« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月28日 (土)

!OSTRAS!

今日はベネズエラからやって来た私のサンタクロース(以下サンタさん)ことお友達Mさんのお誕生日
奥様がサプライズディナーをしたいという事でサンタさんの大好きなカキを食べに六本木のオイスターバーOSTREAに行きました。
普段は人をもてなすのが大好きなエンターテーナー、サンタさん。今日はされる側で誰が来るのか何が起こるのかわからず、珍しく不安顔。それがおかしくも可愛くもあり。でも奥様ともれなくアラフォー女子に囲まれ嬉しそう。そこはいくつになってもラテン人ですから。
かくいう私も初めてのオイスターバーにテンション上がりまくりでした。まずはコンソメスープでお腹を温めるんだそうです。知らなかった。
まずはひとつめ。あぁ名前が思い出せない。北海道産。ミルキー。おいし~。
そしてふたつめ、広島の大きいの。かき小町。これ好きでした。食べごたえ満点。お次はアメリカのコンフィ・ベイと生牡蠣をガバガバと頂き、アヒージョからリゾット、パスタまで本当に美味しすぎでした。特にしそとバジル、チーズ香るリゾットは激美味。カキ大好き
でもやっぱり生牡蠣一番。最後にその名もかきえもんを頼んで、さぁ締めましょうか。。というタイミングでケーキをサーブして頂きました。みんなで大合唱
かわい〜。相棒Yが準備してくれたケーキとロゼワインでご満悦。サンタさんはみんなであげたロリポップキャンディみたいなカードに大喜び。良かった良かった。
で、その後お馴染みアモール・デ・ガウディに移動しました。。。と仲良しのスタッフさんから素敵なサプライズ。トルティージャ(スペインオムレツ)のお皿に6?才の文字とろうそくが
あんまり素敵な写真が撮れたのでブログに載せてみました。本当にかわいくて素敵なふたり。こんなトルティージャは生まれて初めてと大喜びでした。ガウディの皆さんありがとう
彼らが日本に来てほぼ3年。衝撃の初対面はスペインバル、ダンジョー。店に飾っていたギターを外して弾き語り、店のお客様全員を巻き込み歌い踊ってたサンタさん。。。フラメンコにも精通してライブにもよく足を運んでくれます。ライブでエンリケ・エストレメーニョにいじられたりしながら(笑)。
本当にこの夫婦と一緒にいると人っていーなー、人生を楽しむってすごいって素直に感じます。日常の何気ない事も楽しくする天才サンタさんといると、嬉しいサプライズがたくさん
いちいち驚いて喜んでくれた姿を思い出しながら今もまた笑ってしまいます。みんな同じように年を重ねるなら彼らのように笑って年をとりたいものだ。ウンウン。
遠い遠い国から来たサンタさん。会えたご縁にありがとう。そして心からお誕生日おめでとう
さて、タイトルですがセビージャでの私の同居人ベレンちゃんの旦那様の驚いた時の口癖は OSTRAS (カキ
オストラ、ですが オ をできるだけ大胆に大げさに誇張します。
オーストラ
何かおかしくてよく真似してました。ただの言葉の響きで言っていたんだろうけどそれにしても「カキ」って。。。

2010年8月25日 (水)

それぞれの結果とスタート

先週末2日間は、フラメンコ協会の新人公演を観に行って来ました。
夏の大イベント新人公演

身近なお友達の踊り手さんも出演するので私も緊張しながら会場へ。毎年の事ですが、本当に出演者の気合いや真剣さの伝わってくる新人公演は、見る方もかなり気合を入れていかないと疲れてしまいます

個人で大きな舞台を踏む事が難しいフラメンコの踊り手にとってはたくさんの人に見てもらうチャンスであり、共演者と一つの作品を作り上げる貴重な機会。出演者の緊張感やミュージシャンの愛情がひしひしと伝わる演技にたくさん感動をもらいました

コンクールではないといえ奨励賞が出る訳なので。。。知り合いでもあり、長年出演している方達の受賞は本当にこちらまで嬉しいなぁと思います。とはいえ、本当に数の限られた賞。賞の結果に関わらずたくさんオレとハレオをかけたくなる瞬間があり、それぞれにドラマがあり。。。受賞できた人もできなかった人も、ミュージシャンの皆様もスタッフさんも全員本当にお疲れさまでした。

私自身、以前3回出演して受賞できませんでした。もちろん「あぁ、とれなかったか~。グスン」という思いはしばらく残りましたが、色んな方から感想や講評を頂く中で、自分には何が足りないのか、とか、どういうフラメンコを目指していくのか、というような事をよくよく考え、見つめ直すきっかけになり、色んな意味で成長させてもらう機会になったような気がします。今はあの時賞を取れなかった事がとても意味のある事に思えています。

まぁもちろん取れれば嬉しいけどね~。そりゃね~

結果は結果。大事なのはその後なんだなぁと思います。たくさんの踊り手さんのガッツある挑戦を見ながら、私も頑張らねばと刺激を受けまくりました。

そして月曜日。オープンクラスがスタートしました

来てくれたみなさん本当にありがとうございました。この小さな第一歩がこれから少しずつ広がっていくといいなぁと思います

次回のオープンクラスは8/30(月)19:15~高田馬場ラ・ダンサさんで行います。ひとりひとり手とり足とり(笑)苦手や疑問を解決すべく指導させて頂きます。まだ空きがありますので、ご興味のある方は是非1度足を運んでみて下さいませ。

宜しくお願い致します

2010年8月18日 (水)

9月オープンクラスのご案内

8月に引き続き9月もテクニカのオープンクラスを開講します

フラメンコの基本要素、エスコビージャ(足)の強化を中心に、クエルポ、マノの使い方など基本をじっくり見直し、自分の身体と向き合うクラスです。参加者のご希望があれば簡単な振付も行います。

どなたでも参加頂けますが事前にご予約頂けますようお願い致します

①金曜昼クラス 

実施日 9/3(金) 9/10(金) 9/17(金) 9/24 (金)

基礎入門クラス(フラメンコ未経験または2年未満の方対象) 10:15~11:15

基礎応用クラス(フラメンコ経験者対象) 11:30~12:30  

場所 : スタジオ プリメーラ 1F (副都心線西早稲田駅歩5分・JR新大久保駅10分)

②月曜夜クラス

実施日 9/13(月) 9/20(月) 9/27(月) 

基礎入門クラス(フラメンコ未経験または2年未満の方対象) 19:15~20:15

基礎応用クラス(フラメンコ経験者対象) 20:30~21:30

場所 : スタジオ ラ・ダンサ(高田馬場駅歩3分)

③火曜夜クラス

実施日 9/28(火) 基礎応用クラスのみ 19:00~20:00

場所 : スタジオ プリメーラ 

全クラス1時間 受講料 \2500.-(スタジオ代込)です。

お問い合わせ・お申込みは太田までお気軽にご連絡下さいませ。

メール maki-p@live.jp
FAX 03(5992)1820
TEL 090-5558-4021

どうぞ宜しくお願いいたします

2010年8月16日 (月)

昨日のサラ・アンダルサライブ

昨日のライブにいらして頂いた皆様、本当にありがとうございました

お盆と言う事でお客様が少ないのでは、と心配しましたが無事チケットも売り切りたくさんの方にご来場頂きありがとうございました

エンリケとファニジョロというホント色んな意味で大きなカンタオール二人との共演。予定外のカンテ・ソロ(良かったなぁ。。。)をエンリケがやってくれたり盛り沢山のライブとなり。

2人一緒に入ってもらうのは2回目。パルマがとっても強いので、そして何だか場の空気が濃いからか、前回は自分の足音がとっても聞こえづらく力んでしまった苦い思い出が。。。今回は2人分のボリュームを予想していたので足音が聞こえなくても焦らずいつも通り行こうと心に決めておりました。

しかしリハを短縮版で済ませ、急きょブレリアでプレセンタシオン(ソロの前に1曲プロローグ)をやる事になったため、かなり緊張して始まったライブ。でも1曲目のめぐちゃんのタラントから凄いいい唄が来てたので聞いているうちに落ち着いて来ました

私はアレグリアスでしたが、あっという間に終わってしまった感じ。歌振りなどはぶっつけ本番だったので聞くのに夢中で。でもふたりにレトラを続けて歌ってもらったのは気持ち良かったなぁ。これはふたりいないと出来ないので一度やってみたかったんです。構成も今回のライブに向けて色々考えるうちにやりたい感じに近づいてきたような気がします。

足音は相変わらず吸い取られていましたが、今回は動揺もほどほどにおさえられたかな~。ちょっとひやっとする所も実はあったけど、まぁライブですから。最後もうひと頑張りしたかったんですが、大きい2人と一緒の舞台上は酸素が薄いのか(笑)、脱水症状起こすんではっていう暑さと乾燥で椅子に座ってからもなかなか立つのが大変な感じに消耗しており。。。スタミナも今年の課題だな。でも今年はアレグリ、踊っていこうと思います。

何より嬉しかったのは岡本先生とスタジオのみんながクラスの後駆けつけてくれた事。ギターのJUANも来てくれて、もう懐かしい生徒さんの顔もたくさん。大学の同期や親戚もかけつけてくれて、非常に温かい空気の中で踊れたのが最高でした。皆様に感謝感謝。

という訳で、夜は終わらない宴モードへ。かなり飲みすぎましたが久々にみんなでワイワイ超楽しかったです。ありがとうございました

2010年8月13日 (金)

至福と緊張 カンテ・クルシージョ♪

火曜からの3日間。来日中の歌い手アントニオ・ビジャールさんのカンテ(唄)のクラスに参加して来ました

アントニオ・ビジャールさんは。。。

マヌエラ・カラスコ、クリスティーナ・オヨス、アントニオ・カナーレス、ホアキン・コルテス。。。キラキラとフラメンコ界のカリスマのカンパニーでのキャリアを持つ超一流カンタオール。そして何と何と現在はフラメンコの若き帝王(ホント王様ですよ。王様。)、あのファルキートのカンパニーで歌っているフラメンコ・ピラミッドの最上階の住人のおひとり。もちろん生粋のヒターノ(ジプシー)です。

7月から来日中のアントニオ。影山奈緒子ちゃんのリサイタルで聞いて完全に心を持っていかれてしまいました。マルティネーテの叫び、至福のアレグリアス、ソレア。アレグリアスの時には「ホントすごい、やばい、すごい、やばい。うぅぅぅう~。オレー。」と私自身がやばいツイッター状態に。

なので「クラス受けたい。しかし私みたいなカンテ初心者が受けるなんてとんでもないかも。。。」とジリジリ。しかし「コンパスの事も中心にやるので大丈夫ですよ」という主催者、雄輔くんの言葉を信じ全日程受ける事にしました。

1日目はシギリージャ。スタジオに向かう最中から思春期の少女のように(ぷっ)心臓がバクバク。暑いのに血の気が引いて手足が冷えてきた。早めに着いたものの直行する勇気がなく、駅前のモスで一息。落ちつけ~。今までだってヒターノの人達と仕事だってしてきたじゃないかぁ。と思ってもカンテのクラスですから。。。と知り合いの顔が見え、人数も10人以上いたのでちょっと安心。日本人だなぁ、私。

この日は少し遅れて登場のアントニオ先生。

いるだけで言わずもがなの迫力にスタジオがピーンと大緊張。

「みなさんはシギリージャのコンパスはわかってますか?」

こういう人に言われると、本当にわかってるといえるのか、おおたマキ。と自信がゆらぎますが。とりあえず知識としてみなさん理解しているという事で

「ではシギリージャのコンパスを叩いてみましょう。」
と一緒にゆっくりとパルマ(手拍子)を叩き始めました

彼がどういう風に叩くのか必死で観察する私達。しかし、アントニオもパルマを叩く私達を逆に凝視。これがホント緊張するんです。うぅ~。

ヒターノの目と言うのは本当に美しくてそして怖い。。。彼の少し薄い色の目は本当に吸いこまれそうに美しくて、強い強い光を持っていて、じっと見られると心の奥まで覗かれてるようで落ち着かない。ある意味野生動物のような強い眼差し。さらに緊張。

しかし、本当に本当に丁寧にコンパスについて説明してくれました。とてもシンプルな、でも目の覚めるような方法でコラソン(心・心臓の鼓動の両方の意図を感じましたが)でコンパスをまわす、感じるという事を体感させてくれました

「今は手も足も動かさないで下さい。手や足は間違える。コラソンは決して間違えない。」

自分がどれだけ外から聞こえるモノ見えるモノだけに反応して、また体の外側だけを使ってコンパスを感じていたか思い知らされるとともに、わかるようにと説明してくれる言葉のひとつひとつに感動

後半はレトラ(歌詞)を教えて頂き、実際に歌っていきます。フラメンコの中で最難関のカンテ。百戦錬磨の名人が赤ん坊のような私達に、一行歌って、歌わせて、また繰り返して。。。わかるまでゆっくりと。どこで言葉を切ってどこをつなげるのか、どうメロディーをまわしてどこに力を入れるべきか。本当に本当に忍耐強く教えてくれました

難しさと緊張でなかなか声の出ない私達に

「シギリージャはすごくフラメンコな歌なんだ。ヒターノは(コーラスのような細い声でうたってみて)こんな弱々しくうたったりしない。恐れずにもっと声を出して

3日間でアレグリアス、タンゴ、ソレア・ポル・ブレリア、ブレリアのコンパスとレトラのクラスがありました(盛り沢山)が3日間を通して

「どんどん質問をしてね。そうやっていかないと学べないしそうやって学んでくれると僕も嬉しい。」

と言ってくれたので、今まで曖昧にしかわかってなかった事や、逆に曖昧で的を得ないよな質問も聞いてしまいました。が、その都度まっすぐ目を見て丁寧に説明してくれるアントニオ。ひとりひとりに妥協せず指導する姿。新人公演のエンサジョにライブと忙しい中で、毎日予定時間をオーバーして教えてくれる熱意。ありがた過ぎる。。。

彼がどれだけ自分達の文化であり人生であるフラメンコに誇りを持ち、大切にしているか。舞台で見るだけではわからないその美しいSOULに触れられて最高に幸せで畏れ多い3日間でした。当たり前の事ですが、私もきちんとレスペト(敬意)を持ってフラメンコに向き合わなければとあらためて感じました。

クラスの最後には毎回、「録音してしっかり聞くんだよ。何回も聞いて練習するんだよ。」とひとりで本気モードで歌ってくれました。いきなり心をギュっとつかまれる、鳥肌立ちまくりのあの声。あれでも100%ではないのかもだけど。。。

でも、でも、でも、これだけは言える。本気で歌ってくれました。フラメンコを伝えようと一生懸命に。感謝感謝しかありません。 Grcias, Antonio 。贅沢過ぎてめまいがしそうでした。

来週の新人公演であの歌がまた聞ける。楽しみ過ぎる

2010年8月11日 (水)

9月7日 柏葉祭の時間 

がわかりました。(マリ先生ありがとうございます。)

何と文化祭開会式直後の9:20から1時間だそうです。10時からクラスはやった事がありますが、9時台に本番ははじめての経験です。

前日はしっかり寝てのぞまねば。

この日は一般に無料開放されるそうです。大分の皆さん、ぜひぜひ「朝からフラメンコ」を見に来てくださいませ

そしてクルシージョ

という訳で9月にほんの短い期間なんですが大分に帰省します
ので以前から少しお問い合わせ頂いていて、自分自身もぜひ始めたいなぁと思っておりました大分での短期フラメンコ講座~クルシージョ、を計画しております。詳細は以下の通りです。

太田マキ 第1回 フラメンコ・クルシージョ in 大分 

☆期間:2010年9月4日(土)および5日(日)の2日間

 9/4(土) 16:15~17:15(60分) ①テクニカ
        17:30~18:30 ②振付・パルマ

 9/5(日) 10:15~11:15(60分) ①テクニカ
        11:30~12:30 ②振付・パルマ 

☆場所:いいちこ総合文化センター内練習室予定

☆クラス内容(今回は2本柱です

 ①テクニカクラス 

  エスコビージャ(足)・ブエルタ(回転)・クエルポ(体幹)・マノ(手)。
  バイレ(フラメンコ舞踊)の基本要素の弱点を克服するヒント、基礎力をUPするための効果的な練習方法をご紹介していきます。         

 ②振付・パルマクラス

 ブレリアorタンゴのシンプルで短い振付を学びながら、曲の構成やルール、コンパスに対する理解を深める実践クラスです。

 このグループレッスンはフラメンコのご経験がある方を対象とさせて頂きます。
が、経験年数は問いませんので、しばらくやっていない方、初めて間もない方もどうぞお気軽にお問い合わせ下さい

苦手を克服し、抱えている疑問をスッキリさせたい方、基礎をもう一度見直したい方ぜひぜひご参加下さい。

☆レッスン料 ①、②共通、スタジオ代込の金額です。

          1 クラス受講        \2,500
                    2 クラス受講            \4,600
                    3 クラス受講      \6,600
                    4 クラス受講      \8,000

☆その他、個人レッスン、全く初めての方などクルシージョ以外での受講をご希望の方もお気軽にご相談下さい。

☆お問い合わせ・お申込み : メール・FAX・お電話にてお問い合わせ下さい。

   太田 マキ メール: maki-p@live.jp
                       FAX   : 03(5992)1820
                       電話 : 090-5558-4021 (太田)

㊟お電話によるお問い合わせ・お申込みの場合、応答できない場合がございます。
お手数ですが、留守番電話にお名前、お電話番号、クルシージョお問い合わせ、または申し込みの旨、メッセージを残して下さいませ

大分の熱いフラメンカの皆様にお会いできるのを心から楽しみにしております
どうぞ宜しくお願い致します

 

 

   

    

          

2010年8月10日 (火)

大分舞鶴高校創立60周年記念文化祭「柏葉祭」でフラメンコ

愛する母校 大分県立大分舞鶴高等学校は今年で創立60周年。記念すべき年の文化祭「柏葉祭」のアトラクションのひとつ、フラメンコライブに出演させて頂く事になりました

創立60周年記念 「柏葉祭」 OB ・ OG によるフラメンコライブ

9月7日(火) 場所:大分文化会館

ショーの時間帯など詳細は未定。確認次第お知らせいたします。

この会では地元大分でスタジオを長年主宰し、多くの後進の育成とフラメンコを大分に根付かせるために献身されている後藤マリさん(大分帰郷ライブでもお世話になっております)、関東を中心にライブなどでも活動されている菊池慶治さんというおふたりの先輩の胸を借り、ワタクシ太田マキ38回生も踊ります。

もうすぐなくなってしまうらしい(取り壊されてしまうのかしら?知っている方は教えて下さい!)、思い出のたくさん詰まった大分文化会館。小さなバレリーナだった4、5歳の頃舞台デビューを飾った場所で、高校の帰り道には城跡の周りでよくお散歩したものです。。。

大分文化会館の舞台に再びフラメンカとして立たせて頂ける事、ワクワクしています。ギリギリ間に合いました。機会を頂いた舞鶴高校の小野校長先生はじめ尽力頂いている先生方、本当にありがとうございます。

ああぁ、ロスキージャの「VOLVER~帰郷」@文化会館を出来る日までなくなってほしくないよぉ。。。なんですが。

7日は火曜日で平日。そして高校の文化祭ですのでおそらく昼間の公演となりますが、一般の方もご入場頂けるようですので、お近くの皆様はぜひぜひお出かけ下さいませ

詳細近日中にUPします

2010年8月 7日 (土)

ビバ!銭湯

今週は2週間後のフラメンコ協会新人公演のエンサジョ(お稽古)のため、松山からお友達バイラオーラのひろみ~たがお家に泊まりにやってきました

彼女は先日1年3カ月にわたるスペイン留学を終え帰国してきてすぐにクラスを再開、8月の新人公演に向け東京と松山を往復しながらの超多忙生活。

私の方も相変わらずの大忙しバタバタ状態で、追い打ちをかける暑さにふたりとも何だかぐったりモード

という訳で1日だけ練習もお休み、家でゆっくり過ごす事に決定。ほぼベジタリアン化している彼女の為、冷房ガンガンかけつつ真夏の湯豆腐にしてみました。と、これがう、う、うまし~。連日の外食外飲みで疲れた胃腸に嬉しいさっぱりお鍋にご満悦。岡本スタジオから戴いてきた桃ちゃんをデザートにしましたがこれも驚きの甘さ、美味しさ。

で、食後ずっと行ってみたかった近所のハーブ風呂に行ってみました。何せ日本一の源泉数を誇る大分人ですからお風呂にはちょっとうるさいワタクシ。ハーブ風呂っていう響きに大いに魅かれ、入ってみれば。。。

THE☆銭湯じゃないですか。銭湯の湯船にハーブの入浴剤入れてますよ~という黄色のお湯。いやだいやだ天然ハーブを入れて下さいよぉおお。しかもそのお湯が半端なく熱い。39度と言い張っているものの湯温計はしっかり45度。。。虚偽の表示ですよですよ。

といいつつも、地元セニョーラの中に混じって「熱い~」と愚痴りつつ結構のんびり入浴。そうそう、練習にクラスにと凝り固まった体。大きなお風呂で足を伸ばせるのは最高のリラックスになりました。結局大満足。めでたしめでたし

今回もひろみーたとはフラメンコの事、留学の事、その他もろもろ色んな話をしましたが、彼女の踊りの話を聞いている時に

「こうやって踊りの事をすぐ相談できる人が近くにいるって東京ってええなぁ。。。」

と言われ、そうだねそうだね恵まれているよね、とあらためて思いました。先日のライブの後も出演者、仲良しのお客さんみんなでお互いの踊りについて語りあったばかり。
毎度上京してホテルをとり、エンサジョ代、チケットノルマ、衣裳を新調し。。。彼女の大変さはよぉくわかります。でもなぜそこまでできるのか、そこまでして踊りたいという気持ち、挑戦し続ける姿勢、尽きない探究心。本当に敬服するしいい刺激

そしていつも面白いのが、彼女はじめ同世代のフラメンカと話しているとフラメンコのいいと思うポイントがよく重なる事。

私はこのところアレグリアスを色々試行錯誤して踊っているのですが、最近心惹かれるのはマティルデ・コラルやミラグロのようなクラシックで女性らしいアレグリアス。最近はスペインでも足メインでクエルポ(体)をあまり使わないソレ・ポルのような男性的アレグリを踊る人が多いですが、そして見る分にはそれも面白いけど、自分が踊る時のイメージはオーソドックスでエレガントなものにしたいなぁという所でお互い大きく共感。うん、うん。

こんな事を話しているうちに14日の恵比寿ライブの構成に向けてのイメージが固まってきました。来週のライブは、この前ズ~ンと超ゆったりの重厚ソレアを熱唱してくれたエンリケお父さんに加え、こちらも違う意味で超重量級ファニジョロ別名ファ錦さんじゃないですか。長年いつかやってみたいなぁと憧れつつまだやった事のなかった構成にチャレンジしてみようと思います。おぉぉ、想像しただけでちょっと興奮して来ました。カンテの幸せに浸りたいと思いま~す

という訳で来週のサラ・アンダルサのライブは新人公演に向けて頑張るひろみ~たこと松山の伊須裕己ちゃん、同じく新人公演に向けて奮闘中の大野環ちゃん、昨年奨励賞を受賞、スペインから帰国したばかりの小川愛ちゃんというとっても勢いのあるみんなと共演します。私はアレグリアスを踊ります

まだ多少チケットがありますのでぜひぜひ観に来て下さいね。協会新人公演(8/21伊須裕己、8/22大野環)のチケットが欲しい方、このブログからそれぞれのホームページにリンクしていますのでコンタクトして下さいね

銭湯はぬるま湯、フラメンコは熱いくらいがよろしいかと思います。
お後がよろしいようで。。。

2010年8月 3日 (火)

テクニカオープンクラス開講

8月9日、23日、30日の月曜日、高田馬場にてテクニカのオープンクラスを開講します

フラメンコの基本要素、エスコビージャ(足)の強化を中心に、クエルポ、マノの使い方など基本をじっくり見直し、自分の身体と向き合うクラスです

どなたでも参加頂けますが事前にご予約下さい。
時間 19:15-20:15

場所 スタジオ ラ・ダンサ(高田馬場駅歩3分)
受講料 \2500.-(スタジオ代込)

お申込みは太田まで。
メール maki-p@live.jp
FAX 03(5992)1820
TEL 090-55584021

宜しくお願いいたします

2010年8月 2日 (月)

ありがとうございました♪

Present 7/31(土)にて長年お世話になった岡本倫子スペイン舞踊団を卒業いたしました

昨日は先生はじめ舞踊団に関わってくれている皆さんに壮行会まで開いて頂き感謝感謝でした。

この1週間にわたり発表会打ち上げ兼送別会を開いてくれた、柏、さいたまクラスの皆様、本当にありがとうございました。写真をfotos!にUPしましたので見てみて下さいね。

本当にたくさんの方に心遣いを頂いてどうお返しをしていったらよいものか。今の気持ちを忘れずこれから頑張る事でお礼していくしかないのだなと思います。

岡本先生と初めてお会いしたのはほぼ18年前。途中お休みを交えながらも、先生と舞踊団のメンバーと過ごしてきた日々の事を思うと、18年という時間の重みをずっしりと感じています。

こんなに長い間、大きな家族みたいな舞踊団の中で可愛がって頂き、育てて頂き、ともに年を重ねる事が出来て本当に幸せな舞踊団生活でした。たくさんの愛をありがとうございました

立場が変わってもつながりは変わらないもの、と。これからもまた末永くよろしくお願い致します。今日から新たなスタート。頑張ります

2010年8月 1日 (日)

昨日のライブ

昨日のサラ・アンダルサライブ「七人舞」にお越し頂いた皆様本当にありがとうございました

いやぁ~一言めちゃめちゃ楽しかったです

思えばサラでのライブは本当に久しぶり。
カンテのエンリケ・エストレメニョお父さんとも昨年のマヌエラ公演以来。純ちゃん、さっちゃん、由香の3チスパス揃ってのライブ共演も思い出せないくらい久しぶり。
しかも今回は大学からの親友ゆきちゃんと10うん年ぶりに、出会ったのは最近ですがAJ flamenco company の一員で超エレガントなたまみちゃん、ウィニーのクラスで出会い、ゆかの指導で新人公演に向けて奮闘中のやすこちゃんというフレッシュな面々も一緒。

絶対楽しくなるのはわかってたんですが。。。最近の激忙しさの中で今週は満足に稽古が出来ず、恵比寿に着くまでは大きな不安と疲労を抱えつつ楽屋へ。でも、みんなのいけいけテンションの渦に巻き込まれて私も元気ふっかぁ~つ。とわいわいがやがやしているところへエンリケ登場

いつも通りリハは爆笑とハレオとに満ちた楽しいひととき。リハはどあたまのジャマーダがクラスのソレアⅡと混同してしまうというあれれな失敗もありましたが、みんなのいい空気ですっかりリラックスモードで本番へ突入

ハプニングがありつつもやすこちゃんのソレポルは落ち着いて終了。どんな状況でも落ち着いてきちんと踊れるのが彼女のすごい所。

続く、ゆきのシギリージャも順調だわんと思ってたその時。唄がくるはずがギターのファルセータが入り、うまく切り抜けたと思ったら、また予定外の所に唄が来て。もう戻れない展開に内心動揺していたのだろうけど、しっかり歌を聞いて待ってマチョ(帰り歌)までやったゆきに、裏で見ていた私達もドキドキしながらハレオの嵐。いやぁよく踊りきったよ~。初めてのエンリケとの共演だけでも怖いのに、全くの即興的対処を要求されるシチュエーション。うんうん頑張った。そしてこれがフラメンコの面白さでもあり~。

と場がある意味異常に盛り上がった所に美しいたまみちゃんのグアヒーラ。ずっと見ていたくなるような色香漂う押さえた動きと、しっかり見せる所の緩急が良くてエンリケもご満悦。

いい意味で緊張感を持って大盛り上がりで1部終了。

2部は久々のチスパスconマキでやらして頂きました。由香のアレグリでガンガンのスタートを切り、私のソレア、さっちんのソレポル、純ちゃんのティエント。あぁ~、踊ってるのもパルマ叩いてるのも楽し過ぎでした。やっぱりチスパス最高。元気が良くてじめっとしてなくてまさにアンダルシア的明るいチーム。エンリケもエンジン全開、すごい濃い2部になったと思います。

私は今年ずっと課題として取り組んできた事のおかげか、折に触れずっと見て来てくれたエンリケ、踊りはお休み中チスパスメンバー洋子ちゃんはじめいつもライブに来てくれるお友達に「変化」を感じてもらえたようで、ホント嬉しかった。まだまだ思う所まで行けてないのだけど、間違っていないのだなぁと思えて方向が見えた気がしました。

踊りは本当にそれぞれだけど、いいと思える事が本当に近くていつもいい空気で舞台にたてる仲間に感謝。そして折に触れ成長を見守ってくれて、最高の歌をくれるエンリケ、本当にありがとう

8月のエンリケライブもさらに楽しみになって来ました。アレグリ頑張りますぅ~

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ