« センシージョ | トップページ | たんご »

2010年9月20日 (月)

不思議の海

Photo 日曜日、初めて八景島シーパラダイスへ行きました。
頑張って早起きchick。海岸線は少し混んでたものの藤沢から1時間ほどで到着。

シーパラダイスはメインの水族館、イルカ館、映像館のエリア、小さい子供向け遊具、乗り物系のエリア、半端ない様子の本気の乗り物、ホテル。周囲にはゴルフ&テニス練習場からスパ、ホテルまで一通り揃った広大な敷地。

3連休ではありますが、早めに到着して比較的ゆったりと水族館を見る事ができました。名物のイワシイリュージョンなるもの。イワシの餌やりだったようですがイワシは見えても餌をやる人間の姿は見えず。。。しかしそれにしてもすごい数のイワシ。その中をサメやらなんやら大きい魚も泳ぎまくり。サメは食べないのね。こんなにいっぱい餌的な魚が泳いでても。多少不思議を感じつつ順路を辿るfish

巨大な水槽に魚が泳ぐ姿はとても美しくて何だか癒されますが、びっくりしたのは本当にこんな変(と言っては失礼でしょうが)なモノが存在するのかsign02と疑いたくなってしまうような不思議な生物たち。

こんな柄や色が天然の世界に存在するなんて、と思わずびっくりのキッチュな熱帯魚やら東南アジアの魚たち。こんな恐ろしくしてどうしたいんだsign02とつっこみたくなるような深海の生き物たち。ウチのめいっこちびたんより巨大なカニcancer。こ、こ、怖すぎる。。。そしてもはやその存在自体が意味不明な数々のクラゲさん達。ユーレイクラゲさんにいたっては見ずに浮かぶうすら白いティッシュにしか見えない。

本当に色々な生き物がいるものだ。海は広くて深いのう。。。としごく当たり前のことにミョーに納得。

で、待望の海の動物ショーの時間。さすがの巨大プールに満員の人の波dash。アシカさんやらセイウチさんやら本当に芸達者で可愛く頬がゆるみます。セイウチさんの姿に先日共演した某カンタオール、ファニ○○を彷彿とするわたくし。どこまでもゆるいお腹と愛嬌ある姿がそっくりでheart

大好きなイルカコーナーでは白イルカさん達の可愛さとバンドウイルカさん達のアスリートっぷりに大興奮dash。実際めいっこやら周囲の子供達より興奮dash。。。イルカさん達は高~くジャンプして気持ち良さそうに水の中に飛び込んでいきますsweat01。イルカさんの身体能力に関心しているうちにショーが終了しました。と、

「ショーの後は若手のイルカ達が練習しますのでご興味ある方は残ってご覧下さい」

へぇ~。調教的な事を見せてくれるのかなぁ。興味津々。と思いましたがちびの忍耐も限界のようなので練習風景を眺めつつ移動する事に。イルカ達は思い思いにジャンプしているのかと思いきや、「右端の新人○○くんはフロントターンを練習中です。先程のショーで△△くんが見せた技では2回転半してたんですね~。○○くんはまだ一回転しかできません。。。」

毎日毎日フロントターンを繰り返すうちにジャンプ力が増して回転もたくさんできるようになってショーにでれるようになる訳だそうです。人間界でいう2軍選手的な。イルカの世界も楽じゃないのね~。今日はバックターンしたいのよsign03ってな日もあるでしょうがひたKameすらフロントターンし続ける所を想像してちょっとけなげで可愛かった。

自然に出来てると見える事も意外な地道な努力があるものなんですね~。
今日は練習したくないのじゃぁ~、という日もイルカちゃんを思って頑張りますfish。そしてがんばれ若手イルカちゃん達sign01

ちなみにペンギンちゃんはプールの後ろをトコトコ歩いて拍手喝采、会場中の笑いを独占してました。ペンギンちゃんもっと頑張れpenguindash

でも写真はなぜかカメさんです。カメさんが泳ぐ姿って何かいい事ありそうな気がします。楽しや八景島。次回は是非本気モードのサーフジェットコースターに乗りたいです。めちゃめちゃこわそうだったけど。。。

« センシージョ | トップページ | たんご »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2049326/56681992

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議の海:

« センシージョ | トップページ | たんご »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ