« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

カラスコ公演追加情報

7月も今日で終わり。
9月20日のカラスコ公演まで2ヶ月を切りました。
完売となっていたチケットの方イベリアさんで多少追加が出たそうです。入手し損ねた方は是非お問い合わせ下さいませ。
衣裳も決まり、稽古の方もだいぶ盛り上がっております。嬉しいのは活動も、踊りのスタイルも、個性もそれぞれな日本チーム8人での稽古が、意見を出し合いつつも、和やかに楽しく出来てる事。ありがたいですね〜。
何せ大好きな素晴らしい踊り手さん達なので、稽古の中でもいつも
「かっこえぇわぁ」
と見とれ、
「おぉ、フラメンカだねぇ。いいっ!」
とただのファンになりつつ、たくさん刺激をもらってます。同じ振付でもそれぞれ味が全然違うのねん。フラメンコの面白い所です。
大好きな踊り手さんに囲まれつつ、さらにカンパージョ王子が現れると思うとゆるい顔がさらにゆるゆるに。。
いかんいかん。妄想はこの辺にして沢山の方のご来場を心よりお待ち申し上げております♪

2009年7月30日 (木)

大分っ子の夜

高校の同級生があんのり&エトレが大分から遊びに来ました。

9月公演の稽古の後、東京在住のSガの愛息りょうちんとミッドタウンでしばし遊び、すっかり癒されたあと、連れだって夜の新宿へGO。ロスキージャの相棒ゆかちんも合流して美味しいイタリアンを満喫しつつ久々大分弁全開トーク。

「おおた、アンタ最近どおなん?」「相変わらずやで~。」の近況報告から、お決まりの同期のあーしたこーした話から、最終的には懐かしい爆笑場面を反芻しつつ。。。いやぁ話はつきないねぇ。

高校を卒業してもう20年近く経つのですが、舞鶴高校38回生組はホントみんな仲良しこよし。心からリラックスして話せる友達というのはホントにありがたいものです。しばらく疲れだか暑さだかで、だる~い日々が続いておりましたが元気でました

週末東京にいないので昨日しか遊べなくて残念だったけど、また大分ライブでお世話になりまっせ~。楽しんでってね~

2009年7月29日 (水)

ロスキージャ始動♪

来年の大分ライブの飛行機・ホテル調査で東武トラベルさんへ。1月に地元大分でやってきた新年里帰りライブの準備開始です。
7月から!?とお思いでしょうがもう出てましたホテルパック。
それにしても国内旅行高いよぉ。4人分の旅費でしばらくスペインに行けちゃいますな。
見積りにテンション下がりつつもとりあえず席は確保してひと安心。
来年もウルトラスーパー素晴らしいアーティストの皆様を連れて帰りますよ♪。
大分の皆様ぜひぜひ大挙して見に来て下さいませ。

2009年7月27日 (月)

叱ってくれるヒト

発表会の疲れが抜けない週末、テンション低めで仕事していたら思いがけない訃報が届いた。

初めて出た舞踊団公演「カルメン」の演出をして頂いた鈴木完一郎先生。かねてから体調が思わしくないと聞いていましたが非常に残念です。。。

完一郎先生には1度しか演出して頂いてないのに、その印象は強烈に残っています。大学生でフラメンコも初心者の私は、発表会以外ではほぼ初舞台。

初めての稽古場、完一郎先生の怒号が響き渡っていました。よく通る声で、凄いパワーで、怒りながらの演出。目が点に。ビビリまくりながら「これは何となくでやってはイカンのだ」と歩くのにも緊張緊張。初心者でのんびり構えていた私にとっては、その厳しさは驚きでした。

先生は素人の私達にも舞台上できちんとした演者である事を強く要求し、厳しく接する事で身をもって舞台に立つ心構えを教えてくださいました。

一方、とても優しくて可愛らしい(スミマセン)所も持っている方で、出番の少ない私達が客席からリハを観ていたら隣に座ってきて、「昔こんな風に女の子と映画館でデートしたもんだなぁ」なんてニコニコ話してくれたのもよく覚えてます。

舞台の厳しさを教えて頂いた先生に心から感謝し、ご冥福をお祈りいたします。

ありがとうございました。

きちんと叱ってもらえることのありがたさをしみじみ感じつつ。。。

2009年7月23日 (木)

ちょっとここらでひとやすみ

20090719081412_2 仕事の最中から、何だか体がだるくて重いのでひっさびさにアロママッサージに行ってきました

「お客様1年ぶりですね」とお店のお姉さん。おぉ~、気功整体を始めてからリラクゼーションマッサージを我慢していましたが1年ブリですかぁ。当日に電話して夕方の予約ができたのは不景気の影響ですかね。以前よりさびしい店内。

イランイランの香りに包まれコリをホグホグしてもらっているうちにウトウト。首肩の重さも消え、背中のハリもとれ爽快。極楽極楽

体が軽くなった後は、出張で上京の父と兄夫婦と池袋のリストランテ文流でお食事しました。トマトパスタが美味。パっと見より広い店内は落ち着いて、でも肩肘張らずくつろげるcozyな空間。ランチもおすすめです。偶然お友達の仲良しご夫婦にも遭遇し嬉し。で、すっかり癒されましたよぉ。芸術劇場にお出かけの際はゼヒゼヒおすすめ。

9月の公演に向けてまたエンジンかけ直す元気が出て来ましたはい。

ちょいボケの写真はいつも癒してくれる近所のにゃんこ、完全リラックスの図。この子は常にこれ以上なく気持ちいいぞぉおって顔して、色んな所でダラ~っとしているのだ。「息抜きも大事よん、べいべ~」と鼻歌歌ってるよ。

2009年7月22日 (水)

祭りのあと

3日間の発表会が終了しました!出演した皆様、足を運んで頂いた皆様本当にありがとうございました。
あ!っという間、一瞬の本番に向かって時間や労力をかけるからこそ緊張するし楽しい。悲喜こもごものバックステージを見ながらしみじみ感じました。
初日のリハではトホホ∵な感じだった私のシギリージャも、本番はテンパらず落ち着いて踊れたんではないでしょうか。かなり苦戦したシギリージャ、やっとベースが出来てきたので今後はもっと膨らませて行きたいなぁ。山崎さんのファルセータと阿部さんの唄が、素晴らしくて、しっかり背中を支えて頂いて幸せな時間でした。
そして今回もひとつ楽しかったのは2日目にパルメラ(手拍子でリズムを出したりかけ声などかけて盛り上げます)デビューした事です♪。
いつもと違い大っぴらに生徒さんの応援が出来るし、歌とギターが間近で聞けるし、踊るのとは又違う緊張感と興奮!。たぁあのしいぃ〜。
初めてのミュージシャン席。曲間も薄くライトが当たっているのですが、こういう、常にお客様から見える状況になると急に鼻がかゆくなったりするのはなぜだ!?

2009年7月18日 (土)

あたかもす!

すっかり更新をさぼってしまいました。。。で、あっという間に明日から3日にわたっての発表会。いよいよです。

今年私の受け持ったクラスの皆さんに関してはみぃんな本当にガンバッテくれたなぁと思います。その経過がとても大事だとわかっているけれど、やっぱり悔いのないよう踊ってほしいと思うし、その思いが見ている方達に伝わる事を願ってやみません。

私自身はかなり煮豆っておりますが、この1週間、稽古場でも、違う場面でもたくさんの方にパワーを頂いたので今やりたい事がキチンと出来るといいなぁと思います。

水曜に大分で大変お世話になった後藤智江先生の踊りを観に新国立劇場に行って来ました。2階席からもその存在感がヒシヒシと伝わって来て、舞踊に捧げる先生の心意気に励まされました

さて、とりあえず自分の中の不安や恐れに負けないようという訳で「アタカモス!(やっつけろ。。。カナ?)」この1週間私を励まし、勇気づけてくれた友達に心から感謝しつつ、明日からしっかり頑張って来ようと思いまする。

今日は大好きなお友達であり、尊敬する踊り手さんのお誕生日でした。おめでとう。気心知れたみんなでワイワイ楽しくお祝いしていたらすっかりポジティヴな気持になっております。という訳で行ってまいりまぁす

2009年7月12日 (日)

ご無沙汰!と初めまして!

すっかり更新してませんでしたが。

水曜日、お友達と巣鴨で飲み会。すがも。。。上京して初めて住んだ街です。大学に近かったとはいえ、初めての東京にしてはかなり渋い選択だよね。兄と一緒におばあちゃんの原宿竹下通り、地蔵通りの入り口付近に住んでいました。大学卒業してから降り立つ機会がなかったので、ほぼ10ウン年ぶりだよぉ。目白と同じく、ありがちなこざっぱりとした駅前の風景に、雑然とした昔の巣鴨駅が懐かしくなりました。ごぶさた巣鴨

などと思いつつも楽しい巣鴨飲み。中華と楽しい時間を堪能いたしました。んで、又素敵な出会いがありました。お友達が増えて楽しい夜。人との出会いは本当に宝物だと感じます。神様ありがとう

昨日は高校の同期とスタジオ前の「かぼす」でだんご汁と鳥天をいただき。。。素朴なだんご汁が食べたくてお腹すかせて行った甲斐がありました。シンプルで美味しいお料理の数々。隣のお客さんに泡盛までご馳走して頂き幸せ。大分弁を聞きながら話しながら。。。リラックスして話せる大分の友達。ホントにありがとう

初めましてにしろ、ご無沙汰にしろ。。。疲れ切ってる今の私にパワーを与えてくれるお友達に心からありがとうの1週間でした。めでたしめでたし

2009年7月 7日 (火)

煮豆状態。。。

この所食べ物と本の事しか書いてなかったですね。というのも本業のフラメンコの方がすっかり煮詰まっていた訳で。

発表会のソロ曲、前半までは何とか出来たものの後半のインスピレーションが全く湧いて来ず。練習してても同じことを繰り返すのみ。く、苦しい。こんな時は唄とギターのパワーを頂くに限ると中途半端な状態のまま本日ムシコス(ミュージシャン)との合わせに臨みました。

発表会ではある程度事前の合わせが出来るので、今回はギターの山崎さんにおんぶにだっこで、足のパートのメロディーラインを先に提案してもらいました。素敵です。で、作って頂いた所までは「なかなかまとまったんじゃないん」の感じなんですがその後の展開がどうも自分の中で具現化できずに本日の稽古に至り。。。山崎先生、そして仕事で歌って頂くのはほぼ初めての阿部真さんに色んなアドバイスやイデアを頂いて、やっとこさ本番直前モードになって来ました。

やっぱりムシコスと一緒のエンサジョ1時間は一人で練習する1時間とは天地の差。テンション上がるぅ。マチョ(締め歌)があんまりカッコ良いのでかなり興奮気味に。のりやすいワタクシにとっては生演奏が何よりの効果的なカンフル剤。まだ考える事山積みではありますが、もうちょっと煮詰まってみる元気が出ました。

で、タイトル何で煮豆やねんって話ですが。実は昔「ピーナッツ」とか「豆先輩」とか呼ばれておりまして。テニスで真っ黒時代には幼馴染のMARIちゃんに「なっとう」と呼ばれてました。まりちゃん元気?豆に勝手な親近感を抱いているだけでありまする。

そういえば、ピーナッツと落花生って同じモノですよね。最近私の周りを色んな説が飛び交っておりますが知っている方是非教えて下さいまし。

「ノルウェイの森」

じめじめした日が続いているせいか、どうも体が重い。発表会も近いし、もっと意気込んで練習するべき時期なんですが何でしょう。やたら眠いし疲れが残り気味。すっかりどんより気分に甘えて家にいる間中ゴロゴロと「ノルウェイの森」を再読。もちろんBGMは「Norwegian Wood」です。 何て怠惰で幸せなお休みの過ごし方。

あぁ、ついに主人公と同じ年になってしまいましたよ。先に再読してた同級生から事前に聞いてはいたのですが、活字で読むとあらためてショックです

初めてノルウェイを読んだのは発売された年だから22年前。ウチにもありました。赤と緑のハードカバー。全く理解できずに、村上春樹読まず嫌いの空白の数年を過ごし、20代半ばに2度目。この時にすっかり打ちのめされた。そして30代の3度目。。。う~ん、良かったです。

失われてもう戻って来ない心の震え。痛み。。。う~ん10代の私に共感できる訳もないよね。読んでいて何度も苦しくなってしまったなぁ。頭から尻尾まで切ないです。そして痛いです。大筋に関係ない所で、突撃隊くんのその後も気になりますが。。。

20代の頃は「羊~」「ダンス~」「ねじまき鳥~」などの不思議冒険系が断然好きだったのだけど、このところ「ノルウェイ~」のよなリアリズムノベルに心惹かれます。私もしばらく春樹さん再読期が続きそう。

と思ってたらクラスの方が「1Q84」を貸して下さいました。ありがとう。しっかり集中して読まねばなので発表会後に又、春樹HOLIDAYを設定します。その前に「ねじまき」もいっとこ。GO.。

つーかゴロゴロしてばかりいないで練習しましょうね。はい。

2009年7月 4日 (土)

当たりランチ

20090701134524 金曜日、ずっと気になっていた大塚駅前のお蕎麦屋さん「岩船」でおひとり様ランチ。こんな感じ

大塚の喧騒に似つかわしくない落ち着いた店構えの岩船さん。中に入るとカウンター7席、テーブル2脚だけのとってもこじんまりした空間。しっとりした雰囲気でお昼からちょっとリッチ気分。

天セイロと行きたかったんですが、ぐぐっとこらえてぶっかけおろしそば1,000円也。そばスナックをポリポリ食べながらそば茶を頂き待つこと数分。私好みの白っぽい二八そば。コシが強くて美味

大分時代は「100%そう、うどんだね」というポリシーを貫いていた私ですが、東京は断然お蕎麦の方が美味しいですよね。うどんは。。。黒っぽい田舎そばよりお上品な色のおそばが好み。美味しいのを食べて、蕎麦Myブームがやって来たので本日のお昼も日本そば。

鶏肉、なす、ねぎをごま油で炒めて麺つゆと合わせ、即席とり南せいろ完成この付け汁で食べるとスーパーの乾麺のおそばでもかなり美味しく頂けますよぉ~。

オススメ

2009年7月 2日 (木)

さよなら「水滸伝」

昨日ながぁ~い長いお付き合いの北方謙三版「水滸伝」の2巡目が終わりました。パチパチ。いやぁ読み始めたのブログ始める前だから半年以上、下手すると1年近くずっと読んでましたね。

全19巻x2回で38冊分。主な登場人物だけで108人。我ながらかなりの物好きというかヒマ人というか。しかし、1巡目は多すぎて覚えきれなかった名前が2巡目ではかなり細かい人まで実像を持って捉えられて、驚きは少ないながら2巡目の方が味わって読めました

「漢と書いてオトコと読む」「酒を飲み肉を食らう」「死域に入る」なんて北方的男イズム満載の水滸伝。いやいや~それはないでしょ~とツッコミたくなる所は満載なんだが、ひきこまれちゃうんですな。北方センセーに言われたら「はい、そうですね」と納得するしかないでしょう。

水滸伝を実写化した時のキャストを考えてみようというこれまたなかなかヒマな感じのコミュニティテーマがmixiにありました。私の好きなキャラ、いえいえ漢は1位 楊志 2位 李逵 3位 林沖。ベタですが。

楊志と李逵は実写にしてくれるなって感じですが、林沖だけはどうやっても反町隆史のイメージ。別に好きな俳優ではないんだけどなぜか反町の顔が浮かぶのよねん。花栄は田辺誠一。宋江は松本幸四郎。燕清はオダギリジョー。魯達は市川海老蔵。ちょいエロな王英は竹中直人さんに個性たっぷりでお願いしたい。。。美貌のコサンジョーは黒木メイサちゃんいかがでしょう。美女剣士ピッタリ。

男らしさを学びたい男子、男らしい男子好きの女子の皆さんには自信を持ってオススメします。しばらく楽しめます。続編の楊令伝は未だ完結してないようなので終わるのを待って早く読みたいものです。楊令がどんだけ強くなってくのか今から楽しみ

ちなみに若きヒーロー楊令のイメージは絶対に三浦春馬。。。と妄想広がる水滸伝。

完売御礼

先日ご案内しました、9月20日のマヌエラ・カラスコ公演チケットですがお陰様で完売いたしました早かったですね。さすがマヌエラパワー

日本人として恥ずかしくないよう頑張りたいと思います。皆様ありがとうございました

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ