« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月29日 (火)

仕事納め

楽しい忘年会ロードも終わり(Cクラスの皆さんありがとう)、昨日の夜クラスで今年も無事仕事納めとなりました。

お世話になった皆様本当にありがとうございました。

日曜はスタジオの大掃除でした。私は大分ライブの衣装がまだ1着上がっておらず。仮縫いの後、遅れて参加。

ジャージにフード被ったり三角巾(懐かしい)、マスクにプラ手袋で完全防備。おぉ私も早くこの本気モードに加わらねば。

何せ掃除する箇所が多いので担当制です。私はまずは小スタジオ。普段開けない棚など開けると「果たしてこれは何なのかしらん」というものも発掘されて来ます。

埃もすっかりキレイになった後は焼き肉忘年会だぁい。わぁい

今年もバタバタと年末を迎え自分の家は掃除し残り箇所がたくさん。。。しかし掃除大変だけど気持ちいいですよね。

さていよいよ大分ライブ目前。今から飛行機に乗りこみます。大分よ、待っててね。

2009年12月24日 (木)

めりくり♪

クリスマスが今年もやって来ましたね

楽しい気分。。。のはずが先週末から風邪でひさびさにダウン。寒気がしたと思ったらグングン熱っぽくなっていき体中痛くて1日ウンウン唸って過ごしました。もう回復しましたがテンション低めなままで健康の大切さを噛みしめております。

あまり外に出られなかったので気分だけでも。。。と図書館でジェフ・ガインという人の「私がサンタになったわけ」という新刊を借りて来ました。クリスマスの間には読み終わりそうにありませんが、訳が読みやすくてなかなか楽しいです。

イヴの今夜はいつものごとくクラス。。。って生徒さんは果たしていらっしゃるのだろうか。講師だけが待ちぼうけという悲しい感じにならない事を祈りたい。。。サンタさんの本読んでクリスマス気分だけでも盛り上がろうっと。

皆様 メリーメリークリスマス

2009年12月17日 (木)

シンコ・エストレージャスのクリスマス

昨日のシンコエストレージャス・クリスマスライブにご来場頂いた皆様、本当にありがとうございました

今年は1回きりのシンコだったせいか、お陰様で満員御礼のライブとなり感謝の気持ちでいっぱいです。昨日のライブは。。。はっきりいってスーパー楽しかったです

シンコも何回目かわからないくらいエル・フラのステージに出させて頂いて、回を増すごとに5人のチームワークがどんどん良くなって楽しさも倍増しているように感じます。

毎回エル・フラメンコにレギュラー出演中のスペイン人アーティストに出演してもらっていて、各グループの個性が違って面白いのですが、今回は特に強力なカンテ二人、ポラとパコで最高潮に盛り上げてもらいました。すんごかった。そしてシンコとは2公演目からほぼ毎回のように出演してくれている我らがフェルミンに弾いてもらって、心強かった。

思わず笑いが止まらない楽しさの由香のカンティーニャス、ぐっと大人の純ちゃんのティエントス、万華鏡のように展開するなるちゃんとかおる2人のシギリージャ。心にしみる歌を聞きながら皆の踊りのパルマを叩いているのは至福の時間でした。手前味噌ですがいい仲間に恵まれて誇らしかったわぁ。

私自身は。。。かなり反省の多い内容で。前半のレトラに関しては唄がありえないぐらい最高だったので(いやぁすごかった。ポラありがとう)、興奮しつつもぐっとこらえてためて踊らせてもらいましたが後半、ブレリアで唄に対して応えきれなかったなぁ。くやしいなぁ。あぁ思い出すほどに悔しいなぁ。ソレアの後半は今後の課題ですね~。勉強になりました。

それにしてもソレアの1唄は今思えばポラからの素敵なプレゼントでした。ほとんどシンコンパス(リズムがなくなる)になるぐらい声が伸びて響いて、何度も踊っているソレアでしたが未体験ゾーンの歌で、ついていくのに無我夢中になってました。あぁ怖かったけど幸せだった。

そんな事はありつつもいい空気の中で無事終えられて共演の皆様、暖かいお客様に感謝感謝です

まだまだ歌い足りないポラとパコは打ち上げでもず~っと歌ってました。楽し過ぎる元気過ぎる。本日寝不足気味です。。。しかし

新年の大分ライブに向けて減速せずにまだまだ走ります

大分の皆様ぜひぜひ観に来て下さいませ~。宜しくお願い致しま~す。

2009年12月15日 (火)

政宗公にごあいさつ

仙台2日目の日曜日。

稽古をお休みにしてもらいのんびり仙台市内を観光して来ました。
地元の皆様に薦めて頂いた仙台市内の観光名所を循環しているるーぷる仙台の1日乗車券を購入。600円也

まずは荒城の月の作詞をした土井晩翠先生のお宅へ。荒城の月と言えば大分ゆかりの滝廉太郎しか思い浮かばなかったのですが、作詞をしたのは仙台の方だったのですね。全国のあらゆる学校の校歌を作詞した偉大な先生だったのですね。知らなかった。

小じんまりしたお宅はひっそり静か。管理人さんらしき方がとつとつとガイドしてくれて、何だかしみじみ。

はい、お次は伊達政宗公の眠る瑞宝殿にて下車。こちらは杜の都仙台らしく山道をのぼり登って到着。ボランティアガイドのおじさん達のお話が面白くて、聞き入ってしまいました。戦後復興されたとの事で思いのほかポップな色彩の建造物。政宗公の遺体は水銀に守られて非常にきれいな状態で遺骨となってたとの事で、生きていた頃の姿をリアルに再現したマネキン(?)があり。

159cmで今からすると小さいですが当時は大きい方だったのだとか。伊達男という言葉が残っているだけあってなかなかのイケメン。独眼竜政宗の渡辺謙氏のイメージが強かったですがもうちょっとさっぱり。唐沢寿明的ハンサムですな。

ちょっとリアルですが毛髪まで残って展示されていたりして(こちらは本物)、これだけの年月が経ってこうやって祀られてるってなかなかすごいです。

ちなみに政宗公はワタクシと同じくB型。何か親近感わきます。2代目、3代目はA型。瑞宝殿の地下に眠っていらっしゃるそうで。

瑞宝殿に行く途中、西南戦争で国事犯となり仙台で労働に身を投じ、故郷から遥か離れた地で生涯を終えた薩摩藩士のお墓がありました。九州人としては何だか切ないなぁ、とお参りに行ったら煙が。お線香をあげてる人がいるんだと感動して近づいたら何とタバコの吸い殻。。。ひどいですねぇ。とても悲しくなりました。無知、もしくは無関心というのは恐ろしいものだ。

それにしても日本の観光名所と言うのには戦争の影が見えるものが多いです。瑞宝殿も世界大戦で焼失して再建されてるし。

なんだかなぁ~、と思いつつも本日のメインイベント仙台城址、通称青葉城へ。

仙台の町を見下ろす政宗公。おぉおおおかっこよかぁ。初めまして。

Photo 携帯のカメラがいまいちなのが非常に残念。

仙台の美しい自然と町並みも一望できます。在りし日もここから仙台の街を見下ろしていたのかなぁ、と想像すると何だか楽しいプチ歴女な私。お城あとを下りて行くと広々東北大学。そして仙台の市街地へと再び戻って行きます。入り組んだクランクだらけの道は攻めにくく守りやすい城下町の名残なんですと。

バスの運転手さんが時に笑いをとりつつガイドしてくれます。ナイスです、るーぷる仙台。

各スポットでも、バスでも、仙台の人達は我が町仙台をホントに愛してて、観光客に満喫してもらおうと本当に頑張っているなぁ。。。と感動しました。おひとりさまでしたが全然退屈しないし楽しかった

さて、締めはやっぱり牛タン食べなきゃでしょと仙台駅のその名も「牛タン通り」へ。

Set 牛タン切りおとし丼、テールスープ、香の物で何と840円。リーズナボ~。ボリュームたっぷりです。おいし~、でももう食べれないぃぃぃ

初めての仙台は自然と人の営みがすぐ近くにある美しく活気溢れる街でした。

何といっても久しぶりに森林のきれいな空気に癒されてスッキリ。リフレッシュできました。自然の中を歩くのって、東京にいるとなかなかできないけど、必要なんだなぁってあらためて思いました。

すっかりリラックスして帰りの新幹線で爆睡。う~ん、お休み万歳。又頑張りまっしょい

2009年12月13日 (日)

12/12 仙台ロスアスレホス

杜の都仙台にやってまいりました。
行きの新幹線から美しい富士山と虹が見えて朝からいい感じ♪。
仙台を拠点に活動されている田中志津さんに呼んで頂いたライブ。
踊り手の鍛地陽子ちゃん以外は全員お仕事は初めましてでしたが、皆さんの暖かいお人柄で、楽しいライブでした。
志津さんの妖艶なお姿に惚れ惚れ。こういったライブはほぼ初めてと言っていた仙台の安中さんと西野さんが、とても落ち着いて踊っている姿に感動。陽子ちゃんは持ち前のパワフルさだけでなくソレアの深い表現にまた刺激を受けました。みんなで撮った写真が保存出来てませんでした(涙)。
ハプニング的な事もありましたが、タブラオライブではそれも楽しみのひとつ。久々の当日合わせで、初めての小原さんのギターの音の美しさに興奮。チェマの熱唱に力を頂きました。いやぁ、それにしてもちかれた。足パンパンです!。
今年の終わりにまた素敵な出会いがあって本当に嬉しい1日。皆様ありがとう!
ライブの後、光のページェントをお散歩。写真の100倍くらいキレイ。

2009年12月11日 (金)

分岐点

日々が飛ぶように過ぎていく今日この頃
先週の土曜、北海道に帰ることになったスタジオの後輩の壮行会がありました。

スタジオでは最年少、高校卒業して上京して来た彼女もいつの間にやら22歳。彼女と話をしながら自分が22歳位だった頃を思い出しました。

スペインに残って勉強するか、東京で就職するか、大分に戻るか。

選ばなかった選択を考えてもしょうがないけど、今思うと、人生の大きな分岐点だったなぁと感じます。その頃からずっと舞踊団の皆とも一緒にいるわけだ。凄いわぁ。

しっかり考えて北海道で自立すると自分で決めたいおちゃん、立派です。元気で頑張って欲しいなぁ。

私は明日は初めて仙台でライブです。すごく楽しみ。。。

2009年12月 4日 (金)

ストレス解消

最近スカパーでアリーmyラブの再放送をやってて、懐かしくてついつい見てしまいます。
先日シックスセンスのハーレイ君がゲスト出演している私が一番好きなエピソードを放送してたので又テレビの前にお座り
大筋は病気の子供が神様を訴えると言い出してアリーが弁護人になるという話。
この回の白眉はリン役ルーシー・リューの演技。意地悪・性悪キャラのリンちゃんの泣きに私も又泣いてます。カーペンターズのレインボーコネクションが優しくてまた涙なみだ。この回はドラマ史に残る名作と勝手に思ってるんですが。ぜひDVDでチェックして下さいね

はぁ〜やっぱり良かったなぁと泣き疲れていたら今度は「ET20周年アニバーサリー版」が始まってしまいました。ウゥー、眠れない。ETが生き返るってわかってるのに何度見ても泣いてしまうのは何なんでしょうね。
あと大好きな自転車ふわりのシーンも毎回「わぉおお」と興奮して泣いてしまいます。

一説によると涙を流すってのは凄いストレス解消作用があるそう。ETも無事自分の星に帰れて私もスッキリ。心の澱が洗われたよう

翌朝もスッキリのはずが。。。有り得ないぐらいまぶたが腫れ上がっております。ヒドい顔。OHノォオオオウゥー。
皆様感動し過ぎにご注意下さい。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ