« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

タイムショック!!

昨日朝、9時に会社でお掃除始めるはずが起きたら9:20。。。しかもこの日に限って先輩がお休みだわ、連休明けで忙しいわ。だあぁぁああ。言い訳する余裕もなく「すみません、今起きました。。。」素直に白状。

忘れた頃にやってくるこうゆう失敗。これに飲まれたらイカンと努めて安全運転で会社へ。
案の定、休みの先輩から引継の電話が入ってた。前日まで使ってた電卓とペンが見当たらん

落ち着けぇえ~、と念じていたら会社のメール機能が原因不明のフリーズ。。。あらら。プロバイダの電話オペレータさん3人分たらい回しにされ、気付けば午前中が終わろうとしております。

で、やっと直った所で先週やってた仕事の注文が舞い込みました。
「わ~い
禍福は糾える縄の如し。(最近覚えた言葉を早速使う。)まさに、悪いことの後には良いことですな。中国人はよく言ったものです。

バイトもしてるなんて大変ね、とよく言われますが、結果がわかりやすく形になる会社のお仕事も結構楽しんでます。今はバイトだからプレッシャーも少ないし、地味にファイリングとか実はすごい好きだし。しっかし忙しい。。。その割にあんまり儲かってないんですが。

などと思ってたら横浜クラスの前にスタジオに寄る用事が出来てしまった。みかんちゃんを飛ばしスタジオで写真をピックアップ。湘南新宿ラインに滑り込みセーフ。お気に入りの横浜らーめんで腹ごしらえして(そこははずさないんですね)、横浜チャコットクラスに15分前に到着。ハイ、良く出来ました

で、結論。おおたマキさんは言いました。「寝坊した日は1日時間に追われる」
で、早いとこ寝ました

2009年9月29日 (火)

お疲れ様会

Photo_2  日曜日は、20日のマヌエラ公演のお疲れ様会がありました
貴重な機会を作って頂いたイベリア蒲谷社長への感謝と、労をねぎらいたい気持ちから1週間を経て日本人チームが再集結。嬉しい

社長からはこれまでのスペイン人の招聘公演の貴重な裏話を聞かせて頂いて興味津々の私。
長年搾取され差別され続けてきた、しかし誇り高きヒターノ(ジプシー)である彼らと渡り合って仕事をする難しさ。彼らに気持ち良く仕事をしてもらう、でも言いなりになるのではなくあるべき形を主張し、必要であれば戦い、議論する。リスクを抱えつつ、長きに渡り、本物のフラメンコスを招聘して来た社長に心から感謝です

「来年から社長代わってよ」などと冗談で言われてましたが、いえいえこれからも元気で宜しくお願い致します。

と盛り上がっていたらライブを終えたエンリケ・エストレメニョも駆けつけてくれました。一見怖い大きいおじさん、実は優しい気遣いの人。今回も一番私達をサポートしてくれたエンリケもご機嫌でめでたし。社長の固い友情も垣間見えほっこりしました。

その後、ルイス・デ・ルイス、奥方エステル、エンリケ息子のニョニョも飛び入り参加して。。。あ、後は想像に難くないですね。
テーブルこんこんコンパスが始まり、歌えや飲めやエンドレスのフィエスタ突入。最終的にソンソンソン。エンリケ指導のもと皆で大合唱。いやぁ、フラメンコス達元気です。パワーありまくりです。

で、気付けば電車はもうありません。。。翌日やっとこさ起きてバイトへ。まぁ楽しかったから良しとしますか。

2009年9月25日 (金)

急報!「カルメン・アマヤ・フォー・エバー」

Amayaフラメンコファンの皆様にお知らせ

フラメンコの伝説の舞姫、カルメン・アマジャの映像「カルメン・アマヤ・フォーエバー」を含む伝説の舞姫の3作が渋谷のシアター・イメージ・フォーラムにて9/27(日)、10/3(土)の2日間上映されます

シアター・イメージ・フォーラムでは9/19から10/8まで、毎日21時からのレイトショーで「ダンス・フィルム・ヴァリエーション」と題したダンス映像作品の連続上映が行われています。上記「伝説のスターダンサー達」の他にもケースマイケルやベジャールなど魅力的なプログラムばかりが12本。詳細はイメージ・フォーラムHPを見てみて下さいね

http://www.imageforum.co.jp/dance/Site/top.html

実はこちらシアター・イメージ・フォーラムの館長(なの?支配人なの?不明)Y氏は私の大学の同級生。大学時代、部活以外の交友関係がヒジョーに希薄だった私にとって、数少ないフラメンコ以外の大学からの飲み友達でありまする。Y館長談によるとカルメン・アマヤの踊りは超衝撃的だそうです。私もYou Tubeで見た事ありますが、いやぁブエルタとかフィルム早回ししてるみたい。カラスコがジプシーの生ける伝説なら、こちらは死してなお語り継がれる伝説のスーパーフラメンカ。めっちゃ美しいお姿(まさに女優です)、スクリーンで観れるなんて贅沢ですよぉ。皆さんイメージ・フォーラムをよろしくね

と、こんなにPUSHしつつ、私自身はカルメン・アマジャの上映日はどうしても外せない予定が両日入っており観にいけませぬ。同日のジョゼフィン・ベーカーも見たかったし。。え~ん、残念過ぎる

さぁ皆さん、イメージ・フォーラムへいざ、ばも~

見れた方がいたらぜひぜひ感想聞かせて下さいね。つーか、観たい

三浦半島まで

Image427 興奮冷めやらぬ火曜の横浜クラスの後、リフレッシュに藤沢の姉宅へ

「どこ行きたい?」と聞かれ、迷わず
「シラス丼食べたい。」

湘南の「小屋」に連れて行ってもらいました。海の見えるデッキ席で朝取れたての生シラス丼。キラキラ初生シラスおぉーいしー

お腹を満たして三浦半島までドライブ。太陽サンサン、気持ちいい景色に気持ちも洗われました。

夜は東京に戻りエルフラメンコの鍛地陽子ちゃんライブを観に。4人の踊りがそれぞれ個性的で目に楽しいライブ。

マヌエラ公演から休みなしの陽子ちゃんのパワーには感服いたしました。
素敵なライブをありがとう

2009年9月22日 (火)

マヌエラ・カラスコ公演

観に来て頂いた皆様、本当にありがとうございました。

すぐブログUPしようと思ってたのですが、あんまりに色々ありすぎて濃い1日だったので、何を書いたらいいものか。落ち着くのに1日かかってしまった。

このあり得ない機会を与えて頂いたイベリアの蒲谷社長、本当に本当にありがとうございました

「こんな私でよいのか」「果たして舞台に上がれるんだろか」というプレッシャーの日々でしたが、何とか頑張れたのは一緒に練習を重ねて来た日本人舞踊手7人の皆様のお陰だと思います。一緒に頑張れてこの上なく楽しかった。いいチームに心から感謝です。

熱意を持って私達とスペイン人チームの懸け橋になってくれたエンリケ、ムードメーカーのパワフルでおちゃめなルビオ。二人の唄には本番中興奮しっぱなしでした。素晴らしかったなぁ。ハラハラしつつも踊れている事がとても幸せでした。

カルメン、カンパージョ、ルイス、チョロ。4人それぞれの個性溢れる踊りにしびれ。。。やっぱりかっこよかった。やっぱすごいんだなぁ。普段とのギャップも素敵

そしてマヌエラ。

1日のうちに何度も何度も感激し、感動し、涙しました。フラメンコの女王たるその神々しい姿は、日々の努力によるものなのだと身をもって教えられました。本番後、頂いた暖かい言葉は一生忘れずに胸に残しておこうと思います。

あぁ、終わってしまった。良かった事も、悪かった事も全部含めて本当にあっけないものですね~。この一瞬の為に又頑張らなくては

関わって頂いた全ての皆様本当にありがとうございました。10月には今回テアトロでもその才能を見せてくれたルイス・デ・ルイスとサラ・アンダルサで再び共演させて頂きます。頑張るぞぉ~

2009年9月19日 (土)

あっという間ですから

あわあわと焦っている間に、いよいよ公演が明日に迫ってきました

地方公演から帰ったばかりのアーティスト達と合流して最後のエンサジョ。名古屋~岐阜~大阪とまわってさぞ疲れているはず。。。なんだけど、1週間のツアーを終えてアーティストの関係もさらにファミリー的になったようで。踊り手チームは今からサッカー1ゲーム始めるんではというくらいゴキゲン。良かった良かった

「オメナヘ・ア・マリオ・マジャ」(マリオ・マジャへのオマージュ)は明日1日きりの、それも、あっという間の作品。日本人女子ダンサーズと明日に向けて乾杯しつつ、いいメンバーでこんな機会をもらえたありがたさをしみじみ感じました。

公演に向けて練習している間はこれから何かが始まるような気がするのだけれど、実際にはこの舞台に出た瞬間に全てが終わる。こうやって稽古したり色々思って緊張したりする事がやっている事のほぼ9割くらいで、本番の舞台は幻みたいなものなんですよね。今回は素晴らしい共演者に恵まれて、春から一緒に練習して来れた事が一番の宝物だなと今日みんなでご飯を食べつつ感じました。

で、憧れの方達と同じ舞台に立てる、この幻の時間を思う存分楽しんで来ようと思います。

ブログでもビビリまくっていたのもあってか、今週は本当にたくさんの人に「日曜頑張ってね」と励まして頂きました。わざわざお電話頂いた方も。。。お陰さまでヒジョウに勇気が湧いて来ました。本当にありがとうございます

よぉ~し、頑張って楽しんでまいりまぁ~っす。むっちゃ・みえるだ

2009年9月16日 (水)

神々しい人

月曜、火曜のマヌエラ・カラスコとグラン・アルテ・フラメンコを楽しんだ皆様、羨ましいです。。。感想聞かせてほし~☆。仕事の為両日観に行けず。。。でしたが、土曜日の稽古の途中マヌエラ・カラスコ、いえマヌエラ様がスタジオに登場。

夫君、ホアキン氏と仲睦まじく現れたマヌエラ。スタジオをちょっと覗いただけでしたが、ドアが閉まった瞬間、「ふわぁあああ」とまた皆で変な声でちゃいましたよ。その後あこがれのカンパージョ様なども現れちょっとパニック状態ではありましたが。。。いやぁ尋常じゃない顔の小ささです。並んで踊ると私すごいデブっちいいです。あぁぁ

そんなお稽古が一段落着き、サロンに出たらおぉ~マヌエラがソファで雑誌を読んでくつろいでいるではないですか。一緒の舞台に立つなんて恐れ多過ぎる。。。とゆーか現実とは思えぬくらいの異次元のアーティスト、マヌエラ。キチンと挨拶しとかないと一生後悔するわ、とフラフラと前まで歩いてごあいさつ。

舞台以外でこんなに近くでお会いするのはモチロン初めて。舞台でははっきり言って「巨大」に見える彼女ですが、実際驚くほど頭の鉢が小さくて、身長も舞台の印象からしたら全然大きくないんです。しかし、黒いツーピースにコラスのピアスのエレガンテな出で立ち。「フラメンコの女王」という吹き出しが後ろにはっきり見えるほどのオーラ

「風格」っていう言葉を初めて形ある姿で見ました。かっこよ過ぎですから。興奮した私は思わず寄ってって

「こ、こ、こ、ここんにちは、マキと言います。ずずずずずっと、あああなたのファファファンでした」と、超しどろもどろ。マヌエラは包み込むような笑顔で、ふわっとやわらかいベソとハグしてくれた後「分かってるわ落ち着いて。大丈夫よ」と低いしぶ~いハスキーボイスで一言。恥ずかしながら思わず涙腺緩みました。大げさなようですが「生きてて良かった」と思い。マヌエラとハグしちゃった。なんかよくわからん自信が出て来るっちゅ~ねん。

今日も劇場でお稽古して来ましたが、この舞台の機会を頂けた幸せと恐ろしさをヒシヒシ感じています。力不足は仕方ないにしても本当に全力で死ぬ気で頑張るしかない、と覚悟を決めました。支えてくれる共演日本人女子チームにも感謝感謝です。皆大好き。そしてありがとう

チケットをお持ちでない方々、まだ多少のチケットがあるかもなので是非ぜひイベリアにお問い合わせくださいませ。って無かったらごめんなさい。マヌエラ様はもちろんの事、男性舞踊手も4人共素晴らしすぎます。一人でも多くの人たちに彼らのアルテを見てもらいたい。。。と心から思います。

明日思いつきで名古屋に観に行ってしまいそうな自分がいます。やっぱり客席からも観たいもんね。ビバ、女王

2009年9月10日 (木)

2度目の!

朝、ゆっくりご飯を食べてクラスに向かおうと愛チャリみかんちゃんを走らせたら。。。

あらら、一昨日不穏な空気を感じ空気を入れたはずの前輪が早くもペタンコ。道路の凹凸がダイレクトにおしりに。。。あぁこれはやってしまったな、と諦めたが家に戻ると間に合わないため泣く泣くR大にみかんちゃんを停めさせて頂きました。あ~、歩くと結構遠いんですね。ギリギリで間に合いましたが。

購入してまだ半年もたっていないのに2度目のパンクでございます。クラスの合間を縫って修理へ。

思うに、日頃からフラメンコ靴、レッスン着、手帳、本等もろもろ持ち歩き、プラス、スーパーではついつい買い過ぎてしまう為、でっかい前カゴはいっぱい。前輪にだけずっしり重みがかかっているらしい。。。もっとこまめに空気入れないとダメだなぁ、と反省。

みかんちゃん生活になってからはすっかり首や腰の調子がいいなと感じていたのですが、これまで自転車も悲鳴を上げるほどの大荷物で関東圏内を大移動していたのだな、としみじみ感じました。

フラメンカの皆様、重い荷物には気をつけてくださいね。

あぁ、こんなことをしていたら明日はいよいよマヌエラ・カラスコ様ご一行がスペインから到着します。稽古をしていたらひたひたと緊張が押し寄せてまいりました。ちとびびっております。が、一生に1度あるかないかの貴重な経験。

1週間めいっぱい学んで楽しむぞぉ

2009年9月 9日 (水)

エルフラツアー

日曜日にエル・フラメンコに行って来ました。

現在出演中は男性ダンサーノルベルト・茶味噌、もといチャミソさんグループ。ノルベルトさんの他に女性ダンサー3人、ギター2人、唄は男女1人ずつの8人です。

彼らの半年の滞在期間もあと1ヶ月となった所で初めて見ましたが、強烈な個性というよりチームワークでパワーを出すグループだなぁと。女の子達のハレオ(囃し唄)も楽しいし、よく考えられた息のあった良いショーで楽しめました。
それぞれのソロがちと長い気はしたものの、やはりスペイン人のスタミナは凄いよぉ。インマさんのバタのパワフルなアレグリアスが私のお気に入り
長いと感じるもの、あっという間、もっと見たいと感じさせるもの。最近よくよく考える事の多いテーマです。ロレンソさん曰わく、
「フラメンコは太く短くカマロンとパコのように」
う〜ん、名言

エルフラでは殆ど見ることのないカスタネットのセビジャーナス。これがめっちゃ新鮮でした。可愛い

ロシオ・モリーナなど若手スターも作品に入れ始め、最近バタに続きカスタネットの復権をひしひしと感じます。私も聞くのは好き

2009年9月 5日 (土)

掃除機に関する考察

3年前の誕生日にスタジオの皆様に戴いた掃除機がとうとうウンともスンとも言わなくなりました

部屋に出しておいても素敵な充電式コードレスで気に入っていたのですが、ここしばらく吸い込む力が急激に衰え、ついにはスイッチを入れても動かない。。。メーカーのアフターサービスに問い合わせて送った所、充電バッテリの消耗にスイッチの故障、ゴミ捨てカップに微妙に水分が残ってたとの事で、修理費用に何と12000円という見積もりが出てまいりました。

で、修理すべきか新しいものを購入するべきか。困った時はネットでお勉強。

まず決めるべきはサイクロン式か紙パック式か。サイクロンの利点は何と言っても紙パックのコストがかからない事ですね~。しかし、私の例にもれず、フィルターの目詰まりから吸引力が落ちやすいのでお手入れが頻繁に必要。私も2・3回に1度はゴミを捨ててフィルターを洗ってたたので逆に水分が残ったらしい。吸引力の落ちない。。。ってありますがかなりお値段はりますね。ウチには勿体ないか。

パック式は逆に吸引力が落ちにくい、落ちてもパックを換えれば復活。仕組みが簡単なので軽い。でも、紙パックを買ったり取り換えたりの手間は当然ありますが。

ウチはフローリングでペットも子供もいないので、普通に長いこと吸ってくれれば充分。という訳で価格と吸引力のバランスを考え今回は紙パック製品を購入する事にしました

ここからまたネットサーフィンで各メーカーの価格機能を比較。スティック型か普通のゴロゴロ引っ張り型か。。。スティックのコードレスだった前機は使い勝手はなかなか良かったです。場所もとらないしね。しかし、やはりコードレスにはバッテリーの寿命があり、これがなかなか交換すると高い。そしてちょっくら重い。他メーカーのスティックタイプもパソコンの画面では素敵ですが、意外と厚みがあってベッド下に入らないなどの口コミもあり。。。

という訳で現品見て確認しようと仕事帰りに池袋LAVIに寄って試してまいりました。LAVI楽しい。他の売り場も見たくなるのを我慢してクリーナーコーナーへ。一口に掃除機といっても1万円しないのからうん十万円まで様々。おお、こんなにあるのね。買わないのにダイ○ン試して悦に入る私。

で、2日間の研究の結果、狭い我が家に高価な、高機能品は必要ないでしょう。。。で結局非常にシンプルな機能で超リーズナブル、ネットでの評判も非常に良かったシャープの紙パック機普通型に落ち着きました。何せ見た目もPoPで可愛いし。

アレルヒアを緩和すべくホコリをたくさん吸ってくれればそれだけで満足でございます。長持ちして欲しいわぁ。こんなんです。

31s3gb7lbtl__sl160_

2009年9月 4日 (金)

あれるひあ

ここ2週間ほど急に襲ってきたくしゃみの嵐。日によりけりではあるが、出始めると終日止まらない→仕事にも支障が。。。で、初めてアレルギー科というのに行って来ました。

目白のホテルメッツ内の病院は女性専門病院で内科・アレルギー科の他、婦人科・心療内科、そして美容皮膚科などがあります。
元気が取り柄、病院コワいの私も美容皮膚科には興味津々。病院というよりエステサロン風の快適待合室。病院も色々ですなぁ。

しかし柔らかソファーでどんなにくつろいでも病院ですから。
「はい、血採りますね〜。」とニッコリされすっかりテンションの下がった私でありました。
とりあえず頂いたお薬アレロックちゃんで今日の所くしゃみは引っ込んでおります。すごいわぁ
検査結果は1週間後。何故か、ちと楽しみ。何でだ

2009年9月 2日 (水)

11/29(日) 赤坂ノヴェンバー・イレブンス

11月は今年初かものノヴェンバーで締めくくりまする。

11/29(日)ノヴェンバー・イレブンス1111<赤坂見附> DOMINGO FLAMENCO

1部 18:30 start /  2部  20:00 start  (開店は17:00)

ショーチャージ:1ステージのみ \2,625  2ステージ共 \4200

踊り:藤井かおる☆吉成侯子☆太田マキ

唄:阿部真

ギター:西井つよし

ひっさびさのノベンバーは、ずっと「実現させたいね」と話していた念願が叶い、5☆エストレージャスでご一緒の藤井かおるちゃん、吉成侯子ちゃんとの3人での初ライブです。二人とはシンコのお仕事でご一緒して以来、一緒にクルシージョを受けたりと、仲よくして頂いてます。確かな技術に裏打ちされたエレガントでキレのある二人の踊りには共演の度に刺激を頂いてます。仲良しならではの企画もあるかも。。。ふっふっふ。

大活躍のギタリスト西井つよしさんとは初めましてのお仕事でわくわく。いつも心に響く阿部くんの唄で心強し。それぞれの個性とチームワークの両方を、ノベンバーの美味しいお食事と一緒にお楽しみ下さいませ。

そうそう、ノヴェンバーさんは美味しいお食事も目玉であります。 

こちらはチケットではなく予約制になります。ご予約はノベンバー・イレブンスもしくは太田まで。

ノベンバー・イレブンス http://www.risingdragon.jp  予約tel:03-3588-8104

12月には5☆エストレージャスのエル・フラメンコ クリスマス企画も待ってます。大分新年ライブの先行予約も受付中

という訳ですっかり年末まで気が抜けませぬ。全てのライブのお問い合わせ・お申し込みは太田マキ maki-p@live.jp までどしどしメール下さいませ。宜しくお願い致します!

11/4(水) 新宿エル・フラメンコ 水曜スペシャルショー

11月の1本目は2月にご好評頂きました岡本倫子先生 in エル・フラメンコ企画再び。今回は1夜限り。ご予約はお早目をオススメいたします

11/4(水) エル・フラメンコ <新宿>   水曜企画 by 岡本倫子スペイン舞踊団

19:30 開演

チケット: \5000 (1ドリンク・タパスセット(おつまみ)付/全席指定・予約順になります)

踊り:岡本倫子 

   大塚香代◎後藤なほこ◎荻村真知子◎太田マキ (岡本倫子スペイン舞踊団)

ギター:ファン・ソト◎フェルミン・ケロル

唄:クーロ・バルデペーニャス◎ホセ・デ・ラ・マルガラ

大分にも来てくれたフェルミンは岡本舞踊団のお仕事は初参加。ファン・ソトとの超豪華なギター共演はお初です。普段も仲良しの二人、どんな音を作ってくれるのか超楽しみですね

舞踊団一同で、劇場とはひと味違う迫力のライブをお送りします。岡本先生の迫力の踊りを近い距離で堪能して頂ける本当に希少な機会ですのでお見逃しなく。タパスをつまみつつ、ごゆるりとお楽しみ頂けますよう。。。

ご予約は岡本倫子スペイン舞踊団、もしくは太田まで。おかげさまでどんどん席が埋まっていってるようであります。ご予約はお早めに。

岡本倫子スペイン舞踊団 http://www.michiko-okamoto.com/index.html

太田マキ maki-p@live.jp

10/11(日) 恵比寿サラ・アンダルーサ 「マノ・ア・マノ」 

9月に入りましたね。私はもうすっかり秋の服に衣替えしました。

今年前半は劇場づいておりましたが、秋からはタブラオライブが目白押しです。一気に告知してしまいますので、お好みに合わせて是非是非お出かけくださいませ

10/11(日) サラ・アンダルーサ <恵比寿> 「MANO A MANO マノ・ア・マノ」 

1部 18:00 open  19:00 start  /  2部 20:30 open / 21:00 start    1部・2部入替制

チケット:各部¥4500 / 通し券\6000  *** お食事席ご希望の方はご予約が必要です。ドリンク席は自由席です。

踊り:ルイス・デ・ルイス☆ハビエル・マルトス☆浅見純子☆大塚香代☆北原由香☆太田マキ

唄:エンリケ”エル・エストレメニョ”★ファニジョロ

ギター:エミリオ・マヤ★アントニオ・サンティアゴ

何と6人の素晴らしいスペイン人アーティスト、そして息の合ったおなじみ日本人バイラオーラ3人と共演させて頂きます。パワー溢れるエンリケお父さん&ファニジョロのビッグなコンビの唄で最高に盛り上がる予感満々。大好きなルイス・デ・ルイスの個性的な踊り、初共演ハビエル・マルトスの踊りは私もとっても楽しみ

9月のマヌエラ公演もご一緒の浅見純子ちゃん、ロスキージャの相棒北原由香ちゃん、舞踊団でも一緒の大塚香代ちゃんというヒジョーに気心知れたメンバーですが、4人でのライブは意外にも初めてです。

このメンバーですから。。。元気になりたい方には超オススメのあげあげライブになること間違いなしでせう

チケットたくさん持ってま~す。ご予約は太田マキ maki-p@live.jp までどしどしメール下さいませ

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ