさんには2004、5年あたりから出演させて頂いていますが、2006年は自分でもびっくりするぐらい何度も出演しており、自分の踊りだけ録画を頂いていたんです。で、この時期必ずティエントス踊ってるんですね

で、最近はもうお蔵入りにしてしまったパソとか、何だろ、これと全く思い出せないパソとか、構成も今とは結構違う所も多くて、ふ~ん、こんな風に作ってたのかぁと観察。中途半端に前の自分の踊りを見るってホント苦痛。でも、本来自分がやりたかった事を確認したり、こうなっちゃいけない事をしっかり確認できたという意味で、ずいぶん思考が整理出来ました。良かった良かった。

こういうの嫌だなぁ、とか何でこんなんなってんのと思う所は多々ありましたが、一番びっくりするのは、この時期の自分の踊りの速いこと速いこと。足もタンゴもブレリアもツルツルとすっごいスピード。それも出来てないもんだから走ってるって感じ。う~ん、落ち着きなさ過ぎる。。。

最近はある程度ゆっくりと速さのメリハリを考えるように心掛けてはいるのですが、あらためて自分のせっかちっぷりを見て、11月のライブではじっくり、動きすぎず落ち着いて踊ろう。と固く決意。

しゃべりはゆっくりなんだけどなぁ。。。こういうところに本性がでるのがフラメンコの怖さ。実は愛車みかんちゃんもいつもビュンビュン飛ばすスピード好きなワタシ

2010年10月30日 (土)

やめられない

朝、天気予報に恐れおののき久しぶりに自転車を断念。でも、習慣で自転車の鍵を持って出てしまう。レインブーツにダウンコートの完全防備であざみ野クラスへ。

この嵐の中生徒さんが来てくれました。ありがとうございます。誰も来ないかもなぁ、と思っていたのだけれどよくよく思い返すとこういう日、台風とか大雪、とか、大雨みたいな日って「生徒さん来ないかもね~。」と思って、でも必ず誰か来てくれるような気がする。無事みんな帰れたかな。

私は帰りの信号待ちで傘とともに心が折れました。クラスでは全然疲れてないのにすっかり消耗。で、風邪気味でもあり今日のお出かけをお断りして家で過ごす事に。ごめんなさい~。

と、東京に戻ってきたらあれ。そんな風強くないとちょっと拍子抜けしましたが、すっかりウチでくつろぐワタクシ。で、良くないと思っているのにどうしてもやめられないポテチを開けてしまった。また、やってしまった。半分にしようと思うんだけど。。。結局2回に分けて全部食べてしまった。。。しかも大してお腹がすいてる訳でもないのに。

ポテチ断ち、どうしてもできずお腹ポッコリの午後。

2010年10月29日 (金)

ちょっとしたこと

朝、クラス名義の口座の事で某有名銀行にちょっとした問い合わせ。お近くの支店に電話をして下さいという事だったのでしてみたら、奇しくも同じオオタさんがとっても丁寧に説明してくれた。単なる問い合わせだったのだけど、名前など詳細を色々と聞かれて訪問の予定を伝え、クラスの後銀行の窓口へ直行

で、窓口のお姉さんに朝電話した旨伝えると傍らのメモを取り、
「あぁ、お電話頂いた件ですねぇええ。へぇ、フラメンコのクラスを始められるんですか?お近くなんですか」などなどと何とまぁ感じの良い応対なんだ。銀行ってこんな感じだっけ??? 思わず体験レッスンいかが?とスカウトしてしまいたくなる気持ちをこらえ、いい意味での驚きを覚えながら、あれこれ説明受けたり手続きしていました。すると、

「あっ、朝お電話受けたオオタが来ました~。」何とオオタさん挨拶に来てくれたではないですか。「私は点がない大田です~。」とまたまた感じの良いお方。銀行って事務的に親切な対応をされるっていう先入観があったんだけど、自然に親切な対応に先入観バーンとぶっ飛びました

今まで全然ご縁のない銀行だったんですが、出てくる人出てくる人可愛らしく感じがよろしい。まぁ、0の数がわからないくらいの預金でもするんなら全行員あげて感じよくなるんでしょうけど、それどころかホント恥ずかしいような少額な話だったんで、申し訳ないくらいでした~。某銀行の皆さんありがとうございました。おかげ様で問題もすっきり解決してめでたしめでたし

201010291726051
で、その後コンパネ、もといベニヤ板が届きカーペットに傷がつかないようテープでトリミングして試し敷き。試し打ち。敷き方を試行錯誤するうちに気付けばもういい時間。床は板の止め方さえ気を付ければ使えそう。音はなかなかいい感じです。良かった。。。ひと安心。

こんな感じになりました

と、もう10月終わってしまいますよ~。いよいよ3日にはここでクラスが始まるのかぁと思うと感慨深し。床の実験くんからまだひと月もたっていないのですが、このスタジオのお陰でたっくさんの方と出会わせて頂いてます。ホントありがたいです~。

今日の銀行ガールズを見習って笑顔で楽しいクラスにするぞ~。体験レッスンまだまだ受付中ですので宜しくお願い致します。(と連日宣伝でスミマセン。)

ちょっとしたことなんだけど、笑顔で感じの良い方に出会うとすぐ贔屓にしたくなっちゃうワタクシ。個人のメインバンクもココに変えちゃおうかな、思わず口ばしりそうになったくらい。気持ちがにじみ出たか。。。窓口に行くような用事はそんなもうないと思うのに、なぜか「また来ますね~」とよく意味のわからない発言をする、点がある方の太田。

入門クラスもスタート♪

Photo 昨日今日と寒いです
う~。寒いの苦手
喉と鼻の感じが怪しいので本日は練習もそこそこに早めに家で作業。
風邪ひきそな気分を吹き飛ばすため今日はキムチ鍋豆乳仕立てに。美味しくなりそうな調味料をテキトーに入れたらホントに美味しくなった
体も心も温まりますね。めでたしめでたし。

で、ここから本題。昨日からついに入門クラスが無事スタートしましたわぁ~い、良かった良かった。ホームページやスタジオのポスター、そしてライブ。。。色んな形で知って頂いて、ご連絡頂けるというのは本当にす~ごくありがたく嬉しい事です。初回だったのでスタジオに辿りつけない方続出(っていっても2人ですが)で、ジャージに練習スカートで愛チャリに乗り、新大久保を激走し迷子のお二人を発見、ピックアップしたり。。。とハプニングはありましたが、色んな国籍の生徒さんが入り混じって、言葉も日本語英語スペイン語が入り乱れ、ワイワイ、和気あいあい記念すべき第1回目の入門クラスになりました。

経験者クラスの方もいつものごとく、あ~でもないこ~でもないと試行錯誤しながら楽しくあっという間に終了。ホント真剣に、でも楽しみながら受けてくれる姿勢に、「すごいありがたいなぁ~」としみじみ噛みしめながら帰りました。いつもありがとうね

来てくれる皆さんに少しでも自分が変わる・進化する楽しさ、知る・わかる事の楽しさを感じて満足して帰ってもらうにはどうすればいいのか、私も日々考えるようになり。クラスを組み立てるのが今すごく楽しい。そしてクラスを通じてまた色んな方とお会いできているのが本当に嬉しいしありがたいなぁ、幸せだなぁと思います。

まだまだこれから。頑張るぞぉ~

11月からスタートする目白クラスでも素敵な出会いがたくさんあるといいなぁと思います。11/3(水・祝)体験レッスン会の方もまだお席に余裕がありますので、ご興味がある方は是非お気軽にお問い合わせ下さいませ。誰でもご参加頂けます

さて、そんな訳で昨日はすっかり口から出て来なくなった英語をフル回転で思いだしつつのクラス。

「HIT THE FLOOR MAKE NOISE

ってシャウトしつつ何かヒップホップみたいでかっこい~、と勝手にご満悦。(ばかだなぁ)
でもめでたしめでたし

2010年10月28日 (木)

ラヂオの時間

今もそうなんですが、最近PCで作業する事が多いので、インターネットラジオというのをよく聞いています

フラメンコはどうかなぁ、という日はAccu Radioというチャンネルを気分に合わせて。色んなジャンルがあります。私のお気に入りはその名もLove Songsというチャンネル(ヒューヒュー)。

でもたいがいはアンダルシアの放送局カナル・スールのフラメンコ・ラジオ。
欲しいCDとか、勉強のため、ホントは持っておいた方がいいモノとか、あの人この人の新譜やら。。。フラメンコの音源に関してはその度に買っていたらいくらお金があっても足りません

なのでこのフラメンコ・ラヂオは本当に心強くお財布に優しい味方。古いのから超モダンなモノ、様々な生の舞台の録音などあらゆる種類の音源がランダムに流れているのがすごく良い。何でも聞けちゃう、これはスゴイ事だ。

聞き流しながら仕事をしつつ、

「オッ、このレトラ(歌詞)最近よく聞く。誰が歌ってるんだろ~。」と思ったら、歌い手や演奏者なんかをチェック。

「こんなの聞いた事ない。何て曲種なんだ」と思えばまたチェック。

「お、すごく好きだなこれ~。CDほしかぁ~」と思ったらまたまたチェック。

CD買えない今はもちろん、買ってもいまいちで聞かないまま放置、という事態を回避するのにはすごくよかろうもん。それにあんまり好きじゃない人の歌だって1曲分ならふ~ん、と聞き流せるし。たまぁ~に大好きなカマロンがかかったりすると、1曲で終わっちゃうのが寂しいですが、まぁまぁ。

で、このラジオ、さらに好きなのが途中に入るアーティスト・メッセージ。たいがい

「こんにちは。私○○(場所)のギタリスト(カンタオール・ラorバイラオール・ラ)のホニャララホニャララです。フラメンコラジオを聞いている親愛なる皆様に心からご挨拶申し上げまする。」

くらいのかる~い挨拶なんですが、知っているアーティストがちょいちょい出てくるのが何だかほっこりしていいんです。先程もギタリスト、ヘスス・トーレスさんが。この前は踊り手のロサリオ・トレドちゃんが、歌い手のロンドロさんが。。。ともちろん元々有名なアーティストさん達だし、お友達ってほどじゃあ全くないんだけど、恐れ多くも共演させて頂いたり、習っていたりした人の声をあらためてラヂオで聞くと何だか新鮮。なぜかちょっと嬉し

そしてもう一つは合間の時報。スペインのCMなどのナレーションの声って必ず男声も女声もお決まりの声、お決まりの発音のねっとりした話し方なんですが、(そんな風に喋ってるスペイン人絶対いないだろ~、ってわざとらしさです)、今や懐かしいその声で、

「今マラガは午後1時です。」とか「今アリカンテは午後4時です。」と言われると、そっかぁ、今はスペイン夕方かぁ。みんなまだシエスタ中かね~、とか想像してしみじみしちゃうんですね~。遠いスペインとラヂオでつながってるような気分でまたほっこり

放っておくと退化するばかりのスペイン語ヒアリング力も向上すれば良いのですがねぇ。と集中して曲種の説明などに聞き入っていると急に「24時間フラメンコ。フラメンコラジオです。」忘れた頃に何と日本語のアナウンスも入ります。ビックリですよね

http://www.radiotelevisionandalucia.es/tvcarta/impe/web/enDirecto?canal=ca1

ご興味のある方はどうぞ。

2010年10月26日 (火)

コンパネじゃない方

今日は冬みたいに寒かったぁ~。そして1日中鼻が壊れていました。う~、苦しい。

天気予報が曇りのち晴れだったので傘だけ持って朝出かけたら大粒の雨。やむなく傘さし運転(キライ、コワイ)で乗り切る。で、バイトの間中くしゃみの嵐。終わって再び家へ向かおうとしたらまた雨。すっかり冷え切ってしまいました。

しかし、今日はどうしても外せない用事があり。。。というのは目白スタジオで使う板の手配。「コンパネ」って知ってマス?

私はフラメンコを始めて初めて「コンパネ」なる言葉を知りました。(以下、住宅建築専門用語辞典より抜粋)

コンパネとは、
コンクリートパネル」の略で、正式には「コンクリート型枠用合板」。

コンクリートの型枠用としてつくられた合板で、耐水性が高くコストが安いですが、表面は粗く反りも大きい。

尚、コンパネは、コストが安いことから、木工事で多用されていますが、コンクリート型枠として使う場合は、転用回数をアップさせるために樹脂塗装が施されています。(う~ん最後は何のこっちゃ?)

だそうです。

フラメンコの舞台では足で踏みならす靴音が響くようにコンパネを敷く事が多く、大分のライブ用にも以前購入。学生時代は舞台監督M氏の下でコンパネ運びのバイトをやったものです。重いコンパネも肩にのっけて運ぶとラクなの。フラメンコなみなさんは敷く板の事はたいがい何でも一緒くたに「コンパネコンパネ」と呼んでいます

ではベニヤ板は?これは私もフラメンコ紀元前から聞いた事がありました。
で、なぜか知らないうちにベニヤ板って安いとかペラペラの板みたいなイメージを持ってました。

で、今回板を購入するにあたり、ご近所の材木屋さんを見つけて木のプロに色々とリサーチしてみる事に。。。多分生まれて初めて材木置き場にも入れて頂きご満悦

で、頭領(?)と話してるうちにベニヤ板がコンパネよりも格上、高級な存在である事を知りビックリ。
そんなん当たり前だろ~とお思いの方もいるでしょうが、私はなぜかしらベニヤ板ってあんまりいいモノに感じてなかった。理由が何も思いあたらないんですが。言われてみればコンパネは合板って言うくらいなんで板の雑種的な感じなのかしら。ベニヤさんの方が純血種さんなんでしょか。。。まだまだよくわかってないけど

いずれにしろ、貫禄満点のしぶ~い材木屋さんに「ベニヤの方がそりゃぁ使い勝手はよかろうもん」と太鼓判を押されたので、今回は厚さ4mmのベニヤ板を購入する事に。舞台などで使うモノよりはかなり薄めですが、出し入れを考えるとベストサイズかなと。

こんな風にひとつずつ、お勉強しながら来月からの目白クラスの準備をしています。

で、毎日あらためて

「世の中はまだまだ知らない事で溢れてるなぁ~

と思ふ。面白いなぁ。

材木屋さんの倉庫は少しひんやりとして、木の匂いが何だか懐かしげ。ちょっと寺内貫太郎さんみたいな材木屋さんのおとうさんに、フラメンコで使うって言ったらびっくりされるかなぁ、と思ったら意外や意外。

「あたしの知り合いでフラメンコの先生がいてね~。たまに恵比寿辺りに見に行くんだよ。」

とサラリと言われこれまたビックリ

「世の中見た眼ではわからないもんだねぇ~

とも思ふ今日この頃。

2010年10月25日 (月)

愛しのB級グルメ

実家から食料品や201010241126261ら何だかんだ送ってくれた。節約生活にはありがたい事である。

で、「何送ってほしい?」と聞かれると必ずお願いしてしまう大好きな品ももちろん中に。

それはズバリ「ホンコンやきそば

何じゃそれ?とお思いの方がほとんどであろうと思われますが、コレS&Bのインスタント焼きそば。袋麺タイプなのですが、基本ケンミンの焼ビーフンと同じくフライパン上でお湯がなくなるまで吸わせて出来上がりという超簡単焼きそば。見た目はまんまベビースターラーメン(この時点でB級感たっぷり)が普通の袋麺と同じく四角く固まっている。で、トッピングは青のりだけのシンプルさ。

なぜホンコンなのか、このオジサンは誰なのか、謎だらけのホンコンやきそば。パッケージの微妙なB級感がたまらないですよね。子供の頃から1mmも変わってない。

そしてまたミステリアスな事に大分県と北海道ぐらいでしか一般に流通していないのだそうだ。と、ずいぶん前タモリ倶楽部で言っていた。大好きなホンコンやきそばが大好きなタモリ倶楽部で紹介されて、テンションが上がったものです。

んで、いかにもちょっとだけ体に悪そうな味がするんですね~。でも、なぜかやめられない、止まらない。大分の家庭でも食べる家はすんごい好きだし、食べない家の子はたべさせると「何だよ、これまじぃ」と拒否反応を示すんですね。ウチはもちろん食べる派でした。

で、小腹が空いたので久しぶりにホンコンやきそばを作る。柔らかく煮すぎると麺に浸みこんだ味もでてしまうんで、ちょっと固い所も残ってるぐらいでフィニッシュするのが私好み。(ってどうでもいいかぁ。)

で、見た目も全然美味しそうじゃないんだよね。で、すんごくインチキっぽいけどこれがぁすんごい美味しいんだなぁ。5袋パックがあっと言う間になくなりそうです。

東京でホンコンやきそば売っている場所を知っている方
情報お待ちしています。う~ん写真も微妙(笑)。

201010241133321

2010年10月24日 (日)

ふみのくら文化祭終了

101023 抜けるようなお天気に恵まれ、ふみのくら文化祭が無事終了いたしました

南浦和駅から文蔵公民館までタクシーで到着すると入口には「魅惑のフラメンコ」の大きな看板が。おぉ、頑張って魅惑せねばと張り切るわたくし。公民館というと古い建物をイメージしていたのですが、モダンな建物で生け花展示コーナやら手作りの品々、お茶室もあって興味津々。準備のためお茶席には行けなかったのですが(ありちゃん、だんくんは行ってました)、お茶とお菓子を差し入れして頂き美味しく頂きました。久々に頂くお抹茶はとっても美味しくて心落ち着きます。

13:30スタートというフラメンコとしてはかなり早目の時間帯、そしてサンサンと明るい会場という事でずいぶん勝手が違いましたが、いつもはひっそりと見ている子供連れのご家族がたくさん。何と150席がほぼ満席状態に。すごいすごい嬉しいなぁ。最初はシーンと緊張の面持ちで観賞されていたお客さまも最後のセビジャーナスでは温かく手拍子して頂いたりハレオをかけて頂いたり。ほっこりしましたぁ。

苦手のマキトークも何とか乗り切り1時間のショーを楽しく終える事ができて爽快な疲れ

そして舞台を終えて客席に出たら何と
いるはずのない大分のおじ、おばの姿が見えて思わずテンション急上昇大分弁全開に。ちょうどいとこの所に上京中で来てくれました。ありがとうぅう。子育て中でなかなかフラメンコを見てもらう機会のなかったいとこ夫婦と子供達もにぎやかに、小学校からのお友達も小学校の娘さんと、会社の先輩、そして舞踊団の時通っていたさいたまスーパーアリーナクラスの元生徒さん達にもお会いできて、とってもとっても嬉しい文化祭出演になりました

誰でも気軽に見られるこういう会を通じて、たくさんの人にフラメンコを見て興味を持って頂けるというのは本当に素晴らしい機会だなぁ、と思います。私もたくさんの方に見て頂き、お声をかけて頂いて、ひとつひとつのお仕事を大事にまた頑張って行こうという元気がモリモリ出てきました。

貴重な機会を与えて頂き、色々とご尽力頂きました文蔵公民館の皆様、そしてご来場頂いた多くの皆様に心からお礼申し上げます。

ありがとうございました

2010年10月23日 (土)

タカ イ タカ アタカンド!

渋谷、道玄坂上のアテネミュージック&アーツに石塚隆充ライウ TAKA ATACANDO Vol.3のお手伝いに行って来ました

マキログのリンクにも最近仲間入りしました、アテネミュージック&アーツさんは、クラシック、ラテン音楽などの様々な楽器の演奏や歌唱法からヨガ、ピラティスまで、渋谷の真ん中で一流の講師陣に習えるアートスクール。奇しくも私の独立とほぼ機を同じく、2010年夏に開校したこのプロジェクトの仕掛け人達とは実は学生時代からのながぁいお付き合い。

で、同じく学生時代から旧知の友人であり、日本が誇るフラメンコ・カンタオールの石塚隆充初のアテネでのカンテライブという事で久々に電車に乗り渋谷へ

お手伝いと言いつつ1部は中で、2部も受付からしっかり聞かせてもらいましたが、とってもアットホームでいいライブだったなぁ。お仕事でもちょこちょこお世話になっている柴田亮太郎さんのギターはホント美しい音色で石塚隆充の音楽世界にピッタリ合うカラー。端々にすごいフラメンコなキレもありまくりでスタッフだけど思わずハレオかけてしまう。あ、MCで石塚タカミツを助ける見事なツッコミとフォローの手腕にもウットリ。さすがだ。何やっても上手だね。あっぱれだ

で、そこに何とあのオルケスタ・デ・ラ・ルスのピアニスト(す、すごいね)、斎藤タカヤさんのホットなピアノ。タカヤさんのピアノが加わると楽しさが倍倍増。ピアノの音が踊ってるみたいにイキイキしててリズムが溢れてるぅ~。そうそうフラメンコもラテンもカラっと乾燥していなければ。う~ん、嬉しい楽しい

と、実は斎藤タカヤさんも同期生。外語祭の時におふざけラテンフラメンコバンドにて演奏してもらった事がありまして。昨夜は外語祭以来10ウン年ぶりの嬉しい再会。タカヤくんも「タカ」なので「タカ イ ジン」ならぬ「タカ イ タカ」ですね。

こんな3人の演奏がすごい心地良くて、石塚隆充も非常に楽しそうに歌って喋っており、お客様もワインでちょっとまったりしたりして幸せな空気のライブでした。会場も素敵なあったかい雰囲気だったし。

がっつりフラメンコのライブももちろん好きだけど、やっぱり良いものはジャンルを超えていいものですね。演奏は本当に一流のプロフェッショナル。だけど音楽が好きで楽しむココロは全然変わってない同級生たちを見ながら学生時代にちょっと戻ったような夜でした。仕掛け人のおふたりもお疲れ様。打ち上げも楽しかったね~。ありがとう。

さて、石塚隆充のライブシリーズ 「タカ・アタカンド」は共演ミュージシャンが変わりながらまだまだ続きます。お時間がある方は是非。トークにも癒されます(笑)。きっと。

詳細は石塚隆充HPにて http://www.takante.info/

で、アテネ・ミュージック&アーツでは石塚隆充のカンテ・フラメンコ講座、柴田亮太郎のフラメンコギター講座、斎藤タカヤのジャズ(ラテン)ピアノ講座を開講中だそうです。ご興味ある方は是非お問い合わせ下さいませ

詳細はアテネ・ミュージック&アーツHPにて http://athenae.jp/music-arts.html

ちなみに私はピラティスに興味津々。
クラスが軌道に乗ったら絶対通うぞ~、と夢膨らませてます。

2010年10月21日 (木)

11/11(木) 初ファミリア!

今週土曜日にふみのくら文化祭が控えておりますが、もひとつ先のライブのお知らせです

11月11日(木)高田馬場ファミリアに初めて出させて頂きます。しかもこれが、どうして私が迷い込んでしまったんだか、というすごいメンバーでして。今週もお世話になる、有田圭輔さん、長谷川暖さんのロッカメンココンビと、先日のマンサニージャライブでも爽やかな突風のようなアレグリを見せてくれたいつもパワフルで元気な篠田三枝ちゃんと、初めてご一緒するヨシクミさんこと吉田久美子さん。

ヨシクミさんは、今年の6月のタマビーズライブでのソレポルに完全ノックアウトされ、以来個人的にすごいファンなのでホント嬉しいやら、想像したら緊張するやら。いやぁホント「絶対スペイン人でしょほんとは。」と突っ込みたくなるような超絶パワーでした。

という訳でこのふたりが踊ってすごいライブになるのは間違いない断言。。。てゆーか正直お客として見たかったりして(笑)。私は引きずられてスタミナ切れにならないよう、自分の出来る事をきちんとやろうと思います。

マンサニージャライブもそうでしたが、こういうイキがいいアーティストとの皆さんとご一緒するのはすごく良い刺激。自分を反省して落ち込んだりも無くはないけど、才能や素質は人と比べない事にして。何が良いかって

「素晴らしい、オレだなぁ

って思う人達のアルテ(芸)の中には必ずすごい努力の跡が見えるのでふ。努力&経験についてはしっかり比べる事に。で、

「私もまだまだ甘いな(フッ)、でも、まだもちょっと頑張れるでしょう。よし、明日からまた頑張るぅ~。」

と思える訳です。そう、カンタンで前向きな性格でして。今回のライブでもまた自分が何を感じるのかめっさ楽しみです。シンケンタノシミヤ~

お時間が合いましたら是非お越し下さいませ。
お席に限りがありますのでお早めにお店の方にご予約下さいませ。

日時 : 2010年11月11日 (木) 1部 19:00    2部 21:00 start

場所 : ファミリア (高田馬場)

チャージ:¥1,500

踊り:篠田三枝 ・ 吉田久美子 ・ 太田マキ

カンテ:有田圭輔  ギター:長谷川暖

お申し込みは直接お店まで ファミリア  tel:03-5155-6380

宜しくお願いいたします

2010年10月20日 (水)

愛着というもの

目白の町を愛車みかんちゃんで行ったり来たりしている今日この頃。

学生時代に目白エリアの雑司ヶ谷在住(鬼子母神の大銀杏の樹の目の前に住んでた)だった事もあり、目白はもともととっても好きな町。大学まではカタコト都電通いで、昔ながらの東京風景と豊かな自然に癒されていたし、かと思うと閑静な住宅街、お洒落な街並みと新旧がうまく融け合っているし、何よりコンパクトなので歩きやすい

ここのところ11月からのクラス準備と宣伝で地元で働いている方達、住んでいる方達とお話する機会がとても多くなりました。で、地元の皆さんおおらかなこと、親切なこと。何件かは事前にご紹介を頂いたりもしたのですが、飛び込みで伺っても温かくお話を聞いて下さるのには正直びっくりカンドーしてます。

同年代の女性の店長さんやスタッフさんとはお互いに親近感がわき、長く地元に根付いている地元の先輩方にはありがたいお言葉を頂いたり、厚かましくお願いに行ったのに素敵なプレゼントを頂いたようなほっこりした気持ちで帰るワタクシ

今まで自転車でスルーしていた数々のお店も、一歩入るとそれぞれ個性的でこだわりのある面白いお店がたくさん(ちょっとずつ紹介していきますね)で、ますますこの町が楽しく好きになってきました。

上京して色んな所に転々と住んで来ましたが、ふるさと大分以外の町に長く住んでも地元って感覚はほとんど持った事がなかったんです。そういう意味では住んでた期間は短いけどコミュニティが小さいスペイン・セビージャくらいかなぁ。

でも、お店にいる人達と出会ってひとりひとりの顔が見えて来ると何だか目白が地元みたいに思えてきたから不思議。親しみとか愛着って場所じゃなくて人がいてこそ生まれるものなんだなぁ。。。とあらためて実感しつつ今日も目白通りを行く

「私は初めて会う人とも、長年の友人に対するように話すようにしている。それが心に最高の喜びをもたらしてくれるから。」

最近感動したダライ・ラマ氏のツイッターでのつぶやき。人見知りの私としてはなかなか難しいけどこんな風になれたらいいよね~

2010年10月16日 (土)

昨日のグランデセオライブ

Flor にお越し頂いた皆様、ホントにありがとうございました

5月に続いて2回目のグランデセオ。前回緊張のあまりエンサジョの1時間前に到着し八王子の町をブラブラとさまよった記憶を胸に、「今回は2回目だしよゆ~」と思ってたら。

豊田で電車の乗り継ぎに失敗し。。。ギリギリになっちゃうなぁ、まいったなぁと思いつつ八王子駅から思いっきりあさっての方向へ。ああ、コロコロスーツケースを持ってさまよう女。お店に2回ほど電話してナビして頂き、共演のあやちゃんには下までお迎えに来て頂いて何とか到着。出演者の皆様本当にすみませんでした。みんないい人で良かった

さて、で、ライブの方はすごく盛り上がりました。場所柄私の方であまりお客様を呼べなかったのですがバイト先の顧問殿H氏がお友達と一緒に来て下さり、また思いがけず昔の生徒さんMさんがお友達と来て下さったりで本当に感動しました。素敵なお花ありがとうございました

座長の島崎リノちゃん以外とはお仕事初めましてだったのですが、全然そういう感じがせずいい空気

カンテの織田洋美さんとは初対面だなぁと思って行ったのですが、話した瞬間、松山でも東京でも会っていた記憶が甦りテンション上がりましたぁ

栗原さんはすごく安心して踊れるギター。何てハレオをかけてイイのかわからず勝手に「クリージョォオオ」と叫んで失礼いたしました。次回からはクーリーで(笑)。

凛とした文さんのソレ・ポル、粘りある和枝さんのティエントス。タブラオはまだまだ慣れていないというお言葉が嘘のよう。みんな同年代だとわかりお話も盛り上がり。

私の方は10日のマンサニージャライブ後まとまった練習が出来ず、1部のアレグリアスでは暴走気味に。今年復活させたアレグリですが、毎回色んな発見&反省山盛り。今回は勢いだけ。。。っていう感は否めませんでしたが、出演者とお客様皆さんの良い空気の中で、踊っていて素直に楽しぃぃいいいと感じられました。まだまだ踊り込みます。

で、デセオと言えばリノちゃん。小粒な体から出まくるパワーはもちろん、繊細で美しい動きもまた良くて、ますますいいなぁと思いました。見てる人を楽しく巻き込むアレグリも大好きだし、でもやっぱりタンゴ系いいよね~。自分の課題、まぁ正直言ってしまうとまだまだ、と感じる部分なのでフラメンカなタンゴを後ろから見ながら、楽し過ぎてただのファンになってました。オレ~

出演者もお客様もみんなでひとつになるグランデセオのライブ。見る方達も目が肥えているのでいい緊張感もあり本当に勉強になります。自分としては。。。パルマもっと安定するよう頑張ります。そしてまた新しいデセオさんで踊りたいなぁ。新店舗、楽しみにしています

そして終演後の意味のわからない楽屋裏風景。
Los_tres_2

2010年10月14日 (木)

10/23(土)ふみのくら文化祭

あっという間に木曜日。明日はもうグランデセオ本番ではないですか
早い、早すぎる。中央線、総武線などなどお近くの方、八王子まで是非お出かけ下さいませ。

10月はバタバタと本番続き。次はさいたまです。というのも、また色々とご縁がありましてさいたま市南浦和の文蔵(ぶぞう)公民館行事、第12回ふみのくら文化祭でフラメンコショーをプロデュースさせて頂く事になりました。その名も「魅惑のフラメンコ」。

初めてフラメンコをご覧になる方や、お子様にも楽しんで頂けるようフラメンコお観賞するポイントや曲の説明も交えつつ、華やかで多彩なプログラムを企画中です。踊りのゲストは岡本倫子スペイン舞踊団でソリストとして活躍中の神田千尋さん。カンテ・ギターにはロッカメンコでも大活躍中の有田圭輔さん、長谷川暖さんとパワフルかつソウルフルなメンバーでたっぷりお送りします

入場無料、お子様にも保護者同伴でご入場頂けます。お席の確保が必要ですので観賞をご希望の方は公民館窓口に直接またはお電話にてお申し込みください。文蔵公民館は、駐車場が狭いのでなるべく徒歩または公共交通機関の利用をお願いいたします!

夜のライブはちょっと、子供がいるので。。。と普段フラメンコライブに足を運ぶ機会の少ない皆様にも楽しんで頂きたいです 皆様のご来場を心よりお待ちしております。

詳細はHPご参照下さいませ。 http://maki-ota.com/live/
お問合せ・お申し込みは 文蔵公民館 048-845-5151

という訳で来週のあざみ野クラスはお休みにさせて頂きます。今週はクラスありますのでぜひぜひお気軽に体験レッスン受講してみて下さい

本番続きで慌しいけれど踊れる機会がある幸せ。ひとつひとつ大切に頑張ります

取材していただきました♪

先日、リノリウムを小脇に抱えつつ(この日のあれこれは過去ログ「あざみ野から目白まで」に)取材して頂いたインタビュー記事がJスパ!(Jスパニッシュ・ドットコム)さんのサイトにUPされました

待ち合わせのルノワールの1FとB1Fですれ違いあわや会えないかもと劇的に(?)始まったインタビュー。書くのは訂正したり時間を気にせず考え込んだりできるので良いのですが、話すのは。。。好きなんですがどうも話があちこちに飛んでしまうB型人間のワタクシ。ヒジョーに緊張いたしましたが、お話の間に緊張もほぐれ30分くらいのはずが気付けば1時間半近く。

基本おしゃべりなんですがキチンと話すのはやっぱり下手で、後で「あ~、もっとこう言えば良かったんだぁ」とか「伝わったのかなぁ」と思い返せば反省色々。しかし、あえてあまり修正せず掲載して頂きました。このつたなさも今の自分。ひとりでやっていくうちにこういう所もも少し成長したいものです。先月の大分の高校文化祭の時のスピーチもひどかったもんなぁ。。ショボン。

しかし私のとりとめない、まとまらない話を記事にまとめて頂きあたたかいお言葉をかけて下さったJスパさん、本当にありがとうございました

という訳でJスパさんの若手(か)舞踊手の紹介ページFRESCOSにてインタビュー記事が見れます。ぜひ覗いてみて下さいませ

http://www.jspanish.com/frescos/maki-ota.html#int

宜しくお願い致しまっす

そして今月23日のふみのくら文化祭(今年2本目の文化祭)ではトーク頑張る事を裏目標に頑張ります。MCマキ~。

2010年10月11日 (月)

マンサニージャライブ終了!

昨日のマンサニージャライブにご来場頂いた皆様本当にありがとうございました♪。

昨日のライブは。。。ホント緊張しまくりでした。唄のエミリオ、ギターのルカス両氏ともに温和で優しいスペイン人でしたが、何せほぼ初仕事。マンサニージャさんのライブも初めてで勝手がわからず何が起こるかわからない空気感にドキドキ。しかしレトラはたっぷりとしたペソ(重み)ある唄で、思わず力が入りすぎちゃったけどホントいい唄だったなぁ。気持ち良かった。

で、前回のエンリケとのライブでも起こったのですが、今回もエスコビージャのまだ途中のレマーテ(抜け)でブレリアの唄が入ってきました。今回であらためて実感。今の足の流れだと唄が入りたくなってしまうのね。。。という事で本日から早速足の構成を再検討開始。

という訳で後半がさっぱりと終わってしまい。ブレリアもうひと押し行きたい所だったなぁ。この曲後半の粘りというか強さが当面の自分の課題だなぁ。うん、頑張ります。何か反省ばかりしてますね。でも、いい唄を楽しんで踊れました

何せこの日のライブ、私以外の共演者の皆さんが本当にパワフルで凄かったぁ。みんなそれぞれに素晴らしいテクニックと個性で、ドッカンドッカン。凄い事になってましたね。いやぁ頑張らないとね。ホント。共演者の方達の踊りを観てるだけでワクワク。このようなメンバーの中で出演できてマンサニージャの皆さんに感謝感謝です。

自分のまだまだ甘い、物足りない部分をしっかり見つめて次のグランデセオライブに焦点を据えて頑張ります。と言う訳で15日のグランデセオでは昨日もグラシアとエネルギーたっぷりのキュートなアレグリを見せてくれた島崎リノさんと再び共演します。前回も昨日もいっぱい刺激をもらったんですごい楽しみです

自分としては反省もありましたが課題の見えたライブ。同世代、そして少し年下世代の踊り手皆さんのパワーにまた、頑張ろうの気持ちがムクムク出て来て本当に楽しいライブでした。それにしても今の日本人の踊り手さん達みんなイキがいい。元気がイイ。2部を観ながらもうただのファン化していた私。ハレオかけ過ぎで喉痛い。。。

タブラオ修行中の今年。まだまだ発展途上中の気持ちで私も頑張るぞ

2010年10月10日 (日)

再会ラッシュ

新しい事を始めると昔の人に再び巡り合う。そんな事を実感している今日この頃。

雨の朝、「もう1本早いのに乗るべきだった。。。」とあざみ野駅でダッシュかけようとしていたら「マキせんせぇ」と声をかけられた。見ると、昔カルチャーセンターに通ってくれていて結婚、出産を機にフラメンコから遠ざかっていた昔の生徒さんSちゃん。あざみ野自体まだ通い慣れていないので一瞬パニックになるぐらい驚いた。「レッスン再開しようと思って」との嬉しい嬉しいお言葉。4年ぶりのクラス、どうだったかな?

先日、外大スペイン舞踊部時代の後輩Fちゃんからも思いがけずメールを頂いた。現在ジャカルタ在住の彼女。ブログやHPをやっていたからこそ再びつながれて本当に良かったなぁと思う。face bookを始めた事でも大学時代のお友達と音信再開。今だから話せる事、助け合える事があって、縁の不思議さを感じます。

face bookは国内はもちろん海外の友達の様子がわかってとても便利で楽しいです。

思えば初めてスペインに留学した時は日本との通信手段のメインは手紙。電話はすごい贅沢行為。分厚いテレカをキオスクで購入し、2週間に一度カードがなくなるまで、って決めて公衆電話にこもっていたのが懐かしくいじらしい。実家にはコレクトコールしてました。今もあるんだよねぇ、きっと。交換手さんがつないでくれるの

今では考えられないくらいたくさん手紙を書いた時期。日本語に飢えてて本屋さんで「キッチン」のスペイン語訳を買ったりしていました。今ではメールもスカイプもあるし、スペインにいても日本の様子はネットでもよくわかるから考えられないけど。

そんな中まだ今ほど人数のいなかった日本人留学生友達やセビージャ大学で日本語を習っていてインテルカンビオ(言葉の教えあいっこみたいな)していたスペイン人友達にはホントお世話になりました。ホームシックになったりプライベートでとても落ち込んでいた時期だったので友達と同居人にはどれだけ助けられた事か。

しかし帰国後音信不通に。一旦連絡先がわからなくなると気になってはいても連絡のとりようがなく。。。で、face bookでその頃のお友達を探してみる事に。

で、音信不通になったのがずっとひっかかっていたMくんと無事再会。音楽をやっていたMくんとは大学のスペイン語クラスが一緒。当時もう3年くらいセビージャに住んでいて真面目な感じの人が多いクラスの中で、そうじゃない方の所で何だか気が合ってホントよくつるんで遊んでました

あいかわらず元気そうな様子と近況がわかってホッとしたし、ちっちゃなトゲみたいのがスッと取れたような感じ。ちょっと遠いのですぐには会えませんがとりあえずお互い居場所がわかって良かった。きっと会って近況報告したら止まらなさそうだなぁ。みんなで遊んでいた頃が懐かしい

スペイン人の一番の仲良しパトリはいませんでしたが、前回スペインに行った時実家のママとは話が出来て、結婚してマドリードに引っ越したという情報まで行きついてます。次に行くときは連絡して会ってみたいなぁ。どんなママになってるんだろ。。。

来月のファミリアライブにはバンコク在住の高校時代の仲良しMちゃんが一時帰国の合間をぬって来てくれます。楽しみ過ぎるぅ~

時間を経て誰かと再会した時に相手が良い顔をしているととても嬉しいものです。自分もそんな風に日々を大事にしていきたいなぁと思います。

「変わってないなぁ」とも「変わったね。」とも言われたい。もちろん笑顔でね

たまには「すっかり色っぽくなっちゃって。」とか「大人の女性になったねぇ。」なんて事言われてみたいもんだ。「変わってないなぁ」率高すぎ。。。

2010年10月 9日 (土)

新グループ到着!

新宿エル・フラメンコの新グループ、大好きなペドロ・コルドバのグループを観に行って来ました

昨日はもともと元生徒さんに飲みのお誘い頂いたのですが、ペドロ見たさに皆さんをエルフラにお連れする事に。行ってしまってからあぁ、エルフラだと皆とゆっくりお話はできないのね、と気付きましたがでも楽しかったね

さてさて今回のグループ、わかってはいたけれどやっぱりすばらしく楽しいいいぃぃぃぃぃぃ。今シーズンは会員のメリットを最大限に生かして通います。

1部は3人でプレセンタシオンの後にムシコス。全員がバルセロナで活動しているのかどうか定かでないのだけど、洗練されたクリアな味、じゃない音。バルセロナっぽい。うん。美しいギターです。

ペドロの奥様ベレンさん。フラメンカで直球勝負の彼女はペソ(重み)あるタンゴが◎。こういう人好きだなぁ。しっかりしてるの何だか全てが。

で、若干19歳、オルガちゃんは足まくり、足祭り、足勝負。いやぁ足はすごい事になってました。何と1部ではファンダンゴだったけどもう最後には何の曲だったかよくわかんなくなっちゃった。まぁすごいからいいか。彼女は初来日の時のメルセデス・ルイスを彷彿とさせます。19歳ですからね~。半年の間にどう変わるのか楽しみ

そしてそして髪の毛が短くなってますますグアッポになったペドロ。。。最初から最後までオレの連続。卓越した超絶テクニックと絶妙な抜け感。計算された遊び。隅から隅までプロフェッショナル。特に2部のアレグリは最前列で見せてもらったのでもうスゴイスゴイ

強い強い野獣系肉食フラメンコも大好きですが、ずっとその調子では胃がもたれてしまう事も。ペドロのはず~っと見ていたくなるし実際多分ずっと幸せに見ていられる。ドラエモンのように色んな物がドンドン出て来て、「もっともっと~」とおやつをせがむ子供のような気分になります。あ、誤解なきよう、すごい強さもある上での遊びがたまらなく良いのです。

久しぶりに隅から隅まで「これがスペインのプロフェッショナル」というレベルを見せてくれた新グループ。最近はきっちり作りこんだフラメンコにつまらなさを感じる事も多かったのですが、それはやはり演者の問題でもあったのだなぁと。高いレベルの人がキチンと練習を重ねて繰り出すステージは見ていて潔く気持ちがいい。3人の踊り手の真摯な人柄がステージに出ています。

会員でい続けて良かった。是非たくさんの人に見に行ってほしいです。

以前の来日時から日本にファンが多くて、スペインでも第一線で活躍してプロにファンの多いまさに玄人受けするペドロ。

という訳で、昨日は本当にたくさんの日本人プロの踊り手さん達に会いました。某仲良しスペイン人ギタリストさん夫婦+もうひとりの仲良しギタリストくんと久々に会えてホント嬉しかった。そのまたおくさんのMちゃんにも後で会えたし。。。と私にとってはめちゃめちゃ嬉しい新グループ初観戦(笑)となりました。

めでたしめでたし。

2010年10月 7日 (木)

10/15(金) グランデセオライブ

10月は怒涛の本番ラッシュです

いよいよ今週末、10/10(日)は恵比寿にてマンサニージャライブ(チケット残り僅少です。お申し込みはお早めに)、1曲入魂で頑張ります。

10月15日(金)は5か月ぶり今年2度目の八王子グランデセオに出演します。カンテが変更になりましたので、島崎リノさん以外は全員初めましてのライブ。こういうのはかなり珍しいのでどんな方達とどんなライブが出来上がっていくのかすごく楽しみです

当日合わせのタブラオライブは今年力を入れている事のひとつ。何が起こるかわからないから怖くて面白い。お近くの方は是非何が起こったのか目撃しに来て下さい。詳細はHPをご覧ください。

http://maki-ota.com/live/

2010年10月 5日 (火)

元気が出るTS

10日のマンサニージャライブに向けて連日大汗がっつり練習

で私のパワーの源は。。。

Alma

ふっふっふ。。。
池袋かぼす辺りに出没している皆さん垂涎の舞鶴魂ここにありTシャツを秘密の裏コネルートにて入手

舞鶴魂と言いますのは私の母校、大分県立舞鶴高等学校の校訓
「しまれ・がんばれ・ねばれ・おしきれ」

在校中は「何だかなぁ~、熱いねぇ」と思っておりましたが卒業して大人になると愛着がわくもんだ。
ちなみに胸には「60th 舞鶴革命」

いいでしょ

久々の地元ネタでした。

2010年10月 3日 (日)

水曜日クラスが目白に移転します!

11月10日(水)より毎週水曜日夜の入門クラス、経験者クラスをJR目白駅前徒歩3分のスタジオflow jojonyに移転する事になりました

で、目白新開講につき体験レッスン会をやります

 11/3(水・祝)

     入門クラス   11:00 - 12:00
    経験者クラス 12:30 - 13:30

    体験レッスン料  \1,000.-

    場所 スタジオ flow jojony
      (JR
目白駅歩3分)

JR目白駅前三井住友銀行と線路間の細い道を池袋方面に徒歩3分。
左手ジャヌールビルのB1Fです。1Fがテニスショップになっています

初めての方は動きやすい服装で履きなれた靴を1足お持ち下さい。
(ヒールはなくても大丈夫です。)

11/10(水)以降のクラス時間は

  入門クラス   19:10 - 20:10
  経験者クラス 20:20 - 21:40
 です。

体験会当日にご入会頂いた方には11月分お月謝のご優待がございます。

お問い合わせ・お申し込みは 太田マキ maki-p@live.jp 090-5558-4021 まで。
宜しくお願い致します

2010年10月 2日 (土)

あざみ野から目白まで

本日、あざみ野クラス体験レッスンにいらして頂いた皆様本当にありがとうございました

クラスの初日というのは何度経験しても緊張するもので。。。でも皆さん熱心に取り組んで頂いて私もとても楽しい1時間を過ごさせて頂きました。

あざみ野のSMDさかいミュージック&ダンスのお日様の光が入る気持ちのいいスタジオで汗をかきかき頑張って受講して頂いた皆さん、またぜひぜひお会いできると嬉しいです。今後ともよろしくお願い致します。

そしてこの素晴らしい出会いを与えて頂いた酒井紫歩先生、本当にありがとうございました今後ともよろしうお願いいたします

さて、あざみ野クラスの後Jスパさんの取材で高田馬場まで。こちらに関しましてはまた後日詳細UPさせて頂きます。

そしてつい先ほど、先日内見させて頂いた目白スタジオにてちょっとした実験をさせて頂きました。目白のスタジオさんは今までフラダンス、ベリーダンスなど素足で踊るダンスのクラスで利用されているので床がカーペット敷き。で、フラメンコ仕様にするためにどうしたものか実験をする事に。

で、よく利用されるリノリウム(ゴム?のシート)は重いのでムリ。家にある自宅練習用コンパネ、パソ友君を使って実験しようと思っておりましたら、あざみ野SMDさんに何と、半畳サイズのミニリノリウムがあるではないですか。早速しほ先生に可愛くラッピングして頂きリノリウムを小脇に抱えて田園都市線へ。怪しい女ですね。どうみても。

でも初対面だった取材では「リノリウムを小脇に抱えているのがオオタです。」と何ともクリアな説明。ビエン。

まぁそんな訳で愛チャリみかんちゃんの後部座席にミニリノリウム、パソ友君(こちらも半畳サイズ)は前かごの上にのっけて手で押さえつつ目白駅まで慎重に爆走。何せパソ友くんのおかげで自転車なれども軽自動車くらいの車幅になっておりますので、人通り車通りの少ない所を避けていかねば行けません。本日2度目のかなり怪しい女出現。

ベリーダンスの先生方にご協力を頂き(ありがとうございました)1人で実験開始。

まずはリノリウムonカーペット。それなりに音はするし、足のあたりも柔らかくて踏み心地は悪くないですね。が、しかし、フラメンコの足音としてはウーン。。。キレがないか。評価は△。

お次はコンパネ(パソ友くん)onカーペット。こちらはいい音してます。多少響きすぎて音の問題が心配な気もしますが1人で打ってる分にはナイス&カーペット効果で踏み心地も良く。一番心配していたコンパネが動いて危ないのでは、という不安もカーペットとの相性が良いのか、動かそうという意思を持って踏んで押してもほとんどずれず大健闘。おぉ~、これならいけるかも。○。

最後にリノリウムonコンパネonカーペットのダブル使い、いってみました。騒音の問題が出たらこうやってバリエーションつけるべきかもというまずまずの出来で、○に近い△。

結論、カーペットにコンパネを敷くとなかなか踏み心地がよろしいようで。もっと長時間、真剣に踊ってみないと実際のところはまだわかりませんが、ひとつ心配事が減りました。これからコンパネの手配等々準備は色々ありますが一歩前進前進

このスタジオとの出会いもそうですが、実際に行動する事の大切さをひしひしと感じます。考えたりPCに向かってつぶやくのも大事だけど、まずは足を使って行動。実際に人と会って話すってあらためて重要ですね。日々是お勉強ですわ~

写真は大きな役目を終えて気持ち誇らしげなパソ友くんとミニリノちゃん。ごくろう様。

Photo

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ