« 完売御礼 | トップページ | 当たりランチ »

2009年7月 2日 (木)

さよなら「水滸伝」

昨日ながぁ~い長いお付き合いの北方謙三版「水滸伝」の2巡目が終わりました。パチパチshine。いやぁ読み始めたのブログ始める前だから半年以上、下手すると1年近くずっと読んでましたね。

全19巻x2回で38冊分。主な登場人物だけで108人。我ながらかなりの物好きというかヒマ人というか。しかし、1巡目は多すぎて覚えきれなかった名前が2巡目ではかなり細かい人まで実像を持って捉えられて、驚きは少ないながら2巡目の方が味わって読めましたbook

「漢と書いてオトコと読む」「酒を飲み肉を食らう」「死域に入る」なんて北方的男イズム満載の水滸伝。いやいや~それはないでしょ~とツッコミたくなる所は満載なんだが、ひきこまれちゃうんですな。北方センセーに言われたら「はい、そうですね」と納得するしかないでしょう。

水滸伝を実写化した時のキャストを考えてみようsign01というこれまたなかなかヒマな感じのコミュニティテーマがmixiにありました。私の好きなキャラ、いえいえ漢は1位 楊志 2位 李逵 3位 林沖。ベタですが。

楊志と李逵は実写にしてくれるなって感じですが、林沖だけはどうやっても反町隆史のイメージ。別に好きな俳優ではないんだけどなぜか反町の顔が浮かぶのよねん。花栄は田辺誠一。宋江は松本幸四郎。燕清はオダギリジョー。魯達は市川海老蔵。ちょいエロな王英は竹中直人さんに個性たっぷりでお願いしたい。。。美貌のコサンジョーは黒木メイサちゃんいかがでしょう。美女剣士ピッタリ。

男らしさを学びたい男子、男らしい男子好きの女子の皆さんには自信を持ってオススメします。しばらく楽しめます。続編の楊令伝は未だ完結してないようなので終わるのを待って早く読みたいものです。楊令がどんだけ強くなってくのか今から楽しみheart

ちなみに若きヒーロー楊令のイメージは絶対に三浦春馬horse。。。と妄想広がる水滸伝。

« 完売御礼 | トップページ | 当たりランチ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2049326/56682279

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら「水滸伝」:

« 完売御礼 | トップページ | 当たりランチ »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ