« 好きです。坦々麺。 | トップページ | ようこそ日本へ »

2009年3月 7日 (土)

「永遠のマリア・カラス」

長かった1週間。早いとこお風呂入って寝よ~のつもりが、急遽予定変更。映画館で見逃した「永遠のマリア・カラス」をTVで見ました

いい意味で裏切られました。予想GUYです。

じっくり観るシリアスな作品を想像してましたが、スピーディでセクシーで退屈させず、最後に何とも言えない余韻がしっとり残る。とてもきちんと作られた良い映画。映画館で観るべきだったなぁ。大音量で聞きたかった。

どう予想GUYかはあえて詳しく書きませぬが、ストーリーはフィクションなのだそうです。でも嫌な感じがしないんだなぁ。製作者のカラスへの愛が溢れてて、優しさを持った創作だからこそ、伝説の人が身近に感じられました。「フィクション」は作品のキーでもあります。

俳優がいいんで説得力もあるしねぇ。いつも訳あり、ひとクセありのジェレミー・アイアンズ、主演のファニー・アルダン二人とも秀逸。衣装もめっさ素敵。あ、あとの男優さん達、半端なくグアポ(かっこよい)でっせぇ。イケメン好きな人はぜし。

フラメンコシーンもあり、ちゃんとしててホっとしました。スペインロケは、コルドバぽかったような。。。見覚えある広場など登場してそんな所でも楽しめました。

しかし何よりこの映画の肝は、虚構ではないカラスのマラビージャ(最高)な歌声。絶世期のこの上なく美しい歌声を聞くだけで観る価値ありです。

という訳で、本日いきなり我が家に「オペラ」ブームに来てます。きてます。オペラパワーです

ウチの唯一のカラスのCD「ROMANTIC CALLAS」をひっぱり出し、癒されながら寝ます

« 好きです。坦々麺。 | トップページ | ようこそ日本へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「永遠のマリア・カラス」:

« 好きです。坦々麺。 | トップページ | ようこそ日本へ »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ