トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月27日 (金)

わたしの癒し

仕事終りに月1の贅沢、ネイルサロンへ寄って来ました

昨年から始めたジェルネイルはキレイで爪に優しく何よりとれにくい。私の周りではちょっとした小ブーム。しかしいいお店がなかなか見つからずほぼ1年色んなサロンを転々。

池袋近辺のネイリストのお姉さんは相対的にギャル系が多いと思われ、もりまくったつけまつ毛と金髪のギャル曽根ちゃん的若者に

「アートとかやんないですかぁ?」とか言われると

「あ、普通でいいんです、普通盛り一丁で」とどうも落ち着かない

「あなたとわたし趣味が絶対違うと思う。」と思わず言いたくなってしまう。イカン、イカン。

お手頃価格でしかも大人が落ち着けるお店はないものかしらんと探してたら、ついに見つけました

目白駅そばの"an grato"さん。爪のケアがとっても丁寧。だからモチがよい。シンプルで美しいサロンの椅子はフカフカで快適。終わった後には手作りはちみつゆず茶でホっと一息

で、何よりネイリストさんがとても感じがよい。爪の相談には押し付けがましくないアドバイスを返しつつ、適度に世間話してくれたり、ほおっておいてくれたり。。。

聞けばたった一人でお店を立ち上げ、切り盛りしてるとの事。私より若い世代とお見受けしたのにすごいなぁ。こうゆうこと聞くと「頑張ってほしいわぁ。」とつい応援したくなってしまう私の中のお節介オバチャン虫。次回の分まで予約。

ジェル始めたいヒト、サロン変えたいヒトに超オススメのサロンですよぉ。

本日は「お星様キラキラ」な感じにしてもらいました。うぅ~テンション上がるぅ

今年の課題曲

一昨年のソレア・ポル・ブレリア。昨年のタラントに続く今年の課題曲は。。。

トントン・トントン・トントントン・トントントン・トントン

催眠術的なこのコンパス(リズム)。じゃじゃ~ん。そう、シギリージャでございます。

ずっとずっと「いつか踊ってみたい」と恋い焦がれつつ、実は一人では一度も踊ったことがないこのヌメロ。憧れにまかせ無謀にも、ハビエル・で・ラトーレ大先生、ドミンゴ・オルテガ王子、メルセデス・ルイス姫、そしてアンドレス・マリン星人というミシュラン☆五つ的アーティストに教えを請い早5年

さすがにやらなくちゃとこのところ格闘中。しかしなんせ大きく奥深いこの曲。

そして捉えがたいコンパスの妙。一万光年の彼方☆アンドレス星の足音を解読し、何とかコンパスに乗せるだけで四苦八苦。う~ん、こんなリズム考えるのやっぱりフツーではない。すごい。かっこいい。でもムズカシイ。。。さらに追い討ちをかけるように「あぁマンマ・ミーア。今日も涙にくれて寝床につくあぁぃい、私のこの苦しみ~」などと嘆き悲しむ歌声にさらにドツボにはまり。私のように脳天気な地球人が挑むのは無謀かしらん。

しかしとりあえず今年はどうにか形にして発信したい仕事中も気付けば指でリズムを追い、シギリージャという大きな宇宙で完全迷走しております

「そらを超えて~ラララ星の彼方~♪」の宇宙人シギリージャを体感したい方、ワタクシのいち押しは今をときめくManuel lin~anとMarco Floresの二人舞です。さぁYou TubeへGo!

ゼツタイニ、オナジホシノヒトトハオモエナイ。

ドモアリガト、ミスターロボット(また古かった?)

2009年2月25日 (水)

だし昆布の行方

20090224233157 さ、さ、寒いですね

しかし今日はブログを見てくれた小中の同級生ムニャ美ちゃんからメールを頂き、朝から心はほっかほか

嬉しかったよぉ。大分で会おうね。ありがと

さて、だらだらと練習して大してあったまらず、こりゃぁ帰ってご飯食べてぬくぬくするしかない!と思ったら、大分から調達したあごダシがきれていた

「あご」って口の下のあごじゃなくて「トビウオ」のダシ粉末がティーバッグ状になってるの。簡単便利ヘルシー美味しい、これ超オススメ。大分のみんなはトキハへダッシュだ

そういえば思い出しましたよ、ふっふっふ。

岡本舞踊団御用達、予約は2か月待ちのすーぱー気功整体師M先生に羅臼の昆布を頂いていた事を。。。整体行ってコンブをもらう不思議はさておき、久々に昆布とかつおの合わせだしでお味噌汁。小さな幸せ

で、ダシとった昆布って皆さんどうしてます?捨てるの勿体ない気がするし、だからって毎回佃煮にしてたら佃煮だらけになっちゃうし。結局何に使うのかよくわからぬまま、ラップされて冷凍庫へ。数週間前同じ運命を辿った冷凍コンブちゃん1号は見て見ぬフリ。

いい活用方法知ってるよ!って素敵な奥様、いらっしゃったらゼヒゼヒ教えて下さい。

前述、M先生には不思議だけどミョーに嬉しいお土産を頂く事があります。

昨年末、大転倒やら何やら小さな不運が続いている時に頂いた可愛い石ミョーにお気に入り。ナイスです、先生

2009年2月23日 (月)

苦手なもの

ここひと月ほどビミョーに右奥の方の歯がいやぁな感じ。

痛いってほどじゃないけど、もうそろそろやばいでっせぇ、という信号を送り続けている。歯ブラシのあて方も慎重になる私。

定期的に歯医者に通っている方からは想像を絶するくらい歯医者さんに行っていない。好きだという人はあまりいないでしょうが、ほんとうにほんとうに怖い

「絶対早く行った方がいい。先延ばしにしてもいい事は何もない。公演の稽古が本格化する前に絶対的に行っておくべきだ」思考はリピートするばかり。リフレインが叫んでいる

意を決して「痛くない虫歯治療・豊島区」で検索。口コミ評判のいい歯医者さん、目白駅5分。うぅ、ここ行っとけと言わんばかりに近い。近すぎる。こわい。

明日こそは電話しなければ。した方がいい。。。してみましょう。と公表して自分を勇気づけてみました。

とりあえず0.5歩ぐらい前進。今日のところはよしとするか。

「CAFコンクール」観戦

睡眠とりまくって遅刻してしまいましたが、マルワコンクール本選を観に行ってきました。

当日券で入ったので、前列好きの私にしては結構距離をおいて鑑賞。

踊っている皆さんの技術的レベルの高さにただただ驚嘆。

皆さん素晴らしかった。

選にもれた方々の踊りも、熱意も、努力もじゅうぶんに受け取りました。ありがとうございました

表彰式でカルメン・レデズマが「技術を磨く事はすばらっしいけれどフラメンコは美とともにあるべきものだ」と言い腕を大きくあげてひと振り。

ケ、アルテ

今日の舞台に力を振り絞った皆様に心からの「オレ!」を。

俺もがんばろうぅ。

2009年2月22日 (日)

三寒四温の頃に想う

20090215172737

大分、エルフラとライブも一段落でのんびり過ごせるかと思いきや、やって来ました確定申告の季節。

日頃からきちんと管理してれば何の事はないのでしょうが、相変わらず1年の計を一気に片付けようとするワタクシ。領収書の山に反省しきり

しかし、年に1度の作業は前年の事をあらためて振り返る貴重な機会でもあります。

初めての大分ライブから、5Estrellas☆のエルフラライブ、ハワイで息抜きして、松山遠征に発表会、エンリケ、ヘスーレ、フアンとの新人公演、DVD録画、サラ、ノベンバー。。etc色んな場所で色んな方々と共演させて頂いた記憶がみずみずしく蘇り、ひたすら感謝感謝です。濃い1年でした。Gracias por Dios!

さて、ウチからスタジオの近道、R大学はここ2週ほど入試期間で正門以外CLOSE状態に。廻り道めんどくさい

実はずいぶん昔私もここで受験しました。母が東京まで付いて来てくれて新宿のホテルに泊まり。試験の後、マルイで待ち合わせていたのに訳の分かんない私はマルイスポーツ、ママはマルイ本館前で待ちぼうけ。携帯なんてない時で、お互いイライラすれ違い。どうやって会えたのかはもう覚えてないけど、何とか巡り会えた時ママがぽつり。。。

「こんなにいっぱい人がいるのに私の子供は一人しかおらんのよね」

こんな事をふと思い出しました。マルイスポーツもインザルームもなくなり、もう迷ったりしないけど、今ここに自分の生活のベースがある事に不思議な縁を感じます。いつでも帰れる家と迎えてくれる人達が大分にいてくれる事が私の支えになっています。

今年の私はどんな人と出会ってどこに行くのでしょうか。

ちょいと楽しみ

2009年2月20日 (金)

サル手?サル腕?

って知ってますか?

掌を上にして両手をくっつけた時、ヒジまでくっつくとサル手。(と私は解釈してるのですが)

私は正真正銘のサル手さんなんですが。

夜クラスの人数が少なかったので、今日は細かい所も見過ごさずにやろう!と腕の使い方をあ~だこ~だ説明している時、何かの拍子で発したこの言葉に一同「???」

いつも研究熱心で的を得ない説明にも「あぁそぉかぁ」などと反応してくれる皆さんが何だか不思議な空気。。。「あれれ、サル手ってもしかして知らない?言わない?」

「はい、それ何ですか?」

おぉおおお Madre mia! 今はそんな言葉は使わないのかぁ。それとも大分だけに普及してた言葉なのかぁ

あまりの衝撃に叫んでしまいましたよ。

思わぬところでジェネレーション・ショォーック。

教え始めた頃はほとんどの生徒さんが年上で緊張してたのに今や立派に中年世代。あのぅ、生徒の皆様、知らず知らずに意味不明な言葉を発してたら、ご遠慮なく「センセーそれちょっと意味分かんないですけど」って言ってね、言ってね。

さぁこれを読んでいる貴方はサル手知ってました?

2009年2月18日 (水)

ミゲル・アンヘル舞踊団「アンダルシア」

を観に保谷まで行ってきました。

舞踊団で長年お世話になっているミゲル・アンヘルさん率いるカンパニーの公演。

お馴染みの曲もありましたが、今回はミゲルと女性舞踊手5人という初めて見る編成。新鮮。ミゲルは相変わらず大きいです。体もですが、劇場に現れた時、一人で広い空間を埋められるダンサー

群舞が多かった女の子達ですが、決まった構成の中で個性を出すのがうまいのはやはりスペイン人ならでは。勉強になります。それぞれのタンゴ・ブレリアが見応えあったなぁ。

個人的には次回5月の舞踊団公演で初めて共演する歌い手アンヘラさん、パーカッションのロレンソさんを見るのを楽しみに行きましたが、いやぁ良かったです。

生粋のカディス人って感じのパワフルなアンヘラさんとにかく歌ってる顔がいい!最初のコロンビアーナで一気にテンションUP!見てると嬉しくなってくる唄い手さん。

ロレンソさんはリズムの入れ方がムイ・フラメンコで、でもさりげなくて、とにかくかっこいいそしてしぶいいい。お会いしたらスーパー面白いおじさまでギャップもまた素敵。

去年はたくさん弾いてもらったフアン・ソト、2年ぶりのダビ・バスケスに会えたのもまた嬉し

一緒の練習がヒジョーに楽しみになって来ました。色んなアーティストとお仕事させて頂ける機会があって本当にありがたい事だなぁと噛みしめ、家路へ

おめでとう!

本日は私の愛するめいっ子ちゃん歳のお誕生日。

そんな大切な日にかぎって携帯不携帯のだらしない叔母。

公共の電波?いや回線?を使って大変申し訳ありませんが、心から「お誕生日おめでとう

あなたが生まれてからウチの家族の笑顔は2倍になりました。ありがと。

またいっぱい遊ぼうね

2009年2月17日 (火)

「ダンス・ダンス・ダンス」

10数年ぶりの再読終了。

主人公の僕が自分より年下になっていた。。。初めての時よりゆっくり噛みしめて読みました。それにしても天才的なタイトルです。

久々に村上春樹さんをニュースで見ました。スピーチにやられました。ずっと変わらないブレない生き方、かっこ良すぎ。

好き

タンギージョでカイ

月曜の2コマ目のクラスで「タンギージョ・デ・カディス」の振付に入りました。

スペインでも日本でも、あんまり歌ったり踊ったりを見かける事の少ないこの曲。実は私の陰のお気に入り。だって無条件に楽しいんだも~ん。アンダルシアの旧都、カディスは陽気なアンダルシア人の中でもスーパーラテン。ただ面白い事を競い合って騒ぎまくるというのが祭りと成立してるパワフルな土地柄。

ベタにわいわい楽しく、ついには「オレンジ食べたい洋ナシも食べたい、洋ナシ、洋ナシ~」なんて能天気にリピートしてしまう歌詞。「みんなのうた」レベルのシンプルさ。いいです。はい皆さん、童心に戻り満面の笑みでお願いします。

わが大学の学園祭、スペイン舞踊部の打ち上げではさんざん飲んだ後に、タンギージョの振りに入っている2回転x3セット+1回転のブエルタ(踊りの回転技ですね)でクルクル回りまくり朦朧とするというカディス並みのバカ騒ぎが恒例でした。

売上金を手に会計係が踊るお札でカラコレスなんて恐ろしいものもあり。。。

このような伝統が受け継がれていない事を切に願います。決してそういう事はやってはいけません。

私はタイミングが合わなくて見れなかったのですが、チャノ・ロバトとマティルデ・コラルがセビージャでやったコンサートでチャノが歌った正調タンギージョ・デ・カディスは素晴らしかったそうです。音源持っている人がいたらぜひぜひ聞かせてほしいです。

You TubeにRocio Juradoがチピオナの自宅で歌っている素敵な映像があるので興味がある方は是非見てみて下さいね

*補足* Tanguillo Rocio Jurado で出てきます。こちらは洋ナシ編ではなくチピオナの海めっちゃきれいやでぇというバージョンです

2009年2月15日 (日)

ふるさとのデパート

何の気なしにNHKにチャンネルを変えたら「大分のデパートでボヤ騒ぎ」

なんですと!?

大分でデパートとといえば、うちのご近所、ふるさとのデパート トキハ。

火事という程のこともなくほっとしましたが、お客さん800人程が避難したとのこと。思わずトキハフリークのウチの母親映ってないかなぁと探しました。もう遅いので電話しませんが大丈夫だった?それにしても、お馴染みのトキハ会館の映像が全国放送で流れ、懐かしくも不思議な気分。

教育委員会の不祥事だの、キャノンの派遣解雇だの、今回のボヤだの、最近の大分ニュースは何だか気がかりなのが多い。とほほ。

そのまんま知事に負けず、明るいニュースを待っております。

頑張れおおいた!

チェへの遥かな旅 其の参

念願叶い、1作目を観れました

元々2部作で1本になっている映画でした。カンヌで20分の休憩を入れて一気に4時間にわたって上映されたそう。2時間強あるし、映像も見応えありましたが、続編への序章として、説明的な作品という感は強かったかも。

劇中、国連での知性と信念に溢れた答弁や演説は、説得力に満ち、感動的です。その時のゲバラは私と同じ年だったのですね。ただただ凄い。

力のある言葉で心に訴える話をできる政治家が日本にも現れてくれる事を心からのぞみます。

2作目もヒジョーに楽しみ。

しかしベネチオ・デル・トロ、28歳にはどうやっても見えません。スミマセン。

2009年2月14日 (土)

チェへの遥かな旅 其の弐

早起き出来ました。いよいよ上映!

2009年2月13日 (金)

チェへの遙かな旅 其の壱

ブログを立ち上げた2月1日(日)、やりたくて出来なかった事がひとつ。

毎月1日は。。。そう、映画の日。1月から行く気まんまんだったのですが、前日の夜遊びがこたえて結局家でゴロゴロ。でも仲良しみんなですぅごく濃いトークが炸裂した楽しい夜だったし、家にいたおかげで前々からやりたかったブログ開設にいたった訳でよしということにしております。このブログも本日めでたく1000アクセス超え!という訳で本日2回目の更新。覗いてくださった皆様本当にありがとうございますこれからもヨロシクです。

さてこの日見ようと狙っていたのは、タイトルからご想像の通り、「チェ 28歳の革命」

大学時代はあまり、いえほとんど真面目に勉強しなかった私ですが(お父さん、お母さんごめんなさい)、ラテンアメリカやスペインが題材の映画はやっぱり気になります。

しかも大好きなチェ・ゲバラの映画!本物より怖い顔してはいますが、ベネチオ・デル・トロかなり似てるし。実物は写真で見る限りホントにguapo(かっこが良いの意)で、可愛い切ない目をしているんですよね。みたいみたいみたいぃぃぃ、絶対見るぅ。と思いは沸点寸前。

2度目のトライ、2/8(日)。夜に予定が入っていたので昼間の回を狙ったものの、家の雑事に追われ時間切れ、断念。無念

3度目の正直、2/11(水)。大好きレディースデイ。今日こそは!

しかし。。。私は甘かった。祝日の東京を、池袋を、新宿をあなどっておりました。エルフラライブ行く前に池袋で1本目見て、うまくい行けばエルフラ隣りのピカデリーで2本とも観れてゲバラ・デーになっちゃうかもなどと、うきうきしつつ出かけてびっくり。

ゲバラは満席で入れず、ではベンジャミン・バトンでもと思ってみれば、こちらはさらに長蛇の列。いやぁ、祝日に映画観る人多いのね。

結局さびしくスタジオまで出向いて自習。

そんなこんなを繰り返しているうちに28歳の上映館がみるみる少なくなって来ました。

果たして終了前に無事映画館に辿り着けるのでしょうか?

つづく

誰の元へ?

本日13日の金曜日、明日はバレンタインデー、初めて携帯からブログ更新です。
「おおたマキがブログやるなんて時代も変わったね」と友達からコメント頂きましたが、その通り!デジタル・マキに進化中の私。
引越を機にWindows97からVistaへ一気にワープ。さくさくスイスイ快適PC生活を満喫中。
早速先日のエルフラライブをDVDにしてみました。タイトルと先生の写真をプリントしてご満悦。便利な時代です。
テレビの前にカセット置いて歌番組を録音していた頃が嘘のよう。
中学生の私。ダビングしたカセットはアーティスト別に決まった色のラベルをリズムレコードで購入し、タイトルから曲目まで1文字ずつローマ字のレタリングで自作ラベルを作り悦に入っていました。うーん、ヒマ人。
又テーマを決めて(例えばクリスマスとかね)、お気に入り曲を集めたオリジナルテープを作り、曲間にブチって音が入るのをいかに最小限に抑えるか研究したものです。
今よりずっと音楽を知らなかったけど、ずっとずっと大事にしていたような気がします。
バレンタインチョコを手作りなんてのも女子はみんなやってましたね〜。この所バレンタインはお世話になってる皆様にいつもありがとうチョコを購入するのみ。
スタジオのアイドルMOEちゃん7歳の「今日家でチョコ作ったんだよ」の言葉に軽くジェラシーを感じるのでした。
手作りって何かかわいくて良いですよね。

2009年2月10日 (火)

サラ・アンダルサライブDVD発売中です

カルチャークラスの皆様にはご紹介しましたが、昨年9月にサラ・アンダルサで撮影した"La Noche de Sala ANDALUZA VOL.14~CUATRO BAILAORAS"が昨年末発売されました。

自分の踊りを録画で見るのは、実際あまり好きではない。というか苦痛に近い。。。でも反省のためにも見直さなくては、と常々葛藤を抱えつつ見るのですが、メンバーに恵まれとても温かい幸せライブだった事を思い出し、しかも随分前のことなので記憶も薄まった勢いで再生。

4人それぞれ持ち味の違う踊り手で、手前味噌ですがバラエティに富んだ楽しめるものになったのではと思います。私も他の皆さんの踊りを見てかなり参考にさせて頂いてます。もちろん楽しい雰囲気も画面からにじみでていてにんまり。もう何だか懐かしく感じます。

梶山彩沙さんの弾ける様な彩り鮮やかなアレグリ、PESO(重味)とキレを内包した前岩里佳さんのタラント、観る人を惹きつけ巻き込んでどんどん大きくなっていくえんどうえこさんのソレア。そしてエレガントでフラメンカなミゲル・アンヘル・エレディアのアレグリが入っているのは大ボーナス!って感じです。

撮影が新人公演の直後だったので、開放感いっぱいでリラックスして踊ったのを見ながら思い出しました。エンリケ・デ・モロンが結構現代的な唄をチョイスしていて、いつものソレポルとは又、趣が違う感じがしています。それにしても後半力み過ぎてますが。課題にして頑張ります。

現在発売中ですのでご興味のある方は直接又はメールにて太田までお申し込み頂くか、

イベリアさんのHPをご覧下さいませ。

http://www.iberia-j.com/index.php

定価3800円です。

ぜひぜひ宜しくお願いしま~す!

Refx1230449293

2009年2月 8日 (日)

嬉しい日

久々のんびり午後出勤の土曜日。

家を隅々まで掃除して、お年玉年賀ハガキの結果を調べ、本番続きでたまった洗濯物をジャブジャブ済ませ、さっぱりスタジオに出かけたら財布を忘れてゆかいなサザエさん状態に。。。大丈夫でしょうか、私。

はい、タツアサちゃん、ウッチー、みつひろ夫妻、切ってシートご当選です。グラシアっす

予期せぬアクシデントでお休みしていた仲間が復帰して笑顔で迎えてくれました。はい、ひとつ安心

今日はフラメンコの数少ないコンクールの予選日。可愛い後輩、友達、仲間で、尊敬する踊り手でもある大事なお友達が、予選を通過したとの嬉しいニュースにしばし感激。

「参加することに意義がある」という言葉もありますが、コンクールに出るというのはそんな言葉ですまされないくらい精神的にも経済的にも大変な作業です。そんなチャレンジを続けて、日々成長する彼女の事を私は心から尊敬し、その真剣な熱意にいつも刺激を受けています。大丈夫だとは信じていたけれど、とりあえず、安心した。おめでとう

仕事の後ちょろんと練習して帰り支度をしていたら隣のスタジオからもライブを控えた後輩たちがわいわい練習している音が漏れて来ました。

先輩も後輩も関係なく、みんなの頑張っている姿にライブ後でゆるゆるの心にもフツフツとやる気がわいてきます。

はい、先輩、財布は持ってでかけましょうね。

でも何だか嬉しい1日でしたまる

2009年2月 6日 (金)

「明日の記憶」

読みました。

荻原浩さんは最近よく読んでいる作家さんであります。

ドリフ的ギャグとバブリーな皮肉満載のストーリーについつい引き込まれ、最後には感動の涙涙。ペーソスという言葉、普段はあまり使わないけれどまさにユーモアとペーソスに溢れた小説を書く人で、読んでないのを見つけると必ず手にとってしまう。

しかし、この作品のテーマはとてもシリアスなもの。映画化された事で何となくストーリーの予備知識はあったものの、どんな風に描かれているのか想像できぬまま読み始めました。

主人公の心情と、周囲の人達、仕事、趣味、そして心の支えとなる大事な記憶がとてもとても丹念に描かれています。フィクションですが、何も知らなかった私の中にリアルに入り込んで数日うまく寝付けず。

大泣きも大笑いもありませんが、静かで恐ろしく、切なくてでも何か温かい気持を残して読了。うん、これからの作品も読みたいすごい作家さんです。読んだり映画を見た方がいたらお話したいものです。

という訳で当面読むモノも、先立つモノもないわたくし。

10数年ぶりに本棚から取り出した「ダンス・ダンス・ダンス」。再読開始。

大好きな春樹作品の中でも青春時代一番のお気に入り。読む時期によって全く違うもののように感じるのが春樹作品の不思議な魅力。今の私は再びサイコー面白いと感じるのかなぁ。

読み進めて1日、びっくりするぐらい全く覚えてない。大丈夫でしょうか、私。初めて読む本みたいに楽しんでますが。

エルフラ終了!

無事エルフラライブの1週目が終了しました!

ご来場頂いた皆様、エールを頂いた皆様ホントにありがとうございました。

ライブは岡本先生&舞踊団のグアヒーラから始まり、ミュージシャン全員によるタンゴ、私のソレア、塩川朋子ちゃんのアレグリアス、大塚香代ちゃんのソレア・ポル・ブレリア、トリはもちろん我らが岡本先生のシギリージャ!

岡本先生の登場に拍手が沸き起こり、見に来てくれた歌い手のクーロさんやフラメンカちゃん達が熱いハレオで活気づけてくれる温かい会場。

常々ど緊張の本番ですが、久々に私のホーム、舞踊団のみんなで踊ったからか、最初からわ~いわ~い楽しいモードに。へラヘラと口元がゆるんでいたらグアヒーラでは色々やらかしてしまいましたお花も飛んで行き。。。あぁ反省。

ソロの前の着替えがギリギリで、ピアスをつけてる途中で前曲が終わり拍手が聞こえてきました。うぅ、ヤバイ。。。

あわあわしながら再び舞台へ。今回10数年ぶりにホセ・デ・ラ・マルガラさんに歌っていただいたのですが、ソレアの歌が本当に素晴らしかった!

優しくて強い豊かな声に包まれて、自然に落ち着きを取り戻せている自分がいました。歌のパワーを実感。

塩ちゃんの美しいアレグリアス、香代ちゃんのパワフルでシャープなソレ・ポル。それぞれのカラーで同じ舞台上にいれて幸せな時間でしたよぉ。

そして圧倒的なパワーと存在感でいつも感動を頂く先生のお姿にホレボレ。本当に誇らしく感じました。

終演後、皆さんの笑顔を拝見して、またまた幸せ

皆様に感謝しつつ、この素晴らしい機会を次のステップにつなげていかねばと感じました。来週はメンバーが代わり私は久々に客席から皆を応援してきます。

今から楽しみ。

本番後にパチリ。会場の熱気で多少ボケてます。(嘘)

20090204202226

2009年2月 4日 (水)

感謝感謝

せっかくの機会なのでご無沙汰しているたくさん皆様にブログ始めましたメールを勝手ながら送ってみました。

早速見にきてくれた皆様ホントにどうもありがとうございます

感謝感謝。

明日のエルフラのリハが続いてましたが、本日は横浜アマポーラさんで踊ってきました

アマポーラのショーはリハ時間があまりとれないのですが、気心知れた共演3人のおかげで和気あいあい、お客様も盛り上げてくれて、いい空気。う~ん幸せ楽しすぎたせいか、踊っている小川愛ちゃんに「グアッパ!(美し~)」と声をかけるつもりが「ブアッパ!」と意味不明な叫び。。。ごめんなさい( ̄○ ̄;)!

伝えたいことをくんで、倍にして応えてくれる共演者に感謝感謝。

明日はいよいよエルフラです。

どんなライブになるか今からわくわく。

カミカミの掛け声をかけないよう気をつけて頑張ってきまぁす

2009年2月 1日 (日)

エル・フラメンコライブ

ライブのご案内です

新宿エル・フラメンコの水曜日本人アーティスト企画に岡本倫子スペイン舞踊団が出演いたします。

日時◇2009年2月4日(水) 開場/18:00 開演/19:00

場所◇エルフラメンコ 新宿区新宿3丁目15-17 伊勢丹会館6F

料金◇5,000円(税込) 1ドリンク+タパスセット付     

出演◇踊り 岡本倫子

        大塚香代・塩川朋子・太田マキ

    唄  ホセ・デ・ラ・マルガラ 石塚隆充

    ギター 山崎まさし 片桐勝彦 

    パーカッション 大儀見 元

山崎まさしさん以外は「はじめまして!」と「ごぶさたです!」の新鮮なメンバーでのライブ。しかも岡本先生のタブラオ出演は10年以上ぶりという滅多に見られない貴重な企画に今からテンション上がってます。

チケット岡本倫子スペインまでお申し込み下さい。

岡本倫子スペイン舞踊団 03-3590-8238  flamenco@michiko-okamoto.com

残席僅かですのでお早目のご連絡をオススメいたします。

ついに初ブログ!

2月1日です!新しい月

ということでブログを始めてみる事にしました。

日々感じた事やライブのお知らせなどマイペースで綴っていきますのでよろしくお願いいたしま~す。

2月が始まりました。朝6時まで遊んでいました

月初からいきなり反省モードです。

トップページ | 2009年3月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ