2018年12月 3日 (月)

おさらい会終了!




昨日、無事プレステージでのおさらい会が終わりました!!!感動と感謝いっぱい。みんなの踊りに終始心が喜んでたー。
頑張ってくれたみんな、支えてくれたスタッフさん、ミュージシャン、お客様おひとりおひとりをギューっとハグしまくりたいような気持ちです。思いは書ききれないのでまた直接お話します。

今回のおさらい会が終わった今、心には責任、という言葉が残りました。来年の発表会までどんな風にみんなと歩んでいくか、また真剣に向き合っていこう!と思います。

まずは御礼まで。ありがとうございました!

今日は初めて成田山へ。
気持ちがスッと落ち着きました。







2018年11月28日 (水)

旅立ちます










今日が何日だか何曜だかよくわからない目まぐるしさでしたが、何とかsurviveしたようです。
東京から福岡に着き小倉でクラスからやっと家に帰り、ボランティアショーをする事になった太陽の家の視察、姪っ子の小学校の入学説明見学会になぜか同伴する事になり、その後は東京から大学の友達ふたりがやって来て、機を同じくしてつくばのおじょう御一行がやって来て、昨日は平富恵先生の舞踊団の小学校公演でまた友達がやって来て。新年ライブのDMも仕上げて投函したー。がんばったー。手伝ってくださった皆様ありがとうございました!終えたらドッと短い熱が出て半日寝たら今はだいぶ元気が回復してきました。

この数日は関東の友と別府で過ごしまくり不思議な感じでした。ガッツリ観光に来た大学の友達とは臼杵〜豊後大野という新鮮なルートで観光。臼杵石仏が素晴らし過ぎて、まぁ、こんな身近にこんな凄い国宝があった事にビックリ。ボランティアガイドさんと地元の小中学生、臼杵っ子ガイドさん達の連携プレーでとても楽しかったです。豊後大野は原尻の滝、というのに行って来ました。なかなか雄大。

夜、つくば組と合流して行った近所のイタリアン、ラ・フォンテは一品一品が感動の素晴らしさでした。別府に来た時は必ずや!良いお店は応援しなければー。昨夜は学校公演で来た仲良しのみんなと念願の別府チョロ松の鴨すい頂きました。こちらも美味しかったし、でもメンバーがメンバーだから新宿みたいでした笑。

朝、別府東山小学校の平富恵舞踊団学校公演のリハーサルに少し顔を出しました。東山小学校は鶴見山の麓、志高湖に近い山の小さな学校。子供達が一生懸命カホンを叩いたり踊る姿が最高でした。学校に電源車を持ち込み照明機材や音響までホールクオリティの公演。私達の活動とは随分違いますが、子供達と音楽やダンスを楽しもう、という精神は同じ。子供達にとって一生の思い出になる素晴らしい活動だなと思います。

平さんや別府でも活動している松尾さんとご挨拶だけして名残惜しく去って来ました。素晴らしい公演になりますように!

で、今、空港バス。で、日曜はもう忘年おさらい会、マキフェスがやって来ます。頭がいっぱい。とりあえず自分の衣装と都城の学校ワークショップからそのままのメイク道具を詰め込み出てきた。なんか、色々やる事ある気がしますが東京への道すがら、考えよう。

てんこ盛りの11月から年末の慌ただしさにそのまま突入なのか。来月はマキフェス、北九州サンボンバ、クリスマスのカンテ部、でいよいよ新年エンリケとの大分、東京ライブと続きます。

マキフェスの方は満席の為、入場、締め切らせて頂きました。今年1年の感謝と、来年閉店してしまうスタジオプレステージへの愛と感謝を込めて頑張ろー!


2018年11月22日 (木)

うちの紅葉







色々あり過ぎて全くブログを更新してませんでしたが、元気です。フリーターですのでやる事が沢山あるのはありがたい事ですが、まだまだやる事に埋もれて1日48時間ほしいな。

ほぼ1週間ぶり、それ以上?に家に帰ったら裏庭のモミジが真っ赤に!自然は着々と時を刻んでいます。短い紅葉の季節、もっと楽しみたいなー

2018年10月30日 (火)

届いた



ここからまた大仕事始まります。がんばろ。

2018年10月16日 (火)

出来上がり




佐賀のしおり釜で作った問題作、ニンニク型ニンニクポットが出来上がりました!
しおりさんが素敵な色の釉薬をかけてくださって私は大満足。
チビちゃんパンちゃんのカリカリ皿はもう少し厚みが必要だったかな。
民藝のお気に入り食器にちょっとガタガタのこの人達も馴染んでます。届くまでの時間も楽しかった。嬉しいな!

2018年10月11日 (木)

沖縄ツアー終了



大分〜宮崎に続き、10/3に沖縄入り、6、7とライブ出演させて頂きました。

昨年12月のサンポンバ以来の沖縄。今回は前半台風25号と重なりましたが、北から南まで色んな土地を訪れ、ますますこの島が好きになりました。やちむんにも夢中。今回の戦利品。



今帰仁村や美ら海水族館、恩納、南下しながら伊計島や比嘉浜島、久高島などの小さな島々を訪れました。島の聖地を巡ると、ここが昔から本土とは別の、とても厳かで豊かな信仰を持ちそれを大切に守りながら生きて来たのだな、と実感します。









信じられないくらい美しい島のいたるところに残る戦争の傷跡。こんな美しい島に基地を置き、戦闘機を飛ばす愚かしさ。複雑な気持ちになります。アメリカの核の傘の下にいつまで寄生していくんだろ。小さく、平和に暮らす事はできないのかな、と考えたりします。

ライブは2日間。
初日のトップノートは4年前にも踊らせて頂いた場所。2日目は少し北上して沖縄市のタブラオ、アルハンブラにて。まぁ、両日ともみんな凄かった。初共演、サマラ・モンタニェスの歌が素晴らしすぎた。サリーダから心を鷲掴みにされる。
そして沖縄のフラメンコ第一人者、冨原千智さん、具志堅まみかちゃんの親子。東日本の震災の後、福岡で初めてお会いして、お母様との共演はそれ以来でしたが、その一言一言と魂の踊りに胸が震えました。その人の内面が滲み出る。これがフラメンコだな、と思う。

共演頂いた皆様、お手伝い頂きました皆様、お越し頂きました皆様、本当にありがとうございました。



奄美たび辺りからずっと旅していたので流石に家が恋しくなった。が、クラスしてギタークラスして、本日よりふたたび東京です。東京めちゃ久しぶりに感じる。
ツアーが終わったら棚上げにしていた事が一気に押し寄せ、ちょっと頭がフリーズしておりますが、今月からは東京おさらい会、そして久しぶりの大分正月ライブに全力疾走。

東京おさらい会は今までと違う事しようと画策中。
正月ライブは、長年の夢、あの巨匠、わたしのフラメンコの師である、エンリケ・エストレメーニョをなんと大分に連れて来ちゃいます!!!これは頑張るしかない。
太陽で充電したのでまたがんばるぞー!

2018年10月 3日 (水)

そして湯布院

そして湯布院







冷たさに負けず夏を名残り惜しむK嬢。またおいでませ。



台風一過

地獄蒸しイタリアン、全てがステキング









別府ヤングセンター。強烈。時が止まってる。すごい世界観。












ツアーの後

入れ替わるようにやって来たK嬢と別府を楽しむ。

初日は雄輔くんを送って福岡へ。道中はDのおかげで今年一番の大爆笑ドライブに。ありがとう天才ダニエル!台風前夜の霧と雨の鉄輪散歩。鉄輪の名店、焼き鳥おおのでまたお腹いっぱいになった帰り道。消防署でトイレを借りる恥ずかしいワタクシ。







翌日、朝から台風でも家のお風呂に入りまくってモーマンタイ。チビが暴風雨の中、来たから緊急避難で愛が芽生える



うちご飯。前夜余った豊後牛ですき焼き丼。天才。


奄美で作った花器と箸置きできた!








九州チャリティフラメンコ終了


















もう1週間経ったと思えない余韻の中にいますが、佐伯、大分、延岡とまわったチャリティフラメンコ公演、全日程を無事終了し、皆様をそれぞれの場所に見送りました。

言葉に言い尽くせない素晴らしい経験になりました。
佐伯ではホール公演の他に福祉施設訪問してのショーもあり、各地で沢山の方々に温かく迎えて頂き、沢山の方々にサポートして頂き、3日間では抱えきれないほどの出会いと感動を頂きました。

大分公演ではギターの鈴木英夫さんの50年越しのご友人との再会があったり、延岡では、いつもお世話になっているフラメンコサークルのKさんが20年前に眞澄先生をNHKで見てフラメンコを始めた事が発覚したり、昨年学校ワークショップでは訪問した五十鈴小学校のゆいちゃんが、沢山の方のサポートの元、どうしてもまた見たいとひとりで来てくれたり。皆さん、大分に、宮崎に呼ばれて来るべくしてやってきたんだな、と感じる事が沢山。

これで私の地元、大分。母方の地元でもある佐伯。学校ワークショップでお世話になりまくりの延岡の方々がまたつながり、ご縁の不思議を感じずにはいられません。

大先輩である眞澄先生、チャチャさん、英夫さんの人としての懐の深さ、大きさ、豊かさ。プロのアーティストとしての志の素晴らしさを目の当たりにして、大切な大切な事をまた教えて頂きました。
ダニエルと雄輔の優しさ、明るさにも沢山笑って助けられました。

そしてツアーずっと同行して運転から舞台裏のあれこれ、受付まで八面六臂の活躍してくれたキコさん。いなかったらできなかったと思います。

他にも3日間お手伝いに来てくれた皆さん、佐伯のおふたり、小国からりえこさん、Yさん、大分の川上まきちゃん、福岡からの育子さん、延岡のおふたりとTファミリー、最小限の時間で最高の仕事をして頂いた会場スタッフの皆さん、佐伯なおみ園の皆様、会場に足を運んで頂いたお客様、地元でサポート頂いた大分の皆さん、本当に本当にありがとうございました。

世界は広いように思いますが、会える方とは必ず会える、いるべき場所には必ず行けるのだなと思います。
そして、ただ愚直に精進して、また良い舞台を楽しんでもらう事でしかお返しができないのだとも。
また会える日を楽しみに日々をしっかり味わい、頑張ります。
ありがとうございました!

«9月の東京

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ