2019年8月22日 (木)

リリオ

Img0822010737

ウチの石垣にはベゴニアやらヨモギが石の間にしっかり根を張って感心してるのだけど。
今年初めて、突然、白百合が登場。

不思議、そして美しい。
メッセージのように勝手に感じて、力をもらってる。
今月はだいぶ空いて月末に上京します。11月の発表会の色々を煮詰める。盆も明けていよいよまた動き始める。気合いが入ります。
--
ibisMailで送信!

2019年8月18日 (日)

幸せのしっぽ

Img0818230137Img0818230144Img0818230157Img0818230204

鈎しっぽの猫は幸せを運んで来るって生徒さんに教えてもらいました。
まめちゃんがうちの子になって1週間。

ホントだー。幸せを運んでくれた。元気でやんちゃで甘えん坊で可愛くて仕方ない。仔猫との暮らしがこんなに楽しいとは!
ぱんちゃんとのサイズ差が半端ないですね。メタボの兄とお痩せの妹。

猫の耳は栄養状態と関係なく成長するのだそう。まだまだ耳が大きく見えるね。
早くぱんお兄ちゃんみたいにぷくぷく丸くなってよー


--
ibisMailで送信!

2019年8月13日 (火)

親バカ

Img0813094718Img0813094730Img0813094738Img0813095141

今日で同居4日目。まだお痩せさんだけどちょっとずつ丸くなってきた。

夜になると元気過ぎてテーブルの上の夕食が狙われる。自宅なのに立食。でも可愛いから許す?朝はまったり隣で毛づくろいの姿も可愛い?

スタジオ入り口は明かりがつきました。
まずは大学の友達が作ってくれたプレートから。クラスのみんなから作ってもらった看板タイルはリフォームの最後にベストな位置を最終決定します。楽しみ!


--
ibisMailで送信!

2019年8月11日 (日)

令和のお盆、始まる

Img0811205256Img0811205305Img0811205312Img0811205811

長いことお盆とも無縁のような生活を続けてきましたが、今年の8月は別府でのんびり迎えようとしています。

ウチに迎える事になったチビの忘れ形見はマメちゃんと命名しました。お痩せさんだけど元気いっぱい。昨日はレッスンの後、兄一家がやって来て焼肉祭りでしたが、マメちゃんのおかげで姪っ子も大喜び。

今日は父方、母方とお墓参りして別府に戻る。お墓参りはすごく落ち着く時間。両親とお墓を掃除したら、さっき別れたばかりの兄家族もやって来てみんなでお昼を食べる。こんな時間がとても大切に感じる。

別府に戻るとお向かいさんがマメの様子を見に来た。今日、盆踊りだから涼みにおいでー、とお誘い受けて初めて地元の盆踊りへ。

休憩しつつも1時間。ご近所さん達とご挨拶したり、踊る人々を見る阿呆して楽しかった。いつものご近所さんが、踊ると別人に見える。ひとり、只者じゃない女性がいて釘付けになっていたら、あれは踊りの先生でー、とお向かいのおじさんが教えてくれました。フラメンコの達人と共通する無駄のない所作、踊る事を味わってるなぁ。カッコ良すぎるなぁ。

盆踊りは供養踊りだという事をすっかり忘れていました。ハッとした。今年は既に沢山失ってしまった。踊りを踊る大切な意味。母も兄弟も失ってひとり生き延びたマメちゃんとのご縁。こうやって土地と結びついて生きる事。

盆踊りで頂いたおつまみセットにマメが寄ってきましたー。夜になるとドンドン元気になるのね。小さな命を大切に、一緒の時間を楽しもう。かわいすぎてメロってます。


--
ibisMailで送信!

2019年8月 9日 (金)

これもひとつの転機

Img0809213654Img0809213704Img0809213713

チビママが逝って以来、春に生まれたチビチビの事が気になっていたのです。
で、東京から戻ったら前より痩せてる。ノミだかダニもいそうだし、涙も出てるので、今日病院に連れて行きました。

もちろん車に乗せた事もないのでどうしたもんだかネット検索。そしたら洗濯ネットが猫は安心しておとなしくなるとの情報。で、洗濯ネットかぶせるがあまりおとなしくならぬ。で、ダンボールにて近所の動物病院へ。

先生はチビチビを見るなり痩せてるね。4ヶ月で500gしかないとは。と渋い顔。兄弟や親の事を聞かれ、兄弟は多分死んでしまった事、母猫も最近亡くなったと告げると、白血病か猫エイズの可能性があるので覚悟してね、と先生。ドキドキが止まらない。採血も、チビチビはおとなしく耐えた。エライ子。

で、結果!チビチビは元気でした!先生も想像してたよりずっといい状態と。私は思わず良かったーとおっきな声が出ちゃった。お耳もキレイ。ノミ取りの処置もしてもらいスッキリ。でも貧血気味ではあり、なんせ細いので年なりの体重になるまでは室内で保護してあげた方がいいとの事で、とりあえずひと月保護して里親を探す事にしました。

でも正直、ひと月も一緒にいたら手放せるのか自信がないが。しかし乗りかかった船。チビママの忘れ形見、みなしごチビチビはしばしウチの子になります。

元気ってわかってホント神様に感謝した。
早くもっともっと元気になりますよう。
初めてのネコとの同居。ふふふ。すでに楽しい。


--
ibisMailで送信!

感謝を込めて

Img0809210440Img0809210452Img0809210459Img0809210514Img0809210522Img0809210528Img0809210533

フラメンコを心から愛した方、スタジオGenの間瀬弦彌氏が先週急逝されました。63歳。

しばらく振り返るのが怖かったのですが、今日東京にてお別れの会ということもあり、書いてみます。

間瀬さんとの出会いは19の春かなぁ。我々外語大のイベントの音響やステージングを一手に引き受ける笑い声の大きなおじさん。

フラメンコに出会ったばかりの私達は間瀬さんからもらった3本のカセットテープを頼りにフラメンコを探り始めた。河原でフラメンコしてお手製のご飯頂いて。踊って笑って。お料理もビックリするぐらい上手で、楽しみ方、遊び方のプロでもあったなぁ。山中湖での合宿や外語祭。間瀬さんのとこでコンパネ張りのバイトもしたなぁ。沢山のフラメンコを舞台袖から見せてもらった。

その後、わたしは留学して、その間に学生フラメンコ連盟が立ち上がり館山フラメンコがスタート。奇しくもその25周年公演が明後日8/11に催される。もちろん間瀬さんが舞台監督されるはずでした。

へなちょこだった学生時代から叱咤激励して頂き、卒業後はあまりご一緒する機会がなかったのだけれど、一昨年の発表会を劇場でする事になり、初めて自分の仕事で舞台監督をお願いした。あの笑顔で「マキちゃんの今の活躍が本当に嬉しい」と言ってくださった間瀬さん。変わらないエネルギーと若々しさに驚いたのですが。節目の会にいてくださって、プロになった自分を見てもらえて私も嬉しかったな。

学生時代、沢山写真を撮って頂きました。
二度とない私のフラメンコの青春時代を切り取ってくれた間瀬さんの写真。あれからもう27年です。最後までフラメンコを愛しまくり、若い世代に惜しみなく与え、背中を押してくださった間瀬さん。本当にカッコいいオトナがまたひとり去ってしまいさびしくてたまりません。

本当にありがとうございました。フラメンコ続けます。どこかで見守っててください。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

--
ibisMailで送信!

2019年8月 6日 (火)

おおいた花火

Img0806110241Img0806110337Img0806110343

お弁当とビール持参にて大分川の花火。
思い出沢山の河原に寝転んで一気に夏休みモードの日曜でした。

本日は朝から暴風雨。
花火の日じゃなくて良かった良かった。


--
ibisMailで送信!

2019年8月 4日 (日)

ビジャール親子

Img0804075922Img0804075929Img0804075938

今回の東京最終日はガルロチにてファンホセビジャールのグループを観る。

充実のクラス終わって猛ダッシュ。ちょっと遅れて入るともう始まってた。ついに座長になって日本に戻って来たファンホセ22歳。言われないとわからないくらい。精悍な大人の男性になり、何度も面影を探して目を凝らしてしまう。

そしてお父さんのファンビジャールJr.は20キロも痩せたんだってー。あー、これこれ!っていう彼のパルマ、声、身体と魂から震えが伝わるカンテ。ビジャール親子のパルマにあー、来て良かった。

これにロマンのギターだからフラメンコ以外になりようがない。カディスの男達の熱くて強くてどストレートな男臭いグループです。ファンのカンテに心が揺さぶられる。そこに迷い込んだお人形のようなアゲダちゃんは初めて見ましたが、後ろのメンズばかりに目がいってしまうな。華もあって上手なんだけど。それだけではダメなんだな。

彼らとの色んな思い出も甦って、月日の流れも感じて、感動の時間でした。ファンには沢山の事を教えてもらい、空港で足止めくらって何時間も待たされたり、新人公演で一緒に戦ってくれたり、思いは尽きません。ファンホセはパパになったんだよ。赤ちゃんの写真を見せてくれて、「かんべんしてー。おばあちゃんになった気分。」と言ったら「でもマキにとっては僕はいつもまだまだ子供なんだろー」と変わらないやんちゃなファンホセがいてホッとしました。

セビージャでの再会を誓い帰りました。
ジプシーの親子のエネルギー満ちた若々しいフラメンコ。沢山の人に見てほしいです。
みんなガルロチにGO!


--
ibisMailで送信!

2019年8月 3日 (土)

チビちゃんは

Img0803222949Img0803223011Img0803223030


決して人を噛んだりひっかいたりせず、イヤであれば黙って立ち去り、好きであればそっと身を寄せる。
嬉しいと目を瞑って喉を鳴らしありがとうと伝える。子供を守る為には自分より大きな相手にもひるまず戦う。

こういう風にわたしはなりたい。

寝てる時チョロリとピンクの舌が覗いてるの。あぁ、まだまだ立ち直れそうにないなー


--
ibisMailで送信!

夏のアルハムブラ

Img0803100536Img0803100544Img0803100720

昨夜のアルハムブラ、超満員のお客様に楽屋もキューキューと暑い夜になりました。
ありがとうございました!

自分の踊りは後半から噛み合わず課題がありますが、また頑張ろうー。出演者の皆様、本当に素晴らしいです。それぞれのフラメンコを興味深く堪能しました。

エミリオの素晴らしい演奏と心配り、底抜けの明るさでいつも場に活気を運ぶディエゴ、お世話になりましたスタッフ皆様に御礼申し上げます。

自分が踊っている時、他の人が踊ったり歌ったりしている時、楽屋で準備をしている何気ない時間。そこにいるいかた、在り方。そういうものがその人そのもので、全てが滲み出るものだと感じました。大先輩でありながら謙虚で優しくいてくださる渡部純子さん。初めてご一緒させて頂いて感動でした。

清濁併せ呑みさらに大きく温かく。
うーん、まだまだたなー笑笑。

いつも応援してくださるクラスのみんな!九州から飛んできてくださった皆様!お久しぶりの方々も。初めましての方々も。ご来場頂きました皆様に心から感謝です。ありがとうございました!!!


--
ibisMailで送信!

«ちびちゃんとちびちびちゃん、とばんちゃん

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ