« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月30日 (日)

「LIVING FLAMENCO」

先週の新人公演の会場で、不思議なタイトルのDVDを買いました

で、このDVDなんですが出演者も不思議な取り合わせ。アンドレス・ペーニャ、ラファエル・カンパージョ、ドミンゴ・オルテガの3人がそれぞれのソロを踊るのに加え、ブレリア、そして何とタンゴまで3人一緒に踊っている貴重な映像にしばし見とれています

天使のようなアンドレス、小顔王子カンパージョまではわかるとしても、エキセントリック星人ドミンゴがそこに入ってるのが又面白い。エレガントなスーツ姿、正統派二人のアレグリアスは超素敵です。超グアポ(イケメン)です。がしかし、ムキムキボディにピチピチTシャツで異彩を放つドミンゴ先生のソレポルもすんばらしい

ドミンゴ先生を初めてエル・フラメンコで見てから早10うん年。細くてちっちゃかった外見は、今やレスラーのミッキー・ロークそっくりに凄まじい変貌を遂げました。踊りも随分モデルノというか個性的に。でも根っこにあるヘレスのブレリアっ子の面影は変わらないんだなぁ。カンパージョ王子はまた素敵なマルカヘをたくさん見せてくれるし、アンドレスはキリっと男性ならではの品のある踊り。いやぁ、このDVDは買いでした。面白かった

で、現在のフラメンコ最前線を見た後、ほぼ20年前のフラメンコのVHSをDVDにおとして鑑賞。ラトーレ先生もカナーレスさんもエバ様もファナ・アマジャ先生も。。。今をときめく大先生の皆さん若い、若い。細い、細い。。。伴奏に若きエンリケ父やグアディアーナなど見つけるのも又楽し。

先週の新人公演を観てもあらためて思いましたが、たかだかここ20年くらいの間にフラメンコの踊りはどうしてこんなにも難しくなってしまったんでしょう。故マリオ・マジャの「アイ・ホンド」をとってみても昔のフラメンコはとてもシンプルでとても美しい

最近こういうシンプルなフラメンコに強く心を惹かれるようになりました。超絶技巧や難解でおしゃれな音やパソ(ステップ)も素敵だけど、シンプルな事を、強く心をこめて伝える。。。そういうフラメンコが見たいなぁって思います

変わらないアルテ、マヌエラ・カラスコ様のこれぞフラメンコの王道。ど真ん中。を、もうすぐ真近に感じられると思うとブるブると体が震えます。

ひゃぁ~、今から緊張するわぁ~

2009年8月28日 (金)

衣裳合わせ

水曜日に9月のカラスコ公演の衣裳が1着出来てきましたワーい。
という訳で柏クラス後の定期練習の前にみんなで試着。まだシークレットですが、かなりポップ可愛い系のツーピースです
舞踊団にいるとお揃いの衣裳は着る機会もありますが、最近は大人っぽいのが増えてまして。ましてや各自たくさん生徒さんのいる先生達と8人でお揃いはかなり新鮮でしたいやぁ華やかです。皆さんキラキラと若返っておりまする。ベタに可愛い衣裳もたまにはいいですね

で、稽古の後アマポーラ池袋でレストランショー。
合わせでテンション上がり急遽衣裳変更。タンスのこやしと化していた赤ボンボン付スカートと赤白水玉ブラウスを引っ張り出し、年甲斐もなくパッパラーな出で立ちでグアヒーラ。
発表会以来の本番でちと体が重い感もありましたが、久々お客様を前にする緊張感を楽しめました。しかし2回めのソレポルで慌ててモニョ(おだんごヘア)を作ったら、櫛は飛び、花は垂れ下がる大崩壊。こういう時に限って岡本先生が見にいらっしゃったりするんですね。。。がっくり。
というのもこの日は後輩のまみちゃんがアマポーラデビュー。彼女は落ち着いててバッチリのガロティンでした。私が初めての時はセビジャーナスだけで軽くパニックだったもんだ。まみちゃん立派です。

何はともあれ楽しくも長〜い水曜日のあれこれ。
9月用の、もう1着の衣裳の仕上がりもめっさ楽しみ。こちらはカッコ良い系です。チケット入手された皆様、お楽しみに

2009年8月26日 (水)

大分ライブ先行予約開始♪

ちょっと気が早いですが。
2010年も新年1月3日(日)にふるさと大分にてフラメンコライブ"VOLVER〜帰郷 Vol.3"を開催します
北原由香とのユニットLas◎Rosquillas(ロスキージャ)での里帰りライブも早いもので3回目。
今回も素晴らしいゲストの皆さんと共に目にも耳にも美味しいライブをお届けします

「VOLVER〜帰郷 Vol.3」

2010年1月3日(日)昼の部 15:30  夜の部 18:30 開演
(入替制・開場は各部30分前)

会場:大分音楽館(大分市都町)

出演:踊り 北原由香◎太田マキ(Las Rosquillas)◎三枝雄輔
    ギター ファン・ソト(特別ゲスト)
    唄 阿部真

チケット:全自由席 \3800(1ドリンク付)***

◎◎◎10月10日までに当ブログ、もしくは下記アドレスよりご予約頂いた方には、先行予約割引として\3500にて、販売致します。
詳細はメールにてお問い合わせ下さいませ。
ロスキージャmail : las_rosquillas_makiyuka@hotmail.co.jp

皆様のご来場心よりお待ち申し上げております!

2009年8月25日 (火)

新人公演

土曜・日曜、中野のゼロホールにフラメンコ協会主催の新人公演を観に行ってきました

両日とも16:00からほぼ4時間半。今年は頑張って金曜以外の踊りは全員見ました。さすがに疲れた。3日間フルに見ている選考委員の皆様には、本当に御苦労様です

新人公演を見ると、フラメンコと一口に言っても本当に色んなスタイルがあるなぁ、とびっくりします。踊りは7分半という限られた時間の中に表現を凝縮する訳なんで、構成の仕方や音楽の作り方、衣装から照明の雰囲気作りまで、本当に勉強になります。

個人的には、シンプルに唄を踊り、ギターを聞かせるオーソドックスなフラメンコがやはり好きだなぁと思いました。広島に引き続き、ファン・ビジャールJr.の歌と、舞台に取り組む姿勢に再び感動。

バイレ・ソロ(ソロの踊り)は70人近く出演して今年の奨励賞はたった4人。。。本当に狭き門ですよね。良いではなくて飛びぬけて良い、+αがないと受賞できないのだなぁとしみじみ感じます。選に漏れた方も本当に素晴らしくて好きだなぁ~と思った方がたくさんいました。個人的にはスタジオの仲間、小川愛ちゃんの受賞は本当に嬉しい。頑張る姿をずっと見て来たので喜びもひとしお。おめでとう

2日間、たくさんの人の真剣な姿を見て、すっかりなまっている自分をいたく反省しました。私も頑張らなくては~

2009年8月22日 (土)

200Q年ショパンの旅

「1Q84」週初めに読了しました。幸せな数日間を満喫

で、読み終わって次に手にとったのは「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」。「ねじまき鳥~」か「羊~」を再読しようと思っていたのだけど、1Q84の読後感からなぜか世界の終り~が再び読みたくなりました。しばらくは引き続き村上的ドライな空気に浸ってみたいと思います。

村上作品を読むとウチごはんが食べたくなる。キュウリが妙に美味しそうに見える。極上サンドイッチが食べたくなる。無性にビールを飲みたくなる。体を鍛えてみたくなる。。。等々色んな波状効果がありますが、クラシック音楽が聞きたくなる。というのもそのひとつ。

で、クラシックを好きになったきっかけショパン様がふと聞きたくなりました。小学生当時ピアノを習い始めの私は「決定版!クラシックピアノの全て」というテープを買ってもらい、衝撃を受けたのが「幻想即興曲」。ひと聞きボレです

たかがテープ1本に全てが入る訳はないのですが(結構強気なタイトルよね)、私にとっては文字通りクラシックピアノの知識の全て。他に持ってないから、何度も繰り返し聞いてるうちにすっかり覚えてしまった。それ以来、「幻想即興曲」の他の録音にどうも馴染めなくなってしまいました。しかしテープは行方知れず(実家かいな?)。

で、長年やりたかった、私の幻想即興曲を探す旅に出る事に。

ウチにあるCDはルビンシュタインさんの。手堅い真面目な演奏。勿論良いんだが、物足りないの。ごめんなさい。

you tubeへ。

ホロヴィッツさんのは荒くて、雑なんだけどめちゃ面白い。いやぁ、こんな破天荒で大丈夫なん?って笑えるくらい良いです。浮気しそう。でもCDは買うかは微妙だな。

キーシンさん。ビッグの頃のトム・ハンクスそっくり。髪の毛多すぎ、見た目面白過ぎ。演奏はまさに超絶ですね。はやっ。もちょっと甘めでお願いします。

Myテープの演奏者はケンプさん。録音では音がキラキラ光って淀みなく流れドラマチック。で、もちろんこちらも検索したら、クライマックスで大外ししている映像が。。。。演奏もなんつーかどっか投げやりな感じ。あれま。。。

Wikipediaによるとこの方、いい時と悪い時の差がすごかったんだそうです。得意はベートーベン。何かわかる。ドラマチックさん。

私はマニア的ファンではないので、知識はほぼゼロ。なんで、こうやって演奏の映像を見てからプロフィールを調べるとヒジョーに面白い。キーシンさんは神童と言われていたらしく、ホロヴィッツさんに至っては「天才と変人は紙一重」とまで書かれてる。言いすぎやろ~。

クラシックでも、同じ曲と思えないくらい演奏者の個性って出るんですね。ここまで違うとは、あらためてびっくりです。で、amazonで世に溢れるショパン名曲集CDの「幻想~」を試聴しまくっていたら。。。

つ、ついに再会しました 1音聞いただけで(これ誇張です)、

「あぁ~、絶対これだ~」とビビビ来て叫びました。

you tubeとは別人としか思えぬなめらかで柔らかいタッチ。演奏者ヴィルヘルム・ケンプ。勿論即買いでふ。しかも960円。クラシックのCD、買う方には安くて嬉しいけど、何だか価値と価格のバランスおかしいよね。ま、出会えたから何でもいいか。

あぁ、手に取るのが本当に楽しみです。ピアノ熱が再燃すること間違いないでせう。

Chopin

2009年8月20日 (木)

つづき

8月6日の平和授業について、色んな所でコメントを頂いたのでもうちょっと色々思い出してみました。

この事が気になり始めたのは大学生の時で、私は故郷の先輩 故・筑紫氏のニュースを8月6日に見てました。東京の街行く人に「今日は何の日ですか?」と質問してたんですが、何と 「わからない。知らない。」とか「今日何日でしたっけ」なんて言う人が驚くほど多い。本当に本当に信じられなくて腹立たしいし、悲しいし。。。

夏の登校日に平和授業が当たり前だった私にとっては、長崎と広島の原爆記念日は、変な表現ですが知り合いの誕生日みたいな感じなのです。その日のその時間を過ぎて思い出すと「あぁ、しまった。忘れててすみませんでした」と思ってニュースの映像を見ながら黙禱します。

大分の友達も書いてましたが、そんな日のトップニュースが芸能人の麻薬の話題だったりすると「おいおい、日本大丈夫かぁ。」とホント情けなくなるよね。

学校で教えられた事のほとんどを忘れ去っている私ですが、市内の防空壕を見に行った時の恐怖はいまだに覚えてます。大分の子なら知っているムッチャンって戦争の犠牲になった大分の女の子の話と歌とか、修学旅行でいった長崎の原爆館の事とか。。。怖くて目を背けそうだったけど、しっかり覚えてます。合唱コンクールで歌った恐ろしい歌詞の原爆の歌とかね。

思うに、恐怖とともに学んだ事って忘れにくいんでしょうねぇ。おおむね楽しい小中高時代を過ごした私ですが、楽しく学んだ事の多くは忘却の彼方へ。

子供に教えるにはむご過ぎる事も多いですが、義務教育の中で戦争のむごさをキチンと教えるっていうのは絶対やってほしいなぁと思います。伝えられる人が確実に少なくなってるからこそ平和教育は必要なのでは、と思いました。

以下余談。

小学校の音楽の時間に聞いたシューベルトの歌曲「魔王」。荒れ狂う嵐の夜、馬に乗り駆ける父と幼い息子。

息子「おとぉ~さん、後ろから魔王が来てる。怖いよ~。連れて行かれちゃうよ~。ほんとなんだぁ」

父「何言ってるんだ。そんなのいないから心配ないさ。大丈夫だぁ~」

夜が明けたら子供は背中で冷たくなっていた、というおっそろしい歌。日本人オペラ歌手が超滑舌よく日本語で歌うレコードを聞かされ、あまりの恐怖とお父さんへの怒りにぷるぷる震えた小学生の私

「おぉとぉ~さん、おとおさん。まおぉがいまぁ~」という鬼気迫る歌声は未だに忘れられません。

恐怖の記憶術。クラスに応用しようかしらん(嘘)。

2009年8月18日 (火)

お盆休み

も終わってしまいました。

池袋と横浜チャコットクラスはお休みじゃなかったので、休み~仕事~仕事~休みくらいの感じでのんびりした1週間。午前中から料理番組を見て、何を食べようか考えつつ「1Q84」をゴロゴロ読む。なんて素敵なんでしょうか。

15日は終戦の日でした。終戦から64年。ウチの母方の祖父は戦没者なので8/15はニュースを見ながら会った事のないおじいちゃんに思いをはせたりしてみます。

大分で過ごした小学校から高校までの8/6は夏休みの中の登校日でした。8時15分に全員で黙とうした後、広島や長崎の原爆の事や関東大空襲、大分の戦争被害について年配の人から話を聞いたり、先生に教えてもらう平和授業というのが毎年行われてました。

上京して、全国的なシステムじゃなかったと知り愕然としました。平和授業のある8/6は潜在的に特別な日という意識が今だに薄れないし、毎年汗をかきかき、必ず平和について考えた記憶というのははっきりと残ってます。

小中学生の頃から海外旅行に行き、8/6、8/9、8/15の意味がわからず、ただの夏休みの1日だと思う子供が多くなったら本当に恐ろしいなと思います。平和授業、全国的にやればいいのにね

何かとスキャンダラスな大分県教育委員会ですが、この制度については大人になってからヒジョーに感謝してます。

大分ではまだ8/6は登校日なのかな。だといいな。

2009年8月14日 (金)

お疲れ様会

早いもので発表会から1か月が過ぎようとしてます。で、今週の水曜日、クラスの皆さんの発表会お疲れ様会に参加させてもらいました。場所は池袋の莫々居 鶯さん。

実は土曜日も他のクラスの打ち上げに飛び入り参加させて頂いたワタクシ。両クラスの皆さん、大きな心で迎えてくださってありがとぉおお

習い事の楽しみのひとつは、共通の嗜好や話題を持った友達が出来る事。で、ココのクラスのみんなはホントに仲良しで雰囲気がいいので、打ち上げも大盛り上がりとなりました。発表会でも仲の良さがいい方向に作用して、フラメンコへの取り組み方が本当に積極的に変わったのが見えて、嬉しく思っております。

「補習でもなんでもしないと、このままではまずいです」と苦言を呈した数か月前が懐かしい。。。最近めっきり弱くなったので、ゆっくり飲んでいたワタシですが、楽しくて途中からガンガンハイペースに。。。。和風のお食事も美味しくて、大いに食べ、呑み、話してのいつものパターンに。

生徒さんと飲むという機会は少ないんですが、こういう場ではクラスでは見えない個性がみえたり、思わぬ本音(に近い所?)が聞けたりでとっても楽しいです。生徒さんを見ているよで、意外と逆に見られているのだなぁ~と思って日々の無精を反省したりね。

と言いつつ翌日は寝不足で出勤の頼りない先生でありますが、皆様これからも宜しくねぇ~。で、ぼんやりしてますが、全員ショットです。みなさん、べっぴんさんですね~

めでたしめでたし

Photo

2009年8月11日 (火)

フラメンコ三昧

9日の日曜は色んな所でライブが行われてたようですが、私は恵比寿のサラ・アンダルサで立て続けに2本鑑賞。

昼間はAJ FLAMENCO COMPANYの皆様のライブ。ここでは大学からのお友達Yちゃんがタブラオデビューしました。一緒に出た人の中では初めて一人で踊った人もいたようだけれど、いやぁそうはお見受けしませんでした。皆さん真剣。皆さん素敵。ミュージシャンも、お客さんも含めアットホームな温かいライブでした。このライブの主宰浅見純子さんのアレグリアスの時、一緒に見てた友達が思わず「じゅんこちゃん」とハレオをかけたのもおかしかったなぁ。楽しかったです。

で、恵比寿の新スペインバルPIOでつまんで、本番直後のYちゃんとも合流し、夜はセレクトスフラメンコライブへ。来日中のペペ・デ・プーラ、イスマエル・エレディアを見るのは初めてだったし、踊り手さんもお友達で、非常に楽しみにしていました。

ステージ真横の席だったんで歌もギターも迫力満点。ギターうまいなぁあ。ラスゲアードの音がいいペペさんは特にソレアの唄が良かった。女の子3人のバイレもそれぞれの個性で面白かったです。

で、萩原淳子ちゃんのソレアが終わり感動に浸っていたその時。。。おぉ、グラグラと揺れ始めました。客席もざわつき、ワタシも終わらぬ地震に恐れおののき。ライブ中断するのでは?なんて心配になってたら。。。

ばば~ん

真っ赤なジャケット、真っ赤なチャレコ、真っ赤なパンタロンに白シャツ、オレンジに白水玉のスカーフという全身真っ赤なミゲル・アンヘル・エレディア、身長約2mがステージに登場。おぉ~、強烈過ぎ。あまりのインパクトに客席から「え~」とか「お~」とか声が上がりましたよ。

真っ赤なミゲルさんは地震をものともせず強烈サパテアードで全開。はい、だんだん何で揺れてるのかわかんなくなってきました。

細長ぁあああい真っ赤なミゲルの姿。夢に出てきそう。。。

2009年8月 7日 (金)

一緒に通勤

木曜日は朝から池袋でクラスの日。通勤時間5分の私。
昨日もレッスン用のTシャツにデニムと、超御近所スタイルで愛車みかんちゃんにてご出勤。暑いけど風が気持ちいい〜♪。早めに着いてクラス前に先生とのんびりお喋りしてました。
と、突如首の後ろにゴソゴソと異変が。。。動く物体をとっさに掴んで床に落としたら。
な、な、なんとカマキリだぁああ。

「わぁああ〜!!」
久々にお腹から声でた。
どおやら私が頭にのっけて連れて来たらしいカマキリさん。ビックリしたものの、脱皮したてみたいなとてもキレイな黄緑の子。Mと子ちゃんが外に逃がしてくれました。達者でなぁ。
ウチの前が小学校で池袋でも意外と自然に溢れてるんです。

緑のカマキリを頭にのっけて疾走する私。我ながら平和だ。。。カマさんも風が気持ちいい〜♪なんて思ってたのかねぇ。

2009年8月 5日 (水)

2009年8月2日(日) 宮島から新宿まで

再び寝不足気味ながらも、遊ぶ時はなぜか早起きできるもの。

路面電車にカタカタ揺られること約1時間。宮島口で下車宮島口からは船に乗り換えて10分でいよいよやって来ました、宮島。しかもまさに夏のキラキラお天気。いぇ~い夏休みだなぁ。

宮島には野生のシカが野生とは思えん気楽な感じでウロウロしています。かわいぃ。まずは先に入ってた玲子さん達と合流して大鳥居まで。鳥居の上に石が乗っかったら願いが叶うと教えられひたすら投げるもひとつも乗っからず。。。落ち込んでいたらゆきーたが私の分まで乗っけてくれました。とことん他人に助けられ生きているワタクシ。

Photo 世界遺産の厳島神社ではおみくじ。はい、Maoちゃんと私は、凶、ひきました。パワースポットでは凶もよかろうもんとおみくじ結ぼうとしたらMaoちゃんが厳島神社の隠れたハート教えてくれました

見えるかな?

おみくじ結んだ所にあったよ

神社の中はひんやりしていて海からくる風が気持ちいい。9月公演の成功を祈りつつ美しい世界遺産を堪能しました。

Photo_3 で、お待ちかねのランチは人生初のあなごめしです。器ごとアツアツであなごは、ほろりと柔らかく甘くてもぉ感激の美味しさ。みんなでワイワイ公演の話で 盛り上がりつつビールとともにペロリと完食

で、少し高台に上った千畳閣へ。風通しのいいホントに気持ちいい空間で、貴重な文化遺産だけど気持ちのいい自然の風の中で赤ちゃんがゴローンとお昼寝してたり。私も寝転がりたくなりました。りらっくすぅ~

迫りくる新幹線の時間を気にしつつも、とりあえず食べつくせとばかり焼きカキにもチャレンジ

Photo_2 たっぷり肥りまくった立派なカキはジューシーでアツアツ。1皿400円也。真夏にこんなカキ食べれるなんて知らなかった。何という贅沢なんでしょ。船着き場あたりにいっぱいいるらしいです。

美味しいモノをたくさん食べて幸せいっぱい。でも何より、大好きな人達と過ごすから楽しいんだなぁ。

広島の皆様、本当にありがとう。お名残り惜しい気持ちいっぱいで帰途に着きました。ぜひぜひ又ゆっくり来たいものです。

すっかりお疲れかと思いきや新幹線でもおしゃべりに興じあっという間の広島の旅も終了。

その勢いで、1日にベネズエラから一時帰国した友達に会いに新宿へ。久々の再会にまた感動。で、食欲は止まらずまた食べる

いぃ~っぱい笑って食べて飲んで、ちょっと涙して。。。アドレナリン出まくり、フルコースの2日間でした。

神様に感謝。またパワー全開がんばるぞ

2009年8月 4日 (火)

2009年8月1日(土) 初・ひろしま

週末夏休みを頂いて広島に行って来ました

ひさびさの旅行に前日夜コーフンして寝付けず。。。ボーっとした頭で東京駅へ。同じく寝不足気味のゆきーたと落ち合う。

09:30、いざのぞみに乗車。バモス。新幹線大好きな私。何でかワクワクするのよね。ゴージャスにまいせんカツサンドを頬張りつつ揺られ、約4時間13:38、広島到着。

飛行機で先着のじゅんちゃんと落ち合い、さてまずはやっぱりお好み焼きでしょう

Photo 駅近くの飲食店ビルに入ってびっくり。お好み焼き屋さんがずらり7店舗も並んでる。さすがです。

カウンターに座り昼間からビールと枝豆で乾杯。ランチビールってホント幸せな気分になりますよね。

私のは生エビ入り。お肉、エビ、野菜&そばでボリュームたっぷり。あっつあつで最高においし~。広島カープソースをたっぷりかけていただきます

Photo_2

で、こちらはじゅんちゃん注文のねぎたっぷりバージョン。この豪快さ。う~ん今見ても幸せな気持ちになるね。

ゆかちんは広島ならではのカキ入りバージョン。どさっとカキを入れるおっちゃんに感動。

本場はボリュームがやっぱり違いますね。粉モノバンザイ

ハフハフ頂いてお腹いっぱいになったところで市内観光。ホテルから平和祈念公園まで歩く。日本人としてどうしても来ておきたかった所。水に溢れた美しい街の悲しい歴史に胸がしめつけられるようでした。

「過ちはおかしませんから」という言葉を噛みしめる、平和のありがたさをあらためて感じました。平和の灯が絶えませんよう。。。

で、市内でブラブラとお散歩を楽しんだ後、今回の旅の目的、敬愛する大大大好きなバイラオーラ、岩田玲子さんの公演を観に南区区民センターへ。路面電車にまたテンション

最初から最後まで興奮して感動しっぱなしの公演でした。ファンビジャールJr.の声に心も体もブルブル震えた。何だろうこのパワーは。言葉の壁も、劇場の空間も超えて体にグサグサと入ってくる唄とコンパス。ICCOUさんのギターに痺れ、阿部真さんの歌い手魂に感動し。

3人のパワーを受けたバイラオーレスの皆さんの熱演にいつまでも拍手していたくなりました。玲子さんの大きな大きなタラント。大地みたいに大きな温かい母性に満ちていて、あぁ見ててホントいいオーラをもらいました。言葉では言い尽くせませぬが、本当に素晴らしいモノを見せて頂きました。

ホント来て良かった。出演者の皆様、心からありがとうございました

夜は打ち上げに飛び入り参加させて頂き、再び飲み、食べ、飲む。思い出せないくらい久しぶりにカラオケで壊れつつ、広島の夜は熱く更けて行くのでした。。。

つづく。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ