« 「情熱がなければ生きていけない」 | トップページ | 初シガーバー »

2009年10月 3日 (土)

エル・フラからラ・ママへ

新宿エル・フラメンコの新グループ初日を観に行って来ました

初日からとは気合い入ってますが、12月16日のエル・フラライブに向けての打ち合わせもありで、半分お仕事的観賞会。

今回は仲良しのギタリスト、フェルミン・ケロルさんも参加しています。踊りは男性2人、女性2人の4人。女性はとにかくGUAPA(美人さん)、で男性陣はなかなか見ごたえがありました。マヌエル・リニャンとマルコ・フローレス混ぜたような雰囲気のHUGOくん、凄い高い技術の持ち主です。正確でクリアで強い足音。地味な感じがまた結構好みかも。

でも、何といっても楽しかったのがMUSICOS(ミュージシャン)の面々。ツインズのダニー・デビート(シュワちゃんじゃない方)みたいな風情のちっちゃいおじ様3人。うち二人はフラメンコスには珍しいメガネ男子。あ、カンテのひとりはファナ・アマジャのクラスに歌いに来てくれてたEL POLAおじさんでした。普段から若々しいフェルミンがさらに若者に見えております。半年頑張ってね

で、このおじさんカンテふたりがノリが良い良い。セビージャだなぁ。。。
おじさんオジサンと連発して失礼かとは思いましたが、私はスペイン人のおじさん大好きなので決して悪い意味ではありませぬ。何か微笑ましいのね。

で、明けて本日は渋谷ラ・ママに東仲先生、小島慶子先生の共演を観に行って来ました。ラ・ママの東仲先生企画を観るのは2回目。東仲先生はとっても色気のあるダンサーなんですよね。日本人の男性ダンサーには珍しいと思います。ゲストの小島先生も女性らしい魅力の方なんで、パレハが色っぽく、ドキドキしました。

まだまだモデルノにも挑戦する東仲先生の衰えぬ男気に「オレ」。

« 「情熱がなければ生きていけない」 | トップページ | 初シガーバー »

ライブレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エル・フラからラ・ママへ:

« 「情熱がなければ生きていけない」 | トップページ | 初シガーバー »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ